ホーム>工房日誌>アート・文化>犬筥2
アート・文化

犬筥2

今日は寒いっ!

懐かしい真冬のような寒さで、

雪化粧の丹沢がくっきりと見える。

Img_0530

●●

犬筥を塗り始めたけど

小さいので案外四苦八苦している。

面白いけど、指がもう少し細ければーー、、、などと思う。

細い指が器用ってわけではないけど。。。

器用な人って案外太い指をしている。

ついでに爪が深爪だったりして^^;横に広いような形の人が器用だ。

Img_0529

とにかく、テディベアみたいな顔を塗った。

人面犬だそうで、

顔の造作は人間だけど、中には鼻の部分は犬っぽく中高になってるものもある。

人間の顔に鼻だけ三角に黒くなってるものもある^^。

髪の毛もちゃんと女の子っぽく分けてあってリボンなんかもついているのだ。

なのに犬の狆がモデルだというだけあって

斑点のある柄もあったりする。

本当にミックスして色々な柄になっているのだ。

ひな祭りにこの犬だけを飾る人もいるそうだ。

ちょっと自分のものとして持ってみたいものでもある。

中は大抵金箔になっている。

金箔を何枚も重ねてはるんだろうと思う。

私は金箔をあまり扱ったことがないので

金泥でやることが多いけど、

味わいは少し違う。というか大分違うかな。。

金は高くなってるのだろうか。

今回金泥を買ったら、以前の倍ほどしていた。

1gで6000円近かった。ギョーーー!

簡単な気持ちでは使えないなあ。。

くしゃみなどしないようにしなければいけない。

顔が塗りあがったので

今から体を塗り始めようと思う。

お祝いの柄、松竹梅とか、鶴亀とか、吉祥文とか 熨斗みたいのも

あるようだけど

どれをとってもおめでたいので良い。

私としては熨斗でいきたいと思っている。

松竹梅と組み合わせると良いかもしれない。

黒と金で豪華にしたいものだ。。

贅沢な小物だ。。

中々面白い。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/840

コメントする