ホーム>工房日誌>アート・文化>雛人形
アート・文化

雛人形

Img_1617_2

雛人形の展示会の葉書がきた^^。

友達の雛人形作家の藤代光雄さんの作品展だ。

雛人形というと春が来たなあ~とほのぼのとした気持ちになるものだ。

数行の走り書きがあったので早速久しぶりに電話をしてみた。

なんたって隣の区に住んでるというのにまあ、何年も何十年も会わないのだ^^。

が、同じような仕事をしてる手前、材木とか刃物とか

色々教えてくれてお世話にはなってる^^。

雛人形は季節ものなのでこの時期になると全国4か所ほどで個展をやるそうで

あっちこっちと移動するらしい。

今年は名古屋と岡崎と京都と青山でやるそうな。。。

藤代さんとは因縁も深く

私が京都で修行してた時に師匠が月に一度作品を納めに行ってた奈良の誠美堂(こんな字だったか?)に弟子入りしていて(もちろんそんなことは知る由もなく)

一度だけ私が車を運転してそこへ行った時に

玄関先で車が邪魔だから他の場所に止めてくれ。。と言った二人組の男が

いたのだけど、

そいつが藤代さんだったのだ^^;

昨日30年ぶりに聞いたところによると

もう一人の男に会いたくて機会を持ったら

左手を丸鋸で切断して指が4本なかった。。と言っていた。

丸ノコってのは危ないですよ。

そういう藤代さんも丸ノコで手の甲をそぎ落として高熱を出してうなっていたことがあったなあ~。

(丸ノコってのは漫画にもでてくるような大きな丸い刃が

回転して木を切る機械ですが。。。)

その友達は指がなくても普通に良い仕事を沢山してるそうだ^^。

たっま~に喋ると何十年分の出来事を話すので

一気に面白い^^。

そのご藤代さんは鎌倉に出てきて私が半年前に入ったところで

一緒に仕事をして初めて奈良での出来事を話してその偶然に感動したのだった。

その後藤代さんは木工芸や木目込み人形作家のところに弟子入りして

今は雛人形作家になっている。

色々なところで修行するといろいろなことが出来るようになるんだわ(当たり前だけど)

色々勉強すると自分にあったものを選んで自分なりのものが出来るので面白い。

一人の師匠につくとその人と同じものを作ってしまうので

その上には行かれない。って寸法だ。

今回、話をしてて大収穫だったのは

刀。

良い刃物やさんを見つけたのでそちらに換えれば?ということだった。

刃物が良くて安くて安定してるので今のところよりもずっとお勧めだという。

私も今頼んでるところのは刃物は良いのだけど

柄が使い辛く、曲がり刀なども使いにくいのに値段が高いので

どこかに良いところがないかなーー?と思ってた矢先なので丁度良かった。

中々納得できる刀やさんを見つけるのは難しい~のだ。

店は沢山あるのだけどこれっ。と気に入ったところがない。

早々にパンフレットを取り寄せることにした^^。

藤代さんとも出会った時は私が20歳の時だったので

もう30年も経って先が短くなってきたので

近くに住んでるということもあるし、、

年に一度くらいは話をするような仲良し度^^;になっても良いね。。と

思ったりするんだけど

ついついご無沙汰してその後数年は会わないんだと思う~。

まあ、こんな付き合いでも良いんだわね。

今度お土産に切り出し小刀を持って自転車で来るって。

あはは~~~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/963

コメントする