ホーム>工房日誌>アート・文化>金沢動物園
アート・文化

金沢動物園

先日生徒さんが、

金沢動物園って面白いですねえ、、、一度行ってみる価値あります^^。

と言っていたので

一度行ってみたいと思っていたけど

思い切って出かけることにしてみた。

私が徒歩圏で行ける動物園は、この金沢自然公園か、野毛山動物園しかない^^;

ま、私は動物園があまり好きじゃないので

興味はないのだけど、金沢は面白い動物もいるようなので

行ってみる価値あるかも^^と思って出かけたのだった。

山道のハイキングコースを歩いて行くと案外近い。

多分3キロほど歩くと到達するようだ。

が、自転車で行ったので山道はちょっと無理。。そうだったので

車道を行ってみた。

こちらはものすごーい二等辺三角形の長い方二面、と言う感じで

片道13キロ位も走ってしまった。。。ついてねェーーー。

Img_1948

Img_1950

自分が思ってたものと違って、そこは山なんだった。

山全体が自然公園になっていてその一部に動物園があるのだった。

自然公園は広くて子供たちにはながーい滑り台とかバーベキュースペースとか

楽しめるものがいっぱい。

高台だから金沢八景の海も見える。中央部分が八景島だにゃ。

山の木々も自然のままなので、遠くから見ると普通の山なんだなあ。。

動物園!というケバい看板もなく、

しっとり密やかで良い。

しかし、小さな子供たちを連れてる人には良いのだけど

私なんざぁ、面白くないっすね。

動物園は、かれこれ中学の時に学校から上野動物園に行った以来で

その時も死んだような活気のない動物を見てゲンナリしたものだった。

ついでに臭さもいけない。

この動物園には肉食獣がいないのだ。

草食獣ばかりで、かなり珍しいものもいるようなんだけど

 

人間知ってる動物にしか興味がない。

というのが如実にでていて

人気は象だったなあーー。あは、、、つまらん。。

Img_1949

密漁にあって射殺されたサイ、、、という雰囲気で昼寝中のクロサイ。

昼間行くと皆昼寝中で面白くもおかしくもない^^;

かといって夕方近くになると餌が欲しくなるのか小屋に入りたがる動物たちばかりで

小屋の入口を叩いたり、右往左往してるのばかりでこれもおもろくない^^;

Img_1953

 

これなんか、インドの牛の種類だそうで名前は忘れてしまったけど

なんとなく日本画の絵にあるような構図で良い。

立派な牛もどきで毛色も頭の上のパンチパーマみたいなものも

角も鼻も中々堂々としててブッタを思わせるのであった。

顔立ちも不思議とインド人なのだ^^。

Img_1962

こちらは鎧兜を着たようなインドサイ。

お肌の迫力は圧巻です。

性格はおとなし目なのか、人の良い顔立ちと耳の上の毛が可愛い。

こちらも小屋に帰りたがって体で戸をドンドンと押していた^^。

Img_1964

 

これは私は見るのが初めて。タンチョウヅル。

国内では天然記念物だから飼えないと思うけど

中国から来てるんでしょうか。

うーーーん、、

良いような悪いような、、、、

釧路湿原にいてこそ、この美しさが映えるのであって

こんなところにいると、我が家の前の家の池のふちにこれと同じ置物が

あったなあ~~^^などと思いだしてしまったりして。。

写真で見るタンチョウヅルはカッコ良いけど

これはカッコ良い写真を選んでるわけで

こうやって生で見ると案外しまりのない姿なんだなあ~ということがわかった。

いつもいつもカッコ良くはしてられないっか。。

というわけで他に断崖絶壁の上にいるヤギみたいのとか

色々いるのだけどやはり動物園は生気なし。

自然界と同じものを楽して見れる訳ないじゃん。。。

ということでした。

ごもっとも。。

でも子供たちには感激かも~~~。

この後、またもや13キロの道のりをせっせと漕いで帰ってきたのでした。

いやーーーー、遠いなあ~~~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/990

コメントする