ホーム>工房日誌>アート・文化>お椀
アート・文化

お椀

お椀を、、、、味噌汁なんかを入れるお椀ですが、、

中々気に入ったのってのがないんですけど。。

と言いながら私は瀬戸物で味噌汁を食べているんですが。

仕事柄、樹脂のお椀じゃいけませんや。

とは思いますが、自分のものまで作る元気というか暇がないので

折々に人のは作ってますけど、まだ自分のは作ってないという状況です。

お椀の材料ってのを、、(これはお椀としてロクロで挽いてある木地のことですが。。)

色々な種類を持っていたのですが、

大分少なくなってきて。。。。

とても気に入ってた、、、(気にいるってのはデザインは大きいですけど

機能性、サイズ、重さ、バランス。。などなど色々な意味で。)

お椀が一種類あったんです。

これがとうとう底をついてきまして、最後の一個になりました。

それを見本に塗師の人と共同で注文することにしました。

見本を持って行っても腕次第で同じものができるとは限らない。。というか

ほとんど無理みたいなことが多いので期待してませんでしたけど。

今回、一年ぶりくらいに出来上がってきたのでした~。

Img_2344

Img_2345

こんな感じのケヤキのお椀です。

ケヤキはすり漆で仕上げると木目がでて良いものですし、

完全に塗ってしまうなら他の木でも良いですけど、すり漆みたいにコーティングが弱い場合は

木地がしっかりしてるケヤキが良いですよね。

持った感じもどっしりしてて良いです。

口の当たる辺は薄いので彫れませんが

底に近いところは厚いので何か彫れます。

ちょっとしたものを彫ると自分のだーー、とか相手のだーーとか区別がついて良いです。

誰のでも良い場合はこのまま塗っても良いです。

私は底の部分に名前を入れます。

もちろん、わきたけいこ。。と小学生みたいには入れません。

けい、、、とかね。。け、、、とかさ、こんな風に入れるんですが。

これを塗師の人と半分こにして20個作ってもらったんです。

これで生涯のお椀は安泰じゃ~~~。

木が好きな方はまさか樹脂のお椀で我慢してないでしょうね?

こういうのは製品になるとどうしても万円の位になりますが、

自分で作ると安くできます^^

木地一個1800円っす。

欲しい方はどうぞ。。

 

食事が味気ない、、、

大したものを食ってない、、と言う方は是非お椀に凝ってみてください。

大したものを食ってるかたは尚更食器は大事です。

ケヤキの口当たりを楽しんでください。

まずい味噌汁も感激倍増~~間違いなしっす。

ケヤキって案外臭いっす。

もちろん製品になって使う時にはもう臭くないですが、

20個ボンと来ると臭くてたまらないっす~~~。

なんつーーか、う◎こ臭いっすよ。。。たまらんち。

密封してどこかへしまいたいところです^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1012

コメントする