ホーム>工房日誌>アート・文化>暑めの彼岸
アート・文化

暑めの彼岸

いつまでも暑いですなー。

家の中でも30度近くあるっすよ。

ここ二週間は町内のゴミ集積所の掃除の係りで

あろうことか、毎日忘れるんですねー。

ゴミやさんが来たらホウキとチリトリを持って集積所に行って掃除をしてネットを後ろのフェンスにあげてくる。。ってことをやるんだけど

わたしゃあ、こんなのでも神経症になりそうだわ。

掃除を忘れちゃった日に誰かが見てるんじゃないか、、とか、

ゴミがまだ落ちてて汚いと言われやしないか、、、とか

そんなことをチラチラ考えてしまって

そのくせ肝心な時間にはすっかり忘れてるというこの有様よ。

年かなあ、、っとも言えるんだけど

案外年寄りはゴミ掃除は忘れないものだ。

ということは若い証拠とも言えるかな・・・・えへへーー^^;

光市母子殺害事件のご遺族本村さんの意見陳述ってのがあった。

このご主人は俳優並みの美しさと誠実さでついつい見入ってしまうのだけど

それに比べてて被告側の弁護士団の涙ながらの会見は情けない。。

弁護士が泣くというのを見たことがないのだけど、

医者や弁護士が泣くと、何を信じて良いやら解らなくなるもんねー。

太った汚めの弁護士のオジさんが涙を流しながら世の皆さんに訴える、、なんてありかい?って思いませんかね。

弁護士だって人間だ。。そそ。

涙だって出るわい。。そそ。

泣いてる暇あったらもっと違うことやれ、、、、、そそ^^。

我が家の斜め前のギタリスト小川さんが、

鎌倉のお祭りをスライドショーにして送ってくれた。。

長年鎌倉近辺にいるけど、こういうお祭りがあるとは知らなかった。とのことだったけど

私も知らなかった。

ちょっと怖い雰囲気もあるのですが、

近所ながらこうやって映像にすると異国的な雰囲気があって中々良いものです。

小川さんのギター演奏もぴったりで

海外で見る日本の紹介番組みたい。

ちょっと見てくださいね^^。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/908

コメントする