ホーム>工房日誌>アート・文化>多摩川で
アート・文化

多摩川で

多摩川で流されたホームレスの人の詳しい内情が新聞に出てたので

面白く読んだ。

毎度驚くけど、豪華な暮らしなんだ。

テレビは勿論、冷蔵庫も掃除機も扇風機もあると書いてあった。

皆を集めてお食事会もするそうな。

ネコも飼ってるって。。。

色々な職業だった人がいるから

家も土台がないながらそのまま巧く流されて

家の中は問題なかった人もいるんだそうだ。

流されたところで住んじゃっても良いわけだ。

なにやら貯金もありそうだ。

カンを拾って結構な収入になるらし。

二人で月に12万円から20万円稼げて

生活費は15万円くらいだそうだから、やっぱり貯金してるだろうね。

こうなるとホームレスになりたい人も多いと思う。

ある種の世の中を違う視線からみた暮らしは住みやすそうな気がする。

何故避難しなかったかという問いに

家が頑丈だから大丈夫だと思った。。んだそうだ。^^;

いいねえ、、これって。。。

ヘリコプター救助代はどうなるのかなーーー。

そういうところを払わなくてもよいのがホームレスのよいところかなーー。

昨日久しぶりに漆の塗師の人がきて

お椀の話になった。

私はお椀を商売には使ってないつもりなんだけど

たまにプレゼントに何か良いものがないか?と聞かれると

案外お椀が良いのだわあ。

お椀にちょこっと柄を彫って、それに生漆を塗ってプレゼントすると

まあ、一個15000円くらいで手頃とは言わないかもしれないけど

我が家では一番手頃なお値段になるのだった。

生漆を塗るときはやはりケヤキのお椀が良い。

しっかりしてるし、木目が綺麗だし、持った感じなどもどっしりというか木ですよーって

感じが人気だ。

ところがどっこい、

よい形の木地に出会うことがめったにないのだ。

そこでその塗師の人と見本があれば作ってもらえる、、、(とりあえず30個くらい

まとまらないといけないのだけど。。。。)

という話になって、、、、

それも井波彫刻まで木地師の人を探しにいったと言う。

その人にお願いしてみようかということになった。

私は前に気に入って50個買ったお椀が

長い間にとうとう一個になってしまったので

そのお椀を見本として提供して作ってもらうことにした。

腕が同じでないと見本があろうとなかろうと、違ったものが出来上がることは多々あるので

怖いんだけど、お椀の木地がないと淋しいので

作ってもらうことにした。

どんなものが出来上がってくるのか楽しみと言えば楽しみなんだけど

かなり怖いなーーー。

Img_1068

ちなみに今回色々な見本を見せてもらったけど

ケヤキなのにかなりの薄手になっていて、(これが先ごろの流行らしい。。)

もっと厚い方がいいんじゃない?という感じの大振りのケヤキのお椀。

使いにくいかも。。。と思うのだけど。

ちなみにお値段は3150円と書いてある。たっか。。。。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/911

コメントする