ホーム>工房日誌>アート・文化>金魚のシロちゃん
アート・文化

金魚のシロちゃん

すっきりとしない天気だなあ。

気温もやや低めで暖房を入れようか、どうしようか?という煮え切らない温度で

入れないで我慢してると結構寒い。

今日外に今期最後の灯油販売の車がきていた。

もう灯油も使わない季節なのねえ。

昨日テレビ局から電話があって

母子像の撮影が無事終わりました。。ってことだった。

放送は24日木曜日午後1時からTBSテレビだそうで

忘れなければ見るっかなー^^

本の方も出来上がったそうで

確か一冊は出演料^^;としてくれるんだったと思うけど

それとは別に多少お安くして売ってくれる。。という注文票が入っていて

大抵の人は100冊くらいまとめて買って生徒さんに販売したりするんだろうけど

私はそういうことにはあまり興味がないので

そのままにしていたところ

家のものが記念だから10冊くらい買ったらどうでしょ?というので

それじゃあ、、買うべかね。。ということになった。

10冊という少ない数もみっともないな、、とは思うけど

無理して家に山積みのままでも処分に困るので

一応少量ながら注文した。

どこまでもセコい考えの私だなあ~~(しみじみ。。。)

Img_2144

やたら元気でブレてるこいつぁ、我が家の金魚のシロちゃんなんだけど

三匹1200円で買ってからかれこれ半年くらい経つだろうか。

大きさもすでに倍くらいになって元気良い。

が、この度、一緒に暮らしてたお友達のシマドジョウ君を食ってしまったのだあ~。

あややぁ・・・・・・

なんで半年も一緒にいて食ってしまうかなあ~。

あっと言う間の出来事でまたもや口から尻尾が出てる状態で

(この前もメダカを食ってしまったのだったが。。。)

それが出たり入ったりしている。

が一度吐き出したドジョウはもう頭がなかった。。。(ガクッ)

その後皆で巧く分けて綺麗に食べてしまった。。(涙)

というのも前に書いたけど

市販の餌をやっていたら中の一匹が逆さんなってしまったのだ。

これは餌の食べ過ぎと餌にも問題あるのかも?ってことで

自然の食べ物、、かつお節とかシラスとか

そういうものをやることにしたら逆さが治ったのだった。

その後もずっと鮭とかチリメンとか小エビとか

たまにはブロッコリーとかイチゴ(!)までもやってるけど皆元気よく食べる^^;

そういうわけで皆さんピラニア化してるのかもしれない。

海老や鮭をやるようになったら皆お肌が赤くなってきてしまった^^。

こんなわけでとうとうお友達の掃除屋ドジョウまで食べてしまうというお粗末。。

なんだかなーーーー、身も蓋もないシロちゃんやのーー。

目が見えない龍之介が

数日前からどうも目が見えるようなのだ。

瞳孔がぐっと締まっている。

そう思って見ているとぶつかって歩いてない!

と一時喜んでしまうけど、ま、そういうことも数日だろう。。とは思うのだけど

姪のことが大嫌いのまま16年過ごしてしまった龍之介は

目が見えない時は姪に抱かれてもあまり抵抗はしなかった。。

これが逆に涙を誘ったのであったけど、

少し目が見えるようになると

抱っこされると急に足を突っ張って嫌がるので

これもまた泣き笑い状態で、喜んで良いのか悪いのか。。

ネコアレルギーの妹も

どういうわけか抱っこしてみる。。というので(龍之介が我が家に来てから初めてくらいの

ことだけど、)してみたら

その後アレルギーがドカンと出てきて大騒ぎでだった。

くしゃみや目の痒みや赤くなるのやら、、と忙しい限りであった。

ま、妹も龍之介を抱っこするのは最初で最後かもしれない。。。。(涙)

軽くなっちた龍之介・・・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1004

コメントする