ホーム>工房日誌>2007年11月

2007年11月

生徒さん作品・アジサシ

Img_1199

井上さん作品、アジサシ。

アジサシってのは鳥の名前で海にいるやたらすっきりとしたお姿の鳥。

鰺を刺してはいないと思うけど

刺したように見える細いクチバシということでしょうかね。

画像を大きくしてみてください。

細かくて繊細~^^(同じことか^^;)。

持つと壊れそう。グライダーみたい。

バルサ材で作ったものは見かけるけど、

ヒノキはバルサ材みたいに簡単には作業できないので

仕上がりが似ててもやはり違う。

引っ越しの時にこれだけは人に持たせないで

ご自分で箱に入れて運んだとか^^;解るな~~。

翼のカーブも見事だ。

ただし、どうやって飾るのかは聞いてないけど

安定は悪いっす。

上から吊って飾るのが良さそうだけど、どう飾るのかな??

お見事。

難を言えば、もう少し顔や尾の辺が似てたら良かったかな~?と思った^^。

 

こういう白木のものは

ペーパーがけをどこまで妥協するか。。が問題になってくるけど

どこまでも徹底的に頑張りたい人には

もっともっと難癖をつけるのだけど^^

多少息切れ状態の場合は、まあいいでしょう~みたいなことになってしまう。

徹底的にやるとそれはそれで

新しい世界が開けるほどの美しさが待っているのだけど。

ペーパーがけは難しい。

おまけみたいな気分でやってるととんでもないことに・・・・・

ペーパーをうまくかけるには

綺麗に彫ることが大事で、

汚く彫れたからペーパーでごまかすという考えだと完全に間違いです^^;

こんなに綺麗なのにペーパーかけるの?というほど綺麗に彫ってから

ペーパーをかけると良い。

またはまったくペーパーを無視して

肌合いを楽しみたい人は彫ったままでも充分素敵っす。

どんだけ~~!?

どこまで~~!?気分でかけましょう^^。

ペリカンを彫っていて

足で苦戦している。

最初は足の平(というか?)を体と一緒に彫っていたのだが、

どうしても細い部分がポキッといきそうなので

思い切って叩き落して足の部分は捨ててしまった。

改めて足の平を作って

胴体と脚と足の平とを三部分に分け

接続することにしたのだけど、

どうも全体を繋げるとペリカンの短い足よりは長くなってしまう。

どちらかというと鷺みたいだ。

ついでにやはり自力で立てなくなったので

台が必要になってきた。

それならば、と台に足の平を彫って接続をしてみた。

するとなんとか短い足になってペリカンらしくなってきた。

Img_1197

そこで残ってしまったが、この足の平^^;

なんとなく可愛い。

捨てるのもなんだからアクセサリーにでもしたろか?などと考えて

姪の耳にぶら下げてみたり、妹の胸元に合わせてみたりしたけど

やはり足は足だなーー^^。アハ。

とにかく

足では悩まされていて

どうやったら地震で落ちても壊れないか。。ってことを考えてばかりいる。

お雛様を作ってる生徒さんとも話をしてたのだけど

一度壊れちゃったものって飾ってもらえないのよねー。

ならなるべく壊れないように作るしかない。

紙のように薄く彫ると見た目はすっげーー的な感じがするのだけど

危ないっす。

小さなパーツも危ないっす。

ごついようでもなるべく太く頑丈に作りたいところだけど

それもあまりかけ離れた状態だとみっともないので

その妥協点が難しい。

やはり骨が欲しいです。

骨があれば壊れにくいし、再生もやりやすいので

まったく良く出来たものだと感心してしまう骨のありがたさよ^^。

とにかく、

真ん中に心棒を入れて

更に足りない時は後からドリルで穴をあけて棒を通すということで

なんとか補強している。

それにつけても

今まで作ったものが壊れたからと言って修理に来たことがほとんどないのだけど

さすがにそんなはずはない。。。と思うのだ。

やはり壊れたらお蔵入りしてるのだろうか?

修理しますよーー^^;

11月になって

文化の日も近いというのに

雨だ。

文化の日前後は一年中で一番晴れの確率が高いというのは昔のことかな。

今では雨のことが多くなった。

紅葉のこの字もないですねえ、、、、

少し茶色になってる木はあるものの、

これは枯れてる。。って感じで紅葉してるって雰囲気ではない^^;

昨日の生徒さんは楠を使ってサラダボールを作ってるので

楠の木くずが沢山でた。

楠は香りが強烈で多少好き嫌いはあるかもしれないけど

刺激臭というのか、メンソールの香りというのか、

それも中々良い。

もちろんヒノキは好き嫌いなく良いのだけど

たまにはいいもんだなーー、と思う。

Img_1189

そこで大皿に木くずを入れて玄関に置いてみた。

玄関が良い香り~~^^。

すっきりとした良い気持ちだ。

ちなみに私は楠の花の香りが大好きだ。

花の中でも第一級の香りだと思って感激して深呼吸する。(初夏)

私の家では建材に良い木などは全然使ってないのだけど

ヒノキを多く置いてあるせいか、玄関を入った時に良い香り~、と言われることが多い。

けど、私はもう感じなくなってしまった。

誰かがのこぎりでヒノキを切ったりすると匂ってくるのだけど。

ヒノキの香りなんていうのは

香りの中でも高級なんじゃないか?って思ってしまう。

ヒノキの香りっていって売ってるものもあるけど

あれは外国産なのでちょっと匂いが違うんだな~~。

うちのは国産なのでばっちり胃がもたれるような匂いはしない。

ヒノキ風呂と言っても普通はサワラという木を使うことが多いようなので

中々純粋にヒノキを使ったお風呂には出会うことは少ないと思う。

我が家は木くずが沢山出るので

是非それをガーゼの袋にでも入れてお風呂にポコンと落してもらいたいんだけど

案外欲しいという人がいないのだわあ~。

かくいう私も最近はやってない。

袋を縫う一手間を面倒臭がってるんだわ。

晒布を買ってきて袋を沢山作ってサービスすれば良いようなものなんだけど

縫物が得意じゃないのでそういうことは絶対にしない。

ストッキングの捨てるものを使ってもできるのだけど、

ものすごく色気がない。

木くずと言えども生ゴミに捨てるのはもったいない。

火もつきやすいのでバーベキューの火つけには良いんだけど

この時期じゃそういうこともしない。

土に入れたらどうだろ?と思ったけど

ヒノキは腐らない木なのでいつまでも変化がなくてあまり植木にもよくなさそうだ。

これからの時期、お風呂に入れるとお肌つるつる(木にも脂がある^^)

香りバッチリ。と効果があるので

是非欲しい方は言ってくださいね^^。

(といっても一昨日一袋ゴミに出してしまったけど^^;)

まだまだありますよー^^。