ホーム>工房日誌>2007年6月

2007年6月

最近

PCが調子悪い。

途中で突然切れる。

そして自力で勝手に立ち上がる^^;

偉いというのか、なんというのか。。。。。。。

久しぶりにバックアップをしてないのが気になるようになった。

最近のPCは故障しないもんなーーー。

私の場合ホームページさえ残ってくれれば贅沢は言わないのだけど

このホームページも膨大になってきて

バックアップもお時間がかかりそう。

定期的にやるのは面倒くさい。

なにか良い方法はないかしらん。。。。

この間犬の散歩で山の方へ夕焼けを見にいった。

すでに少し高いところでも夕焼けの時間には遅く

暗い森へ突っ込んでしまったのだった。

そしたらなにやら動くものがあった。

リスとかの動きとは違う。

何だろう、、、と思ってじっと目を凝らしてみたら

なんとなくカエルのようだった。

大きさからいってヒキガエルのように見えた。

帰りがけにもまた同じ辺りでごそごそと動くやつがいるので

今度は小さなキーホルダーの懐中電灯でみたら

やっぱり中くらいのヒキガエルであった。

あちらもおったまげたか、木に登らんとして足を持ち上げたところであった。

(カエルは木に登るのだろうか)

今日お稽古の生徒さんが

鎌倉の八幡宮の裏手にお住まいなんだけど、

池に必ずヒキガエルが来て、棒状の卵を沢山産んでいくのだという。

それが全部孵ってある時一斉にカエルになっていなくなるんだということだった。

へえ~~と思って聞いた。

一面の卵も気持ち悪いけど

一面のおたまじゃくしも気持ち悪いだろうな~。

皆が一斉に足が生えてくるのも気持ち悪いし、

一斉にいなくなるのは気持ち悪くはないけど、面白いものだなあー。

どうやら山へ帰るらしいということだった。

とすると山(違う山だけど)でカエルに逢ってもおかしくはないわけだ。

カエルは水がないといけないのかと思っていた。

昔 我が家にも池があって

そこには毎年大きなヒキガエルがお風呂に入ってるみたいに

角のほうで顔を出して浮かんでいたけど

そのカエルは冬は我が家の裏のところに穴を掘って冬眠していた。

たまに父が石などを持ち上げるとそのカエルが冬眠中で、仰天してたことが何回かあったものだ。

私は最近カエルを見てない。

うちの近くの川も1キロくらい上に行くと

ブー。ブー。とウシガエルが鳴いてるのが聞こえる。

ウシガエルは元々食用に養殖したものだそうで

自然からは少し離れているように思う。

昔聞いたような、ケロケロとかゲコゲコとかなく普通の殿様ガエルなどは

見たことがない。

やはりこの時期はカエルでしょう。。。。。。。。

Img_0751

 

やたらちっこいアジサイ。とても可愛い。

株全体が30cmくらい。当然花は4cmくらいかなーー。

これなら広いお庭じゃなくても植えられるー。アジサイは結構場所取るのよね。

あけび

あけびの籠を買った。

Img_0768

昔っから欲しかったけどかなり高い値段なので

籠のくせに中々簡単に買えるようなものではなく

毎年見ながら、そのうちに買おう~ということになってしまっていた。

今回、持ちやすそうなサイズと

簡単な作り、、、あまりにキッチリと綺麗に出来てると

自分と似合わないということで^^。

これにしたのだった。

アケビはどうしてこんなに高いんだろう。

聞くともっと高いものがあって山ブドウだという。

山ブドウが入ると5万円くらいしていた。

見た感じ特別欲しいという感じではなかった。

山葡萄は山へ行ってその木の皮をはいでしまうので

その木はもう枯れてしまうのだそうだ。

これは自分の主義に反する。

その点アケビは伸び放題。

いくらでも伸びるし、枝を切るわけだから問題はない。

なら何故高いんだ。。。。?

アケビってわりと好きだ。

http://shinrin.cool.ne.jp/sub314.html

葉も可愛いし、花も独特な形状だし、色合いもなかなか。

実だってかなり変わった形だ。

私はアケビを食べたことがない。

最近八百屋さんにも出るようになったね。

しかし、紫が綺麗過ぎる。

アケビの実とイチジクとザクロは

八百屋さんで売ってるのを見ると元気がでない。

家でなってたイチジクはもっと小さかったし、あんな毒々しい赤ではなかった。

どちらかというと淡い黄緑に先端のほうがやや臙脂みたいな色になっていたけど

八百屋さんのは全部が茶色みたいな臙脂だなあ~。そして妙にでかい。

ザクロも同じで、

木になってるザクロは花も実もガクも絵になる素敵な植物なんだけど

売ってるものといえば、巨大でやはり濃い色合いの気味の悪いものだ。

アケビの籠は

ジーパンにも大島紬などにもピッタリだと思う。

鎌倉あたりでは本当のおしゃれな人、、

ゲテゲテと飾らず、地味風に見えるけど良いものを着てるような人が

ちょっと買い物に、、、、というような時に持って歩いていると素敵なんだ。

紬に籠というのもこの季節にはピッタリで

こちらは着馴れてないといけない。

傍らにアジサイが咲いていて、爽やかな紬にアケビの籠を持って

楚々と歩く。。。

いいね~~~~^^。

ネコ

去年町内会の役員だった時に

近くの公園でネコにえさをやってる人につかまって

野良猫の権利について長いこと話を聞かされた。

ごもっとものこともあるので

一応納得して役員会でも野良猫の主張について代弁をしたのだった。

そしたら

えさをやられた近所の人たちが

野良猫の糞についての意見を言っていた。

なるほど、そちらも聞けば納得、ごもっとも。。

などとあっちにフラフラこっちにフラフラとしてたのだけど

最近、我が家の裏側がネコの糞だらけなのだ。。

こうなると野良猫にえさをやる奴はーーーーー、というように

急遽態度が簡単に変わる私であった。

ネコも好き。。。と思ってたけど

犬みたいにふっといウンチをするネコなんて嫌いじゃけん。

それも人の顔をみいみい、平気でしていく。

花壇にも当然していって

うちの玄関はハエだらけなのだ。

くっそ~~~~!

以前にネコヨラズを撒いたけど

これは案外臭いもので、

これに耐えられるか、、と思うような匂いなのに

当のネコは全然気にしないでウンチを続けてしていくのであった。

それならば、撒かない方がよいわけで。。。。

というわけで、自分のものも沢山になると臭いであろう。。という

極簡単な考えで

結局なにも取らないで放ってあるのだ。

ネコの糞はすごい。一ヶ月以上経過しても雨風に吹かれて目減りするってことがない。

どうなってるんじゃーー。

風化してくれ~。

雨が降ると還元されて元の状態じゃん。

これはおかしい。

こんなわけで、どんどん増えていくネコの糞。

裏のうちから苦情がきてもおかしくないはずだ。

ウーーーーー、どうしたもんだべや。

野良猫にえさをやるな~~!

やるなら糞の世話もしてけ~~。

ったくもーーー。

うちのネコも最近ボケてきて

いくら食べても足りないようだ。

Img_0760

じじむさい顔

長年生きてるので色々と心得ている。

お腹がすいたとは言わずにこうやってPCの前にはばかるので

前が全然見えなくて仕方なしにえさをやるしかないのよね。賢い我が家のネコどん。

ネコが好きなのか嫌いなのかどっちか解らない自己中心的な考えの飼い主なんだなあ。。

メダカ

五月の連休に買った5匹のメダカが

沢山の卵をつけていたので

ホテイ草を入れてやった。

その後、そろそろ生まれる頃だんべ、、と思ってみたら

案の定ちっこいのがいるいる。

あわててシャブシャブ鍋みたいに真ん中に植木鉢を入れて

ホテイ草をそこに移動してみた。

メダカは動くものを食べる習性があって

子どもでもなんでも動いてれば追いかけ回して食べちゃうもんだから

親と一緒にしておくとほとんど子どもは残らないのだ。

Img_0758_1

私の単純なやり方としては

親と共通の水でいて、一緒には泳げない状態が巧く育つコツのような気がする。

植木鉢を入れておくと底の穴から同じ水が入るので

水温やら栄養状態もそれほど悪くないんじゃないかと思う。

Img_0759

ちっこーーーー!^^

親がいないとこんなに生まれてるのかと思うほど

増えるのだ。

30匹よりは多いと思うな~~。

5匹のメダカのうち3匹はオスだったので

2匹のメスが一回にこれだけ産むんだわね。。

子どもが可愛いからと言って

これらを大切に育てるととんでもないことになるのだ。

水槽がいくつあっても足りまへん。

適当に減っていく。。というのが自然です~~。

Img_0756

親に食われそうになる子どもが可哀想だと思ってしまうけど

やはり親の子、

数週間もすると大きめになった子が次に生まれてくる子を

追っかけまわしてもう親と同じようなことをしとる。

こんなわけで我が家のスイレン鉢に入れるには15匹くらいが

良いんじゃないかと思うので

適当にそのくらいの数になってくれると有難いけど

(これは環境作りでいくらでも操作できるのだ。。)

どこであっても過密はいけませんね。。

生徒さん作品^^

Img_0743_1

生徒さん作品のお地蔵さま。。。。。^^

お地蔵さまはいつも人気がある~。

普通の仏像よりも親しみがあるので

可愛い~~、、、ついでにご利益もあるーー。ということで

一石二鳥の働きなのだ。

作るにも比較的簡単で

上を向かせてみたり、うつむいたり、首をかしげたり

上のようにお数珠を持たせたり、合掌したりと色々なポーズが作れる。

この方も

色々な姿のお地蔵さまを作って

病気のお友達に漏れなくお配りするのだそうだ。

もしも漏れた人がいてその人が病気になったりすると

悔いが残るので

全員にキチンといきわたるように頑張る^^そうだ。

お地蔵さまを貰った人の喜びってのは

私としては意外なくらいで

えーーーー、、!?どうしてそんなに喜んでもらえるのーー??っていうほど

喜ばれるのだ。

冥利につきます。

以前に妹に3cmくらいの小さなお地蔵さんを

作ってあげたことがあって

妹はこれを多分指輪が入ってるような皮の巾着袋に入れて

仕事に連れ歩いていた。

海外の税関でいつもこれはなんだ?ということになって

説明すると鬼のような税関の人も

満面の笑顔になって喜んでくれるのだ。。という話をしていたっけ。

もう一つ、長く癌を患ってた友達に作ったことがあった。

両手でいとおしそうに囲っていつも肌身離さず大事にしていてくれた。

入院中もベット脇のテーブルに必ずおいていたという。

仏像だと病院に置いておくとなにやら怪しい雰囲気になるけど

お地蔵さんだと違和感もなく、可愛らしさのほうに目が行って良い。

こんな小さなものなのだけど

この力というか効果というか影響力は計り知れないものがあってすごい。

不思議なものなのだー。

シミジミ・・・・・・