ホーム>工房日誌>アート・文化>お風呂&モロッコの戸
アート・文化

お風呂&モロッコの戸

さすがに寒い時期はお風呂が恋しい。

年中シャワーで済ませているけど、じんわりとお湯に浸かりたい。

が、私一人なのだ。

なんとなくお湯がもったいない。

長く寝るタイプのバスタブなので少なくはると底辺にへばりついたように入らなければならない。

一人でもたっぷりとしたお湯に入る。。という贅沢が中々出来ない貧乏性で貧乏な私は

どこまでお湯を減らせるか。。などということに気持ちが集中してしまう~。

結局、下30cmくらいはってみて

なんとか体をひし形にして入ってみるが、どうも寒い。

色々体を動かして工夫をしてみたところ

案外腹這いが良いことが解った。

少ないお湯の風呂の中で腹這いってる私。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでもお湯は飲んでも良いくらい^^;綺麗なので

その後捨てるのがもったいない。。

ということで

決心をして洗濯に使ってみることにした。

それ用の長いホースもついてたっけね。。

ということで風呂を出た後にホースをセットして

タイマーで夜中に洗濯をすると朝干すだけ。。ということになる。

昨日は朝そのホースが邪魔だったので

とりあえず洗濯機から抜いて床に置いた。

いつもは風呂場にホースを干して風呂も洗ってしまうのだけど

他の掃除をしてからにしよう。。と思って簡単に置いたのだった。

それが不幸の始まり。。。。だったのだ。

掃除をして風呂場前に来るとどうも掃除機の動きが悪い。

まるで水の中で動かしてるみたい^^。

おーーーーーーー!!

風呂場前の洗面所が洪水なんだ~~~~~。

水が透明で見えなかった。

水深2cmくらい洪水しとる。

それでも簡単に考えていたが、

水はどこで止まるのか。。。と考えると平坦な家なんだからどこまでも行くよね、、

あちゃ~~~~~

バリアフリーのお陰でどこまでも行ってるのだ。

隣のトイレ、逆隣の仕事部屋、、と入って行ってるじゃん。

私の持ってる掃除機を伝って次々と広がって行ってるんじゃ~~ん。

急遽パニックになった。

おーーー、

水は高きより低きに流れる。

床に置いたホースがお風呂の残り湯を更に流していたのね。。

ホースの先は高くしないといけないや。常識じゃんけ。

災害時の風景を思い出して

とりあえず外から箒を持ってきて

洗面所からお風呂に向かって熱心に水を掃いた。

何十回もやってるうちに大分減ってきたので

今度はタオルで水を吸い込ませては絞る。。ってのを繰り返した。

あーーあ、マンションじゃなくて良かった^^;

マンションでこれをやってとてつもなくお金を払わなくならなければいけなくなったという話を聞いたことがあるし、その後いずらくて引っ越してしまった。。ということだったっけ。

二階でも大変だわ。

一階の天井にシミがでてくるらし。。

いやはや、、朝っぱらから良く働いてしまった。。

フーーーーー。。

Img_1734

話は一転、

これは生徒さんが以前モロッコに行った時に

撮った写真だそうだけど、

大したものがないモロッコの砂漠の家で

素敵なドアを見つけたので写真を撮ったという。

当時、木にはそれほど興味がなかったけど

目を引いたので思わずカメラをむけたけど

今、よーく見るとすごい。。。っていうことだった。

これすっげ。。。

感動ものです。

下の枠を除いては板一枚に深く植物を彫ってあるんだけど

図案がいいなあ~~~~。

アフリカだなーーーーー。

彫りの深さもたっぷりで、なんとも言えない良さがある。

真ん中に節があるのをうまくデザインに利用してあるし、、

よくぞ写真に撮ってきてくれました。。という感じ。

ついでに持ってきて見せてくれてありがとう~~~^^。

感動だな~~~~~~。

やっぱアフリカでしょ^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/977

コメントする