ホーム>工房日誌>アート・文化>忘年会
アート・文化

忘年会

あっという間に12月も半ばになってしまった。

毎月ということでは変わりはないのに

一年の終わりってことでドタバタしなければいけないのはおかしい。

一月は来年じゃなくて来月ってことにすれば問題ないのにねーー^^;

数日前に妹が二階で忘年会をやっていた。

会社の同期で久しぶりに集まるという。。。といってももう同期も三人だそうな。

妹も若い若いと思っていても私の妹なんだからやはり50歳近いんだわ。

同期だって同じお年頃。

靴を見て、がっくし。。。

うら若き乙女が来ると靴はそれはそれは可愛いかおしゃれか、素敵な靴を履いてるものだ。

が、同期たちは、ペタンコ靴だった。。

ペタンコ靴がフェラガモだったりするんだけど、やはり若い子が履く靴とは全然違う~。

宴もたけなわ盛り上がってくるのは良いのだけど、

ものすげーー!声が野太い。

こりゃさぁ~、おじさんだわさーーーー。

4、5時間の間にワイン4、5本と、ウイスキーやらなにやら飲んで

まっすぐに歩けない状態で帰っていったという~^^;

あーーーぁ、、、

やっぱり人間若い頃が華かなあ~~。

 

何かやらなければならないのに、やる気もでない日曜日。。。

結局ダーラダラと過ごして夕方犬の散歩に近くの市民の森ってところに行った。

Img_1415_2

我が家から歩いて10分とは思えない綺麗なところでしょう。

落ち葉を踏んで歩くと気持ち良いこと^^。

犬だって埋まりそうで可愛い。

犬の足だって喜んでると思う~。

こうやって横浜市はちょこちょこっと山を市民の森って名前にして

自然に多少手を入れて、階段とか、手すりとかベンチとかを設置して散歩道を作ってるのです。

それでもお隣の鎌倉とはちょっと風情が違うんだな~~。

地続きなのになんでかな~?

ご飯が残った時などは、時間に関係なしに一気におにぎりにして

こういうところで夕日を見ながら食べると美味いっす。

家の中で苦労して食べるご飯と全然違う~。

この市民の森の中にひっそりとダイヤモンド工場があるのが

以前から不思議なのだ。

あまり表示してないところが一段と興味をそそる。

ダイヤモンド!^^;

更に不思議なことに入口はダイヤモンド工場のキリスト教会なのだ!

怪しい~~~^^。

なにやら怪しい事件に繋がりそうな空気があっておもろい。

何をしてるところなんだろ~!?と犬も疑っとる^^

Img_1411

Img_1414

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/951

コメントする