ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品、能面
アート・文化

生徒さん作品、能面

横浜市のゴミ対策は

G30と言って、まあゴミゼロって情けない語呂になってるんだけど

それが計画通りに減ったんだそうだ。

そりゃあよかった。。ってなもんだけど、

そのご褒美というのかどうか解らないけど

なんと生ゴミの日が一日減るんだってーーーーー!

ぎょえ~~。

そんなんあり?かいっ!

それじゃなくてもゴミの置き場所に困ってるんだから

勘弁してくださいよねーー。涙。。。

生徒さん作品^^、能面、小面。

P8230010

こちらの作品は

能面の中でもヘラブナ的存在の

小面に始まって小面に終る。。。といわれる

入りやすく難しい少女のお年頃の面。

肉付き具合が難しい。

若い頃の肉付きってのは、品よく引き締まって美しい。

油断するとデブになってしまうのでいけない。

木でうっすらと肉を乗せたように彫るのは難しい。

という小面です。

能面は案外鬼みたいな顔をした般若とかの方が難しそうで楽なのだ。

中間表情が難しいってことかな。。。

こちらの生徒さんは一番最初に、、、そう、かれこれ6年か7年くらい前に

来てくれた生徒さんで、

それから休み休み、、、(ほとんどお休み^^;)

やっと完成したのでしたー。

なんというか、あまり長いと

若くないながらも成長したりして、考えることまで変わってくる。

面に対する気持ちも見方も変わってくるようだった。

醒めて、落ち着いた目で客観的に見れるようになったところで仕上げ。。という

やり方は中々良いとのことでした^^;(言い訳くさっ、)

しかし、長年かかって完成をみたということで

ご両親^^、お友達、親戚一同、、大騒ぎだそうで、

大感激だったそう。

ちょっとした趣味の作品に大勢の人が反応してくれて有難い生徒さん宅だ^^。

能面は彫ること自体はそれほど難しくはないかもしれない。

難しいかもしれないんだけど、もっと難しい塗りがあるって意味なんだけど^^。

最後にきて塗りの悪かった分が段々暴露されてきて

もう取り止めのない状態に・・・・・・

最後の古色をつけるところが難儀だった。

失敗しても投げないところがすごい。

けど、何回薪にしてしまおうか。。という言葉を発したことか。

薪にするにはヒノキは火付きが良いのでばっちりよ^^;などと言ったりして。。

本来の能面よりはやや日本画的な色合いになって

味わい深い作品になりました。

ともあれ、7年越しの作品完成ばんざ~~い!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/893

コメントする