ホーム>工房日誌>アート・文化>大みそか
アート・文化

大みそか

いよいよ大みそかになってしもた。

はやいもんですねーー。

当たらない天気予報も少しは当たって^^

昨日からぐっと風の冷たい年末だ。

しかし、カラッとしてますね?

うちの近所ではこの前の日曜日あたりに

お年寄り一人で住んでた方が亡くなって

数日気がつかれない。。ということがあった。

古めのアパートなんかでは結構あるみたいだけど、

うちの辺りは一軒家なのであまりそういうことは聞かない、、、、

なんとなく年末にきて寂しいですねえ。。。

なんと新聞屋さんが独り暮らしの老人のお宅はチェックしてるそうで

新聞が溜まったのですぐに民生委員に知らせたとか。。

へえ~~~って関心した。

人間助けあわないとやっていけないすね。

Img_1517

熱を出して数日寝ていて

立てなかった姪のルもなんとか起きれるようになって

久々の食事^^。

妙に人気者~~~^^になっておりまっす。

なんだかギュウ詰めにケモノが詰まってるー^^

昨日から大掃除をしながら買い物に行ったり

ガラスを磨きながら、パソコンをしたり、、と

普段の生活の合間に掃除を入れてみたのだけど。

床もガラスも拭きおわり^^。

やればできるじゃ~~ん、、、じゃないけど

普段やってれば綺麗になってるのにねーーーー。

そんなパタパタ度で

夜は久々にテレビで映画を見た。武士の一文^^

結構良かった。

Img_1520_2

(映画の間におばちゃんの足の上で深寝する犬^^)

私は藤沢周平の書く空気みたいのが好きだったけど

(あまり読んでるわけではないのだけど^^)

そういう空気が失われずに出てたし、

器用なキムタクの剣さばきも安心だし、脇を固めてる俳優はうまいし、

というところだけど

キムタクは少し綺麗すぎるというのか、か弱すぎるというのか

若すぎるというのか、、

もちっと渋い味を出してくれる俳優さんでも良かったかな~~なんて思った。

その点、椿三十郎なんて見たくないなあ~。

見た生徒さん曰く、ひどすぎる・・・・・ってことでした。

時代劇ってのはほとんど見ないけど

たまに見ると案外面白いもので、

でもついつい小物や作法、衣装、剣さばきなどを小姑感覚で見てしまう。

最近では人間自体が変わってきてるので

昔の人の考え方、一般的な思想など

理解できなくなってるんだろう。

切腹などの認識もだいぶ変わってきてるんだろうなあ。と思う。

それでもすたれずに時代劇を作って

若い人もみて、、、

ってことで伝わっていくんでしょうね。

いいことじゃん。

あーーあ、

今年も終わりかあ~

今年は私にとって色々あった年だった。

それでもなんとなく越せてきたので

良しとしなければ。。。ってところか。

来年はだんだんにパワーつけて

充実させたいな~~なんて思うけど

いかがざんしょ。

 

今年もいろいろとお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年をお迎えになってください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/945

コメントする