ホーム>工房日誌>2008年2月

2008年2月

生徒さん作品・唐草文様

二月も今日で終わり。

速いもんですなーー。

不安定な気候が続くけど、それでも暖房をつける時間がやや短くなった。

朝が以前ほど寒くない。。(ような~?)

イージス艦の事故のことが毎日新聞に出ているけど

一昨日だか艦長が清徳丸のご家族のところに謝罪に行ったという記事があった。

誰の身にも自分が直接やったことでなくても

謝罪を受ける場合と謝罪をしなければならない場合があるものだ。

どちらにしても中々苦しいものだと思う。

大抵の場合、謝罪を受けた方が不満に思うことが多い。

怒りに変わることが大方ではないかと思う。

ところが今回驚いたことに

ご家族の親族の言葉の中に

「めいっぱいの謝罪をしていただいて気持ちに整理がついた。」

というのがあった。

ああ、こんな風に思われる謝罪ってどんなものなんだろう~?

と思ったんだ。

勿論誠意以外のなにものでもないだろう。

少しの打算とか駆け引きがあると簡単に見抜かれるものだ。

地位ある人が打算なしで純粋にお詫びが出来る人ってどんな人なんだろう・・

って思うんだ。

こういう人は逆に自殺とか神経症にならなければ良いけど、、などと余計なことまで心配してしまうが。。。

最近世の中はやらしーーーい気持ちが多すぎる。

もっと純粋とか、純朴とかさ、素朴とかさ、一本気とか

なにか心の中がすーーーーっとするような人が沢山いてもいいじゃん?

って思うんだなあ~。

ヒネヒネ、ネチネチ、クネクネが多すぎるよなーーーーー。

生徒さん作品です。

Img_1869

Tさん作、唐草文様。。。ですね。

これは何か?と聞かれると・・・・・詰まってしまいます。

何でしょう?

とにかくTさんはこういう込み入った柄がお好きだそうで

唐草とか雷文とかいう柄を黙々と彫りたいということなんです。

そしてその柄を突き抜けるほど深く彫って楽しみたいんだそうで、

パズルが好きな人・・・・というのと同じような感じですかね。

それを板に彫って、特別額縁にするとかそういうことではないようで^^。

ずら~っと入り組んだ深い彫りのモニャモニャ柄があると嬉しいってことだと思います。

細かい連続柄の深い彫りとなると

もう刀を沢山隙間のサイズに合わせて揃える。。ということと

刃物をものすごく研ぐ。。ということにつきますね^^。

とにかくゴミ、掃除。。という連続です。

細かい定規みたいなものを作って地面部分が平均な高さになっているかどうか

私が虫眼鏡でもって点検して差し上げるんでやんす^^;

私はこういう彫りは出来ることは出来るのですが、苦手です。

が、人のアラを探すのは得意です^^。

どんどん作っていくのではなくて

丁寧な仕事でギッチリと突き詰めて完璧な完成品を作っていただけるように

努力します(アハ~~っ)

もの(作品)によって完成度の尺度が違うので

適材適所、(?かな?)どれくらいで終わったら良いか、というのが違ってきます。

どこまでも厳しく姑根性でいじめてるわけではないっす。(悪しからず^^;)

間違い電話・アホウドリ

昨日の晩電話がかかってきて

「もしもし?」(あちら)

「はいはい^^」(こちら)

と返事したものの覚えのない声だ。

が、妙にぶっちゃけた声は自宅か仲の良い友達にかけてるおばさんらし。

と急に

「誰!!?」

と怒られてしまった^^;

お前は誰なんだ!!というニュアンスだ。

誰と聞かれると

「ケーコ」と言ってしまいそうになるのだけど

知る訳もないよねーー^^;

急に突っ込まれてしどろもどろになってしまった。

私は誰なんでしょう~?

相手は怒ったようだしさーーー。

困るよなーーー^^。

「誰と言われましてもそちらからかけてきた電話なので

そちらから名乗っていただく方が~~~」

などと言い訳じみた返事をしてみたら

「斉藤さんでしょ?」

とやっと糸口を言ってくれたので

「違います^^」

ということで一件落着したのだった。

しょっぱなから怒るなよなーーーー^^;

89_0035

最近アホウドリの引っ越しの話が毎日新聞にでているけど、

最初可愛くないヒナだな~と思ってたけど

段々慣れてきたせいか、可愛く思えるようになってきた。

黒版、(セサミストリートの)ビックバードみたいだ。

あほうどりって名前はどうにかならないもんですかね。

関係ないんだろうけどアホなような響きがあって気の毒だわ。

大きな鳥で翼を広げて飛ぶ時は2mくらいになるんだそうな。

だからヒナもデッカイのね。

4.5キロもあるそうだから

よっこいしょと抱き上げてみたいもんだなあ^^

ヒナってのは目立たないような色になってるはずだけど

この黒いヒナは目立つ。

敵がいないということか。

絶滅に瀕したのは逃げない鳥なので

人間が羽毛布団にしてしまったそうな。

人間は罪だなあ。

もう随分前、、かれこれ10年以上前だと思うのだけど

このあほうどりの研究で有名な長谷川博先生が

あほうどりのいる島に単身で住みこんで黙々と研究してる手記などが

タマに新聞に出てたりして

いつも読んでたのだけど

それはそれは大変な暮らしで

好きなればこそ。。。ってことなんだけど

まったくこの先生のお人柄とか熱心度とかコツコツやってる態度とかに敬服してしまうのだった。

今回これが形となったわけで

あれだけ長い時間かけて丁寧に観察研究してたのだから

成功してくれると思うけど、

日本だけではなくアメリカも協力して今回の引っ越しをやってくれるというのは

やはりこの長谷川先生のおかげだと思う。

(と知らないながら思うのだ。)

絶滅ということには色々な解釈があるのではないかと思う。

人の手で保護して絶滅を避けるのは本来の意味に反してないの?

人間の影響で絶滅させられたものはどう判断すべきなのか?

と思うのだけど

こういうのも含めて大きな流れとして地球、宇宙は動いてるんだろうなあ~。

今回の引っ越しで

親に育ててもらえなかったヒナ達は

親になった時にどうなるんだろうか?

一匹のヒナがそういう状態なら問題ないと思うけど

全員がそうなんだから暫くは親子関係ってのがギクシャクしないんだろうか?

中々疑問が多くて難しい問題も多いんだろうけど

それでもああやって箱に入れてロッククライミングをやってもらって

350キロ?もヘリコプターで運んでもらうんだから

皆元気に居付いてくれるといいなあ~。

春一番他

一昨日の土曜日、午前中は天気が良く

自転車でホームセンターへ行こう~。と軽く楽しい気分で家を出たものの

風が段々強くなってきて

我が家のわんこなどは飛ばされそうになるのを

必死に走ってる。

帰りになるともっとひどくなって

Img_1818

こんな風な見たこともないような嫌な空の色になったのだった。

色としてみると中々おしゃれな色で、絵の具だったら是非使ってみたいと思うのだが、

空となると別だ。

自転車のこととて傘もないし、

春だというので白いダウンジャケットを着ていて

ポツリときた雨の一滴を見ると茶色だもん、、、

あーーーあ、と暗い気持ちになってしまった。

ついでにやたら寒いしーー。

ということで犬のことも考えずに全速力で家に帰ったのだった。

もう体も自転車ももちろん犬も砂だらけ。

次の日起きて洗面所の鏡で見たら

目の下にまつげ型に砂がびっちりとついていた。

目の中にそれだけ入ってたんだな~~。

とにかく茶色が汚い。

中国の砂漠の砂なんだろうなあ~~。

うーーん、シルクロード。。。。

という風流な感じはするけど、、やっぱり嬉しくないなー^^;

ここ数日ろくなことがないのだけど

だからといってメゲてはいない。

出版社から無料で広告を載せてあげる。という封書がきてて

無料というとすぐに飛びつく私は

早速書いて封をして

出す前にどこかへ行ってしまったのだった。

誰かが大事なものだから気を利かせて出してくれたんだとばかり思ってたのだけど

聞いても知らない。。って。

とすると私が新聞と一緒に捨てた。ということになる。

古新聞を確かめてみたけどない。

とすると紙のゴミだな。。

と思ったまでは良かったけど。

今日は、紙のゴミの日じゃん(汗)。

妹が朝一番、、そう朝の3時頃出す^^と言ってたっけ。

ゴミやさんの車はまだ来てないようだ。ほっ!

とすると外のゴミ集積所まで探しに行かねばなるまいで^^;

というわけで行ってみると

今日はまたたっぷりとゴミが出てるんだなあ~~。

妹の出す時間だと当然一番乗りなので

ゴミとしては一番奥になる。

確か緑色の袋だったような~~~、と思って見てみると

あるある。。一番奥^^;

隣の公園の柵を乗り越えて一番奥に行って袋を取って家に帰ってきた。

あったーーー^^;

やっぱり私が捨てたんじゃん。。

とりあえず、簡単に手に戻ったので良かったよかった^^。

これをまたポストまで持って行くのを渋るから行方不明になっちゃうんだよな~^^;

先週、うちのホームページのメールやフォームがあまり通じてないことが

発覚したので

早々にそれらを直していたのだけど

昨日はフォームを直したのだった。

いつから通じてないか解らないのだけど

大分前からかも^^;

ま、あまり注文があるHPではないので

特別どうってこともないのだけど、

それでもフォームが通じてないから止めたというお客さんもいるかもしれない。

久しぶりにHPビルダーでフォームを作ろうとしたのだけど

以前のように作り方が書いてない。

当時一回作っただけなので思い出せない。

とすると今頃はもうフォームを自分で作るという面倒なことは誰もしてないんだな?

と早めに気づくようになった私は

早速、無料フォームで検索してみた。

あるある。。。

無料で借りるのが一番だ。

手間もかからないし、お金もかからない。

ところが無料フォームは一種類しかない。

質問形式ので

名前とメールアドレスと質問。を入れて送るタイプのものだ。

あっちゃ、

私のところで切れてるのは

質問のものと注文のものだ。

二個いるのだ。

とすると有料のしかない。

ということで早速有料のものを頼んでみた。

有料と言っても月840円なんだけど。。。。。

即使って良いよ。。と来るのは良いのだけど~~

これも自分で好きなように作ってね。。という結構面倒なことに。。

問い合わせのフォームはそのままで良かったけど

注文のフォームは住所や支払い方法や配達希望日みたいなものまで

入れないといけない。

この組立方が解るまでにどんだけ時間を要したか^^;

というわけで

茶色の雨に濡れた以外休みのほとんどを費やした愛着あるフォーム。

是非、注文とは言わないので

お問い合わせフォームから何かお問い合わせてくださいね^^。

メールが

メールを出したのに届いてない。ということが

ここ数回あり、

どうも私の迷惑メールブロックみたいのがいけないんじゃないか?ってなことになった。

迷惑メールはどうやって分けてるんだろう?っていうことが疑問だったけど

案外適当に分かれてることが多い^^。

ある時は普通にメールとして入り、ある時は迷惑メールとして処分されていたりして。

こうやって数か月、返事を出してないという無礼なことをし続けてたかもしれないので

返事もしない嫌な奴、、とお思いの方は

こんな理由だったのでご勘弁を。。。。。よろしくお願いします。

メールには必ず返事を出してますので(^^;)

その中に多大な注文(逃がした魚は大きい~~)があったなら

どんなにか残念なことよ・・・・・(泣く~)

この前旅行した生徒さんが言うに

どこへ行っても片岡鶴太郎の作品があってウザい(とは言わなかったか^^)

アハハ・・・・

という話だったのだけど

そうそう、私は最近片岡鶴太郎日記というブログを読んでいるのだった。

鶴太郎(などと呼び捨てにしてはいけない画伯^^;)は

同年代ということもあり

全然面白くない芸人のころからバッチリ知っている。

妹が少し鶴太郎の顔の一部が似てるところがあって(当然妹はそれをものすごく嫌がっているのだけど^^)妙な親近感があるのだ。

それが知らない間にボクサーになって俳優になって画伯になって・・・・

絵描きになった当時の画集など見たけど

結構好きな絵だった。

が、

ブログを読んでると、もうとんでもない位働いてるんだわねーー。

人間じゃないよーー。。って感じなのだ。

絵もものすごく速いんだなあ~。

屏風なんかも一日で仕上げちゃうらしい。

各地で絵を描く場所を提供してくれたりすると

お礼に絵を描いて置いてくるから方々の料亭や割烹などに鶴太郎の絵がある。。と

いうことになるんだね。

まあ、一宿一飯の恩義を絵にしてお礼してくる。という

円空みたいな暮らしをしてるってことかな。

人間、あのフル回転でどんどん作品が出来るというのは

並ではないけど、

多作になるとどうしてもマンネリ化というか

見てても手抜きと思われてもしょうがないかもしれない。

生徒さんも有名な画家の間にボワッとしたぱっとしない絵。。などと評していたから^^。

肩入れするわけではないけど

これは鶴太郎のせいじゃない。。

会社の方針でしょう。

日本は才能を大事にしないすね。

つぶれるまでやらせるんだ。きっと。

それでもつぶれない。というボクシングで鍛えた鶴太郎は

めげずに頑張ってほしいものだ。。と思ったりするんだけど~。(親戚のような気分で^^)

荻野がんばれ、、、(鶴太郎の本名だがな^^;)アハハ。。。

ガラッと変わって

プールの話になりますが、、、

荻野同様、私は頭がすごく大きいらしくて

どうも帽子のサイズが合わないんです。

だから帽子はほとんど被らないんですが、

プールは被らないといけないんすよね。

このプールの帽子ってのがサイズが多少あって、髪の毛の長い人用っていう

特大ってのを探してかぶってますが、

これでも小さいんす。

そして化粧をしてはいけないプールの中で

特大の帽子をギュウギュウに被ってる私はドラえもんそっくりなんだそうな(苦)

我ながら見たくない。。

見苦しい。。。。

わたしゃあ、泳がないですから、

頭は水につけまへん。

だから水泳をしてる人のようなばっちりぎっちりとしたものじゃなくてもいいんです。

ぞろぞろとプールの中で歩いてるバーさんたちを見ると

最近はいろいろな帽子をかぶってるんです。

まず、カッコ良いというものはないんですが、

とにかくいろいろです。

そこで新製品を買ってみました^^。

Img_1810

ハハハ・・・・・

なんというか、大昔こんなのをかぶってたおばあさんがいたっけな。。

みたいな、、、

だっさいですが、

かぶり心地はふんわりとしてて締め付け感なしで良いす。

楽な分だけ、人気もあるらしく

同じのをかぶってるバーさんがちらほらいて

ああいう感じかあ~。などと暗い気持ちになりながら黙々と歩いていますが。

ついでにネットで買うと二枚組になっててね、

紫とこのショッキングピンクとの二枚組だす。

ウーーーーーン。。。

ドラえもんよりはマシですが。

お土産

生徒さんが旅行に行った。。ということで

お土産^^をくれた。

開けてみると

Img_1812

のこぎり^^。(真ん中の小さいもの)

妙な嬉しさ。。

京都の源久秀刃物店というところののこぎり。

面白いお土産でしょーーー^^。

刃のところがかなり小さくて6cm、二寸っていうところかな。

生け花を活けてる時などに使うんだそうな。

さっすが京都、池坊~~。

小さなのこぎりってのは案外便利で

このサイズになるとホームセンターではあまり売ってない。

小さいけど値段は逆に高くなる。

最近では使い捨てののこぎりが一般的に増えていて

私なんぞももっぱら使い捨てなんだす。

以前は目立てに出すのこぎりを使ってたのだけど

段々目立て(のこぎりの刃を研ぐこと^^)をしてくれるところが少なくなってるし、

せっかくやってもらっても巧くないことが多くなったので

使い捨ての方が安いし、切れ味も良いので便利なんだ。

しかし、この小さなサイズになると

やはり目立てですな。

上の少し大きなサイズのそれでも刃渡り12cmってところの

のこぎりでも7千円くらいするんだそうす。

その値段だと使い捨てにはしませんなあ。

最初に使うのは大きな30cm以上あるのこぎりなんだけど

自分の仕事台で細々した時に使うのこぎりはこういうサイズが使いやすい。

楽なんだわあ~。

これくらいの大きさだとあまり失敗もしないしー。

やはり適材適所といいますか、

これで材木を切ろうなどと考えたらとんでもないことになりますが^^;

Img_1805

そういえば、ものすごーーく久しぶりに

私も刀を買ったのだった。

最近お願いしてる刀やさんが品物が来る度に

なにやらウキウキするような雰囲気があるので

めったに買わない私もついつい買ってしまった^^。

4分(12mm)の丸、叩きノミなんだけど

これは元々一番最初、、そうかれこれ33年くらい前に初めて買ったサイズの刀で

当時3500円くらいだったかなあ~~。

思い入れが深かったように思うのだけど

どうにも調子の悪い刀で、使いにくい。

ついでに刃が抜けかかってきてて

なら抜いてしまおうかと思うと抜けない。

そのプカプカしてるところに指を持っていて

叩きノミだから上から叩くと思いっきり指の肉を挟んでしまうことがあって

ぎゃーーー、、ってなもんなんだ。

それを後生大事にしてたのはどうしてだろう。

一個刀があると同じのを買い替えるってことが私には難しい。

あるのだから他のを。。って思っちゃう。

が、よく使うサイズってのがあって

そういうものこそ良いものを持ってた方が良いのだ~~。

その結論が出るまでに30年かよーーー。

あの刀が使いやすかったら、もっと良い作品が沢山出来てたんじゃないか。

などと思ったりする。。

ともあれ33年ぶりに買い替えることになって

なんでこんなこと、気が付かなかったかなあ。。。。とブシブシと思いながら

しみじみと熱い視線をおくるのであった。

無駄を承知で道具は良いものに巡り合えるまで買い続けるのが良いですよ^^;

お金がかかるのでこちらからはあえて強くは言えないですが。。。

色々使うとどれが良くてどれが悪くて

だからこうなった。。と言い訳ができるようになるっすよ。

腕が悪いんじゃないんだ。

道具に恵まれないだけなんだ。。。などとね。

 

あひょ~~~^^;

仏像出来上がり。

Img_1807

仏像が出来上がった。

細長ーくて石で出来てるように見える。

何か別の素材、石とか陶器とかで

出来てると思われることが多いのだけど

いつも注意してながら、ついついそう思われてしまう。

これはマズイっすよねー。

木で出来たものは、木だな。。って思えるように作らないと^^;

Img_1752

顔の辺をアップにするとこういう感じ。

細身でうりざね顔だと美人だけど

細身で丸顔だと可愛い。

 

だからちょっと可愛い系かな。

おへその辺りも可愛いです。

私はおへそとかお尻とかを彫るのが好きです~。

その点、腕とか指とか彫るのはあまりうまくなく

なんで指は五本あるんだ~?という感じです。

昔マンガに描く指は4本だったのだけど

その方がバランスは良い。

この前生徒さんも

人形の手を作っていて、

なんか変だな~~?と思ったら指が6本になっていたとか^^

五本に分けるのって難しいっすよね。

指って等分に分けるわけにもいかなくて

親指が太くて、次に中指、次に人差し指と薬指、、という風にしないといけないのだけど

小さな敷地でそういう区分をするのは中々やりにくい。

手で挫折しそうになる人は多いです。

今回も指はスラリと伸びる予定でしたが、

なぜか短く、ちょっと笑える形になりました。

足もなぜかX脚だしーーー。

まあ、0脚よりも良いかもしれないけど。

それでもなにか

掃き溜めに鶴、、、風な雰囲気なんす。

置いてある場所が掃き溜めなんじゃなくて

体全体の色が掃き溜めっぽくて、

表情が鶴。。って意味です。

最近、汚い中から一輪の花。。みたいな美しさを表現してみたくて

わざわざ他の部分を汚してみたりするのだけど

それは影があるから光がある。という発想なんす。

白い色を印象的にするには

白を塗り重ねるってことじゃないすね。

他を暗くして白を印象づければ良いのであって、、、

こうやって雪とか豆腐とかが描ける。

苦しい時に一縷の望み、または光をみる。。という雰囲気が

仏像には大事かな~~~などと思ってるんですが。。。。

ついでに

背中の線ってのが好きでして、

猫背はいけないですね。

ぎゅんと反らせて足の方でまた反対に反らせてみたのですが。

しかし、光背がついたせいで

ちょっとクネクネしすぎたかな?と思ってるところです。

光背がなければもっとすっきりとした姿勢だったのだけど。。。(言い訳^^)

ま、こんな感じですが、

心配は地震です。

地震で転んだら、前の一輪の蓮のつぼみが折れるんだろうな~~。

折れたらすぐに直せるんだけど。。。。。

壊れないのが良いに越したことはなく・・・・・・

お風呂&モロッコの戸

さすがに寒い時期はお風呂が恋しい。

年中シャワーで済ませているけど、じんわりとお湯に浸かりたい。

が、私一人なのだ。

なんとなくお湯がもったいない。

長く寝るタイプのバスタブなので少なくはると底辺にへばりついたように入らなければならない。

一人でもたっぷりとしたお湯に入る。。という贅沢が中々出来ない貧乏性で貧乏な私は

どこまでお湯を減らせるか。。などということに気持ちが集中してしまう~。

結局、下30cmくらいはってみて

なんとか体をひし形にして入ってみるが、どうも寒い。

色々体を動かして工夫をしてみたところ

案外腹這いが良いことが解った。

少ないお湯の風呂の中で腹這いってる私。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでもお湯は飲んでも良いくらい^^;綺麗なので

その後捨てるのがもったいない。。

ということで

決心をして洗濯に使ってみることにした。

それ用の長いホースもついてたっけね。。

ということで風呂を出た後にホースをセットして

タイマーで夜中に洗濯をすると朝干すだけ。。ということになる。

昨日は朝そのホースが邪魔だったので

とりあえず洗濯機から抜いて床に置いた。

いつもは風呂場にホースを干して風呂も洗ってしまうのだけど

他の掃除をしてからにしよう。。と思って簡単に置いたのだった。

それが不幸の始まり。。。。だったのだ。

掃除をして風呂場前に来るとどうも掃除機の動きが悪い。

まるで水の中で動かしてるみたい^^。

おーーーーーーー!!

風呂場前の洗面所が洪水なんだ~~~~~。

水が透明で見えなかった。

水深2cmくらい洪水しとる。

それでも簡単に考えていたが、

水はどこで止まるのか。。。と考えると平坦な家なんだからどこまでも行くよね、、

あちゃ~~~~~

バリアフリーのお陰でどこまでも行ってるのだ。

隣のトイレ、逆隣の仕事部屋、、と入って行ってるじゃん。

私の持ってる掃除機を伝って次々と広がって行ってるんじゃ~~ん。

急遽パニックになった。

おーーー、

水は高きより低きに流れる。

床に置いたホースがお風呂の残り湯を更に流していたのね。。

ホースの先は高くしないといけないや。常識じゃんけ。

災害時の風景を思い出して

とりあえず外から箒を持ってきて

洗面所からお風呂に向かって熱心に水を掃いた。

何十回もやってるうちに大分減ってきたので

今度はタオルで水を吸い込ませては絞る。。ってのを繰り返した。

あーーあ、マンションじゃなくて良かった^^;

マンションでこれをやってとてつもなくお金を払わなくならなければいけなくなったという話を聞いたことがあるし、その後いずらくて引っ越してしまった。。ということだったっけ。

二階でも大変だわ。

一階の天井にシミがでてくるらし。。

いやはや、、朝っぱらから良く働いてしまった。。

フーーーーー。。

Img_1734

話は一転、

これは生徒さんが以前モロッコに行った時に

撮った写真だそうだけど、

大したものがないモロッコの砂漠の家で

素敵なドアを見つけたので写真を撮ったという。

当時、木にはそれほど興味がなかったけど

目を引いたので思わずカメラをむけたけど

今、よーく見るとすごい。。。っていうことだった。

これすっげ。。。

感動ものです。

下の枠を除いては板一枚に深く植物を彫ってあるんだけど

図案がいいなあ~~~~。

アフリカだなーーーーー。

彫りの深さもたっぷりで、なんとも言えない良さがある。

真ん中に節があるのをうまくデザインに利用してあるし、、

よくぞ写真に撮ってきてくれました。。という感じ。

ついでに持ってきて見せてくれてありがとう~~~^^。

感動だな~~~~~~。

やっぱアフリカでしょ^^。

犬のトイレ

大寒波?の今日は快晴だ。

ベランダの上の昨日の雨の名残りもしっかりと凍っていた。

やっぱり大寒波なのかも。。

数日前の昼間自転車で郵便局に行った帰り

やや西になった陽を浴びて気持ち良く口を開けながら走っていたら

我が家の近くの川の辺りでもうユスリカ(刺さない蚊みたいなもの)が大量に発生してるらしくて

その群れに突入してしまった。

かろうじて口を閉じて食べはしなかったのだけど

なんと目に入ってしまって^^;

そのまま放っておいたのだけど

段々奥に入っていく。目の裏側に行って脳に達するかも^^

朝、目が赤くなって腫れてるのだ。。

ゲッ!

なんとか出したい。水で洗ってみてもなんとなく奥の方がゴロゴロしてていけない。

昔、毛虫が目に入ったことがあった。

うわっ、毛虫が目に入ってしまった。。。と思って

あわてて家に帰ってみてもらったら

自分が思ってるよりはず~~っと小さい2mmくらいの毛虫だったけど

毛虫は毛虫だ。

目の中にこんなものが入るなんて~。

その点蚊なんかはしょっちゅう入るから問題はないと思ってたけど

早く出て行ってくれないかな。。。

うちの犬は

どうもあまり頭が良くないのだけど、

ついでに尻の始末も悪い。

頭の方は見ようによっては犬本来の性格をしっかり備えてる良い犬とも言えるかもしれない。

人間にとって都合が悪いということだけなのだ。

小さな体に似合わず、野太い声で吠える。

夜中であっても外に車の音がすれば

ものすごい勢いで吠えたてる。

本当に小さな音でも敏感に感じて吠える。

人が来ても吠える。

家のものが帰ってきても同じように攻撃的に吠える^^;

あっほ~~~~、、、、

と毎日言われても全然気にしてない。

今までには経験したことがない犬で、

説教してやっても全然聞いてないのだ。

犬ってものは神妙に話しを聞いて、がっくりとうなだれる。。というのが一般的なのだけど。

そんな性格でもトイレがちゃんとしてれば及第点だ。

が、トイレがもっといかん。

ここらがトイレ辺りだ、、ということでしちゃうんだなあ。。

なんといっても

私は飼い主ではないので

トイレの掃除は嫌なんだわ。

トイレの近くにオシッコの海があって

それを毎日数回、掃除するんだ。

粗相をした匂いが残ってるから又するのだ。。というから

床を洗剤で洗って漂白剤でまた洗って。。。とやってもすぐに又する。

こういう時は殺したろか!と思うほどなんだ。

どこかの家に貰ってもらおうと思ったこともあったけど

犬本来の性格が祟って誰にもなつかない^^;

そうなったら保健所だ。。。と誰かが言うけど、誰が持って行くん?

となるとシーーーーン。。

そこで私は決心してトイレの方を使いやすくする手立てを考えてみた。

一般に売ってるトイレの下のシートなどは使ってことがない人が考えてるんじゃないか。

と思うほど役に立たない。

普通の犬用トイレの下に大判のシートを敷くとか、、

こんなことは全部やってしまったので過去のものだ。

とりあえず、下に洗いやすいプラスチックの大きな受け皿があると良いと思うのだけど~。

と、猫のトイレのでっかい奴を買ってきた。

が、猫のトイレは入口のないタイプで小さな犬としては

飛び越えて中に入らなければいけなく、

飛び越えない前にしてしまう~ということになってあえなくおじゃん。

Img_1730

ホームセンターで何か良いものはないか、、とジロジロ探した結果

これは良さそうだとひらめいた、ウサギの小屋^^;

大枚5千いくらか出して購入したのだ。

上に網も屋根も入口の階段みたいなものもついてるのだけど

そういうものは外して土台だけ使ってみた。

これの中に大判のトイレシートを敷いてその上に犬用の普通のトイレを置いてるのだ。

入口があるというのがミソで

どこからでも入れるとそこからお尻だけ出てしまうということが多いのだ。

 

どんなにか苦労してるか^^;

これを設置してからほぼ一月くらいになるかなあ~。

なんとその間に失敗は二回。

ものすごーーい確率95%くらいで成功してる~~。

ああ、どんなにか幸せよ。

アホな犬もそれなりに可愛く思えてくるから不思議だ。

あの強烈なごま油みたいな匂いのオシッコの掃除をはいつくばってしなくて良い^^。

どんなにかよーーーー。

ありがたいかよーーー

ウサギ小屋よーーーー。

感謝^^。

建国記念日

長い連休ですよね。

段々連休が増えてきて

お金は使う、旅行は迫られる。。というので辛くなってる人も多いそうな。

秋にも大型連休ができるとか。

^^。良いことなのか悪いことなのか。

私は今回普通に仕事しています。

出来上がりが近いし、まとまって集中できる時間が少ないので頑張ってます。

そうそう、、、

テレビ局に貸し出した動物二種、返ってきました~~^^。

妙に懐かしいその背中。。

破損もなく、手あかなどもなく、一安心でした。

これからは注意しよう。

それにつけても取りにきた女性も持ってきてくれた男性も

毛糸の帽子を目にかかるぐらいスッポリと被って

タバコ臭~くて、ズラズラしてて、、、

ま、そこらにいる若者ってことですが、

なにをか言わん、、、、、なんにも言わんよ。。。。^^;

刀をお願いしてるところのご主人が仏像制作の本を作ったので、、と

贈ってくれた。

あらためて本を読んでみると

仏像を作るのは大変だなあ~。

なんといっても決まりが多い。

これらを全部クリアするとかなり大変だと思う^^。

決まりが多いってのは本当なのか?

良い仏像が出来た時代のこれこれの仏像はこうだったよ。。。

みたいなことも多いと思う。

私は全然気にしていない。

これらを気にすると昔のままの仏像ができてしまうから。

昔と同じ仏像を作れば、古さがある分だけ昔のものの方が良いわけだし、

能面やバイオリンなどもそうだけど

過去のものに勝てるわけがない。。ということになってしまう。

私は彫刻家が作る仏像が好きだ。

ちょっと人間臭くて、その人の仏像に対する想いってのが良く解る。

そこには特別法則はない。

知らないということでもあるのだろうけど、

あえて気にしてない人もいると思うのだ。

決まりにとらわれると肝心なものを失うことが多い。

私は仏像が本職ではないので

こんなものは問題外といわれるかもしれないけど、

仏像本来の目的はなにか?

問題は外見の彫りではないですよね。

中から出るもの。。。。ですよね。

だったら、決まりがそんなに大切なものとは思えないけど^^;

などと思っとるわけです。

心をがんじがらめにしない仏像が作ってみたいなあ~。

まだまだなんだけんど。。。。。。ボソッ。

Img_1656

新しくお願いしてる刀やさんは、荷物を開けてみると

あ~れ、いいじゃん?。。。。

パッキンに楠のカンナくずを使ってる~^^。

香りが良いし、フワフワだし、カッコ良いなあ。。。。

大阿闍梨

朝日新聞の夕刊に一週間連載される・人生の贈りもの・というのがあるのだけど

今週は私の好きな 酒井雄哉大阿闍梨(だいあじゃり)だった^^。

40歳で出家して千日回峰って難行を二度もやった人だ。

千日回峰というのは

簡単に言うと

比叡山山中を一日30キロ拝み歩いて700日。

9日間の堂入り。

60キロを100日。

84キロの京都大回りを100日。

山中30キロを100日。

途中挫折したら自害。

という行だそうな。

これを二回もやっちゃった人で

一回だと過去比叡山千人に47人いるんだそうだけど2回だとぐっと減って3人しかいないそうな。

一回目の時に確かテレビでやっていて(もう随分と前のことですが。。)

それを見て頭にこびりついたのだった。。

こんなすごい人だけど

くだけた話しっぷりとなんというか顔がいいんだなあ~~~。

今年はもう81歳になられるそうだけど、なんともいえず良い顔だ。

今日本にはあまり見ない顔だ。

チベット辺りだとまだああいう良い顔の人がいるなあ。。

文章読んでても人となりが出てて面白い。

二度の千日回峰行を経てどんな変化があったか?と聞かれて

「何もないんだよ。。結局。」

って答えが可笑しい^^。

好きだな~~。

背伸びすな、、無理すな。。。と書いてある。

だねーーー^^。

千日回峰行を終えたものは京都御所に参内を許させるとそうだけど

その際に御所は土足厳禁であるのだけど、千日回峰行を終えた者のみ土足が許される。。

と書いてある。^^

そんなこと。。。って思っちゃうけど大変なことなんでしょうね。

また、9日間の堂入り、、というのは

不眠不臥、断水断食ということで

4日目くらいから死斑がでてきて死臭がするのだそうな。

うーーーーん、

これはやった人でないと言えない言葉だ。

この行を境に自分の為の行から世の為の行に変わるんだそうだ。

程遠い話なので

へーーーーーー、、、としか言えない状況の人なんだけど

話してることは極自然体で

偉い人なんだよーーー。てなところは全然ない。

中国の格言の中に

小仙人は山に住んで霞を食べて生きるけど

大仙人は市井に住んで普通の人と変わらぬ暮らしをしている。。

てな意味のものがあったけど、

なるほど、偉そうにしてる人は偉くもなく

偉い人ほど頭を低くして暮らしているのだ^^。

酒井大阿闍梨が生きて動いてる時に見れて(会えて^^)良かった。

今後300年はこういう人出ないだろうからなァ~~。(感激^^)

Img_1523