ホーム>工房日誌>アート・文化>ピアス制作
アート・文化

ピアス制作

数日前に前のお宅の奥さんが亡くなったという回覧板がまわった。

まだ59歳ということですっごく驚いて寂しい気持ちになった。

ほとんど話をしたことはないのだけど、かなり遠いところにお勤めで

もうすぐ定年でゆっくりできたんじゃないかなーー、、と思って・・・・・・

うちの住んでる住宅は50年前に入った人たちがそのまま住んでてあまり動きがない。

だから当然かなりの高年齢で

順番から言えば逝くべき人が多いのだけど^^

こういうものは順番にはいかない。

タマにとんでもなく若い人の訃報などがあると妙に寂しいしもったいない気持ちがする。

ご家族の気持ちを考えても痛々しい。

幾つだったら良いのか。。と考えるなら

80歳以上だったらまあまあかな。。。。などと思うのだけど。。。

ちなみにうちの母を先頭に今年度はもう我町内で4人も亡くなったのだった。

下世話な話だけど

町内会では誰かが亡くなると香典を出す。

うちも頂いた。一万五千円^^。

年に一人だと町内会費もまあまあなんだけど

4人になると6万円でしょう。

こうなるとかなり今年度の予算の中では苦しい状態になってきて

他の予算よりもずっと幅を取ってしまうということになる~。

そのうち香典の額を減らさないといけなくなると思いますね。

ウーーーーン、悲しいかな。。。(香典が減らされることではなくて

こういう事態で苦しむこと。。。)

そんな続きでふと考えてみたのだけど

最近の80代90代という俗に言うならお年寄りに

何かしら仙人みたいな風格のある人が少なくなったような気がする。

長く生きた年輪というか知恵というか

そういうものを若輩に対して伝授してほしいですよねー。

人はある程度の年齢になったら

世間、世の中にお返しをするという人生が良いだろうと私は思うのだけど、

サラリーマンのまま定年を迎えて

その延長でただ家の周りの掃除をするだけとか、ゴミを出す。。だけとかの

毒にも薬にもならない自己中な生き方をしてる人が多くはないか。

なにやらさびしいねえーーーー。

自分の身を守ることには躍起になるけど

他人には全然興味ないや。。みたいな大年寄りがいるんだなあ~~。

そういうのに限ってやたら自分の健康を大事にするんですわよね^^;

最近は若いものよりも年寄りの人格に問題ある人ってのが多いような気がする。

そういえば、この間も区役所でやたら怒鳴ってわめいてるおじいさんがいたっけなあ。。。

おれはこんなに保険料を払ってる~~!と騒いでいたっけ。。

騒いで皆が賛同してくれると思ってるようだけど

妙に引いてしまいますよ。

怒鳴なくても済むことだもんねー、、、、、

Img_1564

暮れの間にピアスを一応作ってみた。

慣れないせいかやったら苦労した。

細かい仕事が見えない^^;手先が細かく動かない^^;;

あはは~~~。

ほとんどリハビリ状態じゃん。

しかし、これを土台に段々と巧くなっていくつもりだ。

自分が作ったものを身につけてると

自分の主張の片割れみたいなもので結構面白い展開があったりします。

もっと良いものを作るどーーー。(そのうち^^)

部品なども大分解ってきたのでそのうちには良いものができる予定です。

(販売はしませんが^^;)

木の種類別にしてどんな味わいがあるか見てもらうってのも面白いでしょ。

なーんてことを考えてましゅ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/966

コメントする