ホーム>工房日誌>アート・文化>水晶
アート・文化

水晶

なんとなく暖かいせいか、12月も中旬でこんな風にのんびりしてる場合じゃない、、

ってことが体で理解してないような~~。

昨日家の裏にまわってみたら、こんな時期なのに草がいっぱい生えてきてるのだ。

草抜きなどをしてしまった。

普通12月にはそんなことしないよネ~~~?

唯一の木、、ゆずの苗がすくすく伸びて実がなって使えるようになるまで

どれくらいだろう。。

晴れて日の目をみるだろうか。

生きてる間に食べれるだろうか^^;

Img_1247_2

これはでっかいユズだ。隣のケータイや柿と比べてもかなりだ。

姪がハイキングに行って買ってきたんだそうだけど、獅子ユズというそうな。

生食もできるというので食べてみたけど、美味くはない。

なんというか、文旦みたいな大味なマヌケ味で白い綿の部分もやたら多い。

けど、こんなのがなってたら見事で、感動してしまうだろうなあ~~。

ママレードにすれば良いと言われたそうだけど

ママレードもあまり食べないなあ~。

しかし、ユズのママレードはお湯でのばして飲んだりして人気はあるようだ。

ハリの先生が腕に水晶のブレスレットみたいなものをしてて

水晶は身を守ってくれるのだ。。と言っている。

他にも水晶を身につけている人は何人かいたけど、

先生のはどうも見たことがある感じで元は若かりし頃してたネックレスだな?と

思って聞いてみるとそうだという。

うちにもそんなのが幾つかあったなーー。と思って

母が確か、父の唯一のプレゼントだと言ってたネックレスの箱を探した。

他のネックレスは処分してしまったけど、

それだけ大切そう?にしてたので記念にとっておいた。

母がそのネックレスをしたのを見たことはない。

このまま結局は捨てる運命なので、

じゃあ身でも守ってもらおうか、、と思い立ち、

透明のゴムを買ってきて水晶の玉を入れ替えてみた。

紐が古くて色が汚くなってるので薄汚れてみえたけど

糸を入れ換えるとすっごく透き通ってきれいだった。

早速二重にして腕にしてみたけど、、まあ身を守ってくれたかどうかわからないうちに

邪魔で外しそうな予感はする。

足でもいいのかな?などと考え中。

足にしてる人は見ないけど、守るなら足でも手でも同じはずだから

足だと邪魔にならないかもしれない。

糸の取り換えを姪がしてたのだけど、、、

箱が要らないから捨てようと思ったら中から手紙が出てきたという。

中身を読んでみると、まあ、ラブレターですかね。。

初めて読んだけど、、そういうものが入ってることも知らなかったけど、、、

父の手紙というのはほとんど見たことがないので

わりに綺麗な字で書いてあって、、

こんな時期もあったんだなあ~、、、と鼻でふんっ、、、てな気持ちで読んだ。

私は親の若い頃の話ってのは好きじゃない。

自分が思ってる親と違う。

熱々に輝いてるのがバカバカしい。

私の年代だとラブレターみたいなものはあまりない。

コマメに書く人はいるのだろうけど、私は貰ってもいないし、出してもいない。

(要するにもてないもののヒガミか^^;)

自分がやってないことはあまり興味がないものだ。

親の癖にラブレターかよ。。。。。って屈折した若者のような気持ちになる。

ついでに

見出しにMerry Your Birthday  とある。

へえ~~、初めて聞く文章だな。。と思って

妹にこんな書き方があるのか?と聞いてみると、

ない。。。。。。と言う~^^;

今さらながら、父の英語力が知れてて情けない。。

それでも大背伸びして頑張ったんだろうな。。。。とは思うけど。。。

そこまでくると

水晶だと信じていたネックレスもガラスかもしれないな?などと

思い始めた。

ガラスだと身を守らないなあ。。

怪しい親父はどこまでも怪しい。信じられねエ。。。。。

ブーーツブツブツ・・・・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/954

コメントする