ホーム>工房日誌>2007年11月

2007年11月

グッドデザイン

いよいよ11月も終わり、12月になりますなあ~。

陰気な天気が続いてるのでそろそろカラッと太陽に出てもらいたいこの頃。

実は私は隠れサンヨーファンなんだ。

まわりにそういう人はあまりいない。。

変な女社長が経営を更に悪くしていって、ムカッとして、、、

ついでに経営もかなり悪くなっていってるようだったので内心密やかに悲しんでいたのだけど、

今度、グッドデザイン大賞を取ったので

それはそれは喜んでるのであったー^^。

というか、、、、その製品がサンヨーだとは知らなかった。

グッドデザイン大賞のニュースを見てて、あっ、これいいな!と思ってたのだけど

それがサンヨーだったのでサンヨーの将来上昇してくれるかな?を考えて更に嬉しかったということなのだ。

その商品がいよいよ販売になるんだわあ。

それは、エコのカイロ、と湯たんぽみたいなもの、とソーラー充電池などの4種類。

私の理想に近いものじゃん。。

私は使い捨てカイロをあまり使わないのだけど

基本として捨てるのがもったいない。。。という理由だと思う。

昔はハッキンカイロってのを使ってたことがあるのだけど、アルコールを毎回入れて火をつけるものでかなりめんどい。

その前の時代だと桐灰カイロなんてのもあるけど使ったことはない。

それが充電式で可愛い扁平タマゴ型なんだから

なんでそういうものに気がつかなかったかなあ~~~という感じ。

湯たんぽみたいなものも、足に使ってもよいし、スポーツの観戦なども大丈夫そうだし、

勉強もいけそうだし、ペットも大丈夫だと書いてある。

すばらし。

電池の使い捨てってもかなりいけない。

あの使用済みの電池がドラム缶に入って地下深くに収められると

将来の人たちにどんな影響があるか。。。

それを日夜気前よく出してるんだから、これはもうかなりいけないっすよ。

が、充電式の電池の使いにくさ。。。。

充電器は高いし、すぐに電池は効かなくなってくるし、、、

また違う充電器を買わなければいけないしーー

などと不満たらたら。。。

と言っても、今回の商品の充電器と、ソーラー充電器については使い方はややわからない^^;

 

これを機会に

どんどんソーラーなどを使って自力で発電して、エコを心がけるようになると

良い。

がんばれサンヨー!^^(本当に個人的な好みだけど^^;)

それにつけても毎度がっかりさせてくれて懲りずに買ってしまうソニー!!

バカヤローーと何度言ったことか^^;(これも個人的な見解だけど、そう思ってる人も多いらし^^)

真摯に仕事してもらいたいっすよ。。

Img_1213

これ、私が作ったエコ暖房器^^;

前に載せたひよこ電球ってのを利用して、素焼の植木鉢に貼り付けたもの。

姿も案外良く^^、ぼんやりと暖かく、上に網を乗せるとモチは焼けないけど

お茶などはほんのりは暖かく保てる。私としては絵皿をあっためるのにとても良い。

絵の具の接着剤、ニカワは気温が低くなると固まってしまうのでこういうところに置いておくと使いやすい^^

けど、本格冬になってくるともうこの暖かさだとほとんど感じないです~~。

つけてあるとほの~~~っとするかな~~?程度だす。

ねずチュー

Img_1304

来年の干支、ねずみを彫ってみた。

ねずみはリアルに彫ると気持ちが悪いので、ちょっと耳を大きくして可愛い系にしてみた。

ねずみの彫り物を調べてると

米俵の上にねずみがウジャウジャなんて置物があって

誰がどこに飾るんだい?という気味の悪さであった。

小判とか、米俵とか、打ち出の小槌などの小物があっても良いかな、、と思ったけど

和風になってしまうのでや~めた。

ねずみなんて干支でもない限り彫らないもんねーー。

今日は予定だった生徒さんが風邪でお休みになったので

ポコンと空いてしまったが、

電話があってテレビ局の人が来ることになってしまった。

なんでも

来年の昼ドラの主役の相手の人が彫りものをするという想定なんだそうで、

その下見。。。ってところ。

まだまだ確定した話ではないけど、

そのイケメン男優が店の端でちょっこっとブタを彫ってるんだそうね。

なんでブタかい?って思うけど

最近の若い人はブタが結構好きみたいで、

昔の人の豚の感覚とはちと違うらしい。。

昔で言ったら、豚は臭い。。とか、何となくダサい代名詞に聞こえるけど

最近ではそうではないんだねえ。。。。

とにかくブタとタヌキを彫るそうで^^;

別に習わなくても大丈夫そうなものだけど、、

イケメン男優が習いに来るそうな^^あーーーーはっは~~っ!

ちなみに俳優はオーディションだそうで、まだ決まってないらしい。あは。

思いっきり上手く彫ってるように見える姿でも研究しとくかね^^。

水谷豊みたいな俳優なら、即席に何を習ってもそれらしく形をつけてくれそうだけど

そういう人は少ないだろう。

本当に上手く彫ってるように見せられる人だと良いんだけど、、

カンが悪いと、責任重大だにゃ~~^^;

連休あけ

三日続きのお休みで、季節も良いことからか

湘南方面は人も車もギュウギュウ状態だった。

Img_1277

自転車で大船から藤沢に出て、その後、引地川という川の遊歩道を通って

海に出てみた。

海に出たらいつもは右手に見える江ノ島が左手に見えたので

茅ヶ崎の近くまで来てるようだった。

自転車のこととて何キロくらい走ったのかわからないけど

ざっと20キロくらいかな?と思う。

海は相変わらずの人手で、鎌倉の海はウインドサーフィンが多いけど

こちらの辻堂のほうの海岸はサーフィンがほとんどだ。

Img_1278

最近のサーフィンは若者ではないすね。

老若男女というか、結構中年と女性が多い。

ウインドサーフィンになるともっと老年が多い^^;

ウエットスーツのファスナーを下げると一気にお腹がドボっと飛び出してくるのが

面白くてついつい人の着替えを真剣に見てしまう~^^。イヤン・・(おじさんの気持ち^^)

犬の散歩も多い。

どちらかと言うと自慢できる犬が多くて

リードをつけないといけないと書いてあるけどリードなしでもおとなしく歩ける犬を連れて

歩いてる人もいる。偉い。。。

今時はもう閑散な海なんてないのだろうか。。^^

海は気持ち良いもんねーーー。

パソコンのVistaのセキュリティーが毎日更新しろと出るので

もう一度インストールしなおそうと思い立ってやってみたら、

今度はこのセキュリティーはVisutaに対応してないと出た。

ありゃ、なら今まで入ってたのはなんだったんだい?てなもんで

改めて読んでみると対応してないじゃん。。。ぎょっ。

知ると急に怖くなってパソコンを開かないで

早速新しいセキュリティーを買うことにした。

シマンテックのHPをみて2008年のノートンインターネットセキュリティーを買おうかと思ったら8千円台だ。。

高っ、、、

なら、、アマゾンではいくらかな?と見たら

ま、それが5千円台にはなる。。。うーーーむ。。

ついでにアマゾンで利用者が判断するカスタマーレビューってのがあって

星になって表示される。

それが三つと半くらいなのだ。悪いなあ~。

元々ノートンしか使ったことがないけど

比べなくても使いにくいような気がする。

その上皆さんの評価がこれくらいだと、あまり良くないものなんじゃないかということが

私のような素人でも感じるんだけど。。。。

そこでその隣にあったカスペルスキーってのを見てみた。

すると評価が5で結構良い。

早速調べもしないでそれを買ってみたのだった。

その後に妹があんな評価はあまりあてにならん。。というので

急に弱気になってしまって、品物が来ない前から落胆したんだけど

品物がきてインストールして見ると、あれ?なかなか良さそうじゃん?

改めて怖々、評価を読んでみると、、、

ノートンのところは、まあまあ、、みたいな感想が多いのだけど

カスペルのほうは素晴らしい、、、という評価が多いのだったー。

ノートンの場合、

黄色の表示が、もう一々、ああでもないこうでもない、、とパソコンを仕切ってるように

出てくるのだけど、

カスペルは極控え目な雰囲気で、セキュリティーをしてやってるという重苦しさがないのだ。

なのに内容はばっちりのようで、ウイルスには一速く対応できるそうな。

まだインストールして二日なのでなんとも言えないけど

ノートンから逃れることができて良かった。。ということと、

知らないで買ったカスペルスキーが良さそうで良かったということと

安いのでよかった^^ということで大満足であった~。

ノートンは煩わしいーーーー!

悩まされる~~~~。

勤労感謝の日

私のところで漆を塗って貰う時に頼んでるSさんが鎌倉の展覧会で大賞を取ったから見に来て。。。ということで

早速見に行ってきた。

普通によくやってるアマチュアの展示会じゃなくて

プロの展覧会なのだ。

今年は鎌倉八幡宮の国宝館で展示するそうで、

近くながら私はまだ一度も行ったことがなく^^;

どんなところか知らないのであった。。

Img_1268

ああ、久々の八幡宮~。

なんと人の多いことよ。。。紅葉はまだ全然なんですが。。なんでこんなに人が多いの?

Img_1269_3

当然写真なんて撮ってはいけないだろうと思うけど

どうにか撮ってみたい気持ちになったので

こっそりとバックからカメラを出してその位置で撮った写真がこれ。。

フラッシュたかずに画面も確かめずに撮ったわりには良く写ってます。^^

いやーー、

鎌倉になんてろくなものはない。。と決めつけていたのだけど

間違いでした。

結構良いものがあったのだった。。。

あまり見たくない鎌倉彫の展覧会で400円取られるとわかって

入口で帰ろうかと思ったのだけど

入ってすぐに安い!と思ってしまった^^;

仏像がよかった。(鎌倉彫とは関係ないけんど)

肝心の鎌倉彫のほうはというと、、、、

やはり展示の場所ってのは大きく影響するなー^^

なにかしら通常見るより素晴らしいものに見えました。。

とは言っても、鎌倉彫はあまり進化しないなー^^;

いや、、行って良かったよかった。。

帰りがけに八幡宮の蓮池のふちに座って鳥などを見ていたのだけど

イタチ川同様、こちらもすっかりカモメになってしまってた。

カモメは海でしょーーー。

なんたって数が多いので、カモなんて可哀そうな状況になっていて

人が投げる鳩のえさの豆はほとんどカモメが独占して食べてしまうのだった。

鳥も色々と工夫しないと生きていけないんでしょうね。

そのうちにカモメは海の鳥ではなくなるか。。

Img_1270

といっても、ちょっと前まではカモだっていなかったんだから

これが基本ってことはなく、世の中は流動的なんでしょうね。

鳥は適応能力がすばらしい。

きのこ

ホームセンターで、キノコの栽培セットを買ったん。

こういうの好きなんだな~~。

以前には、もやし作りにはまったこともあったんだ。

Img_1225

キノコの栽培というとついつい買いたくなっちゃうんだけど

この便利組は、シイタケ、シメジ、エリンギ、ナメコ、があった。

どれも楽しそうだけど、ナメコは気味悪くて面白い。

ぬらぬらと光った大きめのナメコが盛り上がるようにできる^^;はず。

ナメコを食べることはめったにないのだけど、

出来てくるのを見るのは楽しいはずだー。

Img_1226

中身はこんな風になっている。

一日数回霧を吹いて待てばよい^^。

菌らしき色のところが、まさしく菌で

上のカレー色のところがナメコになる予定。

直径15センチくらいのところに三回出るっていうから

980円の本品は元をとる計算になっておる。えへへ。

楽しみじゃ~~ん。

クリスマスも近くなってきたので

クリスマス商品を数種類出してみたのだけど、、、

クリスマスツリーがあるのだ。

高さが30センチ弱の小さなツリーなんだけど

全部木で彫ったんだ。

手間かけた割には、あっ、可愛い、、、、程度で済んでしまいそうな出来栄えで

白木だったんだけど

とうとうやや色づき始めてしまった^^;

そうなると白木では出せないなーーー。。

というわけで、急遽色をつけることにした。

いつもの悩みなんだけど、、、、色をつけると木であることが解からない状態になるということ。

ツリーの部分は緑色でしょう~。

緑色でうっすらと木目がみえて、、、っていうのが良いけど

そうなると弱くて将来色があせていくであろう。。。

どうしよ。。。

やはりこってりと塗るか?

すると白木が良かったのに~と言われたりする^^;

白木でずっときれいなままでいてくれたらな~って思うのだけど

そういうところがヒノキは難しいのだ。

ケヤキなんかだったらどんなにかカッコよくなるんだがにゃ。

ま、とりあえず、塗ってみるべ。。

期待はできないけど、とりあえず、数日がんばります。

山歩き

何週か土日は天気が良くなくて不発だったけど

昨日一昨日の土日はまあまあ、、という状態だった。

気温は大分低くなったすね。

うちの近所じゃあ、もう結構紅葉ですが、

歩いてみて、ちょっと離れた(離れたと言っても歩いてるので3キロほどか。。)

ところではまだまだ紅葉は早いようだった。

とするとうちの近所は寒いってことか?

Img_1224

我が家の数軒前を通ってるイタチ川にも冬の風物詩、、というか、

カモメがきた。

画面を大きくしてみてください。。。各石に一匹づつ乗ってるでしょう?

カモメは真白で清潔感あふれる色合いの鳥だけど

フンはものすごく汚いす。

ついでに声もうるさいし、性格はカラス並みだにゃ。。。

しかし、前にも書いたことがあるんだけど、足の平が画期的ですばらしいと思う。

水かきのくせに、、開いたり閉じたりできるので

鶏の足の間に水かきがあるというような形で万能選手じゃないかと思う。

頭も方もかなり良さそうで積極さもバッチリ。。。ついでに綺麗なのに

あまり好かれてもいないということは、やはり性格悪いんだわね。

昨日は風が冷たいな、、と思って外へ出たけど

歩いて六国見山って小高い山へ登ったらその風の強さよー、、、

木枯らしみたい、、と思ったら今日の新聞に木枯らし一号だと書いてあったので

いかにも、、だった。

なんたって、髪の毛は飛んでいっちゃうし、

顔にやたら枯れ葉が当たって痛いの。

六国見山というのは、標高が147mほどで北鎌倉から歩いて35分だそうだから

簡単に行ける小高い山なんだけど

昔でいうところの相模、伊豆、武蔵、安房、上総、下総、の国が見えるということで

素晴らしい景色なのだ。

二年ぶりくらいに行ったら、階段とか手すりとかベンチがみな木で作りなおしてあって

とても綺麗になっていた。

けど、まあ景色が良い割には殺風景なところなんだ。

なにせ頂上が狭くて(山の頂上は狭いものか?)

一組の人たちが入ると次が入りにくい。。という感じだ。

けど、突然目の前に相模湾が見えるとああ~~~~っ!ってな気分でなんとも言えない。

大体の場合がぼわーっとかすんで見えることが多いので

すっきりと富士山まで見えるにはもっと時間を選ばないといけないのかもしれないけど

昼ご飯を食べようなどと思う時間には暑いばかりで辛いこともある^^;

一応パノラマで海、伊豆半島、丹沢、横浜のみなとみらい、などが見渡せる。

体ごと飛ばされそうな風で立ってるのもやっと。

おかしなもので、すごい景色だなーーと思うと思わず写真を撮りたくなる。

が、ほとんどの場合、その素晴らしさが伝わるような写真は撮れないのでやめておけばよいのにまたもやデジカメやケータイで撮ってしまう。

ついでに犬の散歩だから犬も入ってないといけない。。などと思ってしまい、

小さな犬と海をどうやって組み合わせるか。。。ということで悩んでしまうのだ。

私のカメラくらいだと海と空との境目がどうもはっきりしなくて

海は写ってながら海だとは分からない。

今回は、犬を持ち上げて手すりに乗せてこちらを見させて

バックが海。。という構図で撮ってみようと思い立ったが、

犬は手すりから下に捨てられるものと思いこんでおとなしくはしてない。

ついでにこの風だから、犬だって怖いとは思う。

そこを無理して写真を撮って飼い主にこんだけ可愛がって散歩に連れてきたよーー

みたいな写真を送りつけてやる、この健気さ、性格の悪さ。。。。

Img_1233

なんじゃこれ^^。

外の明るいところではどんな風に写ってるかよく見えなかったのだけど

帰ってきたら、逆光じゃん。

考えてみれば、海方面はやや西に振った南なんだから午後は逆光よね。。

大きくして見ると

怖がってる犬の頭の毛が強い風によってユラユラと立ち上がってるところが哀れ。

どっちむいてるか判らないながら、こっちを向かせているので

かなりの恐怖だったと思う~^^;

この程度の山になるともう小さな犬を散歩させてる人はいない。

大体がゴールデンリトリバーくらいなもので

うちの犬はダックスで小さいけど

めっぽう足が強いので、山だろうが、平地だろうが、どこまでも走り続けられるから連れていくけど

普通の犬では抱っこかおんぶだなー。。

うちの犬はアホだけど

こういうところは偉い^^

 

という犬孝行の一日だった^^。

さむっ、、

今日はとうとう仕事場が17度台になった。さむ~~。

先日、近所でご不幸があり、

夜に至急の回覧が回った。

私はそそくさと見て次のOさんちへ持って行ったのだが、

Oさん宅はピンポンが壊れている上、玄関に鍵をかけない。

玄関を開けて大声で呼んでみるのだけど、いつものように音沙汰ない。

が、テレビの音はしている。

私は声がそれほど小さい方ではないので

大声で呼ぶとかなり聞こえるはずなのだけど、聞こえないんだ。

夜ってこともあって、近所には聞こえてるんじゃないかと思うのだけど、

当人には聞こえないようだった。

至急回覧のため置いておくわけにもいかずに、

とうとう廊下にあるドアノブに手を出してしまった^^;

部屋のドアを開けて大声で叫んだら、案外近いところで返事があって

ああ、そこらにいたのね。。。という感じだった。

これって泥棒みたいな気分だ^^。

残り一軒だったのでその家でサインを貰って次の家にも持って行ってしまうことにして

最後の家へ行ってみた。

するとそちらはピンポンは繋がってるのだけど、やはり応答がない。

何回押してもダメだが、テレビの音は聞こえてる。

しょうがないので、門扉を開けて、玄関に行って戸をあけてみると

やはり開くんだなあ~。

開けて、大声でKさ~~ん、、と呼んでみた。

何回も呼んでみたけどやはり応答がない。が、テレビは聞こえてる。

しょうがないので、こちらも玄関に入って、部屋のドアノブを回して大声で叫んでみたら

やはりこちらも案外近くでテレビを見ながらご飯を食べてるのだ。。

またまた泥棒な気分になってしまった^^;

みんな、不用心だな~~~。。

泥棒はともかく、強盗だと危ないですよー。と思うんだけどなあ~~。

千円くらいで殺されることもあるから、テレビを見るなら鍵かけてね^^;

Img_1223_4

先に言っておきますが、生徒さん作品です^^;如意輪観音像。

すごいでしょーーーーー?

これから色を塗るので、白木でお目にかかるのは最後になるから

一応写真を撮っておきました。

色は本物と同じように黒になるので写真写りは悪いかもしれないすから。

作ってる間に結構成長して高さが50cmを超えました。

迫力あって、思わず拝む人も・・・・・・・

ついでに作者に対して陰ながら拝む人まで。。。。。。。

ちなみに

仏像が良いからと言って作者まで良いとは限りません。。

私もよく作品からそう思われることが多いのですが、それは間違いです^^。

仏像は拝んでも作者は拝まなくて良いっすよ。

ともあれ、みるみる立派になってしまったこの仏さまの安置場所はあるのでしょうか。

これはかなりの広さのところに置くことができます。

お寺でも充分。。。

すばらしーーー。

毎日見とれてしまうぅ~。

親友

今週のお稽古は三日間生徒さんが一人づつなので

なんとなく突っ込んだ話になったりして、それはそれで面白い。

昨日の生徒さんが、

親友っていますか?って懐かしい響きの質問だったので面食らった。

私には親友なんていないよーーん。

親友どころか、考えてみると友達ってのもいないような気がする。

私は付き合いが悪い人間で、

なんというか、

普通の友達として話す内容、、、旅行、食べ物、ファッション、美容、、

のことすべてが興味がないので

多分話していても面白くないと思う。

人とそういう共通した話ができないということが悩みだったりしたこともあるのだけど

今もやはり悩みではある。

が、だからどうしようとは考えていない^^。

面白くないものは面白くない。

面白くないものを面白そうに聞くことはできないし、

なんだか時間がもったいないような気がするのだ。

そんな時間があったら何か物が作れそうな気分になったりする。

更に愛想がないことに、電話もあまり好きじゃないし、

コンサートとか飲み会とかそういうものに誘われても乗らない。

ついでに乗り物が嫌いときてる日にゃあ、、もう誰も誘ってはくれないわね。。

私は物事をさらりと無難に話すってことが意味があるように思えないのだ。

もっと深く突っ込んで、相手を面白くない気分にさせてしまうような気がする。

なんでそうやって簡単に喜べるんだい?などと思ってしまうのだ。

こういう性格に生まれついて辛いもんよ。

だからと言って生活が面白くないわけではない。

自分にはあまり友達がなくても問題ない。

それはそれなりに解り合える人もいて、

そういうのとは10年やそこら会わなくても全然問題なく話の続きができる。

だから、年末年始のご挨拶などの形式ばったこともない。

こうやって寂しい老後を迎えて一人さびしく死ぬんだろうか。。などとも

考えるのだけど、

今さら陽気にもならないし、(かといって陰気ではないけんど^^)

しゃーねーんだよね。性格はね。。

こういう性格は親からも受け継いでるので親の責任にしたいところだけど

やはり自分のことは自分に返ってきてるので

自分が損をしてるのかもしれない。

が、損とばかりは言えないような気もする。

得な部分もあったりしてるのだろう。

案外運が良いほうかもしれない。

父が私のことを心配して、

きっと老後は金もなく一人寂しく暮らすだろうからといって

頑丈な60年もつ、、という鉄筋の家を建ててくれたのだった。(涙)(そう決めつけられたのも愉快ではなかったけど。^^;)

けど、それも壊しちゃって違う家に住んどるしーー。

 

結局わからん。

何が幸せで何が不幸かなんてわからんち。

流れに身を任せて生きているんじゃい。

そだそだ。。。。

Img_1222

これ、良く出来てるぅ~^^。生徒さんの作品の部品。

しいたけじゃないけど、毒キノコみたいな雰囲気もあって袴のところが面白可愛い。

とても良くできてて思わず笑っちゃう。。あはは~。

生徒さん作品・水牛

外垣さん作品、水牛

Img_1205

 

なんとなく牛が重く動いてるって雰囲気がでてませんか。

本当は水牛が車を引っ張ってるところなんですが。

そういう力とか動きとか、表現するのは難しいっすね。

外垣さんの良さは

粘土の塊りみたいな表現ができること。

中から湧き出る重量感、存在感を表現できるってことかなあ。。

(昔、彫刻家の人にデッサンを習ってた時に言われたのだけど、

その重さも表現しよう。。って。。それと見えないところもちゃんと存在してるように描けって。。。)

これは、習って覚えるものではないので天性としか言いようがないすね。

たとえ、耳を忘れても^^;

足や角やしっぽが何回折れてもあまり問題じゃないです^^。

私だってこういうしっぽの形にしてみたいけど~~~

こういう形はヒノキの構造上どうしても二か所で折れやすいんだわあ。

それをものともせず、思った形にするところがすごい!

しっぽってものすごく表情があって

しっぽがダラリと下がっていたら、この価値は半減するでしょうね。

と言いながら、私はダラリと下げてつけてしまう~^^;

しっぽで心が解るのに

しっぽを切ったりするな~~!。(犬の話です。。)

しっぽを切っても元のところが動くので解るんだそうですが。。。。

この水牛は最後まで叩きノミで仕上げです。

最後まで叩いたということではなく、叩きノミを彫刻刀の代わりに使ったということなんだけど。

どう違うの?ってことになるけど

やはり彫り痕が違うっす。

なんていうかー、やはり大胆になるのかな。

荒々しいというのか。

ゴツゴツしたようなお肌になります。

仕上げでこの重い叩きノミを使うとやりにくいのだけど

よい味がでるということはあります。

とても太い筆で小さな字を書くのと似てるかな。。

一般的には

最初から小さな刀を使うのはお勧めしまへん。

なるべく大きめのサイズの刀を使って彫った方がよりダイナミックな仕上がりになるので

お勧めしたいところです。

コチョコチョしたことが好きなタイプの人は

最初から小さな刀を使いたがり

それはそれで、なんとなくそれらしいものが出来て、悪くない場合も多いので

一概には言えないけど、

最初は大きめ、願わくば叩きノミ。

次は中くらいの小道具。

仕上げは彫刻刀。という順番で彫ると良いです^^。

自分の中で、荒彫り、中彫り、仕上げ。。と分けるのもお勧めです。

荒彫りは大切で、

荒彫りで綺麗に仕上げないうちに手直しして満足のいく形になると

仕上げも楽だし、最後にきてまた手直しってことがないっすよ。

荒彫りは荒く^^。

仕上げは細かく^^;

人が変わったように感情を入れ替えて作るとうまくいくっす。。。

(なかなか変われないだけどねーー)

とうとうストーブ

とうとう耐えかねてハロゲンのストーブを出してしまった。

とは言っても例年よりも遅いかも。

ホットカーペットでさえ出していない。めずらし。

Img_1194

この前、障害者施設の展示即売会があったので七宝のブローチを買ってみた。

色違いを選んでみたのだけど

素朴で好きだな~~^^。

バックにでもつけようかと思う。

他にも機織りなどの実演もしてて趣味の良い布を織っていた。

中々活気があって良かった。

トナカイを彫りたいと思ってるのだけど、

生徒さんも鹿を彫るという方がいて、お互い角で悩んでしまうと思う。

角がなければ鹿には見えないもんねーー。

トナカイの角は立派だし、角さえあればキチンとクリスマスを連想できるので

やはり角は大事なんだけど

木で彫るとどうしても弱い部分がでてくる。

そこをなんとか解決できないかと日夜寝ないで考えてる私(まあ、ウソ。。)

四六時中こういうことを考えてるのは案外楽しい。

工夫した結果が良いと更にうれしい。

人間工夫は大事ですよ。

そうそう、

この前新聞に資生堂の社長(正しくは名誉会長)の福原義春さんの文章がでてて

この会長さんは読書家で有名なんだけど

皆さんに是非読んで欲しいこの一冊。。と聞かれたら、、、、という問いに対して

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」岩波書店

という本を紹介してたので早速読んでみた。

ノーベル賞を受賞した物理学者の文章なんだけど

面白い。

幼少の頃から分解、工夫、原理、、組み立て、、^^などと忙しい上に

茶目っ気もあって発想が面白い。

凡人とは頭の構造が違うのだけど、

それでも考えて工夫するってことは良いことだな。。って思わせる。

やってみて失敗して、たまには成功して

その積み重ねで先が読めるようになってくる。

そういう中で工夫は大事なことだ。

便利なものが増えて工夫しない人が多くなってると思うけど

工夫は面白いものなんだ。

そしてこういう空気ってのは案外伝染する。

そういうことを知らなかった若い人だって多いわけで。。。。。

知ると楽しいんだなーー^^。