ホーム>工房日誌>アート・文化>一息つく涼しさ
アート・文化

一息つく涼しさ

耐え切れない昨日までの暑さはどこへ??

というような

今日の涼しさ、爽やかさよーーー。

そんなことに気づかずに部屋を閉め切ってエアコンガンガンつけて寝てる人もいるでしょうねー?

涼しいのがもう一日早かったら命を落とさずにいたものを。。。。という人もいたでしょう。

いつもの事ながら

台風一過に思う台風で亡くなっちゃった人のこととか、

ほんのちょっとの運不運で人の生き死にが変わっちゃうのは無情なものだ。

今回の暑さは格別であった。

暑さに強めの私でも外に出るのを控えてしまう、、というか

大丈夫かな?などと思ってしまった。

何が大丈夫かというと、

なんだか、オーブンの中に入ってるみたいで、倒れちゃうんじゃないか?って意味なんだけど。。。。

私は夏場暑い時はスイカを頼りに生きる^^。

スイカを買ってきて一口サイズ(本当は二口から三口サイズだけど)に

切って大きな鉢に入れて冷蔵庫に入れておく。

それを水代わりに年中口に放り込むのが好きだ。

スイカはいくら食べても浮腫まない。

水や甘い飲み物はすぐに浮腫む。

スイカは氷というかシャーベット系の口ざわりなので大好きだ。

あまり暑くなるとアイスクリームも食べたくないもんねー。

32度を過ぎるとかき氷も売れなくなるんだと新聞にも出てた。

温度にあわせて人の欲しいものは変わっていくのよね。

スイカは大好きだけど、暑くないと食べたくはない。

冬のスイカなどはいくら高級でも食べたくない。

ついでにスイカのシャーベットとか、ジュースとか、そういうものも食べたくない。

美味しくない^^;

スイカはそのままが一番だ。

昨日は夕食時にまた停電になった。

雷雨とともに停電になったのだけど、

今回はさすが驚かなかった。何時間でも来いっ!てな余裕があったけど

あっという間に復活してしまった。

それでも未練タラタラで、電気を消して

カーテンを開けて稲妻を楽しみながら暗がりで食事をしてみた。

野趣があってよい^^。

暗いところと明るいところでは

同じものを食べても味が違う。

夜にバーベキューをすると

朝、残りをみて、こんなものを食ってたんかーーと仰天することがある。

炭化したナスやカボチャ。。。。

インカのミイラかと思うような肉片^^;

ゲーーー、それ以上言うなと・・・・・・・・^^

停電の時の食事もそれに似たものがあって

かなり面白いのだったけど、

度重なれば面白くもなんともない。

おかげ様で、災害時の備蓄にも力が入ってきた。

ロウソクも近所に配れるくらい買ったぞ。。と。

炭やらカセットコンロも買った。

あとは食品を溜め込んでいけばよい。

水は悩んでいる。

トイレの水用に空いたペットボトルに水を詰めて置いておこうかと思うのだけど

どこに置いておくかが問題だ。

外が良いけど、はたして段々緑色になっていく水を

便利に使えるだろうか。。

それとも猫よけとしても一石二鳥になるだろうか。

Img_0986_1

ここが一番涼しいらしい、傍目から見ると暑苦しい場所とネコ。

食欲が落ちたけど、この盆踊りスタイルで寝てる時は具合が良い証拠なので

なんとか今年も無事に夏を乗り越えられるかも。

今日のように涼しくなると一気に食欲が戻るので、朝から数日分を取り戻すのに躍起になってるネコどん^^

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/897

コメントする