ホーム>工房日誌>2008年6月

2008年6月

新人紹介

月曜の雨ですな^^

岩手宮城地震の記事の中に

イチゴの話があったのですが、、、

岩手のほうでもイチゴ作ってることを知りませんでした。。

収穫時なのにダメになる。。というのを最初の頃読みましたけど

数日前に完熟したイチゴが自衛隊のヘリで出荷できるようになったとか。

ジャムにして出荷するそうですが、

天塩にかけて育てた農家の方は嬉しかったでしょうね。

自衛隊にもイチゴプレゼントされたそうで^^

イチゴだから可愛い話ですけど、

スイカじゃこういうわけにはいかない^^;

隣駅にビックサムというホームセンターがあったのですが、

今年の一月頃に閉店になりまして、

妙に寂しかったんですけど、反対隣の駅にコーナンというホームセンターがあるので

今までは半々でしたが、

最近ではコーナン一本にしていました。

が、どうもコーナンは好きになれないんです。。。

なんでかなあ。。。

ビックサムはちょっと好きだったんですよね。

本職のおじさんなんかが買いに来ててちょっと臭かったりして^^;

ハンズほどは垢抜けないのだけど、売ってるものは同じですわ。

ペットも充実してるし、熱帯魚もばっちしです。

いけないことにフクロウなんかも売ってます。(正しくはいけなくないのかもしれない。)

と言ってもコーナンだってそうなんですが。。。。

ビックサムの近くに住んでる生徒さんにその後その建物はどうなったか?と聞きましたら

すぐに同じ建物のまま同じようなホームセンターになったというんです。

3月だというのでもう大分過ぎてしまいましたけど

早速ノコノコと雨の中行ってきました。

要するにビックサムを持ってる会社が他の会社に吸収合併されたようで

名前が変わった。。という程度みたいでした。ロイヤルという名前でした。

従業員の雰囲気はちょっと変わりましたが、(↓)

でも良かった^^復活してくれてて。。

ホームセンターと本屋さんと花屋さんは

良いのが近くにあると嬉しい~んだがや^^

先にきたカゴの主来ました^^

るるちゃんです。(名前付きです^^;)

Img_2510

コガネメキシコインコって種類のインコです。

以前にネットで、なんて美しい鳥なんだろう~~~と思って

調べて探しましてん。

元気がでる色というか、、、

ぱあ~~っと華やかです。

手乗りの大人です。

私は20代にはよく鳥を飼っていて

いつも雛から育ててたのですけど、

今回もヒナを飼いたい、、、という気持ちがありましたが、

ヒナも当たり外れがあり、

外れに当たるとどうしようもないっすね。。。

インコもセキセイインコ以外は結構値がはるので

外れたらショックですワ。

大人しい性格というのと

この鳥は生まれて3年ほどは緑色の部分が多くて

段々黄色になっていく、、というので思い切って成鳥にしました。

自分が育てるより品よく仕上がっています。

けど、やはりヒナから育てたのと違って手乗り。。。って言っても

手に乗るだけですね。。。文鳥にちかい。

自分で育てるともっともっと一体化して慣れるので

逆に事故に遭う機会が多くて危険かも。

なんたって足でもなんでも気にしないでくっついてるので踏んじゃったりします。

ま、これくらいの慣れ具合でつきあった方が良いかもしれないです。

犬が異常に反応して

いつでも攻撃態勢にあるのでこちらも危険です。

お店では飛べる羽を全部切ってくれたので^^;

今のところゾロゾロと歩くしかできません。

外に逃げたら最後、絶対に生きて帰れない。。ということで

全部の羽を切ってるそうですが、

家の中の犬から逃れるには多少飛べた方が良いかと思います^^

カゴから出す鳥は寿命まで生きれることは難しいかな・・・・と

思ってますが。。。。

頑張って長生きしてくれ~~^^

後半の人生

私は元々多少変な人だけど

それがここのところ年齢のせいか、迷いのない変な人になってきた。

変な人ならそれはそれで良いっかな。。。と思うようになってきたわけだ。

私の両親はかなり強めに教育してきたせいか

私はどうも人の顔色をみてしまう。

そういう自分が妙に嫌なんだけど

堂々と我が道をいく。。。ということが中々出来ない。

世の中には自分の思った通りに進んでいける人、

進んで行かなければやっていけない人ってのがいるもんで

これは私にとってはうらやましい。

人生を幾つかに区切って

50歳を過ぎたら自分の好きなように暮らす。。時期にするのだというのをどこかで読んだ。

これいいねえ~。

好きなように、、、、とは言っても

好き放題とは違う。

好きなことをしつつも後半の人生は多少なりとも世の中のお役にたつようなことも

したいものだ。

この辺りはいつも考えてはいるのだけど

思うような動きが取れない^^;

家人がよく

不幸にもご両親を亡くされた勉強好きな子を支援する。。というのをやってみませんか?

などと言うのだ。

そういう誘いが職場で定期的にあるそうな。

うーーーーーん。。。。

これは中々うん。。やってみよう。。と言いだせないでいる。

責任を考えてしまうのだ。

子供5人が6人に増えることは大した問題ではないだろうけど

1人もいないところに1人預かるとなると肩の荷が重くはないか。。。

また、その子の将来のことを考えるとどうも気楽にやりたい。。と言えないところが

日本人の悪いところか。。。

はたまた私のいけないところか。。。

同じ世話をする。。ってことでついつい楽な方、、、

それなら動物へ、、、、、^^;と気持ちが逃げてしまう~。

ま、重い課題は先送りにして、、、っと

とりあえずネコがいなくなった最近は身辺が寂しくていけない。

考えてみると

犬猫などはそれぞれ天寿を全うすると計算するなら

人生に3匹くらいしか飼えないのだ。

自分が平均寿命生きるとしてそれから引き算してもそろそろ最後の動物になるわけだ。

これは急がねばならない^^;

Img_2497

ほほほほほほ^^、、、、というわけで

久しぶりに飼う生き物の入れ物が先に来た^^;

あや~~~、楽しみだな~~。

もう私は好きな動物を飼うことにしたんだっ^^

世話なんてどうってことない。

増えてもどうってことない^^;

やりたいことをして死のうじゃん。。。^^

早く来ないかなーーーー、この入れ物の主^^楽しみ~~。

耳は顔か頭か。。。。

この前、美容家の佐伯チズさんが、

顔と一緒に耳も洗って。。。。。と言っていた^^

えーーーー、、耳って洗うものかあ~。

などと齢50数年にして思ったのだった。

耳って洗うものなの?

うちの親は耳に水が入ると大変なことになるので水をかけるな。。と教えていたように思う。

耳は拭くものだと思っていた。

佐伯先生は耳は色々なツボもあるので毎日引っ張ったり擦ったりして洗うと良い。。って

いうことだった。

確かにツボは沢山あるんですよね。

佐伯先生の耳はピッカピカだ。

昔加藤茶が耳の後ろも洗うんだぞ。。。と土曜の夜に言ってたことを思い出す。

耳の後ろは結構汚いように思う。

皆さんゴシゴシと洗ってるんですかねえ、、、、

私だけが洗ってないのかな。。。。。。?(汚ね^^;)

耳にピアスの穴を開けて半年以上経つのだけど

片方の穴がどうも調子悪い。

ピアスをしてる人にそれとなく聞いてみると

案外そういう人が多いので驚いた^^;

ピアスの棒部分が真っすぐ入らないで

途中で肉の壁にぶつかる。。というのか

自分の感じでは穴が曲がってる。。と思われるような、、

出口がない。状態なのだ。

探ってると出口はあるのだけど、そうこうしてる間に血が出てきてしまったりする。

ピアスの穴を開けてみて思うのは

自分の耳たぶは左右で厚みが大分違うということ。

左側は薄揚げだとすると右側は厚揚げくらいの差がある。

だから途中でひっかかるのかもしれない、。。と思ったりもする。

ま、あまり年いってからピアスなんてあけるもんじゃないな~~というのが

正直なところだけど

開けちゃったものはしょうがない。

なんとか回復してもらって無事にピアスを下げられるようにしたいけど

なんとしたことか、そろそろピアスをするってことに飽きてしまってきた。。。^^;

あーーぁ、何の為に穴あけたのかなあ~~。。

 

●●

耳ってのは彫る時に結構厄介だ。

耳にそれほど重点を置きたくないのだけど

案外大切なのだ。

なんたって顔にあるから。。。。

ついでに二つあるのがいけない。

目が二つあるのはお互いに近いところにあるので左右比べて彫ることができるけど

耳の二つは両サイドになってるので

比べるって言っても中々見ずらいの。

もちろん正面から見るわけだけど

それに気を取られていると

案外上から見た時違う位置につくってしまうことも多いのだ。

上から見ても下から見ても前から見ても後ろから見ても

どこからみても同じ位置じゃないとおかしいんだ。

けど、本物の人間も耳の位置ってのは結構ずれてたりするのだ。^^;

多少ずれてても構わないんだろうけど

人形がずれてるとおかしいと思われるものだ。。

耳の位置ってのはメガネをかける図を想像してみると解りやすい。

耳の上の付け根のところにメガネの弦が乗るのでその延長に目の位置を考えれば良い。

位置的にはこれで問題ないんだけど

中身の構造が面倒臭い。

?マークみたいのを中に彫って、、、と

穴を開けて。。。。って具合だけど

それを左右逆に彫るわけだからまたもや揃わない。

左右対称なので意外と難しい。

揃えて見れると比べられるのだけど近くにありながら同時に見ることが出来ない^^;という宿命なので辛い。。

他にも仏像風の耳たぶの大きめな耳とか

若い女の子だったら耳たぶを無くすくらいに小さくするとか色々ある。

この間見たアニメの人間は耳の位置は普通なんだけど

穴がやたら下の方にあった。

なんであんなに下なんだろう。。と思ってみてたけど

やはりそういう人も実際にいるようだ。。

耳の穴もそれぞれ位置が違うんだなあ~~。

とにかく耳のモニモニしてる部分は人によってかなり違うので

一概にこうだ。。ということは言えないんだけど

それでも格好が良いのと悪いのとがあるので

どちらかと言えば美しい耳にしたいものじゃん。

Img_2483

いつだったか新聞の広告のところに出てた耳の写真。

左が外国人で右が日本人なんだそうだ。

たしかにそう言われて見ると左はフワフワと美味しそうで白人の耳だにゃ。

どちらも可愛らし耳だけど

やはりじ~っと見ると中身のモニャモニャは彫りづらそうーだ。

修理の雛人形

やや恒例の月曜雨の日です。

朝っぱらから雷などもなったりして。。。

今朝ひょいと外を見ると狭い庭のスイレン鉢に紅白の花が二輪^^

Img_2477

とってつけたような花ですが、

購入した去年は咲かなかったので

今年一つ、二つと突然咲くと妙に嬉しく感じたのですけど

今回初めて赤白と揃ったので驚き^^

スイレンは二日間咲いて沈没しますけど

一日でも午後はほとんど閉じちゃってるので

ほんのちょっとの間です~。

雨でもったいない気分もあるけど、雨だから美しいとも言えるかな^^

先日来、頼まれていた古い雛人形の修理ですが、

これが結構悩みまくって、、

なら引き受けなければいいじゃん。。。ってなところなんですけど

やはりやってみたい。

しかし、どうやって良いかわからん。。。

の繰り返しで。。。。

結局、めびなの方はコツコツと刀をよく研いで一枚薄く削ってみたのですけど

薄く剥くくらいじゃまったく変化がないことが解り

目の細かいサンドペーパーでこすってみることにしました。

が、良く見るととても細かい彫刻刀の痕がびっしりですごく綺麗なんですよね。

ペーパーをかけるとこの目が消えちゃうのでもったいない。

しかし、それ以外にやりようがない。。

そこで白木漂白はどうだろ?ということにもなるんですが、

はたして年代物を真っ白にして良いものか?

白さは気持ちの良い白さだろうか。。。

という悩みもでてくる。

Img_2461

結局変な言い方ですけど、愛情かな。

尊敬と愛情。。。クサいですが、そういうことになりますか。

とにかく先人の素晴らしい腕前を壊さないように、、、

更に古さも大事に、、、

表情も崩さずに。。。。

ということを考えるとあまり手が出ないんですな。。

それで見ては磨いてみたり、カビを塗れた布で取ってみたり、

はたまた刀で削ってみたり、、

またペーパーをかけてみたり、、、また磨いてみたり。。。

と毎日毎日やってましてん。

箱も出来上がってきて、そろそろ更にどうしたら良いか解らなくなってきたので

台座もつけて箱に入れてみたら、、

ちら見の家人が、よくあそこまでにしましたね^^と一声かけたので

あっそうかあ~~~

毎日見てるものには解らないけどタマに見るものにとっては

変化があったのね^^;

ということで決心がついて画像を注文主に送ってみたところ

涙がでそうなくらい良くなっている。。と返事がきて、、、、、、

あーーーーーーーーーー、

良かった~~~!

というわけでした。

とても重ーい仕事だったのでその一言がどんなに慰めになるか(涙)

まだ送ってないので両手を挙げて喜ぶには早いけど

とりあえず送ることができるようになった。。ということに喜びを感じる次第でありますっ。

ああ、ばんざーーい。

素晴らしいけど、なにやらとても大変な仕事だったわーーい。

茶托

ふと梅雨であることを忘れるようなお天気が続きましたが

今日はそれらしい雰囲気です。

そういえば、犬の散歩に行っていて

熟した梅か杏みたいな実が落ちてたりしてます。

これは犬が食べるのかどうか?と思いながら歩くのですが、

とりあえず現在は食べていません。

茶托というお茶を入れた時にお茶碗の下に敷く皿のようなものがありますが、

最近ほとんど使ってません。。

というか、日本茶をお客様に出す機会がないもんで

ついつい茶托も要らなくなってます。

がーーーー

夏に冷たいものを出す時に下に敷くコースターですね、

あれが

涼しげな素材で編んであることが結構ありますが、

あれってその下に水分が流れていってテーブルがビショビショになります。

うちの場合、白木のテーブルなので即シミになります。

そこで茶托を使ったりするのですが、

今度は水分でコップの底にくっついてあがってきて

飲もうとすると途中で落ちる。。。なんてことも多くあります。

水分が逃げないで尚且つコースターの上でもサラサラしてるようなものはないですかねー^^;

鎌倉に行くと茶托の木地ってのが沢山の種類売ってます。

やはり最近は日本茶を飲む人が少ないそうで茶托の需要も減っているそうですが、

しかし、一家に一組くらいは欲しいもんです^^。

色々な種類を持つと大きさや柄が楽しめますが、

一種類を持とうとするとどんな茶碗にも合わせられるように、、とか

更にコップを乗せても大丈夫なように、、とか頭をひねられせます。

今回頼まれて茶托の木地を買いに行きましたが、

やはり無難な一枚というとこれか^^

Img_2458

直径が9cmのごく普通の形で奇抜なデザインではないので飽きがこないかと。。

ついでに茶托の場合、持ちやすさってのは大事です。

茶碗もろとも茶托を持って動かすので下に巧く指が入るようじゃないと辛いです。

そういうことや重さも含めてこれが使いやすそうと日頃思ってる次第です^^

一枚900円で結構高いですね^^;

五枚になると4500円だわあ~。

ついでにこのままじゃ使えないので塗りに出すとなると

2万円くらいかかったかなあ・・・・・・

というわけで茶托は売れないんだそうな。。

我が家でもこの茶托を使っていて↓

 

Img_2457

漆の黒、艶消しで塗ってもらってますが、

私の彫ったところは赤いチョロリンだけ。

五枚それぞれのデザインで全部合わせても1時間もあれば彫りあげてしまえるデザインです^^

が、、、茶托は添えものなので

あまり華美にするとお互いお邪魔しあうので

中々出来ない簡素なデザインが良いんです^^

簡素ながら赤く塗ってもらってるので印象としてはばっちり。

特に私は同じ柄を彫るのが苦手なので

全部違う柄にして楽しめる。。っということになってます。

ま、黒は良いですけど、指紋が付いて取れませんや。。。ブツブツ・・・・

こんなのにガラスの茶器を乗せて爽やかな色の冷茶を入れる。。

なんてのはおしゃれですねー。

風流でございます。

のこぎり

のこぎり

Img_2447_2

見上げるような木にたわわの枇杷の実^^

美味しそうですなー。

こういう自然の木になった枇杷は結構美味しいですよね。

売ってる枇杷とは違います。

がーーー、

枝に届かない^^;

届くところはもう人が食べちゃってます。

届かないところは鳥が食べちゃいます。。

というわけでめったにこういう木を見ても食べることができませんなーー。

食べれないとなると妙に食べたくなるもので。。。。。

食べてみたいっ!

Img_2449

買占めのこぎりが来ました^^

もうこのサイズ4寸(12cm)は作れないというのでありったけ三本頂きましたっ。

かなり小さいサイズですが、値段は大きいです^^7500円。

Img_2450

このサイズは材木を切ったりするには小さすぎます。

細かい部分、彫っていてちょっと彫るのが大変かな。。と思う部分などに

座りながらこののこぎりをちょっと使うと便利なんです。

耳の位置だとか、鼻の下などに入れたりします。

のこぎりって最近はほとんど使い捨てのを使ってますが、

この小ささになるとあることはあるんですが、切れ味がねーーー

ちょっと違います。

大きなのでもやはり高いと切れるんですけど

高いのこぎりは目立てという刃を研いでもらわないといけないのですけど

これが結構なお値段しますので

皆さん使い捨てを使ってますね。

使い捨てはよく切れるし、安いですから~。

しかし、金持ちなら高いのこぎりを使いたいものです。

一度高いのこぎりを使うとその味わいを忘れられません。

私は過去に五万円ののこぎりを使わせてもらったことがあるのですが、

刃が自然に降りて行く感じで力なんて要らないですね。

その気持ち良さ。

世の中には百万円を超えるものもあるそうで

そんなのはどんなにか使いやすいでしょう~か。

というわけで

7500円でも高いですが、なかなかよい使い心地です。

買って良かったな^^なんて思ったりします。

のこぎりも小さいサイズを色々取り揃えると結構便利です。

道具は色々工夫して便利そうなものを買いこまないといけないっすね^^

フジテレビ

昨日、フジテレビの夜中の番組から電話があって

彫りものを作ってほしいと言う~。

それがなんと

北海道に鮭を銜えたクマの置物があるけど

あの置物のクマを鹿に変えてくれ。。という話だった^^;

ええ~?と聞き直してしまった。

元々あるクマを鹿に変えられるか。。というお笑い番組なんでしょうね。

そんなことできるのかな?などと半分考えながら

納期や金額を聞いてみる。

すると今月中で予算は一万円だと言う^^;

紙で作るんけ!

あのさあ~~~、、、、

それってかなり難しい仕事ですよ。

鮭はそのままにしてクマを鹿にするんでしょ?

面白いと言えば面白い発想ではあるけど

その労力を考えるとちょっとねーーーー、無理ですね。。

ですよね、、、、^^;

ということだった。

テレビもさー、もちょっと内容どうにかなりませんかねえ^^

困った時代じゃん。。

昨日夜スーパーに買い物に行った。

入口のフルーツ売り場のところで

小さな、そう、、、3歳くらいの男の子がカートを押している^^

お、お手伝いね。。。と思ってみてたら

リンゴ売り場でやっと届く高さなんだけどリンゴをかじってるではないかいな。。

あれま~と思ってみてると

他のお客さんも笑いながら見てる^^

リンゴをうまい具合に方々かじって丸く穴を空けてしまった。

そしてちゃんと裏返しして見えないように元のところに置くんだなー。

ついつい凝視してたら

今度は突然カートごと私に突進してきた!

ぎょえ~~

逆襲かい。。。。

小さいながら怖ェ~~~。

あわてて逃げたけど、、

辺りを見回しても親らしきはいない。。。

とすると常習か。

うーーーーん、奥が深そうな雰囲気がしてきた。

とても可愛らしい顔立ちの子だったけど、一癖ありそうなヘアスタイルをしている。

全体は短いのだけど一部の毛だけ背中くらいまで長くしてるのだ。

こういう変わったヘアスタイルをしてる子はかなり難しそうな雰囲気があってヤバい。

なんでああいうヘアスタイルが良いのかよく解らないけど

傍目からは解りやすい。

ああいう子の近くには近寄らない方が安全なのだ^^;

はたして、違うスーパーにも寄って帰りにそのスーパーの前に来たら

やはり一人で外で奇声を上げながら遊んでいる。(夜ですよ)

スーパーに入る時はカートを持って入る。。ということが身についてるんだなあ。

試食もあるし、

お腹が空いたらああやってスーパーにくればなんとかなるわけだ。。

小さいながら工夫をしてるのだ。

なんというか逞しく生きていく術を身につけているんだなあと半分悲しい気分を持って

みてしまった。

今日は月曜なのに銀行に行かねばよ。

金融関係は時間がかかって退屈で困るんだけど

今回、近くにATMがある銀行の通帳を久しぶりに使おうと思ったら

通帳が入らないタイプのATMに変わっていた。

げっ、、、

誰か通帳の入るATMの近くを通る人に記帳だけしてもらおうと頼んだけど

今度は通帳が古くて使えない。。と表示されたという~。

なるほど不便なので通帳も5年くらい使ってないかも^^;

ということで月曜一発目から隣駅の銀行まで行ってこないとならない。

あーー時間もったいないな~。

日曜日もやってくれ~~!

シブシブ・・・・・・

Img_2430

獣医さんから

最近パジャマのズボンのゴムがゆるくなってきた。

直さなければ、、、と思うのだけど

どうもその手のものは苦手で億劫だ。

やれば5分はかからないし、裁縫箱は歩いて3歩のところにある。

なのに直さない。

とうとう歩いて落ちるようになってきた^^;

それでも直さないのだ。

違うパジャマがあったように思うのに見つからない。

引っ越しをしてからどこへ消えたのかパジャマ群が見つからない。

夜中に地震か火事があってそのまま外に飛び出すようなことがなければ良いなーーと

密かに思ってるのだけど

こういう時はあったりするんだよなあ~~。。。。ついてねーェ。(先に言っとく^^)

龍之介が死んだ後、ハガキを二枚出した。

一枚は龍之介が当たったペットショップだ。

申し訳ないことに龍之介を貰いに行った日以降16年間、一度もそのペットショップには行ってない^^;

だけどまだ店がある^^

以前と違ってペットは置いてなく、フードを売ってるようなんだけど。。

一念発起してネットで住所を調べて

お礼を書こう。。と思いたったのだった^^

もう一枚は獣医さんに。

獣医さんは龍之介のことをとても好きでいてくれたようだけど

龍之介の方はあまり好きではないようだった^^;

けど私はそこの病院が好きなので

尻切れトンボになってしまったから

ご挨拶とご報告としてハガキを出したのだった。

一昨日宅配便がきて、差出人を見てみると動物病院からだ。

中を開けてみるとカードと本が入っていた。

Img_2420

青いリボンでラッピングしてあって

可愛かった龍之介ちゃんと大切にされたご家族へ、、、って書いてあった(涙)

・・・・・・評論社 わすれられないおくりもの・・・・・

中を読んでみると

年取ったアナグマは自分がもう長くないことを知っている。

体もだんだん巧く動かなくなってきている。

みんなみたいに一緒に走ることももう出来ない。

ある夜に椅子で寝てて急に体が軽くなって思いっきり長いトンネルを走っていった。

次の日に

仲間たちが起きてこないアナグマを心配して集まる。

そしてアナグマが死んだことを知ってとても悲しむ。

そして自分たちが出来ることは皆アナグマが教えてくれたのだと話し合う。

冬がきて悲しみが続くのだけど

春が来るころになるとだんだんみんなの心の中に

アナグマが教えてくれた豊かさを楽しい思い出として話すことができるようになってきた・・・・・・

というような話だった。(鼻、、、、)

まったくその通りだ。

童話ってのは上手いこと書いて(描いて)あるものだ。

大切なプレゼントになりました。

ありがとう・・・・・・・・

お礼に小さなネコを彫って贈ろうと思うんです。

龍之介じゃないのだけど(あまり龍之介は絵にならない^^;)

それでも仕草は龍之介かな。

また泣けました。。。。

皆さんのそれぞれの優しさに感謝してます・・・・・・

昨日、秋葉原殺傷事件の犯人の両親が謝罪会見をしてたのをみたのだけど

お母さんは途中から泣き崩れ、立つことができなかった。

犯人はともかく、両親となると

寝耳に水状態だろうからこんな状態になるのも当然だろう。

他人事ではない世の中になっている。

が、そこで感じたのはオヤジの冷たさ。

奥さんの腰が立たなくなってるのに労わろうって気持ちが全然ない。

最後には腕の付け根を持って引きずって家に入れる始末だ。

どうせ家に入ったらお前があんな風に育てた。。などと責任をなすりつけるタイプだな。

数分の出来事でも人生全体を想像できるものだ。

あんなオヤジだからそういう子になったんだ。。という気分になってきた。

ああいう立場なら夫婦が仲良く助けあわないでどうやってやっていけるの。

どこまでも悲しんでるお母さんをなんであんな冷たく扱えるかねえ、、、

哀しいもんですよ。

この前、腰が痛かった時に

腰には八の字運動だよ。。と教えてくれた人がいて

それはどんなものか?と思いながら

八に見えるように腰を動かしていたら、なにやら調子が良くなってきた。

次の鍼の時に先生があら?股関節の具合が珍しく良いわね。。。と言ったので

八の字運動のことを話したのだった。

これはすごく簡単で

とにかく∞の形に腰を動かすだけなんだけど

ちょっと立ってる隙にできるのであえて時間を取らなくてもよい。

お陰で買い物をしててもついつい腰を回してしまう^^;

これで気を良くしたので

腰を振るDVDがあったな^^と思い早速購入~。

Img_2419

夜中によく宣伝してるもので

あれは高いので英語版のほうを半値近くで購入~^^

どうせ説明など聞いてないので英語だろうとアラビア語だろうとどうってことないっ。

というか、流行らないビリーをやってたけど

さすがそろそろ飽きてきてやる機会が減ってきた^^;

もう少しスローな動きのものの方があってるんじゃないか、と思い

太極拳のDVDはないかな?と探していたのだけど

NHK教育でお昼頃に太極拳のカッコ良い先生がやってるのをみて

その人(渡辺俊哉先生^^)のがないかな~?と探したのだけどまだない(みたい。。)

というところで腰振りがお邪魔したというわけ。

考えてみると振り返った人生、腰を振ったことがない。

とにかく硬い。

右や左に動かせといっても動かない。

ましてや前や後ろにはもっと動かないよ。

そして色々やってみると膝が案外大切なんだということが解ってきた。

どの運動も中腰で膝の筋肉にお世話になる。

これもめっぽうきついけど

筋肉がついてくると巧く膝のお世話になることができるようになる。(みたい^^;)

なにせ最近はあぐらで仕事をしててさて立とうと思うと立てないんだから

もうどうしようもありませんや。

生徒さんの中にも帰り際にすぐに立てないという方が数人いらっしゃるけど

それは70代の人です。

私が立てないのは早すぎないか。

これは一念発起するしかない。

手当たり次第やるんだ。

とは言っても

おまけについてる入門基礎編みたいなDVDで

腰を振った足踏みだけでどっと汗がでるのはどういうことか。

みかけよりもずっときつい^^

先生はブスだけど

体はさすがグニャグニャで綺麗な動きをする。

ついでに立て続けに機嫌よく喋ってて楽しそうだ。

この楽しそうにやるってのが出来ないんだなあ~。

ま、間抜けな顔をして真剣にやってるわけです。

巧くラテンのリズムにのって杉本彩みたいに出来るようになりますか。

(当然できない^^;)

月曜の雨

最近月曜は雨です。

やる気マンマンですね^^;

このケソーっとした静けさや陰気さが仕事にピッタリです。

最近小さなのこぎり(刃が4寸)というのが一部の生徒さんや私の間で静かに流行っていて

先日も注文してたのですが、なかなか来ない。

月曜一発目に電話をしてみたら

作る人がいなくて在庫がないので取り寄せてる最中だという~~。

需要がないし、作る人も老齢化していなくなってるので

頼んでいるところでももう3個しかなくて、それが最後だというんです~。

その3個は買えるんですか?と聞いたら

買えます。。ということで1個で良いところ3個買ってしもた^^。

まあ、当然でしゅ。

違うところでも買えるのでまだまだ苦境ではないですが、

それでも作る人がいない。。ってのは寂しい言葉でねーーー。

先日のお椀も作る人がいない。。って話でした。

哀しいねえ~~。

一昨日久しぶりに鎌倉へ行きました。

頼まれ人形を取りに行ったのですが、

こちらも賑わいとは別に寂しげでねーーーー。

本来の鎌倉ってのが失われてきてて

巣鴨の棘抜き地蔵とほとんど変わらないんだそうです。

皆食べながら歩いていますし。

歩きながら食べるなーーというのは昔の話になってしまいました。

二つの展示会へ行ったのですが、

どちらも閑散としてて活気がない。

主の方も暇なもんだから元気がない。。

元気がないのを貰いに行ってるみたいでこちらまで元気が出なかったです。

しかし、シケた展示会とギャラリーとでしたけど

中庭が綺麗でねー、、、

これぞ鎌倉という庭でした。

Img_2398

Img_2401

Img_2403 Img_2404

こんな風な可愛い古い一部屋があってそこでお茶などを出してくれるんです。

多分以前にはここに人が住んでたらしいけど^^;

昔行った同級生の直子ちゃんのおばあちゃんち^^と良く似てます。なつかしーー

庭も雑然と草花が植わってるように見えますが

どの草花もキチンと四季を通して絶え間がないようになってるんです。

今だと白いアジサイとホタルブクロでした。

ホタルブクロみたいに地下茎で伸びる植物は

我が家などで植えると群生になってしまうのですが、

鎌倉は土地の具合が厳しいのか、一種類がドヒャーと増えることもなく

静かに咲いてくれるんですよね。。

植えてある花が吾亦紅だとか、シモツケだとか桔梗だとかユリだとか

茶花になるような楚々としたものばかりで嬉しい中庭でした。

塀の向こうはもう30cmで隣の家なので台所を使う音などがしてるのだけど

それでもこの空間で癒されること間違いなし。。。

ああ、鎌倉だわ。

これで駅にものすごーく近いんです。直線で行ったら50mはないです。

観光客の入らない路地などもあって

そういうところにはまだまだ鎌倉が潜んでいまっす。