ホーム>工房日誌>アート・文化>とうとうストーブ
アート・文化

とうとうストーブ

とうとう耐えかねてハロゲンのストーブを出してしまった。

とは言っても例年よりも遅いかも。

ホットカーペットでさえ出していない。めずらし。

Img_1194

この前、障害者施設の展示即売会があったので七宝のブローチを買ってみた。

色違いを選んでみたのだけど

素朴で好きだな~~^^。

バックにでもつけようかと思う。

他にも機織りなどの実演もしてて趣味の良い布を織っていた。

中々活気があって良かった。

トナカイを彫りたいと思ってるのだけど、

生徒さんも鹿を彫るという方がいて、お互い角で悩んでしまうと思う。

角がなければ鹿には見えないもんねーー。

トナカイの角は立派だし、角さえあればキチンとクリスマスを連想できるので

やはり角は大事なんだけど

木で彫るとどうしても弱い部分がでてくる。

そこをなんとか解決できないかと日夜寝ないで考えてる私(まあ、ウソ。。)

四六時中こういうことを考えてるのは案外楽しい。

工夫した結果が良いと更にうれしい。

人間工夫は大事ですよ。

そうそう、

この前新聞に資生堂の社長(正しくは名誉会長)の福原義春さんの文章がでてて

この会長さんは読書家で有名なんだけど

皆さんに是非読んで欲しいこの一冊。。と聞かれたら、、、、という問いに対して

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」岩波書店

という本を紹介してたので早速読んでみた。

ノーベル賞を受賞した物理学者の文章なんだけど

面白い。

幼少の頃から分解、工夫、原理、、組み立て、、^^などと忙しい上に

茶目っ気もあって発想が面白い。

凡人とは頭の構造が違うのだけど、

それでも考えて工夫するってことは良いことだな。。って思わせる。

やってみて失敗して、たまには成功して

その積み重ねで先が読めるようになってくる。

そういう中で工夫は大事なことだ。

便利なものが増えて工夫しない人が多くなってると思うけど

工夫は面白いものなんだ。

そしてこういう空気ってのは案外伝染する。

そういうことを知らなかった若い人だって多いわけで。。。。。

知ると楽しいんだなーー^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/941

コメントする