ホーム>工房日誌>アート・文化>郵便局
アート・文化

郵便局

今頃になって、銀行や郵便局にある母の預金などを

処理しに行ってきた。

というのも、司法書士の人に頼んでた分が

やっと出来てきたからだ。

とにかくもうそろそろすっきりと終らせたいという気持ちもあって

妹と揃って行って来たのだけど、

郵便局の手続きの面倒くささとのろさはピカ一だ。

月曜ということもあって、混んでいるのだけど

私と妹の休みのスケジュールがあわないので、しょうがない。

なんとか局員を独り占めしてやってもらったけど

なんと4時間もかかった。

腰は痛くなっちゃうわ、、お腹はすくわ。。。。。

何枚も同じような書類に名前名前を書かされて、

もっとどうにかならないのかーーーーという具合。

枚数が多いので局員の人だって間違うのだ。

結局早くから準備をしてあれとこれとこれを持ってきてくださいね。という

書類にあわせて持っていったのに、

あちらの手違いで死亡証明書ってのを忘れてたのだった。

あわてて区役所に取りに行ったら、もう亡くなってから時間が過ぎてるので

区役所にはありません。だって。。

他のもろもろの謄本などをもって横浜の法務省へ行ってくれ。ということだった。

がっかりするなーー。

一発で終るとは思えなかったけど

もうちっと、どうにかしてくれい~っ!

昔は死んでからすぐに貯金を下ろすと良いなんて言われてて

父が亡くなった頃はそうやったんだけど、

今はそれも効きません。

こっそりと下ろそうとしたら、

委任状が要るという。

病気で書けないと言ったら、じゃあ、病院に電話して聞くので病院の電話番号を

教えてくれといった。

ほお~~~~。

こりゃダメだわ、、ということで大人しく帰ってきたので

大口はともかく

細かいお金を銀行に預けておくのは損ということが良く解った。

どれくらいの額なら捨てるか。。。ということになるんだけど

1万円くらいまでなら手続きの方が面倒なのでそのまま放棄してしまっても

よいかもしれない。

けど、10万円だとどうだろう。。

ちょっと欲を出して手続きしてしまう~。

けど、生まれた時からの謄本がいるのだ^^;

本籍を生まれた時までさかのぼるってのが簡単なことか?

簡単じゃない人も多いかと思う。

めんどくせーーーー。

とにかく、金融機関にかかる時間ってのはとてつもなくもったいないものだ。

もっとどうにかならないもんかな~~・・・・・

Img_0886

いつも何事もないように気持ちよさそうに寝ているリュウノスケ。

ずっと14歳だと思ってたけど

14歳と言ってる時間がちと長いかな?とは思う。

そしたら妹が言うには、もうすぐ16歳になるんだと。。。。

更にお大事にしないといけない。

最近少しボケてきたのか、とぼけてきたのか解らないけど

妙に面白おかしいことをやってくれる。

長老者の貫禄と図々しさも入ってて苦笑いできる^^;

長生きしてね。。。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/881

コメントする