ホーム>工房日誌>アート・文化>ワンコが
アート・文化

ワンコが

お稽古の皆さんが、今日はワンコが荒れてるね。。という。

これが三日間毎日言われたのだ。

違う人に毎日言われるんだからやはり荒れてるんだわあ、、、

食欲もあまりない。

半分残して、後はショボショボと食べて1時間後になくなるという具合だ。

姪が昨日病院に連れて行った。

そしたら、40度も熱があるという~。

そりゃ大変じゃい。

犬の熱なんてわからないもんねー。

体が熱いとは思ったけど、この数日気温も高いので

くっつくと熱いんだと思っていた。

病気だったんだーーーー。

まだ検査途中なので何の病気かわからない。

けど婦人病じゃないかということだという。

犬にも婦人病があるんかい。。。。

ま、オスとメスがいるんじゃ婦人病もあるんでしょう。。。ネ。

こういう時に限って

明日から妹親子は旅行だわ。

後はよろしく。。。。ってなもんで

私がおんぶして通院しなければならないじゃん。。

熱があるものを歩かせるわけにもいかないしねえ・・・・・・・

姪たちは驚いたことに獣医をコロコロ替えるのだ。

私は一度かかった獣医には一生かかるというのが普通だと思ってたのだけど~。

今まで行ってた獣医さんは、

私は気に入ってる。

けど、

獣医さんがうちのワンコが好きじゃないようではある。

ネコと犬とを別々に連れていくと良く解る。

犬の時には「こういう犬は困るんだよなー」とややお怒り気味なのだ。

おびえて吼えて噛み付いてついでにウンコが出ちゃって、ついでにオシッコも出ちゃったりするのだ^^;

獣医さんじゃなくても嫌だけどね。。。

その点、ネコを連れて行くと

妙に頬ずりしてチューまでしてるので気に入ってるらしい。

ネコのほうはそういうことは嫌いなので

さもウルサイという顔をしてるんだけど^^

新しく行った先生は

相変わらずウンコをもらすワンコに^^

あ、でちゃったのね、、と言ってにっこりしたと言う。

それで姪としては合格点だったらしい。

が、

そこの獣医さんは、自分のペット類がものすごく多くて

フクロウ、カラス、トンビ、リス、サル、熱帯魚、ヘビ、亀

と盛り沢山に狭いところに飼ってるので

その匂いがものすごいらしい~。

ウーー、、、これも苦痛だなー。^^;

ハハ・・・・大汗・・・・

Img_0907

これは抜け殻ではありません。

抜ける前^^。

これから脱皮しようと土から出てきて木に登らんとしてるところのセミなんだけど

危ない道を横断してたので

捕まえて安心な桜の木の根元に下ろしてやったところ。

結構足が速いのと、足の力が強い。さすが土の中をかき分けて出てくるだけのことはある。

虫が間違って道を横断して交通事故になることは多い。

私はそういうのは出来る限り捕まえて草むらに投げてやることにしてる。

虫助け。

この前は大きなアゲハの幼虫が我が家に向かって

道を横断してきたのを見つけてしまった。

これは少し躊躇して助けなかったにもかかわらず、

無事に道を横断してしまった。

うちには木がない。

どこでさなぎになっただろう。。?

目指す方角の先は車しかなかったけど^^;

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/879

コメントする