ホーム>工房日誌>アート・文化>平面彫り
アート・文化

平面彫り

昔大好きで体まで壊したインスタントラーメンを

最近あまり食べなくなった。

見ても食べたくないのだ。

体に悪いと思っていても我慢することができなかったものだが^^;

我が家ではサッポロ一番ミソラーメンしか食べない。

去年の末頃か、ピリ辛味とゴマ味ってのが出たので試しに買ってみたところ

誰も食べない。

そしてとうとう賞味期限が。。。。。

しょうがないので一気に3個大鍋で作ってドカンと夕食に出したのだった^^;

そしたら当然のことながら余るんだなあ~。

そして今日はどざえもんとなったラーメンの残りがいっぱいある^^

これをどうするか?と思いつつ食べてみると結構美味いっす。。

というわけで今日のお昼は伸びきったインスタントラーメンの残りだった。

寂しい暮らしやのーーーーー

最近チベットのダライ・ラマ14世が通りがかりに日本に来てた。

私しゃあ、この人の顔が好きさあ。

なんというか、

昔いた近所の棟梁って感じの顔してないだろうか?

今時はこれが棟梁かい?というような顔、姿の人が多いし

宮大工になるともう会社員みたいだし、、

こういう雰囲気の頑固一徹、酒好き、、みたいな人は見なくなった。

外国人が見てこのダライ・ラマさんと日本人の区別はつかないと思うけど

最近こういう顔を見なくなったなーーと思うような顔が

中国とかモンゴルとかチベットにはまだまだいますね。

妙に懐かし。

ここの数日、本当に久しぶりに平面の彫りしている。

ああ、何年ぶりだろう。

以前は平面の彫りの仕事をしてたことがあったのだけど

立体をやるとどうしてもこちらの方が面白いので平面をやる気がしない。

ついでに平面は細かい彫りがあるせいか

めまいみたいな症状が出てきて性に合わない。

が、やはり長いことやったこともあってさすが巧いっ!(自分でか^^;)

たまには面白いなーーと思ってしまった。

刀を色々出してきて研ぐ。

平面彫りは研がないと綺麗に仕上がらないもんね。

私があまり使わない小刀、、も使う。

Img_2116

こうやって見ると先が折れとるなあ。

小刀は先が折れやすいから嫌いで使わないんだ。

けど、小刀ってのは便利なもので

これを駆使してすべて彫れるというよい道具だ。

ついでに私の個人的な好みで

刃を直刀に研がない。

丸みをおびた長刀研ぎとか鎌倉研ぎとか言われる研ぎ方をしている。

これは自分の使い勝手にあわせて研ぐのが良くて

買った時に言えば刃ものやさんで研いできてくれるけど

それは決して使いやすいものではない。

自分なりに使いやすい形にするのが良いのだ。

私は刃の先端を少し立てて研いで折れにくくして

後半の方はなだらかな湾曲にして裏返しにすくい取る時に巧く使えるように

研いでいる。

写真のものよりはもう少し湾曲が少ない方が使いやすいかも。。^^;

どちらにしても結局中々巧く研げないってことなんだけど。。

自分が使いやすいと思う形を徹底的に追及するしかない。っかなあ。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1005

コメントする