ホーム>工房日誌>2007年7月

2007年7月

雷雨

昨日の夕方から今日にかけて

ものすごい雷雨だ。

雨もひどいけど、雷がすごい。

昨日の晩は、雷がなったなーという時点で

電気がプツン。。。。

その後2時間あまり停電だった。

停電は久しぶりだ。

我が家だけがそうなのか、地域全体が停電なのか

当然知りたい。

雨の中外を見てみようと思ったけど、、

電動シャッターがあきゃしない。。

電動も手動で開ける事が出来ると言ってたのを思い出すんだけど

懐中電灯でパンフレットを探すのは停電時にやることではない^^;

とりあえず、手動のシャッターを開けて

近所全部が消えてるのを確かめてなぜかホッとする^^。

近所の家も台所辺りでチラホラと光が見えるのは

懐中電灯で色々探してるんだな?などと思って楽しい。

どれくらい停電が続くかで

ロウソクを出すかどうか考えてしまう。

これから二日間停電ですよ。とか、2時間ですよ、、とか

10分だよ。。とかわかれば問題ないが。

キャンドルが沢山あるからと妹が非常用具に寄付してくれたんだけど

非常時はやはりロウソクよね。

同じようなものだけど、キャンドルはおしゃれな赤やオレンジのもので

太くて寸足らず、だったり、変わった姿をしてるもので

ロウソクは亀山ロウソクだわさ。

仏さんの前にお線香をあげる時に使うものだ。

停電の時はこれで充分。

確か、一本あったような気がする。もっと買っておかないと^^;

ロウソクがあっても蜀台がないのに気がついた。

そこらの新聞紙の上かなんかでつけちゃって

停電なのに我が家だけ火事ってんじゃいけないや。。。。。

そんなわけで、最近買い込んだ

足元灯になっていて、それが充電されていて、非常時には懐中電灯にもなるし

うっすらとそこらを明るくする程度のが10時間ほど持つ。。。というのを

早速利用してみることにした。

中々便利な上に天井にキャバレーみたいな光のキラキラが映ってよい。

昨日の場合は選挙速報の時間ではあったけど

テレビもエアコンもダメということで

何もやることがなくなった。

暑いので真っ暗な中ガラス戸を開けてみると雨は入るのだけど

涼しい。昼間みたいに雷が明るくて中々面白い。

電車も止まったのか、人っこ一人通らない。

よその人は何をしてるんだろう~と思いながら

外を見てたら

斜め前のギタリストの小川さんちでは

小川さんがギターを弾いてるらしきが聞こえる。

やはり停電には楽器よね。。

それも見えなくても弾けるくらいに巧いのがいい。

小川さんちでは暑いと玄関を開けっ放しにしてくれるお陰で

我が家にも無料でスペインっぽいギターが聞こえてくるのだ。

小川さんがエアコンを買わないように祈りたい^^

宴会をしてもすぐに演奏会になるので楽しそうだ。

笛だとか、ピアノだとか、歌だとかが聞こえる。

すばらし^^

災害時の予行演習として、昨日の停電はよかった。

トイレがすぐに使えなくなるのがわかった。

水を流すボタンが電気だもんねーーー。

我が家は庭がないのだけど

東側に人一人通るくらいの土地があるので

イザという時はそこに穴を掘ってトイレにしよう。。と確信した。

が、1時間くらいの停電で穴を掘るのはおかしい。

どれくらいで穴を掘るかの判断が難しいことにも気付いた。

少しっくらいの停電で簡易トイレを掘って尻出してる自分は変じゃん。。

トイレは原始的に限りますよ。

大体が、

オール電化にした我が家で一番困るのは停電で

停電になったらどうしたら良いか?と質問すると

それらの会社の人は、停電にはなりませんよ。などとバカな答えをするのだ。

3ヶ月足らずででもう2時間の停電じゃんけ。

何を根拠に停電にならないと言えるのか。

生徒さんの中の豪邸住まいの方が

いつだかの東京の停電で自分の家だけ数日間水も出なくなったとぼやいていた。

電気で動く貯水槽になってるらしい。

やはりこういうものは原始的が良い^^。

カンズメを買うぞ。。っと。

カンきりも買えよってか。

んだ。

ロウソクにはライターと蜀台。ウン。

懐中電灯には電池。。そそ。。。

Img_0914_1

天災とは関係なしに、自発的に火事が起きそうなネコとその環境。

配線はどうにかならんか^^;

 

ワンコが

お稽古の皆さんが、今日はワンコが荒れてるね。。という。

これが三日間毎日言われたのだ。

違う人に毎日言われるんだからやはり荒れてるんだわあ、、、

食欲もあまりない。

半分残して、後はショボショボと食べて1時間後になくなるという具合だ。

姪が昨日病院に連れて行った。

そしたら、40度も熱があるという~。

そりゃ大変じゃい。

犬の熱なんてわからないもんねー。

体が熱いとは思ったけど、この数日気温も高いので

くっつくと熱いんだと思っていた。

病気だったんだーーーー。

まだ検査途中なので何の病気かわからない。

けど婦人病じゃないかということだという。

犬にも婦人病があるんかい。。。。

ま、オスとメスがいるんじゃ婦人病もあるんでしょう。。。ネ。

こういう時に限って

明日から妹親子は旅行だわ。

後はよろしく。。。。ってなもんで

私がおんぶして通院しなければならないじゃん。。

熱があるものを歩かせるわけにもいかないしねえ・・・・・・・

姪たちは驚いたことに獣医をコロコロ替えるのだ。

私は一度かかった獣医には一生かかるというのが普通だと思ってたのだけど~。

今まで行ってた獣医さんは、

私は気に入ってる。

けど、

獣医さんがうちのワンコが好きじゃないようではある。

ネコと犬とを別々に連れていくと良く解る。

犬の時には「こういう犬は困るんだよなー」とややお怒り気味なのだ。

おびえて吼えて噛み付いてついでにウンコが出ちゃって、ついでにオシッコも出ちゃったりするのだ^^;

獣医さんじゃなくても嫌だけどね。。。

その点、ネコを連れて行くと

妙に頬ずりしてチューまでしてるので気に入ってるらしい。

ネコのほうはそういうことは嫌いなので

さもウルサイという顔をしてるんだけど^^

新しく行った先生は

相変わらずウンコをもらすワンコに^^

あ、でちゃったのね、、と言ってにっこりしたと言う。

それで姪としては合格点だったらしい。

が、

そこの獣医さんは、自分のペット類がものすごく多くて

フクロウ、カラス、トンビ、リス、サル、熱帯魚、ヘビ、亀

と盛り沢山に狭いところに飼ってるので

その匂いがものすごいらしい~。

ウーー、、、これも苦痛だなー。^^;

ハハ・・・・大汗・・・・

Img_0907

これは抜け殻ではありません。

抜ける前^^。

これから脱皮しようと土から出てきて木に登らんとしてるところのセミなんだけど

危ない道を横断してたので

捕まえて安心な桜の木の根元に下ろしてやったところ。

結構足が速いのと、足の力が強い。さすが土の中をかき分けて出てくるだけのことはある。

虫が間違って道を横断して交通事故になることは多い。

私はそういうのは出来る限り捕まえて草むらに投げてやることにしてる。

虫助け。

この前は大きなアゲハの幼虫が我が家に向かって

道を横断してきたのを見つけてしまった。

これは少し躊躇して助けなかったにもかかわらず、

無事に道を横断してしまった。

うちには木がない。

どこでさなぎになっただろう。。?

目指す方角の先は車しかなかったけど^^;

 

梅雨は

あがったかな?と思わせる天気だけど

さかのぼって梅雨明け宣言するつもりかな???^^;

一昨日、鍼に行った。

鍼をするよりももう少し悪いところにはお灸をしてくれる。

右肩と右胸の辺りが痛いのでその辺にいくつかしてくれた。

今時のお灸は昔と違って

もぐさを肌に直に置くことはなく、

千年灸というのか、台座があってその上にもぐさがくっついてるものだ。

それを火をつけてから肌にペッタンと貼ってくれる。

多分消えるまでに1分とか2分とかだと思うのだけど

ピークの熱さはやはり熱い^^。

最初、耐えられなくなったので熱い!と騒いで途中で取ってもらった。

が、これじゃあいけないと思って

次の時は消えるまで我慢してみた。

ほんの一瞬だけど、もだえるほど熱くてグオ~っと言いたくなる。

幾つか乗せられてるので、どれが耐えられないほど熱いのかが

案外良くわからないのだ。

神経なんて繊細なような鈍感なような、、、

足の指を触られてどの指を触られたのか解らないのと同じだ。

右側のほうが熱いような気がしたので

ギブアップする寸前に、どれだ?ということを確かめる為に

鎌首を持ち上げてみたのだった。

そしたら、首近くにもしてあって

それを首ではさんでしまったのだった~~~!!

はさんじゃった方は、直の火だからたまらん。。。。

あち~のなんのって。。。。。

というわけで、首にちこっと火傷ができた。

昨日は茶色っぽく痕があったけど

今日は回りが赤くなっていかにも火傷だ。

あちかったなーーーーー。

先週あたり雨が多かったので

毎日湿度が80%を超えてる海の中状態が続いた。

それでも特別どうって変化もないので、そのままの状態にしてたけど

昨日、

たたき台の所の下に敷いてあるゴザ(畳のような薄いもの)の上に

びしーーっとアオカビが生えてるのを発見してしまった。

畳がなくなって久しいんだけど

おお、隅の方はこうやって青いカビが生えたもんだなーーと

妙に懐かしい気分になったけど、

それでもカビだから喜んでる場合じゃない。

雑巾を持ってきて拭いたのだった。

懐かしいアオカビの匂い。。。^^

吸うと良くないと思うけど、変に懐かしい。

昔、お餅などもアオカビが生えて、

それをガリガリと削って食べたりしたものだ。

アオカビはペニシリンだから食べても問題ない。などと教えられた。

本当のところはどうだろう。

それでもカビであるわけだから吸わない方が良いだろう。

これは除湿しなければいけない。と思い立ち

急に除湿を熱心に始めたのだった。

ま、遅いんだけどね^^。もう夏だわ。

湿度も下がり始めている。

もっと高い時にしておけば良かった。

気温が低くて湿度が高い、俗にいう蒸し寒い時(俗にも言わない、、、、)は

除湿も寒々しくていけない。

そういう理由で除湿はしてなかった。

よそのブログにも書いてあったけど

若い頃は冷房で16度(!)にしてたのに

30代になると26度除湿で充分に満足できる。ってのがあった。

私も室温を下げずに除湿だけで夏を越えられそう~。

若いということは無駄が多い。

冷房で20度以下はいけません。

私なんて冷房だと28度だぜ。

冷房ともいえないよなーーーー^^;

Img_0898

今日の仕事進行状態~^^。

光背が楽しみだなーー。

郵便局

今頃になって、銀行や郵便局にある母の預金などを

処理しに行ってきた。

というのも、司法書士の人に頼んでた分が

やっと出来てきたからだ。

とにかくもうそろそろすっきりと終らせたいという気持ちもあって

妹と揃って行って来たのだけど、

郵便局の手続きの面倒くささとのろさはピカ一だ。

月曜ということもあって、混んでいるのだけど

私と妹の休みのスケジュールがあわないので、しょうがない。

なんとか局員を独り占めしてやってもらったけど

なんと4時間もかかった。

腰は痛くなっちゃうわ、、お腹はすくわ。。。。。

何枚も同じような書類に名前名前を書かされて、

もっとどうにかならないのかーーーーという具合。

枚数が多いので局員の人だって間違うのだ。

結局早くから準備をしてあれとこれとこれを持ってきてくださいね。という

書類にあわせて持っていったのに、

あちらの手違いで死亡証明書ってのを忘れてたのだった。

あわてて区役所に取りに行ったら、もう亡くなってから時間が過ぎてるので

区役所にはありません。だって。。

他のもろもろの謄本などをもって横浜の法務省へ行ってくれ。ということだった。

がっかりするなーー。

一発で終るとは思えなかったけど

もうちっと、どうにかしてくれい~っ!

昔は死んでからすぐに貯金を下ろすと良いなんて言われてて

父が亡くなった頃はそうやったんだけど、

今はそれも効きません。

こっそりと下ろそうとしたら、

委任状が要るという。

病気で書けないと言ったら、じゃあ、病院に電話して聞くので病院の電話番号を

教えてくれといった。

ほお~~~~。

こりゃダメだわ、、ということで大人しく帰ってきたので

大口はともかく

細かいお金を銀行に預けておくのは損ということが良く解った。

どれくらいの額なら捨てるか。。。ということになるんだけど

1万円くらいまでなら手続きの方が面倒なのでそのまま放棄してしまっても

よいかもしれない。

けど、10万円だとどうだろう。。

ちょっと欲を出して手続きしてしまう~。

けど、生まれた時からの謄本がいるのだ^^;

本籍を生まれた時までさかのぼるってのが簡単なことか?

簡単じゃない人も多いかと思う。

めんどくせーーーー。

とにかく、金融機関にかかる時間ってのはとてつもなくもったいないものだ。

もっとどうにかならないもんかな~~・・・・・

Img_0886

いつも何事もないように気持ちよさそうに寝ているリュウノスケ。

ずっと14歳だと思ってたけど

14歳と言ってる時間がちと長いかな?とは思う。

そしたら妹が言うには、もうすぐ16歳になるんだと。。。。

更にお大事にしないといけない。

最近少しボケてきたのか、とぼけてきたのか解らないけど

妙に面白おかしいことをやってくれる。

長老者の貫禄と図々しさも入ってて苦笑いできる^^;

長生きしてね。。。。。

晴れた^^

久々に晴れた~。

タマにはすっきりしてくれないとね。。

仏像を彫っていたら、なんと久々に木の割れを見つけたのだった。

がっくし。。

途中だったけど、廃棄処分にすることにして

新しいのを彫り始めた。

Img_0884_1

ありゃ、双子^^。

もったいないので、割れてる方で母の仏像を作ることにした。

物を無駄にしない性格~~。

膝の辺にちょこっと割れが入ってるだけなので家のものを作るには全然問題なし。

ここまでは同じ形だけど

これからはそれぞれ違う形になっていくので

どんな風に変わるか楽しみだい。

 

自分で手作りしたものが一番ご利益があると信じてるので

父の亡くなった時にも仏像を作った。

家の分とロッカー式のお墓の分と二つ作った。勿論デザインは違う。

今回も作りたかったけど時間がない。

そこでこんなのを買ってみた。

Img_0890_1

小さな傘地蔵かな。

母はこういうのを喜ばないタイプなのであまりおもきを置いてなかったのだけど

飾ってみると案外可愛いのだ。

無邪気に笑ってる顔に癒される。

こういうことで癒される年頃になったんやなーーー(シミジミ。。。)

そこでこれを六地蔵にすることにして

後、5個注文した^^;

けど、膝が割れた仏像も作ることになったので

賑やかになってしまう~。

ま、いいっかな。。

うちの場合、無宗教なので戒名もない。

しかし何かしらしるしになるものも欲しいので

私が俗名と没した日を彫ることにしている。

Img_0887

これが結構人気がある。

自分にも彫ってくれ。。と数人から言われるのだけど、

私の方が長生きしないといけなくなるので、全部は無理ね。^^;

生きてるうちに彫って差し上げることもしにくいし。。。。

というわけで、仏壇も自分の好きなようにしよう~。

ということでした。

形にとらわれすぎるのは良くない。と思うんだけどーー。

ちなみに今作り中の仏像は、

髪の毛の辺りが、美川憲一に似てるのでヤバイ状態だ。

 

はやくこの状態から脱しないと。。。。(大汗)

生徒さん作品、あざらし2

しけしけとした鬱陶しい日々が続く。

案外こんなのが梅雨らしいのかもしれない。

スイカをやたら売ってるけど

気候的にというか、気温的にというか、

気分じゃないな~~。とそっけなく見てしまう。

この間の新聞の投書に

スイカをいつも旬の時にしか買わないけど

それを待てなかったご主人がスイカ一個を買ってきてしまった。

そしたら偶然にも娘さんも待てなくて切ってあるスイカを買ってきてしまった。。という

話がでていた。

私もものは旬にしか買わない。

そのほうが美味しいし安い。

ハシリのものに飛びつくと、どうも季節感が怪しくなっていけない。

でも最近のスイカは今が旬みたいな並びようだ。

本当の旬の頃には無くなるのかも?などと思ったりしてしまって

とうとう買ってしまった^^;

食べてみて、やはりスイカだーーと思ったけど

やはり暑いほうが美味しい。

冷えちゃったよん。。。。。。。

0171

アザラシ専門家^^の生徒さん作品です。

これは何というかーーーーー、木には見えません^^。

アハハ、、、、そういう意味ではよくないのかもしれないけど

アザラシ専門家としては、上出来、大満足だと思う。

私自身はヒゲを植えたり、髪の毛をつけたりするってことを

あまり考えないのだけど、

皆さんは色々な工夫をする。

ヒゲがつくと笑えるんじゃないか、、と思ってたけど

実際についてみると、これが良いのだ。

それも微妙に似合う似合わないがあって、

黒と透明とを巧いこと混ぜて、植えてあるんす。

ヒゲばかり褒めてもいけない。

全体は、エビフライ状態、シャチホコ型というか、

これは大変難しいポーズなのだった。

ついでに塗りもしたので苦労は二倍。

彩色も本物に近く、とてもリアルだ。

目なんてウルウルのキラキラ。義眼ではない。

木だけでもここまでいける?という、寒い所で口元も氷のかけらがキラキラしてるような

状態にも迫っている~。^^

すばらしーー。

でもアザラシの赤ちゃんって

そのもの自体が、縫いぐるみみたいな存在なので

リアルに作っても

なんとなく縫いぐるみに近くなってしまって、

キャー可愛い~~で済んでしまいそう。

もったいない。

本当に良く出来てるんです。。。。

すばらし。。

 

天災

毎度のように天災ばかりはどうしようもないけど

台風に間髪を入れずに地震だなんて。。。。

ここのところの災害は

異常なことが多いので不安だ。

台風一過はカラリとした晴天になるのが普通だけど

これまた最近はそうはいかない。

今日も曇天になってしまった。

濡れた物を全部干すのが台風一過の景色だったけど

乾かないすよー。

最近の人は、台風だろうがなんだろうが、

はだしにサンダルで歩いている。

誰もレインコートだとか、長靴なんていない。

出先で足が冷えて寒くないんだろうか、、、と思ってしまう。

おしゃれは我慢が大切か^^

濡れたものを着たままでいることは結構気持ち悪いもんだけど。。。

昨日は悪天候の中、母の納骨であった。

お寺は駅のすぐ近くだけど、

お寺と駅の間に川がある。

その川は台風になると氾濫するのだ。

去年は氾濫してたので、今年もするんじゃないかと思っている。

一応、大きな台風ということで、氾濫したらどうしたら良いか、、などと考えていたけど

案外水は収まって、氾濫には至らなかった。

めでたし。

とにかく、なんとなく区切りがついたような気持ちがして

ホッとした。

なんというか、、、、

母の死後、具合が悪いというのか、空白があるというのか、

楽しくないというのか、誰にも会いたくないというのか、

色々な気持ちの混ざったもので、

なにやら、面倒くさいという気分になっていて

外を歩いていてもなるべく人の顔を見ないようにしてたのだった。

ゴミだしなども人がいない時間を見て、出しにいったりして、

誰かいたらまた家に戻って一時してから出て行くということをやったりした。

何をやるのも億劫で、

食べるのも面倒だし、起きるのも面倒だしという

一種の鬱状態か、空虚感みたいな状態だったかもしれない。

それが、納骨というか仏教的にいうと49日くらいから

なんとなく元気がでてきたような気がする。

母が背中にとっついてたのかもしれん。

これからは段々普通のペースになって盛り返すかもしれない。

盛り返した暁には、世間のお役に立つようなこともしないといけない。。などと

殊勝なことも考えたのであった。

ウーーーン。

そうそう、こんな気分のところに

仏像の仕事の注文がきたので、

気分的には良い仕事が出来そうだったので

タイミング良いことがラッキーであった。

よい仏像が出来る予感。。というか予定^^っていうか。

ずっと長いことやっていた雛人形の箱が出来上がって

箱書きをして注文主の方へ送ったのだけど

早々に緋毛氈を買ってきて写真を撮って送ってくれたのだった。

巧いこと設計してあって

一個のミカン箱くらいの大きさの箱に

二個細長い箱が入るようになってるのだけど、

それらを出して積み重ねると段飾りの土台になるという具合なのだ。

その上に毛氈を敷くとばっちりと段飾りになるという寸法だ。

P1040328

あはは、可愛い。

苦労の痕が微塵も見られんお雛どんだ。

楽観的に可愛い系だ。が、それに似合わず高価だ^^;(苦笑)

いやはやはや、家宝だわね。

ま、全部木で出来てるってところが、ミソかな。

ここまでやってくれる親を持ってること自体、

幸せなお子ちゃまだと言える。

良い将来が開けますようにーという気持ちになる。

ぽこっと明るい気分になった写真なのだった。

 

最中

さいちゅうではなくて、モナカだ。

私はあまり和菓子が好きなほうではないけど

特にモナカなどは好まない。

世間一般もそうではないかと思う。

けど、昔一度食べた足利最中と記憶していたそれはもう一度お目にかかりたいというものだった。

味、姿、入れ方、などなどが満足がいくものだったからだ。

この間、新聞に松任谷正隆氏の書いた

食べ物のお取り寄せについての文章が載っていた。

その時に綺麗な菊の花の形をした最中を持っていたのだった。

ふと美味しそうに見えたので

突然に足利最中を思い出したのだった。

最中というものは、あまり美味しいものではないので

一々難癖をつけてしまう。

まずは、アンコが美味しくないといけない。

少なくてもいけないけど、やたらあふれんばかりみたいのもゲンナリだ。

甘すぎてキーーンとなるのも嫌だ。

自分でアンコを入れて食べるのなんかは、手巻き寿司と同じくらい嫌だ。

最中の皮になるともっと文句たれになる。

あんなもの美味くないもんねーーー。

私の場合、カシャっとくる感じがいやで、

アンコが入ってない部分があると皮だけが口に入るってのも気持ちわりい。

虎屋の最中には白やらピンクもあるけど、これもいけない。

あの黄土色みたいな色が一番美味しそうに見える。

あまり薄いのも寂しいし、厚いと口いっぱいになっていけない。

などなどとブツブツ思いながら食べるわけなんだけど

足利最中はそれをすばらしくクリアしてる。(と記憶してる。)

そんなわけで、松任谷氏の文章を読んで、

そうだ調べてみればいいじゃん。。。とやっとこ気がついた次第だ。

調べてみると足利最中って名前ではなくて古印最中という本名だった。

栃木県の足利学校の近辺で出来てるのだ。

足利学校は小学校でも習ったもので、皆一応名前は知っている。

そこの古い印鑑などを似せて最中に仕立ててるそうだ。

こういうところも中々品があってよい。

何より感激するのは、

箱の中にぎっしりと最中が詰まっているのだ。

境目や上げ底やパッキンなんてのは皆無なんだ。

なぜか隙間がないように正方形やら長方形やらのそれが入り組んではめ込んである。

好きな形のから食べれば良いのだろう。味は同じだけど^^

厚さも私は好きだ。

結構厚いと思う。

はみ出てない仕事も綺麗だし、空洞なんてないっすよ。

Img_0870

そんなわけでお取り寄せをしてみた最中^^~。

うめそーーーー。

というか、来た早々に開けて食っちまった。

うめーーーー、久しぶり~~25年ぶり~~~~。

なんでこんな美味しいものが有名じゃないのか。。という文章がどこかにあったけど

そこがいいねーー。

素朴、上品すぎない味、小豆が美味しい~。ついでに安い~~。

ばんざ~~い!

梅雨の憂さを吹き飛ばすアンコ物だーーい。

香雲堂

http://www.ashikaga-kankou.jp/member/kounhon/kounhon.htm

カンの悪い女

世の中にはカンの悪い女ってのがいるもんで

母の葬式の時に40年ぶりにあったいとこが

それなのだ。

当時もカンが悪くてムシャクシャしたものだけど

40年経っても全然変わってないのだ。

我が家で喪服に着替えて出かけたのだけど

その喪服が襟元に花のレースがついていて母の持ってるのと似てるなと

思ってみたのだった。

田舎に帰ってから、電話でどうも自分の喪服ではないものを

持ってきてしまったという。

やっぱり母のだったんだ。。。と思ってクローゼットを見てみると

全然似てない花のレースが少しだけついた喪服が残ってた。

しかも花はくたびれて皆半分に折れているのだった。

どこをどうやって間違うねん。。。

全然ちゃうじゃんけ。。

ま、母が死んじゃったので誰も着る人がいないから

そのまま着てもらっても良いと思ってそう言ったら

サイズが違ってて着れないという~。

ならどうして葬式の時に解らなかったのかよーーー

今回、香典返しを送った際にしおれた花のレースの喪服も一緒に

入れて送ったのだった。

そうしたら、あろうことか

スリーピースだという~~~。一枚足りないというのだ。

うそこけ~~~~~!

この季節にスリーピースを着るかいやァ。

ワンピースと上着だろが。。。。。

ハンガーにかけた覚えがあるという妹は二枚だったと言い張る。

まったくもーーーーーーー

三つ子の魂百までも。。

だよね。

まったく変わっとらん。

祖父の言ってた言葉に(祖父作ではない)

「カンの悪さや屁の臭さ。。」ってのがあった。

カンの悪いヤツを見るとすぐにその言葉を思い出す。

口に出しては言えないけど

誰が言ったか、言い得てそう。

 

まったく、臭いに違いないや。。。。プンプン。

Img_0850_1

●●

気分を変えてすっきりと爽やかそうな近所の川の中。カンの良さそうなアオサギ^^。

 

 

悪戦苦闘

PCで悪戦苦闘の日々を過ごした^^

楽しいもんだーーー(ウソ)

驚いたことに、ウイルスではないのだけど

HPの内容がヒッチャカメッチャカだった。

それぞれのPCでHPを見てみると

内容が結構違うのだ。。

他の人から聞くと更に違うこともあるらしい。

一体どうなってるんだろうーーー。

機械はこれだから怖い^^

解りやすいカウンターを例にあげてみると

最初カウンターが表示されなくなった。

あわてて無料カウンターを入れてみた。

そしたら、自分が選んだのと違うのが載っている。

違う時には自分が選んだのが載っている。

今はというと、大分遅れを取ってるけど

以前のカウンターが表示されている。

15万の境目だったので、一昨日あたりに15万を突破したのに

元のカウンターが戻ってきたので14万台に逆戻りをしている。

私がHPのアドレスを変えてから半年たつらしくて

最初のページにアドレス引っ越しました。の表示がなくなった。

昔のアドレス↓

 
 
 
 
今のは↓
 
 
これです。
 
 
今頃何を言ってる。。。。という感じなんだけど
 
 
私は昨日まで前のアドレスで自分のHPを見ていた^^;
 
 
 
お陰で古ーい懐かしいページなどが出てきていて仰天したのだった。
 
 
前に生徒さんが
 
 
仮住まいの地図が出ている。と話していたんだけど
 
 
なるほど、この古いアドレスで見るとそういうのが表示してある。
 
 
なつかしや。。。
 
 
 
色々苦心して
 
あっちで立ち止まり、こっちで躓いて
 
なんとか新しいPCでホームページだけは使えるようになった。
 
 
これらを専門の人にやってもらうと22000円だと書いてある。
 
途中何回お願いしようかと思ったことか。。。^^
 
 
が、自分でやってみよう。。と毎朝思うのだった。
 
というのも
 
以前には人にやってもらってるから
 
今のように解らないわけなのだ。
 
自分でやってれば、なんとなく解るんだもんね。
 
 
どこかで自力でやらないとしょうがないのだ。
 
 
というわけで、
 
自分でやってみたのさ。。。(フフ~~ン)
 
 
一日一個くらいは、ああこういう風になってたのかあ、、、と感心して
 
今までの疑問が晴れる部分がある。
 
こうやって少しは賢くなっていくのだった。(?)
 
 
まだまだ全部終ったわけではないのだけど
 
幾分気が晴れた。
 
 
Img_0852
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梅雨に晴れ間に近所に咲いてたバナナの花。
 
長雨には耐え切れないでこのまま腐ってしまう。
 
せっかくついたバナナたちも一緒に腐るのであった~~。もったいなーー。