ホーム>工房日誌>アート・文化>犬筥完成~
アート・文化

犬筥完成~

犬筥が完成した。

Img_0563

単三の電池と比べても小さい^^

小さいので可愛い。

大きければ気持ち悪い。。っと。

先日、ハリに行った帰りに

よい気持ちで自転車に乗ってたのだけど

突然、頭にいやな痛みが、、、、、、

いてっ、、って感じだったので

風も強いこととて、髪の毛が反対側に引っ張られて痛くなったのかと

手袋をつけたままで頭を触ってみたら

更に激痛が。。。。。

手袋を取って、さわってみたところ

なんとハリが頭に刺さってた^^;

それが風に吹かれてあっちこっちと針の頭が動くもんだから

痛いんだわよ~~。

イテーはずだよーー。

ハリの先生、、ハリ取るのを忘れないでくれ~~^^

 

 

昨日久しぶりに北海道のネット友達と話をした。

同業者で

北海道で彫り物をしている。

ところが、最近彫り物をしてないという。

勤めていたお土産やさんが

その人を残して、他の人を全部解雇してしまったのに

今年になって

その人は違う出店の売り子として派遣されてるんそうだ。

彫り物の方は、見本さえ作れば、後はベトナムでコンテナ一個とか二個とかで

出来上がってくるそうな。。。。

自分は何をやってるんだろう。。。と思うという。

わかるなあ~~。

せっかく彫りの技術があるのに

朝から塩辛だとかウニだとかを売ってるらしい。

なんでそんなことしてるの~?という感じだ。

家には一生かかっても彫りきれない材料もあるというのに。。。。

勿体ない~~。

彫らせてあげたいし、

彫っていてほしい~~。

けど、北海道の田舎のほうのこととて

他に仕事もなく、仕方がないという。

そのうち彫るぞ~という夢だけは持っていると言っていた。

哀しいなあ。。。

地方によってはやっていけない仕事ってもあるのだけど

長いこと彫りをやってきたのに

ウニ売りじゃねえ。。。。

また、時間を見て

何か彫ることが出来るようになるのを期待してる。

そう願うことしか出来ない。。。

こうやってみると

一生、彫っていられるなんてことは幸せなことなのだ。

経済的にも健康的にも

家族的にも

中々同じものを一生通してやってるということは難しいことだ。

そういう意味で感謝しないといけない。

その点、

この間、ちょこっとつけたテレビの徹子の部屋にでていた

薮内佐斗司。

http://uwamuki.com/j/indexJ.html

乗りに乗ってるなあ~~。

人の夢というか、計画というか、考えはそれぞれだけど、

あまり大手になると面白みはないように思う。

昔の薮内佐斗司は良かった。。

今は、あまりに手広いし、

本人ももちろん仕事をする時間などないくらいだろうから、

商売として、、とか

木彫りを世に広げる。。という効果としては良いのだろうけど

なにやら面白くない。

貧乏人のヒガミか^^;

もっと自力で良いものを作ってくれよ~~、、という気持ちは

私だけ?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/837

コメントする