ホーム>工房日誌>2007年12月

2007年12月

大みそか

いよいよ大みそかになってしもた。

はやいもんですねーー。

当たらない天気予報も少しは当たって^^

昨日からぐっと風の冷たい年末だ。

しかし、カラッとしてますね?

うちの近所ではこの前の日曜日あたりに

お年寄り一人で住んでた方が亡くなって

数日気がつかれない。。ということがあった。

古めのアパートなんかでは結構あるみたいだけど、

うちの辺りは一軒家なのであまりそういうことは聞かない、、、、

なんとなく年末にきて寂しいですねえ。。。

なんと新聞屋さんが独り暮らしの老人のお宅はチェックしてるそうで

新聞が溜まったのですぐに民生委員に知らせたとか。。

へえ~~~って関心した。

人間助けあわないとやっていけないすね。

Img_1517

熱を出して数日寝ていて

立てなかった姪のルもなんとか起きれるようになって

久々の食事^^。

妙に人気者~~~^^になっておりまっす。

なんだかギュウ詰めにケモノが詰まってるー^^

昨日から大掃除をしながら買い物に行ったり

ガラスを磨きながら、パソコンをしたり、、と

普段の生活の合間に掃除を入れてみたのだけど。

床もガラスも拭きおわり^^。

やればできるじゃ~~ん、、、じゃないけど

普段やってれば綺麗になってるのにねーーーー。

そんなパタパタ度で

夜は久々にテレビで映画を見た。武士の一文^^

結構良かった。

Img_1520_2

(映画の間におばちゃんの足の上で深寝する犬^^)

私は藤沢周平の書く空気みたいのが好きだったけど

(あまり読んでるわけではないのだけど^^)

そういう空気が失われずに出てたし、

器用なキムタクの剣さばきも安心だし、脇を固めてる俳優はうまいし、

というところだけど

キムタクは少し綺麗すぎるというのか、か弱すぎるというのか

若すぎるというのか、、

もちっと渋い味を出してくれる俳優さんでも良かったかな~~なんて思った。

その点、椿三十郎なんて見たくないなあ~。

見た生徒さん曰く、ひどすぎる・・・・・ってことでした。

時代劇ってのはほとんど見ないけど

たまに見ると案外面白いもので、

でもついつい小物や作法、衣装、剣さばきなどを小姑感覚で見てしまう。

最近では人間自体が変わってきてるので

昔の人の考え方、一般的な思想など

理解できなくなってるんだろう。

切腹などの認識もだいぶ変わってきてるんだろうなあ。と思う。

それでもすたれずに時代劇を作って

若い人もみて、、、

ってことで伝わっていくんでしょうね。

いいことじゃん。

あーーあ、

今年も終わりかあ~

今年は私にとって色々あった年だった。

それでもなんとなく越せてきたので

良しとしなければ。。。ってところか。

来年はだんだんにパワーつけて

充実させたいな~~なんて思うけど

いかがざんしょ。

 

今年もいろいろとお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年をお迎えになってください。

ペリカン

クリスマスを散々遊んできた姪のルが、

家に帰って早々に鼻がでる、頭が痛いなどという。

遊び過ぎだ、寝てろ。。。ってなもんだったけど

一昨日から39度過ぎの熱がでた。

昨日などはほぼ40度だった。

こうなるとやはり落ち着いてはいられない。

昨日の夕方に医者へ行くから自転車の後ろに乗せてくれ^^;

というので

姪の自転車に乗せて、よっこらしょよっこらしょ、、、と重いペダルをこいでいった。

薄暗かったので電灯をつけようとしたら壊れてるという。

暗い中で危なげにハンドルを左右に揺らしながらやっとこ走ったら、

あっという間に三人の人に止められた。

なんと警察官じゃんけーーー^^;

運悪し。。。

二人乗りはダメでしょう~~。

ついでに電気ついてないよーーーー。

などと言われてとうせんぼされてしまった^^。

いや、子供が熱でちゃってねーーー、、、

40度くらいあるもんだから歩けないって言うんで自転車でお医者まで

運ぼうかと思って^^;

と正直に言ってみたら

そりゃ大変だ。。

見ないふりするから気をつけてね^^。

と案外簡単に放免してくれた。

なのに医者にたどり着いたらもう年末年始休業~~。

がっくり。。。

電話の一本もかけてくれば良かったなあ~と後悔したのだった。。

こういうお医者さんが閉まってる時期に限って病気になったりするのよねーー。

で、今日は朝一で違うお医者に行った。

今日は私の自転車に乗せて行ったが、

これも重い。。。

朝っぱらから息切れて途中で止まってしまって、とうとう歩いてもらった^^;

力ないなーーー。

(セコい話だなあ。。。そういう時はタクシーがあるじゃ~~~ん^^。てか)

結局インフルエンザではなく、普通の風邪だそうでなんとなくホッとしたのだが。。。

Img_1477

ペリカンがやっと出来たので表紙にアップしてみた。

個人的には好きなタイプだけど

一般受けはしないようで、こういうのは人気はあまりない。

それでも結構満足してる。

だんだん難解な作り方をしているつもりだけど

やっぱ難解は難しい~~(当たり前か^^;)

難解な方面と素朴な方面と両方やってみたい。

時期を過ぎたので言いにくい、トナカイ改めシカは

素朴を狙ってみた。

ヨーロッパの骨董市で見つけたいような雰囲気のものにしてみたのだけど。。。

しかし時期悪いなーーー。アハぁ(と力なく笑う^^)

自転車で

自転車で犬を走らせる。

と、大概の人は、あんなに小さい犬なのに可哀そう~。。って思うらしい。

もちろん、可哀そうよ。。と声もかけられるのだ。

が、うちの犬は小さいけど体力がやたらあって

一気に鎌倉へ走って行っても全然なんともない。

ついでに走って帰ってきても問題ない。

山も平気だし、階段も強い。

どこまでも強い。

大きさじゃないんだなあー。

大きな犬だってヘバるものはヘバるもんね。

更にすごいのは、こんな体力なのに

何日散歩に行かなくてもなんともないことだ。

普通散歩好きな犬はその時間がくるとヒーヒーと訴えるものだが

うちのは全然行かなきゃ行かないで平気で布団の中に潜って寝てる。

どうなってるんだろうなあ~~(頭の中。。。)

自転車で10分くらいのところに無人の野菜を売ってるところがあって

まあ、大した野菜があるわけではないから

チラッと横目で見て通ったのだけど、

あれ?いつもと違う感じのものがあるぞ。。。とバックしてもう一度見たら

Img_1461

自然薯なんですよ。

めずらしーーーー。

この辺で天然の自然薯が掘れるのか?・・・・・・アングリ・・・・・

というわけで早速千円で買ってきたのだった。

昔、京都にいた頃は自然薯が近所の産物だったので

掘るのに失敗して折れちゃった自然薯を一冬分買う。。ということを師匠の家でやっていた。

折れないものは木箱に入って一万円くらいで売れるという話で

驚いたことがあったものだ。

それから見るとほぼゴボウみたいな細さだけど

天然は天然らし。。。

料金箱に千円を詰め込んで早速お持ち帰り^^。

邪魔なのでその場で折ったりしちゃってね。。おじさんが見てたら怒られそうだけど

食べる時には長いままじゃ無理なので同じです。

帰ってすってみると、ああ懐かし天然もののお味。

というか、私は自然薯が好きでない。

畑ものの方が癖がなくて食べやすい^^;

なんだかコロコロもごもごで飲み込めやしない。

けど、この味だ。。

横浜市でも自然薯が採れる~~~^^。おったまげーーーー^^。

その日はやたら風が強かったので

こういう日は富士山が綺麗だぞ。。。と決めつけて

いつも行く六国見山に行った。

何回か行ったけど今までの中で一番の景色であった。

なんたって、正面の海の広さ。。。(いつもは空か海か見分けがつかないことが多い。)

Img_1469

それにほら、大きく大島^^。

斜め右手に伊豆半島も先端までばっちり、

右手に丹沢と富士山。

裏手にはみなとミライ。。。と総パノラマだった~~い。バンザーイ。。

やはり風が強い日に限るなあ~~。

アハハ~~、気持ちええ~~~!

クリスマス

Img_1460

犬も裸では歩けない^^と思われる季節なので一張羅の500円で買った服を着せて

お出かけ^^。

さすがフードまでかぶせると固まって動けないようだ。。

養老猛さんが、犬のヒゲを切るから最近の犬は鼻をつけるようになった。。と

言ったと妹が言うので早速ヒゲを伸ばし始めた。

なんたって鼻をつけられてその冷たいのと気持ち悪いのとで

ゾワっとするのだ。

が、ヒゲが生えてきても同じだよ???

養老猛は本当のことを言ってるか???

世の中はクリスマスですね。

クリスマスと言えば、

誰も聞かないし、言っても浮くので言わなかったけど、

去年のクリスマスにわたしゃあ、結婚した。

ということは一年経ったのだ。

丁度50歳も終わろうとしてた時だった。

一年経って別段どうって感想や感慨や感激はないのだけど、

妹が、カミ婚式だね、、、と言ったのが良く聞き取れなくてカビ婚式と聞こえたので

そうかあ~一年はカビなんだあ・・・・・と変に納得してしまった。

先日週刊誌の見出しに某NHKの昔アナウンサーだった人が

別収入、別姓、別居、で離婚。。ってなことが書いてあった。

それうちじゃん、、、、、

そうなんだ。私のところでは別収入、別姓、別居なのだわ。

じゃあ、なんで結婚するか?ってことにもなるんだけど

一種の老人ホーム的な気持ちが強いかも。

年取って寂しいかな~~?みたいな気持ちがある。

そういう気持ちがあってもうまく相手が見つかるわけでもないので

私などはもうとっくに結婚は諦めて一人でひっそりと暮らす予定だったのだけど

同じような境遇の人がポコンといるから共同で暮らそうか、、みたいなことになったと思う。

とにかく、この年頃から面倒なことは嫌なので

今よりも楽になる条件でないと結婚する意味はないのだ。

楽にさせてーーー!ってことではない。

苦しくなるのは嫌だ。って意味だ。

金が欲しいとか、暇が欲しいなどとは考えていない。

私は昼間っからごろごろしてテレビを見たり、友達と買い物に行ったり食事をしたりする暮らしは好きではない。

が、親の介護があるとか^^;

こういうのは苦手だにょーー。

ついでに口うるさい兄弟がたくさんいる、、などというのも勘弁よねーー。

とにかく身綺麗じゃないと近寄りにくい^^;

私は私の仕事をするし、相手は相手の仕事を勝手にしてて

それぞれそれが長いんだから、お互い干渉なしよ。。ってことだ。

ついでに多少の敬意は必要だと思ってる。

軽蔑してるならうまくいくわけがない。

敬意を持ってるけど、何をしてるのか知らない。。という

なんとも言えない植木等的感情なのだ。

そんなこんなで先行き短い付き合いだけど

まあ、それぞれ負担にならないように仲良くやろうじゃん。という暮らしをしている。

今年のクリスマスはどうするのか?というと

相手はもう自分一人でスキーに行く予約をしてしまったそうな^^;

内心えーーーー!?

が、

雪が降らなくて中止になったそうな^^。

内心、天罰~~^^。

ということで、どこまでもそれぞれ自己中に暮らす毎日なんす。

生徒さん作品、如意輪観音

私は来週の28日か29日までは仕事するつもりなので

お稽古もやる気だったけど

誰もこな~~い^^;

皆さん私と違ってお忙しいのねーー^^。

というわけで今年のお稽古は昨日にて終わってしまった。。

さあ、じゃあ来週は思い切って自分の仕事やるぞ~~。。

Img_1435

Img_1440

●●

 

Iさん作、如意輪観音。

これは素晴らしいです。

思わず手を合わせたくなる仏さまです。

本物に似せて黒く彩色したので写真では更に見づらくなりましたが、

実際見ても黒いのではっきりと見えるわけではないです。

なんとなくそれらしい雰囲気に見えるのが仏像の見方としては良いと思いますが、

はっきり見ても中々良く出来ています。

私だと作れないなーーー。という高さ50センチになってしまった

この仏像は作ってるご本人がどこへ置いていいのか、、、迷うほどの出来栄えで

普通のお宅の広さだとちょっとありがたすぎて置く場所ないかも~~。

ついでに光背や台座も組み立てて接着してしまったので

持って帰るにも重く大きくなったので宅急便でお帰りになります^^。

いやーーーーー、

これは大変ですよ。。まったく。

生きてる間に何もしなかったとしても

これ一個作れば生きた証になっちゃうなあ~って思うほどです。

孫子の代まで記念に残りますからね。。

いやはや、すばらし。。

昨日は一昨日の愛犬ワトくんを作った人のお母さんから電話があって

家族中で大感激。。。という嬉しいお言葉をわざわざ伝えてくれました。

こういうものを作って

家族の中でそれを肴に盛り上がれるっていうのは良いもんです。

長年付き合っていて大した存在感のない家族同士でも

こういうものをポコッと作って披露すると

もう見る目が変わってくるのが解って面白いっすよ。

急に尊敬されたりします^^。

おじいちゃんおばあちゃんがいらして、これらを見せたりしたら

感激の涙を流してくれますね。

小さなお子さんだとはっきりと記憶に焼き付いて

何十年かするとモリモリとこういうものを作りたい、、、という気持ちが湧いてくるもんす。

人間は鮭ですから。。

出た川と同じ所に戻ってきます。

小さい頃見た記憶、環境に戻りますね。

おじいちゃんが、こんなものを彫ってたなーー、とか

お母さんがこういうものを作ってくれた。。などという記憶は

忙しい時代には思い出さないけど、ちょっと時間が出来てくると

思い出されて、懐かしいのと自分もやってみたい。。なんて気持ちになるもんす。

な~んてわけで

お正月には力作を親戚中で拝見しながら歓談する^^。

いいな~~~。

生徒さん作品、ワトくん

Mさん作、愛犬ワトくん。

Img_1425

15センチ足らずの小さなワンちゃんだけど

すっごく良く出来てるんですよー。

これを作るのに二年以上かかったんす。

毛の一本一本まで細くこまかく入っています。

私のカメラだと今一はっきりと毛まで写らないので申し訳ないのだけど、、、

Img_1427

しっぽのどアップですが、、すごいでしょう~~^^。

これで4cmくらいの範囲内ですから。。

もうなんというか、

特別の才能です。。。。

ただし、もう少し速く出来ると良いんですがーーー^^;

毛の生えたものの毛を彫るとなにやらお土産品みたいになって

いやなのだけど、

今回は、こうすっきりと収まるんだあ~~と感心。。

けど、私には真似出来ないなーー。。

もう木の世界とは別もんで、

流れるような動きが自由自在。。

クルリンとひっくり返った後ろ足なんかもすっごく可愛い。

これから更に巧くなっていってくれるといいなーーと思うけど

どちらにしてももう少し速めに仕上がるといいっすが^^。

木の種類によって雰囲気が変わるのだけど

こうやってみると、それぞれの人が同じ木を使っても肌合いがかなり違っていて

これが同じ木?って思うほど存在感が変わってくる。

ということに今更ながら気がついた。

私のところでは細かいことを言わないので

それぞれ好き勝手な風に作ってるのだけど、

勝手にやってるとかなり巧い人がいて、自分の風合いをしっかりと持っている。

こういうところをなにもわざわざわたし流にする必要は全然ないので

思うように作ってもらうのだ。

お金出して習いに来なくても^^;って思うほどの人もいるんだけど

中々口に出しては言えないなーーー^^。(アハハ~)

でもなんで来てるの?って思うほどの人は結構います。。

ありがたやーー。(色々な意味で。。)

大したことない先生だと(自分が偉いと言ってるわけではないのだけど、、、)

先生流にしっかりと染めないと我慢できない人ってのが多い。

そういうのは裏返していえば、先生に幅がないって意味で

自分が知ってる以外のことをやられるとヤバいってことなんだ。

先生流に染められて反発する人は、その場ではもう異端児。

居ずらくなるでしょう。

100人いれば100通りの技術があって当然。

全部同じになると思う方が間違いっすよね。

同じ方向を向かせる教育だって間違いだわ。

それぞれが後光のようにあっちこっちに向かって伸びれば良いんす。

けど、あまり自由なのか、

皆さん、月に一度がだんだん減って、、、、

気軽に来ない人が多いな~~^^;

来たくない人は来なくて良いのだけど、

わたしゃあ、生活かかっとるんでお願いしますよ^^。(セコっ。。。)

忘年会

あっという間に12月も半ばになってしまった。

毎月ということでは変わりはないのに

一年の終わりってことでドタバタしなければいけないのはおかしい。

一月は来年じゃなくて来月ってことにすれば問題ないのにねーー^^;

数日前に妹が二階で忘年会をやっていた。

会社の同期で久しぶりに集まるという。。。といってももう同期も三人だそうな。

妹も若い若いと思っていても私の妹なんだからやはり50歳近いんだわ。

同期だって同じお年頃。

靴を見て、がっくし。。。

うら若き乙女が来ると靴はそれはそれは可愛いかおしゃれか、素敵な靴を履いてるものだ。

が、同期たちは、ペタンコ靴だった。。

ペタンコ靴がフェラガモだったりするんだけど、やはり若い子が履く靴とは全然違う~。

宴もたけなわ盛り上がってくるのは良いのだけど、

ものすげーー!声が野太い。

こりゃさぁ~、おじさんだわさーーーー。

4、5時間の間にワイン4、5本と、ウイスキーやらなにやら飲んで

まっすぐに歩けない状態で帰っていったという~^^;

あーーーぁ、、、

やっぱり人間若い頃が華かなあ~~。

 

何かやらなければならないのに、やる気もでない日曜日。。。

結局ダーラダラと過ごして夕方犬の散歩に近くの市民の森ってところに行った。

Img_1415_2

我が家から歩いて10分とは思えない綺麗なところでしょう。

落ち葉を踏んで歩くと気持ち良いこと^^。

犬だって埋まりそうで可愛い。

犬の足だって喜んでると思う~。

こうやって横浜市はちょこちょこっと山を市民の森って名前にして

自然に多少手を入れて、階段とか、手すりとかベンチとかを設置して散歩道を作ってるのです。

それでもお隣の鎌倉とはちょっと風情が違うんだな~~。

地続きなのになんでかな~?

ご飯が残った時などは、時間に関係なしに一気におにぎりにして

こういうところで夕日を見ながら食べると美味いっす。

家の中で苦労して食べるご飯と全然違う~。

この市民の森の中にひっそりとダイヤモンド工場があるのが

以前から不思議なのだ。

あまり表示してないところが一段と興味をそそる。

ダイヤモンド!^^;

更に不思議なことに入口はダイヤモンド工場のキリスト教会なのだ!

怪しい~~~^^。

なにやら怪しい事件に繋がりそうな空気があっておもろい。

何をしてるところなんだろ~!?と犬も疑っとる^^

Img_1411

Img_1414

生徒さん作品、表札

Img_1401

Wさん作、表札。

これは、生徒さんの山荘の入口につける表札だそうでやんす。

山の中のこととて、普通の表札のサイズだと小さすぎるので

この幅約30センチ、厚みも10cmほどのケヤキの木を彫りこんで

表札にしたものっす。

字だけだと味気ないので山風にフクロウを一羽つけてみましたが、

これが結構可愛い。

ケヤキの部分は当然堅いのですっごく苦労したと思うけど

叩きノミでザザザとした仕上げにしてるのでやりがいというか、

働いたなーー^^という気分にさせてくれる仕事だったと思う。

一転、フクロウのほうはヒノキなので柔らかいけど難航した。

巧く形がつかめないうちに持ちどころがないツルツル状態になってしまって、

どうにも安定しない^^;

一応フクロウをざっと仕上げてから

ケヤキに乗せてみて、微妙に表札の字を覗き込んでる風に

やや体に変化をつけてみた。

こっちだよ~~、、なんて風にしてみたのだけど^^。

とって付けたようにドボンと立ってるよりもしっくりして良いと思う。

 

外に出すものなので痛みがひどくなる可能性もあり、

こうやって美しく見れるのも一時かもしれないけど、、、

年に二度くらい雨よけのコーティングをすれば大分もつかなーー?と

思ったりしてる。

この複雑な字で本当にその家が見つかるのかどうか、疑問もあるけど、

中々工夫していろいろの意味合いをかけているそうな。

その点については口をはさんでいません^^;

是非行ってみたくなるような表札ってのも魅力ですねーー。

トナカイを彫っていて

とうとう角を考えなければならない時期になってきて・・・・

昨日決心して堅い木、、、あれは栗かなあ~、(何の木だか解からない。。)

で彫り始めたけど、すぐにあちこちと調子が悪くなってきて

こりゃあかん、、、、、、

具合悪くなるのを我慢して作り続けるべきか、、、

はたまた諦めて違う策を考えるか、、、、、

ということで今日は違う角を作ることにした^^。

あーーーーあ、、情けない。

この体の労りよう~~。

夜中からああでもない、こうでもない、と考えるのだけどどうもすっきりと良い策が見当たらない。

悩む~~~。

が、悩むと新しい世界が開けるので案外良いことがあるものだ。。

がんばってみるべえよ。。

年賀状

今年は喪中だから年賀状を書かなくてもよい^^

という変な言い回しだけど、、、

こういう開放感もまた良いものだ。。

年賀状は辛いものがある。

一枚なら豪華に描けるけど、何十枚になると本当にきびしい。

パソコンの年賀状は魅力ないので全然やってない。

印刷ものだと来ない方がいいな。。と思うほどだ。

貰って感動するような年賀状にはほとんどお目にかかれなくなった。

自分の出すのもそうだと思う。

近年日本人の字はかなり下手になってきてる。

以前に中国人がボールペンなのに書いた字は筆書きのようだったのを思い出す。

筆を選ばなくても、字が上手い人はうまい。

うまい下手もあるのだけど

味わいのある字ってのもある。

そういう意味であってもなくても良いような字が増えた。

存在感がないということだ。

人柄をしのばせるような字がいいなあ~。

字もさることながら、文章の内容もそうだ。

一行でも気の利いたことは書けるはずだ。

書かれてないってことはそれだけ気を入れてないということになる。

中々難しいわいね。

それなら年賀状なんて止めれば良いってことにもなるのだけど

日本郵便の年賀状売上の必死さはなんだろう~?

前に一人1万枚がノルマだと聞いたことがある。

苦しい~~っ!

そんなこと、、、、自由にさせてやれ~、、ってね。

可哀そうだわ。。。

年末になると病気になりそ。

私は字や絵が少しでもうまく見えるように葉書を選ぶ。

画仙紙などを使う。

その方が墨のにじみが綺麗だし、

お年玉付切手をはれば問題ない。

和紙は使わない。にじみ過ぎて収拾がつかない。

墨がツルリと滑る官製はがきだと絶対に巧く書けなーい。

手紙やはがきを後生大事に保存してる人は案外多いらし。

私はお年玉抽選を調べたらそのまま捨てちゃうけど、、

そういうことをする人は少ないらしい。

たっまーにものすごく達筆の葉書や上手い絵の場合取ってあることもある。

小包の中にサラサラと一筆箋に走り書きしてあるのに

美しい女性を思わせるようなハンナリした字を見ると必要以上に良いものを想像して

嬉しくなる。

字も年をとる。

字を見ると幾つくらいの年齢か解かる。

あっ、大人の字になったな、、、、なんてことがある。

先日貰った人が

以前は若い女性の字、、、だったのだけど

急に大人のしっとりした奥様風の字になってるので驚いた。(奥様じゃないんだけど^^;)

私などは最近よよけてきて老年の字になりつつある。

これも日々精進、、というか訓練が必要だ。

足腰の運動と同じなのだ。

絵もそうだ。毎日の訓練が必要だ。

ものは結局毎日やることが大切なのかも。。。

Img_1400_3

昨日出来上がった追加のネズミ。。(右)

別々のお宅に行くので一緒に飾ることはないけど、、

一緒に飾ると可愛い・・・・・

水晶

なんとなく暖かいせいか、12月も中旬でこんな風にのんびりしてる場合じゃない、、

ってことが体で理解してないような~~。

昨日家の裏にまわってみたら、こんな時期なのに草がいっぱい生えてきてるのだ。

草抜きなどをしてしまった。

普通12月にはそんなことしないよネ~~~?

唯一の木、、ゆずの苗がすくすく伸びて実がなって使えるようになるまで

どれくらいだろう。。

晴れて日の目をみるだろうか。

生きてる間に食べれるだろうか^^;

Img_1247_2

これはでっかいユズだ。隣のケータイや柿と比べてもかなりだ。

姪がハイキングに行って買ってきたんだそうだけど、獅子ユズというそうな。

生食もできるというので食べてみたけど、美味くはない。

なんというか、文旦みたいな大味なマヌケ味で白い綿の部分もやたら多い。

けど、こんなのがなってたら見事で、感動してしまうだろうなあ~~。

ママレードにすれば良いと言われたそうだけど

ママレードもあまり食べないなあ~。

しかし、ユズのママレードはお湯でのばして飲んだりして人気はあるようだ。

ハリの先生が腕に水晶のブレスレットみたいなものをしてて

水晶は身を守ってくれるのだ。。と言っている。

他にも水晶を身につけている人は何人かいたけど、

先生のはどうも見たことがある感じで元は若かりし頃してたネックレスだな?と

思って聞いてみるとそうだという。

うちにもそんなのが幾つかあったなーー。と思って

母が確か、父の唯一のプレゼントだと言ってたネックレスの箱を探した。

他のネックレスは処分してしまったけど、

それだけ大切そう?にしてたので記念にとっておいた。

母がそのネックレスをしたのを見たことはない。

このまま結局は捨てる運命なので、

じゃあ身でも守ってもらおうか、、と思い立ち、

透明のゴムを買ってきて水晶の玉を入れ替えてみた。

紐が古くて色が汚くなってるので薄汚れてみえたけど

糸を入れ換えるとすっごく透き通ってきれいだった。

早速二重にして腕にしてみたけど、、まあ身を守ってくれたかどうかわからないうちに

邪魔で外しそうな予感はする。

足でもいいのかな?などと考え中。

足にしてる人は見ないけど、守るなら足でも手でも同じはずだから

足だと邪魔にならないかもしれない。

糸の取り換えを姪がしてたのだけど、、、

箱が要らないから捨てようと思ったら中から手紙が出てきたという。

中身を読んでみると、まあ、ラブレターですかね。。

初めて読んだけど、、そういうものが入ってることも知らなかったけど、、、

父の手紙というのはほとんど見たことがないので

わりに綺麗な字で書いてあって、、

こんな時期もあったんだなあ~、、、と鼻でふんっ、、、てな気持ちで読んだ。

私は親の若い頃の話ってのは好きじゃない。

自分が思ってる親と違う。

熱々に輝いてるのがバカバカしい。

私の年代だとラブレターみたいなものはあまりない。

コマメに書く人はいるのだろうけど、私は貰ってもいないし、出してもいない。

(要するにもてないもののヒガミか^^;)

自分がやってないことはあまり興味がないものだ。

親の癖にラブレターかよ。。。。。って屈折した若者のような気持ちになる。

ついでに

見出しにMerry Your Birthday  とある。

へえ~~、初めて聞く文章だな。。と思って

妹にこんな書き方があるのか?と聞いてみると、

ない。。。。。。と言う~^^;

今さらながら、父の英語力が知れてて情けない。。

それでも大背伸びして頑張ったんだろうな。。。。とは思うけど。。。

そこまでくると

水晶だと信じていたネックレスもガラスかもしれないな?などと

思い始めた。

ガラスだと身を守らないなあ。。

怪しい親父はどこまでも怪しい。信じられねエ。。。。。

ブーーツブツブツ・・・・・・