ホーム>工房日誌>アート・文化>雷雨
アート・文化

雷雨

昨日の夕方から今日にかけて

ものすごい雷雨だ。

雨もひどいけど、雷がすごい。

昨日の晩は、雷がなったなーという時点で

電気がプツン。。。。

その後2時間あまり停電だった。

停電は久しぶりだ。

我が家だけがそうなのか、地域全体が停電なのか

当然知りたい。

雨の中外を見てみようと思ったけど、、

電動シャッターがあきゃしない。。

電動も手動で開ける事が出来ると言ってたのを思い出すんだけど

懐中電灯でパンフレットを探すのは停電時にやることではない^^;

とりあえず、手動のシャッターを開けて

近所全部が消えてるのを確かめてなぜかホッとする^^。

近所の家も台所辺りでチラホラと光が見えるのは

懐中電灯で色々探してるんだな?などと思って楽しい。

どれくらい停電が続くかで

ロウソクを出すかどうか考えてしまう。

これから二日間停電ですよ。とか、2時間ですよ、、とか

10分だよ。。とかわかれば問題ないが。

キャンドルが沢山あるからと妹が非常用具に寄付してくれたんだけど

非常時はやはりロウソクよね。

同じようなものだけど、キャンドルはおしゃれな赤やオレンジのもので

太くて寸足らず、だったり、変わった姿をしてるもので

ロウソクは亀山ロウソクだわさ。

仏さんの前にお線香をあげる時に使うものだ。

停電の時はこれで充分。

確か、一本あったような気がする。もっと買っておかないと^^;

ロウソクがあっても蜀台がないのに気がついた。

そこらの新聞紙の上かなんかでつけちゃって

停電なのに我が家だけ火事ってんじゃいけないや。。。。。

そんなわけで、最近買い込んだ

足元灯になっていて、それが充電されていて、非常時には懐中電灯にもなるし

うっすらとそこらを明るくする程度のが10時間ほど持つ。。。というのを

早速利用してみることにした。

中々便利な上に天井にキャバレーみたいな光のキラキラが映ってよい。

昨日の場合は選挙速報の時間ではあったけど

テレビもエアコンもダメということで

何もやることがなくなった。

暑いので真っ暗な中ガラス戸を開けてみると雨は入るのだけど

涼しい。昼間みたいに雷が明るくて中々面白い。

電車も止まったのか、人っこ一人通らない。

よその人は何をしてるんだろう~と思いながら

外を見てたら

斜め前のギタリストの小川さんちでは

小川さんがギターを弾いてるらしきが聞こえる。

やはり停電には楽器よね。。

それも見えなくても弾けるくらいに巧いのがいい。

小川さんちでは暑いと玄関を開けっ放しにしてくれるお陰で

我が家にも無料でスペインっぽいギターが聞こえてくるのだ。

小川さんがエアコンを買わないように祈りたい^^

宴会をしてもすぐに演奏会になるので楽しそうだ。

笛だとか、ピアノだとか、歌だとかが聞こえる。

すばらし^^

災害時の予行演習として、昨日の停電はよかった。

トイレがすぐに使えなくなるのがわかった。

水を流すボタンが電気だもんねーーー。

我が家は庭がないのだけど

東側に人一人通るくらいの土地があるので

イザという時はそこに穴を掘ってトイレにしよう。。と確信した。

が、1時間くらいの停電で穴を掘るのはおかしい。

どれくらいで穴を掘るかの判断が難しいことにも気付いた。

少しっくらいの停電で簡易トイレを掘って尻出してる自分は変じゃん。。

トイレは原始的に限りますよ。

大体が、

オール電化にした我が家で一番困るのは停電で

停電になったらどうしたら良いか?と質問すると

それらの会社の人は、停電にはなりませんよ。などとバカな答えをするのだ。

3ヶ月足らずででもう2時間の停電じゃんけ。

何を根拠に停電にならないと言えるのか。

生徒さんの中の豪邸住まいの方が

いつだかの東京の停電で自分の家だけ数日間水も出なくなったとぼやいていた。

電気で動く貯水槽になってるらしい。

やはりこういうものは原始的が良い^^。

カンズメを買うぞ。。っと。

カンきりも買えよってか。

んだ。

ロウソクにはライターと蜀台。ウン。

懐中電灯には電池。。そそ。。。

Img_0914_1

天災とは関係なしに、自発的に火事が起きそうなネコとその環境。

配線はどうにかならんか^^;

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/878

コメントする