ホーム>工房日誌>アート・文化>
アート・文化

久々の雨だ。

すっかり冬って感じの日ですねえ~。

私は暖房器具をまだ出していない。

衣類の入れ替えもしていない^^;

そろそろ冬物を出さないと寒いですよ。

靴下は現在のところ3枚履いている^^。

通常冬には5枚になるのでまだ秋の状態か。

重ねれば暖かいというものではないそうだけど、

寒いとついつい重ねてしまう。

一番下は絹の五本指ソックスだ。

これは暖かい。

何枚履いても指の間がカサコソと寒いので各指の間に布があるのはありがたい^^。

寝る時も履いて寝るのだ。

おかげで私の足はモヤシ状態で、白くフニョフニョだ。赤ちゃんの足みたい^^;

暖房器具が出てない季節の夕食は

俄然鍋が多いっす。

どこかを暖かくしたいという気持ちがあるせいか、

足元寒々としていても鍋だと顔の辺りから暖かくなれる。

Img_1166

今年はこれを買った。

今までこういう囲炉裏端で使うような鍋には興味がなかったのだけど、

外で炭をおこした時に使えるのと、非常時の時にも使えそうなのと

なんといっても

鉄は見かけによらず、IHの器具には一番熱効率が良いのだそうだ。

そうは見えないなー^^

そんなわけで

最近ほぼ毎晩これのお世話になっている。

珍しいせいか、味噌汁などを作っても美味しそうに見えるのだ。

ただし、とっても重い。

これは直径が30センチあるでっかいサイズのものなので

中に汁物が入るともう移動するのが大変。

落した日にゃーー、目もあてられん。

鉄は洗剤で洗うなと書いてあるので

タワシやササラみたいなもので洗うだけだそうだけど、

一応ベトベトとして気持ちが悪い。

すっきりとは奇麗にならないのだ。

それでも良いらしいので、

水を張っただけで前の日の鍋の味がジワリとにじみ出てきそうで良い^^;

次の日まで置いておくと錆なんかも出たりして、、

これまた体に良い^^;(本当かよーーー?)

ま、しみじみ感覚で楽しめる。

こういう鍋はなんという名前か知らないのだけど

個人的には田舎鍋、、と思ってたけど、

キチンとした名前がないらしくてそれぞれの会社で呼び名が違う。

ふるさと鍋とか、孫鍋とか、いろいろな名称をつけている。

田舎では田舎鍋とは言いたくないんだろうけど、

田舎鍋がわかりやすいんじゃないか。。と思う。

毎日こんなものを食べていたら、相撲部屋みたいなもので

あっという間に太ってしまうと思う。

家事に怠惰な我が家では、これを繰り返して食卓に出すので

もう終りがありまへん。

冬中続くエンドレス鍋^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/920

コメントする