ホーム>工房日誌>アート・文化>犬筥3
アート・文化

犬筥3

今日は寒いのぉ~~~。

こんな日は皆が一斉に風邪を引くのだ。

いやだねえ~。

暖かくなると一気に治るのだ。

妹に言わせると

暖かい国に行くと悪い風邪も一気によくなり、

ついでにアカギレなども突然なくなるそうだ。(所帯じみたお言葉^^;)

でも帰ってくるとまた元に戻る。。。と。

犬筥にはまってるので

またもや画像を^^

Img_0532

へへへ。。。

面白い仕事だ。

盛りだくさん。

またコテコテになるので最後に柄を減らさないといけないくらい。。

久しぶりにめったに使う機会のない

盛り上げ胡粉を使ってみた。

盛り上げ胡粉ってのは、

字の如く、塗ると盛り上がるのだ。

柄が盛り上がってると豪華さが違う~。

盛り上がった上に金を塗ると更に豪華になるのだ。

まあ、普段使うことはないっす。

だからこういう機会に使ってみたいものだ。

顔も正直言って、描いてて情けない。

犬の癖に人間の顔してるんだからアホらし。

しかし、

面白いといえば面白いので

人間で言うとどんな子で、どんな顔なんだろう。。と

いう気持ちで描く。

注文としては、少し勝気な顔立ち。ということなので

一応見本にも沿って、富士山型の口にして

可笑しなことに鼻は犬なんだけど^^;

目もたれ目から段々直してつり目にして行ってる途中だ。

犬の耳があるくせに

髪の毛は人間の髪の毛で、頂上で赤い紐で結いてるんだそうだ。

誰がどういうつもりで作ったものかねえ~~。

頭を掻く時は後足かね^^

 

ま、

本物は、和紙を重ねて金箔で重ねるってものだそうで

かなりのお手間がかかるものだと思う。

対で二十何万円なんて書いてあった。すごい。

買う人もいるんだろうか。

なんというか、

技術的な練習の塊みたいなものだ。

毛描きもあるし、金も沢山使ってるし、

尻尾みたいな面倒なものもあるし、

蓋だってあくのだから、技術的には難しい。

やっていていくらでも手間をかけられて

豪華絢爛になるんだな。。ということが解った。

20万円台でもおかしくはないのかもしれない。

というわけで

この寒い日に、ニカワが固まりながら

ストーブの近くで筆を運ばせているのだった。

面白いっ。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/839

コメントする