ホーム>工房日誌>アート・文化>メールが
アート・文化

メールが

メールを出したのに届いてない。ということが

ここ数回あり、

どうも私の迷惑メールブロックみたいのがいけないんじゃないか?ってなことになった。

迷惑メールはどうやって分けてるんだろう?っていうことが疑問だったけど

案外適当に分かれてることが多い^^。

ある時は普通にメールとして入り、ある時は迷惑メールとして処分されていたりして。

こうやって数か月、返事を出してないという無礼なことをし続けてたかもしれないので

返事もしない嫌な奴、、とお思いの方は

こんな理由だったのでご勘弁を。。。。。よろしくお願いします。

メールには必ず返事を出してますので(^^;)

その中に多大な注文(逃がした魚は大きい~~)があったなら

どんなにか残念なことよ・・・・・(泣く~)

この前旅行した生徒さんが言うに

どこへ行っても片岡鶴太郎の作品があってウザい(とは言わなかったか^^)

アハハ・・・・

という話だったのだけど

そうそう、私は最近片岡鶴太郎日記というブログを読んでいるのだった。

鶴太郎(などと呼び捨てにしてはいけない画伯^^;)は

同年代ということもあり

全然面白くない芸人のころからバッチリ知っている。

妹が少し鶴太郎の顔の一部が似てるところがあって(当然妹はそれをものすごく嫌がっているのだけど^^)妙な親近感があるのだ。

それが知らない間にボクサーになって俳優になって画伯になって・・・・

絵描きになった当時の画集など見たけど

結構好きな絵だった。

が、

ブログを読んでると、もうとんでもない位働いてるんだわねーー。

人間じゃないよーー。。って感じなのだ。

絵もものすごく速いんだなあ~。

屏風なんかも一日で仕上げちゃうらしい。

各地で絵を描く場所を提供してくれたりすると

お礼に絵を描いて置いてくるから方々の料亭や割烹などに鶴太郎の絵がある。。と

いうことになるんだね。

まあ、一宿一飯の恩義を絵にしてお礼してくる。という

円空みたいな暮らしをしてるってことかな。

人間、あのフル回転でどんどん作品が出来るというのは

並ではないけど、

多作になるとどうしてもマンネリ化というか

見てても手抜きと思われてもしょうがないかもしれない。

生徒さんも有名な画家の間にボワッとしたぱっとしない絵。。などと評していたから^^。

肩入れするわけではないけど

これは鶴太郎のせいじゃない。。

会社の方針でしょう。

日本は才能を大事にしないすね。

つぶれるまでやらせるんだ。きっと。

それでもつぶれない。というボクシングで鍛えた鶴太郎は

めげずに頑張ってほしいものだ。。と思ったりするんだけど~。(親戚のような気分で^^)

荻野がんばれ、、、(鶴太郎の本名だがな^^;)アハハ。。。

ガラッと変わって

プールの話になりますが、、、

荻野同様、私は頭がすごく大きいらしくて

どうも帽子のサイズが合わないんです。

だから帽子はほとんど被らないんですが、

プールは被らないといけないんすよね。

このプールの帽子ってのがサイズが多少あって、髪の毛の長い人用っていう

特大ってのを探してかぶってますが、

これでも小さいんす。

そして化粧をしてはいけないプールの中で

特大の帽子をギュウギュウに被ってる私はドラえもんそっくりなんだそうな(苦)

我ながら見たくない。。

見苦しい。。。。

わたしゃあ、泳がないですから、

頭は水につけまへん。

だから水泳をしてる人のようなばっちりぎっちりとしたものじゃなくてもいいんです。

ぞろぞろとプールの中で歩いてるバーさんたちを見ると

最近はいろいろな帽子をかぶってるんです。

まず、カッコ良いというものはないんですが、

とにかくいろいろです。

そこで新製品を買ってみました^^。

Img_1810

ハハハ・・・・・

なんというか、大昔こんなのをかぶってたおばあさんがいたっけな。。

みたいな、、、

だっさいですが、

かぶり心地はふんわりとしてて締め付け感なしで良いす。

楽な分だけ、人気もあるらしく

同じのをかぶってるバーさんがちらほらいて

ああいう感じかあ~。などと暗い気持ちになりながら黙々と歩いていますが。

ついでにネットで買うと二枚組になっててね、

紫とこのショッキングピンクとの二枚組だす。

ウーーーーーン。。。

ドラえもんよりはマシですが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/974

コメントする