ホーム>工房日誌>2007年8月

2007年8月

8月も終わり、、

8月もいよいよ終わり明日から9月だ。

暑い夏だった。。。。

昨日の晩などは夜中にちょっと布団が欲しいな、、と思ってしまった。

いよいよ夏の疲れと睡眠不足を取り戻す為に寝るぞ~~(ってか^^;暑くても良く寝るじゃんけ・・・)

いつから秋になるか、、って区切りの日はないけど

こんなに暑いのに、もう銀杏が黄色くなって落ちてるんです。

普通はまだ。。。

しかし、夏場に台風で落ちてた銀杏は青かった。

今落ちてるのは黄色いので、やはり着実に秋になっていくんだねぇ。

我が家の4本しかない木のうちの一本がとうとう枯れてきちゃった。

あーーあ、、、ってな感じ。

4月に植えたばかりだったので、毎日水遣りをしたけど足りなかったかなあ~。

私は木を枯らすってことがあまりないのだけど、

なんか、自分の手抜きさ加減の結果を見てるようで寂しいものがある。

人間年を取ってくると段々怠惰になると思うのだけど、

若い頃は勤勉かというとそうでもなくて、それはそれなりに怠惰だ。

とすると勤勉な時期ってのはほんのちょっとしかないのかもしれない。

物事をこなすのに、すっと腰が軽くあがって素早く処理できるか。。

後にしよう~とか、めんどくさいなーー、、、などと思って動かなくなってこないか。

こういう時期があるだけなのか、それともこのままどんどん怠惰になっていくのかどっちなんだろう。。。心配だ。

親のしつけ、とか親がどういう生活をしてたかで随分違うと思う。

料理家の栗原はるみさんちのお母さんは

随分前にテレビで見た話なのでうる覚えなんだけど

毎日365日欠かさず朝3時とか4時に起きて大豆を煮てつぶしてお味噌汁を作るんだったか煮豆を作るんだったかをして

キチンとした朝食を用意するそうな。

そういう母親を持つとその子はそういうものだと思って同じとは言わないまでも

やはり勤勉なキチンとして大人になるだろう。

人間にはメリハリってのか、けじめってのかが案外大切なんだと思う。

何もない世界に行ってみたい、、などとは思うけど

何もなかったらどうにも退屈でたまらないだろう。

毎日の生活もダラダラといつ起きても良くて、いつ食べてもよくて

働かなくてもよくて、、、誰にも会わなくてよくて、、、、ということをしてたら

発狂しそうになっちゃうと思う。

時間が欲しい、一日ポッカリと何もしない日が欲しい~~などと考えてるうちが華だなあ。

日野原重明先生が、

年をとったら一日でも休んではいけないと言っていた。

若い頃は休んでも良いんだそうだ。

年をとってから一日休むと普段の週間を取り戻すのに1週間ほどかかるので

それで老化が進むんだそうね。

私はまだそこまでいかないけど、

確かに一日休むと元の感覚を取り戻すのに多少の時間を要する。

毎日同じ繰り返しをキチンとやる。。ということは結構大事なんだわ。。。

Img_1020

ネコ久しぶりのお風呂~~~^^;

2年ぶりくらいかなあ。。最初の12年くらいまでは月に一度は入れてたんですよ。

しかし年取ってきたのでお風呂は負担かな~?などと思って最近はあえて入れてなかった。風邪ひかせちゃいけないしーって。でも久しぶりでも嫌ではあるだろうけど、特別大騒ぎすることもなく大人しく濡れてましてん。自力で乾くのに24時間^^;ブルブルをもう少し多くやればもっと乾くのにね~~。

 

皆既月食

今日は皆既月食の日じゃなかったかな?

空ってのは偉大ですばらしいし、見てて飽きないけど

星座は学校で教えられたような白鳥とか、サソリとかには見えないし、

皆既月食もただの曇りの日とあまり変わらない風なので

自分的には面白くないなーー。

(天体に興味0。。。^^;)

それよりも大きすぎる月がポッテリと出ていたり、

星の数が妙に多い日などの方が好きだ。

昔、弟子入りしてた頃、よく夜抜け出して星を見に行ったけど(田舎のこととて

それくらいしかやることがなかった。。。)

その星ったら、天からあふれ出るようで、うるさいくらいだった。

流れ星もザーザーとあちこちに流れてる状態で、

流れてる間に願い事をすると叶う、、、、などと聞いてたので挑戦してみたけど

どうもその時間内に願い事をいうことが出来ない。それほど流れ星は速い。

ちょぼっと1cmくらい流れるヤツや、東から西までざ~っと長い距離を流れていくヤツなど色々だった。

今では考えられないけど、やはり山奥などにいくと見えるんでしょうねえ。。。

私は今時珍しい派の布団を敷いて寝るタイプなんだけど

昨日決心して布団を干してみた。

この暑い時期、布団を干すとたまらん。

干したい気持ちはあるんだけど、

夜そのあったか~い布団に寝ることを考えると決心がつかない。

少し涼しくなってきたので

布団の中にも虫がいらっしゃるでしょうから、

一度干して秋を迎えたいものだと思っていた。

なにせ、私の布団はネコは入る、犬も来る。。って汚い条件が揃ってるので

気持ちよい清潔な布団に寝る。。ということはとうの昔に諦めた。

顔を付けないように気をつけて寝る。。という布団具合だ。

そんなんだから、

布団の干し方も汚い。

デッキにそのままブン投げて置くのだ。

そうするとまた犬がノコノコでてきてご苦労さんなことにその上に寝ている。

鳥も糞をする。。

それでも洗わないで我慢して寝ちゃう。汚ねーーーー。

布団を干すってのは普通は晴れてる日に毎回干すんだろうけど

最近の私は年に数回だから、虫も増え放題だろう。

独身男くらいの汚さだろうなあ。。。。

Img_1014

100円ショップで買ったこれ、、、

握力や指の運動に使うものらしいけど、

案外良いっす。

くるみよりも良いかも。

片手でフニョフニョやってると、ガムを噛んでるみたいな

イコジな感じになってきて良い。

私は手先を使う仕事なので

全部の指はピアニストみたいに健全に動くと思っていたのだけど

甘かった。

3,4,5,の指、俗にいう中指、薬指、小指が弱い。

これをちょっとやったら神経痛みたいな痛さになった。

お稽古で見てると、小指辺りは、ブラブラと力が入らない人が多いけど

私も例外ではないらしい。

全部の指は無駄についてるわけではないので

全て巧く使えないといけない。

100円で鍛えられるのは有難い。

是非、小指近辺の弱い人はやってみてください。

Img_1016

当然コイツも興味を持つわけで、、、、

使い方を間違ってるけど、欲しがる。

忘れた頃に盗って行っては、机の下などの私が入れないところに行って

私を挑発してるらしい。

なにやら遊んでやってると思ってるらし。。。。

犬になんかに遊ばれたくないやい。

生徒さん作品、能面

横浜市のゴミ対策は

G30と言って、まあゴミゼロって情けない語呂になってるんだけど

それが計画通りに減ったんだそうだ。

そりゃあよかった。。ってなもんだけど、

そのご褒美というのかどうか解らないけど

なんと生ゴミの日が一日減るんだってーーーーー!

ぎょえ~~。

そんなんあり?かいっ!

それじゃなくてもゴミの置き場所に困ってるんだから

勘弁してくださいよねーー。涙。。。

生徒さん作品^^、能面、小面。

P8230010

こちらの作品は

能面の中でもヘラブナ的存在の

小面に始まって小面に終る。。。といわれる

入りやすく難しい少女のお年頃の面。

肉付き具合が難しい。

若い頃の肉付きってのは、品よく引き締まって美しい。

油断するとデブになってしまうのでいけない。

木でうっすらと肉を乗せたように彫るのは難しい。

という小面です。

能面は案外鬼みたいな顔をした般若とかの方が難しそうで楽なのだ。

中間表情が難しいってことかな。。。

こちらの生徒さんは一番最初に、、、そう、かれこれ6年か7年くらい前に

来てくれた生徒さんで、

それから休み休み、、、(ほとんどお休み^^;)

やっと完成したのでしたー。

なんというか、あまり長いと

若くないながらも成長したりして、考えることまで変わってくる。

面に対する気持ちも見方も変わってくるようだった。

醒めて、落ち着いた目で客観的に見れるようになったところで仕上げ。。という

やり方は中々良いとのことでした^^;(言い訳くさっ、)

しかし、長年かかって完成をみたということで

ご両親^^、お友達、親戚一同、、大騒ぎだそうで、

大感激だったそう。

ちょっとした趣味の作品に大勢の人が反応してくれて有難い生徒さん宅だ^^。

能面は彫ること自体はそれほど難しくはないかもしれない。

難しいかもしれないんだけど、もっと難しい塗りがあるって意味なんだけど^^。

最後にきて塗りの悪かった分が段々暴露されてきて

もう取り止めのない状態に・・・・・・

最後の古色をつけるところが難儀だった。

失敗しても投げないところがすごい。

けど、何回薪にしてしまおうか。。という言葉を発したことか。

薪にするにはヒノキは火付きが良いのでばっちりよ^^;などと言ったりして。。

本来の能面よりはやや日本画的な色合いになって

味わい深い作品になりました。

ともあれ、7年越しの作品完成ばんざ~~い!

 

 

映画

生徒さんが、渋谷で綺麗な映画を見たので、、と言って

パンフレットを持ってきてくれた。

一目見て、目がキラキラ^^。

私好みの映画そうーーだった。

Img_1013

「アズールとアスマール」というフランスのアニメで

私は見てないながら筋的には日本昔ばなし、、みたいな

ワリに簡単なお話らしいのだけど、

なんと言っても絵がねーーーー、すばらしそうなんだァ。。。

去年だったか、テレビをパラパラと見て回ってた時に

偶然NHKで見た素敵な影絵のアニメが印象的で、それがどういうものなのか

ずっと知りたいと思っていたけど、

これがこの映画と同じ作者のものであることがわかって長年のつかえが取れて

すっきりとした感じ。。。。

http://www.wisepolicy.com/princes_et_princesses/

やはりフランスはすごい。

デザインがなんといっても垢抜けてるし、

細部で手を抜くってことがない。

ついでに色彩がねーー、微妙な色まで出てて違うんだなあ~。

パンフレットだけでも口をあんぐりと開けてみてしまう。

その美しさって言ったら。。。。。

私はアニメ系統はほとんど見ないし、

宮崎駿の作品もトトロ以外は最後まで見たことがない。

だから良いとも悪いとも言えないけど、

自分の見たい絵ではないような気がするのだ。

アニメでも子供向けとは限らない。

絵画的、芸術的にいくらでも良いものが出来るんだなーという見本のような映画だ。

ちょっと絵の構造がクリムトの絵みたい。。。かな?

私は渋谷には見にいけないので

DVDが出たら買おうと思うけど、

早速、前作、前々作のDVDを買ってみた。

綺麗ーーーー!なおかつおしゃれ~~!

やはり口を開けてみてしまう。

筋的にはこちらも日本昔ばなしみたいなものだ。

あはは、、、、、うんうん。。。。。みたいに済む。

大きな意味で深いものもあるとは思うんだけど、

フランス語で意味がわからなくてもどうってことない。

(今回のはアラビア語だそうだけど^^;)

わたしゃあ、、もう視覚的に良ければ大満足なので

ああ、こういう監督がいてくれて良かったな~~^^とただただ喜んでおります。

綺麗なものに会えてばんざーーいーーーーーー!

 

欽ちゃん

一昨日の24時間テレビは30周年だったそうね。ながーく見てなかったけど

思い起こせば若い頃に見てた覚えあり^^

何年か振りでひょいと覗いてみたら

欽ちゃんが走っていた。

欽ちゃんも長いこと見てないうちに年取ったなあ~~。(シミジミ。。。)

66歳で70キロをこの炎天下に走らせるって企画は私は嫌だわ。。

いじめに近い発想だと思う。

苦しんでるところを見たい、、という人間の怖い心理をつかんでるんじゃないか。

などと思ってしまう。

ついつい見てしまった昨日の欽ちゃんの特別番組みたいのも

あれじゃまるで追悼番組だよーー。

もっとにっこり笑える企画を立てて欲しいなあ。。。。

それにしても

隣について一緒に走ってずっとアドバイスし続けてるトレーナーの人はすごい。

彼にとっては走るというよりは歩いてるような動きは楽なのか?

でも、ずっと話しかけて、休憩所ではマッサージをして

スタッフと計画をたて、、、目まぐるしく動いてなおかつ目立たないようにしている。

彼のドキュメントの方が見たいなーーー^^。

欽ちゃんの人気ってのは何だろう。。と思う。

老若男女、皆気持ちが揃って欽ちゃんを応援している。

人柄、優しさ、人徳ってところなんだろうか。

実際、コメディアンとしてはそんなに面白いと思わなかった。

同じパターンを何回もやってしつこい。

でも欽ちゃん本人のことは嫌いじゃない。こういうところは不思議だ。

面白いけど嫌いな人っているもんね。

欽ちゃんってのは、

じっと見てると結構お頑固だわ。

優しいだけの人間は魅力がない。頑固一徹、自分の意思をはっきり持ってるってところが大切なんですねえ。

自分らしく生きて、なおかつ人に寛容ってことが大事なところかな。

いやはやはや

人を傷みつけて泣かせるような企画じゃないもので

おおいに募金を集めてほしいものだ。。

関係ないけど

私は昨日鍼に行って、頭のてっぺんにお灸をされてしまった^^;

てっぺんがグジョグジョと火ぶくれしてハゲが出来てるんじゃないかと思ってみてみたら

なんともなかった^^。

頭って鈍感なんだそうな。

他のところに直接火をつけると熱くて耐えられないけど

頭は耐えられるんだそう~。

へえ~~~~。

ってなことで同じ場所(かと思われるけど、、、)に5個ほど続けてお灸された。

鈍感とは言ってもあちィんです。

シュバイツアー博士が被っていた探検用のヘルメットみたいな帽子、

あれも頭のてっぺんに穴が空いてて空気が出るようになっている。

頭のてっぺんには煙突みたいに悪いものがでていくところがあるらしい。

だからてっぺんを刺激していると良いんだそうだ。

人間も面白い造りになってるんね。

Img_0995

これまた全然関係ないけど

食事時の床近くから見た図。案外ワンコが苦労してるんだな~と思ってしまった^^;

食事時間中ずっとこの体制です。

 

 

阿弥陀さま

注文品の阿弥陀さまが出来上がった。

Img_1009

こうやって電話や時計と比べると大きさというか小ささが解るけど

中々コンパクトでよい大きさかもしれない。

出来上がったのは先週だけど、

どうも写真写りが悪くていけない。

撮っても撮っても色が巧くでない。

というわけでてこづってしまった。

 

画像で見るとカビが生えたような雰囲気に写っているが、

実際は大理石みたいになってるんだーーー^^;

ついでにチラチラと金が入ってるのでなんとなく豪華な感じがする。

私は金をゴテゴテと塗るのが嫌なので

ほそーい筆で少しづつ入れる程度にしているが、

やはり光るのでキリッとした感じになってくる。

なんでもかんでも入れるわけではないけど

仏像には金色が欲しいなーと思ってしまう。

白木に金もすっごく良い^^。

高貴な感じがする。

休み明けなので

今日から新しい仕事をしようと思う。

休み中に作ってたものは、完成をみるつもりだったけど

案外チンタラとして進まず、8合目近辺で止まってしまった。

もう一個、夏休み中に久しぶりのお椀を彫り始めた。。。(というとウソになる^^)

お椀の木地が出来ていて、そこに少し絵を彫って漆を塗る。。って意味^^、、、

それを始めてしまったので

皆中途半端なのだった。。

お椀の木地は以前は結構色々なデザインのを持っていて

気に入った木地が出ると買い込んでいたのだけど

とうとうそろそろ底をついてきた。

最近お椀の木地があるところへ行かなくなったので

そういうものを買うチャンスがない^^。

けど、たっまーにお椀が必要になることがあるのだ。

お椀の木地は堅いことが多いし、

口をつける部分が薄くなってるので、彫るといっても下の方の膨らんだ辺りだけなのだけど

下の方に何か彫っても見えない。。ってことにもなって

あまり彫りには向いてるものではない。

けど、見えないところにちょこちょこっと何か彫って名前入れサービスなどして

すり漆でプレゼントなどすると案外人気がある。

使いやすかったケヤキのお椀が50個買ったけど

とうとう長い年月の間に無事終了してしまった。

食器は使いやすいってのが必須条件なので

良い形がなければ彫って仕上げる気も起きない。

ちなみに100個くらいまとまれば、木地を挽いてくれるのだけど

それだけ消費するのも自信ない。

今回のは気に入ってる形なんだけど

大きいのがちょっと難。

Img_1011

味噌汁には多分使えないくらいの大きさだ。

(具沢山で他におかずは要らない。。という人ならOK^^;)

となると、ご飯ものか、うどんなどには使えるかと思う。

毎日使える味噌汁を入れるサイズが一番便利なんだけど・・・・・・・

でも手に収めるとほっくりした感じで愛着がわくんだわ。

一息つく涼しさ

耐え切れない昨日までの暑さはどこへ??

というような

今日の涼しさ、爽やかさよーーー。

そんなことに気づかずに部屋を閉め切ってエアコンガンガンつけて寝てる人もいるでしょうねー?

涼しいのがもう一日早かったら命を落とさずにいたものを。。。。という人もいたでしょう。

いつもの事ながら

台風一過に思う台風で亡くなっちゃった人のこととか、

ほんのちょっとの運不運で人の生き死にが変わっちゃうのは無情なものだ。

今回の暑さは格別であった。

暑さに強めの私でも外に出るのを控えてしまう、、というか

大丈夫かな?などと思ってしまった。

何が大丈夫かというと、

なんだか、オーブンの中に入ってるみたいで、倒れちゃうんじゃないか?って意味なんだけど。。。。

私は夏場暑い時はスイカを頼りに生きる^^。

スイカを買ってきて一口サイズ(本当は二口から三口サイズだけど)に

切って大きな鉢に入れて冷蔵庫に入れておく。

それを水代わりに年中口に放り込むのが好きだ。

スイカはいくら食べても浮腫まない。

水や甘い飲み物はすぐに浮腫む。

スイカは氷というかシャーベット系の口ざわりなので大好きだ。

あまり暑くなるとアイスクリームも食べたくないもんねー。

32度を過ぎるとかき氷も売れなくなるんだと新聞にも出てた。

温度にあわせて人の欲しいものは変わっていくのよね。

スイカは大好きだけど、暑くないと食べたくはない。

冬のスイカなどはいくら高級でも食べたくない。

ついでにスイカのシャーベットとか、ジュースとか、そういうものも食べたくない。

美味しくない^^;

スイカはそのままが一番だ。

昨日は夕食時にまた停電になった。

雷雨とともに停電になったのだけど、

今回はさすが驚かなかった。何時間でも来いっ!てな余裕があったけど

あっという間に復活してしまった。

それでも未練タラタラで、電気を消して

カーテンを開けて稲妻を楽しみながら暗がりで食事をしてみた。

野趣があってよい^^。

暗いところと明るいところでは

同じものを食べても味が違う。

夜にバーベキューをすると

朝、残りをみて、こんなものを食ってたんかーーと仰天することがある。

炭化したナスやカボチャ。。。。

インカのミイラかと思うような肉片^^;

ゲーーー、それ以上言うなと・・・・・・・・^^

停電の時の食事もそれに似たものがあって

かなり面白いのだったけど、

度重なれば面白くもなんともない。

おかげ様で、災害時の備蓄にも力が入ってきた。

ロウソクも近所に配れるくらい買ったぞ。。と。

炭やらカセットコンロも買った。

あとは食品を溜め込んでいけばよい。

水は悩んでいる。

トイレの水用に空いたペットボトルに水を詰めて置いておこうかと思うのだけど

どこに置いておくかが問題だ。

外が良いけど、はたして段々緑色になっていく水を

便利に使えるだろうか。。

それとも猫よけとしても一石二鳥になるだろうか。

Img_0986_1

ここが一番涼しいらしい、傍目から見ると暑苦しい場所とネコ。

食欲が落ちたけど、この盆踊りスタイルで寝てる時は具合が良い証拠なので

なんとか今年も無事に夏を乗り越えられるかも。

今日のように涼しくなると一気に食欲が戻るので、朝から数日分を取り戻すのに躍起になってるネコどん^^

 

食いもん二題

なんともあちいです。

お盆休みの間にガラス戸やら網戸を洗ってみようなんて殊勝なことを

考えていたのだけど

朝起きればもう外に出る自信がないほどあついし、

夕方ほんのちょっとだけ、5時ごろから1時間くらいはなんとかなりそうなんだけど

ついついそういう時間に出かけてしまうので

中々掃除できない。

100円ショップで窓ガラス洗いの器具、

水で濡らしてガラスをびゅっと上から下へと下ろして

その裏返しのゴムベラ部分でまた上から下へとぎゅっと拭き下げる。。と

綺麗になるってのを買ってきた。

けど、そうは説明どうりに簡単にはいかない^^;

黒い縦の汚れの線がいっぱいになった。

ありがとよーーー。。。

拭かない方が良かったよーー。

前から一度は食べてみたいと思ってた

ドラゴンフルーツっていう、

ま、孔雀サボテンみたいなものの実なんだけど

めっきり安くなってお手頃398円だったので飛びついて買ってみた。

Img_0931

外側もこれと同じ色のソフトボールくらいの大きさの球だ。

中がこんな色とは知らんかった。

美しいーーというか、ショッキングーーというか。

キウイみたいな味かな?と想像してみたけど

食べてみたら、美味くもなんともなかった!

がっくし。。。

もう半分は食べる気がしなくてとうとう捨ててしまった。

安かったのでまずかったのだろうか?

本当はもっと美味しいものなんだろうか?

うっすらと甘い程度の食べても食べなくてもいいような感じの味だった。

つまらん。。。。。。。

長年楽しみにしてたのにィーーーーー。

ずっとお手頃価格になるのを待ってたのにね。。。。。。

こちらもそれほど美味しくなさそうなのに

ご予約済みになってるニガウリ^^。。

歩いていても人を楽しませてくれるようなこの配慮。。

ほのぼの。。。。。。

Img_0947

お盆休み

世の中はお盆休みだ。

なんと言っても空の綺麗なことよ~~~。

一日ですっきりと青い空になるってことは

汚染などというものは案外簡単に元に戻るってことか。。。

それほど、ピタッと青い空が出現して

お盆過ぎれば元の空になるのだった。。。。。

 

毎日あつ~~い。

とてつもなく暑いような気がする。

先週末は鎌倉の花火を見に行った。

Img_0966

(苦労のかいが微塵も見えない情けない写真^^;ついでに潮風でレンズも汚れたしー)

花火が綺麗ということよりも

花火の写真は難しい、、ということに躍起になってしまった。

デジカメに花火ってところがあって

それに合わせると花火が巧く撮れるということを記憶してはいたのだけど

肝心の花火の時にどこのスイッチだったかわからない。

ついでに真っ暗で見つけようもなく

イコジに写真を撮りまくってしまったけど、

例年通りその甲斐もない写真たちであった。

お陰で花火なんて見てないもんねーーーー。

後半は電池切れになったお陰で

写真は諦めて花火見物することができた。

鎌倉の花火はいつも大したものはなく、

毎年同じようなものを上げて、ああ綺麗綺麗だよーーってな感じなんだけど、

今年はやや良かったようにおもう。

どこの花火もドンドン向上してるんだろう。

特に最後の花火なんて泣けるような美しさであった。

鎌倉は水中花火ってのをウリにしてるのだけど

普通のように上にドカンとあげないで

船を走らせながらドボンドボンと海の中に落としていくようなやり方なのだ。

だから花火が半分は水中に消えるんでしょうね。

半円のが海岸から見えるという具合だ。

半分でもったいないとは思うのだけど

上に上がらない分、すっごく近くに花火が見れるのだ。

最後の花火は水中花火で、金色の枝垂れるものだった。

とてつもなく大きくて夢のようであった。

夢のようという言葉はまったく言いえて妙であって

夢みたいに綺麗だったのに

これまた夢みたいに終った瞬間忘れてしまった^^;

あっけないな~~~、おらの頭もよーーー

ま、写真だって音までは撮れないんだから

この感動はまた来年貰いましょってなもんだわね~~。

夏の夜の夢だなあ。。。。。。

 

 

生徒さん作品、五人囃子

そろそろお盆休みになってきたのか、

人通りが少なくなってきた。

田舎のご実家の方では大賑わいだろうな~。

お盆という行事もさることながら

皆が帰ってくるという、同窓会的な気分が盛り上がるものだ。

独特の楽しさがあるんだろうなあ・・・・・・・。

生徒さん作品、五人囃子。

P8090039

 

季節感はまるっきり関係なしに、五人囃子が出来上がった^^。

こちらは

初孫が誕生して、作家の人にお内裏さまを作ってもらったのだけど

よそのお宅の雛人形を見せてもらって

自分で木で彫れるのか。。。。。ということになってから

我が家に来てくれた生徒さん。

だから、

お内裏さまだけ布を着てる普通の人形なのだ。

三人官女と五人囃子とまわりの小物などをワサワサと作ったのだった。

ところが、こうなってくると

まわりの皆さんが、どうもこの人形とお内裏さまがしっくりこないのではないか。。と

いうので

とうとう、今回お内裏さまも作ることになったのだったー。

結局段飾り全部ご自分で作ることになった。

先日も牛を彫ってきて

これで牛車を作るという~。

車類は車輪を木で作るのは大変かな~?と思うのだけど、

作るというものは、ああそうですか。。。という我家風なので

半分期待していたのだけど、

昨日になったら、人の乗る牛車はやめて

俵を乗せた荷車にするのだそうだ^^;

ま、それも良いかも^^。。。。。。

出来なければできるまで頑張るという考えもあるけど

出来なければ途中でドンドン変えていってしまう。。という考えも結構好きだ。

頭の体操でもある。

過程はともかく、結果がよければよいじゃん~。

この生徒さんは、とにかくせっかちな方なので

あっという間に色々作ってきて

私が追っ付けない。

途中で断りきれない展覧会などに出品したりするので

その度に突貫工事になる。

フーーー!

お囃子たちの面白いヘアスタイルとか、

色々と直しきれない変なところがいっぱいあるのだけど

鼓などの細かい小物たちのお陰で手作りらしい雰囲気がでて良いものだ。

全部買ったものじゃなくて

おじいちゃん手作りのもので、さぞかしお孫さんも満足であろう~^^。