ホーム>工房日誌>2008年3月

2008年3月

龍之介が

ここ数日、彫ってたウサギにサンドペーパーを黙々とかける。。ということを

やっている。

いや~~、これは結構大変です^^。

退屈というか、綺麗にならない。。というか、、、

糸のような傷(粗めのサンドペーパーの傷)が取れないんだもんねーーー。

人がやってるペーパーかけには厳しい駄目だしをしてしまうけど

自分がやってることにはついつい弱気になってきたりして^^;

どこで妥協するか。

龍之介が最近目が見えなくなってきたようなのだ。

16歳という年を考えるとそういう症状が出てきてもおかしくないのだけど。

何となくさびしい。

高齢ゆえか思い切って物にぶち当たるということはないのだけど

あらぬ方向へ歩いている。

テレビに向かって歩いたり、

ドアの付け根の方に進んだりしている。

ヒゲの先がふれると反射的に方向転換するので大事になったりはしないけど

自動掃除機みたいな動きをしている。

見えないんじゃないかな~?と思ってから2週間くらい経つのだけど

まだ病院に行ってない。

土曜日に行こうとすると風が吹いたり、寒かったりで

30分も歩いていくのに老体には厳しいかな?と思って躊躇してるのだ。

老化現象は病院に行っても治らないだろう。。という気持ちもある。

私は気が早いので

もう龍之介が死ぬ、、気になっている。

妹はまだ生きようとしてるのに失礼だ^^と言う~。

こうなってからが長いんだ。。とも言っとる。

確かに。。そうかもしれない。

先週あたりは、龍之介がいなくなることを考えてじんわりと涙がでてきて困った。

龍之介が死ぬ悲しみに耐えられるか。。。とも考える。

新聞にペットの紹介の欄があるのだけど

ウサギを飼ってる中年のおじさんでもウサギが死んだ後のことを考えると耐えられない。。

というのがあったのでへえ~~~~とウサギくらいでも(失礼)そうなのかあ、、、と感心してしまった。

私の苦肉の策として

新しい猫を買ったらどうだろう??という結論に達した。

が、

龍之介を飼い始めてからネコアレルギーが発覚した妹は

ネコが1m以内に来ると目の回りにブチブチしたものがでてくるのだ。

今度ネコを飼ったら、私は出て行く。。。と宣言されてしまった^^;

とすると猫は飼えないかあーーーー。

ならイグアナはどうだろう??と

次々に色々な案を考えるのだけど、、

昨日丁度イグアナを13年飼っている。という例のペット欄の文章を読んでみると

決して名前を覚えないそうな。

こうなると面白くないかなあ~~~。

せめて名前を呼んだら来てくれるくらいにならないと面白くないよねえ。。。

あまりに悲観的な態度に

家の皆は新しいネコのことを考え始め、

とうとう妹も買うなら私も見に行く^^

などと言った為、とうとうネコを飼うことは暗黙の了解になった^^。

が、目の見えないらしき龍之介を見ていると

慣れてきたせいか、まだまだ大丈夫そうに見える。

三谷幸喜の家のネコの話が先日書いてあったので読んでみたら

こちらは18歳で頭がい骨=頭以外はトラの敷物みたいに痩せてしまって

いつどこで死んでてもおかしくない状態だそうな。

体重が2キロ台になると危ない。。と言われたということで

そうやって考えてみると龍之介はまだまだ大丈夫そうだ。

今、次のネコを飼うときっと龍之介は一気に弱ってしまうだろうから

もうちょっと意識がなくなるまでは待とう。

龍之介には大変お世話になった。(変な言い方だが。。)

まったく良いネコで

今までネコなんて考えてもみなかったけど

一気に犬よりもネコの方が好きになってしまった。

手間がかからず、頭が良い。

でしゃばらず、かといって引っ込み思案でもない。

適材適所うまいこと相槌をうつし、稟としながらもお高くもない。

こういうネコを飼った場合、次のはハズレに決まってるので

あわてて飼わない方が良いかもしれぬ。

Img_1744

こんな顔をして寝てるんだからまだまだ大丈夫かも^^;

金魚二題、生徒さん作品・蓋付き片口

うちの赤い金魚が

市販の金魚の餌をやるとどうもひっくり返るので

何をやるか、、、、ということが悩みになってくる。

かつおぶし(昔金魚の餌なんかない頃はこんなものをやってたっけ。。。)

鮭の身、ご飯、ブロッコリー、シラス、パン、・・・・・

と結構何でも食べることが判明した。

沢山やるとすぐにひっくり返りそうな雰囲気になってくるので

普通よりはぐっと抑えた量をやっている。

赤い金魚以外、白い金魚と黒い金魚がお付き合いで餌が少なくされているので

年中飢餓状態のようだ。

先日外の鉢に入ってるメダカを金魚の水槽に入れて一緒に飼おう~などと閃いた。

黒っぽい鉢に黒いメダカを買ってしまったので

要するに全然いるのかいないのか見えないのだ。

メダカは横から見ても可愛らしいので水槽でもいいじゃん。。と思って5匹を入れてみた。

金魚とメダカは仲良くやるものだと思っていたが、、、

なんとしたことか、

あっという間に白い金魚がメダカを食ってしまったという~。

あちゃ~~~~。

見れば白い金魚の口からメダカのしっぽが出てるじゃ~~~~~ん!

こりゃ大変とばかり、他のメダカを急遽またすくって鉢に戻したのだが、

一匹、自分ではうまく逃げおおせたと思った運悪いメダカが

またもや金魚の餌食にーーーーーーー。

せっかく氷の張る外の鉢で冬を忍んで生きのびたのに

急に家の中の暖かい水槽に入れられて一瞬にして食われてしまった不幸なメダカ。。。。(泣)

ということで

うちの金魚はピラニア化してることがわかった^^;

普段カツオとか鮭とか自分よりも大きな魚を餌にしてるのが悪いのか・・・・

ほーーっとしたのもつかの間、、

姪が食卓にある野沢菜を見て、金魚が食べるだろうか?という。

そんなもの食わん。。。と一喝したのだけど

さっさと水槽のところの水面に垂れたのだ。

すると驚いたことに白い金魚があっという間に5センチほどある野沢菜の葉を

飲み込んでしまった。

これは仰天。

体長と同じくらいの野沢菜が入ったので

入りきれなかった分が口から出たり入ったりしてる!

あちょーーーーーー。

バカなことをして~~~と言っても後の祭り、、

どうするんじゃ?

さすがの姪もあわてて網を持ってきて口から引っ張り出そう。ということになり

引き上げてみると

その瞬間にぞろ~~っと口から全部出てきた^^;

というお粗末^^。

魚って喉が細くなってないので

結構口から胃まで一直線に出たり入ったり出来るんだなあ~~。

とひどく感心してしまった。

教訓。

金魚に野沢菜をやらない。。(アホーーーッ^^;)

生徒さん作品、蓋付き片口

Img_1923

Oさんの作品です。

これは何か。。というと

俗に片口と言われてる種類の入れ物で

片口ってのは見たとおり、片方に口があるんですね。

汁を入れたり、または形が綺麗なのでそのまま小鉢として使うこともよくあるのですけど

こちらは深いので小鉢としては使えないです^^。

Oさんはこれを急須の目的で使うそうです。

お茶が300cc入るそうで

中に網を入れるか、ティーバックを使うか。。ということで

機能的にはもう少し考える必要があるのですけど、

ご本人がそれで良い。。ということです。

機能とは別に外回りはすんばらし。

拭き漆ですが、たっぷり吸わせたようで黒さも艶もバッチリです。

(ご当人はひどくかぶれてしまったようですが^^;)

うっすらと美しい木目もでて

姿も個性的で良いのではないでしょうか?

雛祭り

今日は三月三日、雛祭り^^だわ。

昨日お祝いをしちゃった家が多いかな?

私の妹は三月三日生まれなのだ。

だから小さい頃から雛祭り+誕生日。というお祝いになる。

当人はそういう混同がすごく面白くないようだが。。

ああ、年をとったものよ。。

妹も50歳^^;

妹とも思えん。。。

が、年はとっても中身はあまり変わらないもので

誕生日というと母の手作りの海苔巻きが食べたくなるという

小規模な発想の姉妹二人なのだった^^;

が、母が亡くなってもう食えん。

母がヨロヨロし始めた頃から海苔巻きは後何回食べれるだろうか?というのが

私のひそやかな心配であったのだけど

口に出して言うと当然の事ながら母が顔をしかめて

「何回でも作ってあげるわよお」

と言ったのだけど

やはり2回くらいしか食べれなかったのだった。

妹はもう欲しいものもなく、、(私もなんだけど、、、)

何が喜ぶか。。と考えた結果

一念発起して私が海苔巻きを作ることにしたのだった。

巻き簾(というのか海苔巻きを作る時の竹のすだれみたいなもの、、)を

探してみたが、見当たらない。

聞いてみると、私が捨てたんだろう。。と言う~。

物を捨てるのは私くらいしかいないので捨てたのかもしれない。

早速それを買ってきて、、、っと。

うちの場合、

定番の卵とかデンブなどは入れない。

誰もそういうものが好きじゃない。

カンピョウも入れない。

何を入れるのかというとしば漬けなどの漬物とか

胡瓜、ミツバ、シソみたいな青物、まぐろとか牛肉、シイタケの煮たもの、、

というメンバーかなあ。

うちの父は三重県松坂が田舎なので

あちらでは牛肉の海苔巻きってのがあって

牛肉に生姜を入れて砂糖醤油で佃煮みたいに煮たものを海苔巻きの芯に入れる。というのがあるのだ。

これは結構美味しいし、若い人に人気あり。

こんなものを組み合わせ色々にして入れて巻くのだ。

母が朝から準備してた図を思い出すと大変なんだなあ・・・と思ってたけど

やってみるとそんなには大変じゃないし、

見た目はまだ修行が足りない風ではあったけど

味は母が作ったのと同じ^^ハハ。。。

どうってことないじゃんけ。。。

久しぶりの海苔巻きだったので

妹親子と私とでにこにこ顔で何が入ってるか^^と覗きながら

すっかり気を良くして食べてしまった。。

やっぱり買ってくるのとは人気度が違うなあ~~^^。

海苔巻きを喜ぶ年代はもう少ないんじゃないかと思うのだけど

こういうもので年を感じるものだ。

うちの母の年頃だと牛肉、天ぷら、握り鮨。ってのが人気の定番で

牛肉はステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、、という私などはどれも食べたくないけど

好きなんだなあ~。

生徒さんの中で今年80歳になられる方も

やはり牛肉が好きだと言っているし、

外食するなら牛肉か天ぷらが食べたい。。と同じようなことを言っていたっけ。

海老フライなどというと感激する年頃もいるだろうし、

カレーやハンバーグが好きなおじさんも結構いる。

食の好みってのは結構微笑ましいもんすね^^。

若い人が懐かしく喜ぶ食べ物ってあるのだろうか?

何でも食べられる時代なので

記念日にしか食べられないもの^^なーんてないかもね^^;

Img_1815

姪が懐かしいでしょーーと言ってお土産に買ってきてくれた

ガラス瓶のコーラだけど

全然懐かしくない^^。

瓶の形が違う~~~。

もっと凹凸のあるグラマーな瓶だったように思うのだけど・・・・・

こんなん見たことないじょーーー。