ホーム>工房日誌>アート・文化>梅雨は
アート・文化

梅雨は

あがったかな?と思わせる天気だけど

さかのぼって梅雨明け宣言するつもりかな???^^;

一昨日、鍼に行った。

鍼をするよりももう少し悪いところにはお灸をしてくれる。

右肩と右胸の辺りが痛いのでその辺にいくつかしてくれた。

今時のお灸は昔と違って

もぐさを肌に直に置くことはなく、

千年灸というのか、台座があってその上にもぐさがくっついてるものだ。

それを火をつけてから肌にペッタンと貼ってくれる。

多分消えるまでに1分とか2分とかだと思うのだけど

ピークの熱さはやはり熱い^^。

最初、耐えられなくなったので熱い!と騒いで途中で取ってもらった。

が、これじゃあいけないと思って

次の時は消えるまで我慢してみた。

ほんの一瞬だけど、もだえるほど熱くてグオ~っと言いたくなる。

幾つか乗せられてるので、どれが耐えられないほど熱いのかが

案外良くわからないのだ。

神経なんて繊細なような鈍感なような、、、

足の指を触られてどの指を触られたのか解らないのと同じだ。

右側のほうが熱いような気がしたので

ギブアップする寸前に、どれだ?ということを確かめる為に

鎌首を持ち上げてみたのだった。

そしたら、首近くにもしてあって

それを首ではさんでしまったのだった~~~!!

はさんじゃった方は、直の火だからたまらん。。。。

あち~のなんのって。。。。。

というわけで、首にちこっと火傷ができた。

昨日は茶色っぽく痕があったけど

今日は回りが赤くなっていかにも火傷だ。

あちかったなーーーーー。

先週あたり雨が多かったので

毎日湿度が80%を超えてる海の中状態が続いた。

それでも特別どうって変化もないので、そのままの状態にしてたけど

昨日、

たたき台の所の下に敷いてあるゴザ(畳のような薄いもの)の上に

びしーーっとアオカビが生えてるのを発見してしまった。

畳がなくなって久しいんだけど

おお、隅の方はこうやって青いカビが生えたもんだなーーと

妙に懐かしい気分になったけど、

それでもカビだから喜んでる場合じゃない。

雑巾を持ってきて拭いたのだった。

懐かしいアオカビの匂い。。。^^

吸うと良くないと思うけど、変に懐かしい。

昔、お餅などもアオカビが生えて、

それをガリガリと削って食べたりしたものだ。

アオカビはペニシリンだから食べても問題ない。などと教えられた。

本当のところはどうだろう。

それでもカビであるわけだから吸わない方が良いだろう。

これは除湿しなければいけない。と思い立ち

急に除湿を熱心に始めたのだった。

ま、遅いんだけどね^^。もう夏だわ。

湿度も下がり始めている。

もっと高い時にしておけば良かった。

気温が低くて湿度が高い、俗にいう蒸し寒い時(俗にも言わない、、、、)は

除湿も寒々しくていけない。

そういう理由で除湿はしてなかった。

よそのブログにも書いてあったけど

若い頃は冷房で16度(!)にしてたのに

30代になると26度除湿で充分に満足できる。ってのがあった。

私も室温を下げずに除湿だけで夏を越えられそう~。

若いということは無駄が多い。

冷房で20度以下はいけません。

私なんて冷房だと28度だぜ。

冷房ともいえないよなーーーー^^;

Img_0898

今日の仕事進行状態~^^。

光背が楽しみだなーー。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/880

コメントする