ホーム>工房日誌>アート・文化>秋分の日
アート・文化

秋分の日

今日は寒いくらいですよ。

一昨日の寝苦しさと昼間の暑さから一変、、、急遽風邪を引いた人もいるのでは

ないでしょか。

最近近場の中でも更に近場しか行かなくなった私は

一応足慣らしとして歩いて1キロくらいの奥の方(どこのじゃ?)へ

犬の散歩に行ってきた。

近くと言って侮れないところだった。

我が家は横浜市ではあるのだけど、一番鎌倉寄りの外れの方なので

ものによると栄区のグランドキャニオンなどというところに近いらし^^;

そのグランドキャニオンを見てきた。

Img_1092

Img_1091

おお、すばらし。。。

グランドキャニオンと中国の景色が交じり合ったようでよい^^。

ついでにここから鎌倉、三浦半島にかけてよく見ることができる地層も美し。

この美しさをあまり宣伝できないうちに

この山の下の方には霊園と老人ホームがバンバン出来てしまって

なにやら行くのも躊躇してしまうような場所になってしまったのだった。

もったいないことだ。。。。

市がお金をかけて蛍が見える遊歩道や

散策コース、炭焼き体験、、など色々な工夫がしてあるのに

誰もいないの。。。

お陰で山の道は草ボウボウになってしまってとても通れたもんじゃない。

昨日はカエル池ってのを見つけたので

そちらの方に進んでみた。

Img_1086

Img_1084

上の歩道の横の植物は一面この釣り舟草だったー。

植えたのか自生なのかわからないけど、なんとなく目が点。。。。

遠くに旅行しなければ目に出来ないような景色が我が家からほんの20分ほどの

ところにあるなんてーー!

しかし、なんとなく地続きの鎌倉市とは違うんだなあ。。。

なんというか、荒れてるというのか、

優しい手入れがされてないというのか、、、

作ってはみたものの市民の皆さんか、市かわからないけど愛情が足りないような気がするんだわ。

 

なにせ、こんな景色の前に霊園がドカンと出来るくらいだから。。。。

源流風に見える水もなにやら怪しげ。

蛍がいるってワリには、水の中に何もいないのだ。

我が家の方の川もそうなんだけど、

鳥や魚が沢山いるのだけど、水の中に植物もなくて死んだような川なんだ。

水というのは、草や藻もあって、昆虫がいて、魚もいて

鳥がくる。。。ってのが普通のはずだけど。

ただ悪い水に強い魚と鳥が増えてるだけか。。。。なんて思っちゃう。

カエル池なのにカエルは一匹も見なかった。

今はもういない時期?

まだいますよねえ。。。。。

こんなところを歩いていてなーーにも生き物に会えないってのは変だわ。

なにやら見せかけだけの雰囲気で不安を感じをさせる横浜市なのでした。(ボソボソ)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/907

コメントする