ホーム>工房日誌>2007年3月

2007年3月

荷造り

昨日から荷造りを始めたのだけど

まだエンジンがかからなかった。

どこから手をつけてよいのか解らなかった。

まだ時間がある。。という甘い気持ちがあり、余裕であった。

今日になると、もうそろそろ必死になって良いと思うようになった。

ところがそうなると早、膝と腰が痛くなってきたのだった。

何もしないのに何故?という気持ちはあるのだけど

何かやったのだろうか^^;

片足を引きずりながら、腰に手を当ててよっこいしょ、、とそろ~っと立つ。

先が思いやられる。

昨日は私に先駆けて一緒に住む妹が引っ越してきた。

引越しの日ってのは案外暇だ。

ぼーーっと待つ時間とか、あっちだこっちだと指示するだけとか

肉体的にはそれほど大変ではない。

我が家のように荷造りはこちらでやる。。という引越しは

転勤にはあまりないそうな。

転勤の場合は、全部込みの引越しらくらくパックみたいのになってるらしい。

もちろんお値段も高いのだけど、会社が払うのでどうってことないわけだ。

自腹を切る私の家みたいのは、セコセコと自分でダンボールに詰めるわけだ。

しかし、引越し屋さんが詰めた荷物は案外どこに何があるか解らないらしい。

自分で詰めたって解らないのにね!

私などは、近いということもあって

たとえば鉛筆立てなら、鉛筆がささったまま鉛筆立てごとビニール袋に入れて

そのままダンボールに入れてしまう。

沢山ある刀類だって、人には言えないけど

引き出し一個分をタオルでぐるりと巻いてそのままダンボールだ。

持った人がいつ刀が飛び出てくるか解らんちよ。

箪笥の中を整理してたら膝のサポーターがあったので

これはよかったとばかりにつけてみた。

ところが膝が曲がらない。膝が曲がらないのは痛いよりも不便だ。

ついでに体が硬いので、膝を曲げるべきところで曲がらないと

ひっくりかえっちゃうじゃん。。。。

あっという間に外してしまった。

磁石入りの腰痛ハラマキだけをしてみた。

これは腰が痛くなくなるよりはお腹が空いちゃうのだ~~。やだな~~。

妹が引っ越してきたので

一番に妹宅の預かりバカ犬を送り届けてきた^^

なにせ、荷物を作ろうと思うと膝の上に乗り上げてきて

目の前が犬の顔しか見えないのだ。

自分は引越しと関係ないくせに、妙にはしゃいでる。。。

仕事にならないので、送り届けてきたが、

案の定、新築の家の中で、方々でオシッコし放題してるらしい^^;

とうとうベットの上でしてしまって、夜中に大洗濯だったそうな。。

あははは^^;返してよかった。

あははははは~~~~~、、、、

人の子どもは選べないけど

犬は選べるんだから、もっと頭が良さそうな仔犬を買ってきたほうがいいよ。。と言いたい。

けど、言えない^^;(気が弱い、、、)

はははははは・・・・・・

借家とも数日でおさらばだけど、

庭にはタンポポが沢山咲いて綺麗だ。

私は自分の庭だとタンポポをさかせるほど手抜きはしない。。という

気持ちは強いのだけど

咲いてみると結構綺麗なものだ。

今まで気がつかなかったけど、庭に犬が放せるのだった。

遅かったなあ~。

気持ちがよいので、数日のことであったけど

犬を出してみた。

案外喜んでるようだった。

ネコも勝手にでてきた。

ガラス越しじゃない日差しを浴びたいのよね。。。

Img_0571

毛虫たち、、みたいだけど

ネコと犬です。

ネコは草を結構食べるのだ。(うちの場合)

そのあとに、ゲッとするのだ。

それを見ていた犬が、一応勉強したらしく草を食べ始めた。

草を食べるとなるとこうやって食べなければいけないと思うのか、

一度も頭を上げずにず~~っと食べ続けてる。

Img_0578

仲良くないくせに、つかず離れずで草を食べ続ける犬猫。

やぎや羊のようだ。

ウーーーーーン。。。。。

こいつらはなんだろけ????

これで私が家の中に入ると、皆見てないような顔をしながら

ゾロゾロと続けて入ってくるのだった。。

そんな犬ももういない^^。。

あはは。。。。

この開放感はなんだろう~。

あと数日でまた一緒になるというのに。。。。。

ああ、また暗い日々。。

どこかにウンチがしてあるのじゃないか、、、、とか

オシッコを運悪く踏んでしまった。。とか心配しながら暮らす日々がまたやってくるのだった。

不幸な私^^;

横浜南部の桜情報

いよいよ桜だ。

昨日の傘の骨が折れてしまった大雨が

ぐっと蕾を大きくしたようだ。

(この借家に来てから傘の骨が折れたのは二本目なのだ。グゾッ)

Img_0589

近所のソメイヨシノ。

一番咲いてる枝だ。おお、1分咲き~~。二分かな。

Img_0585

こちら、少し早咲きのコヒガンザクラ。

風流なネコも入れてみた^^。

先駆けて咲いてくれるので有難いのだけど

当然のことながら、ソメイヨシノの頃にはすっかり汚いガク状態になって

誰にも見向きもされないのだった。

Img_0586

上の写真が梅みたいに見えるので

別のコヒガンザクラ。アップにするとやはり桜だ。

小ぶりの花がそれなりに可愛く美しい~。

病院の母の食膳にも桜の一枝がついていて

病室からもそのおしゃれな心配りに歓声が沸いていた。。

私も感激した。。

しかしながら、昔っからまったく植物などに興味のない母は

枝がどうした。。。?と言う程度しか反応しなかった^^;

そんなことでは特別驚かん。

風流でない母を持って50年。

枝は食えない。。というのが母の考えるところなのだ。

なんで、桜が咲いたと聞いて

そぞろ見に行きたいと思わないのだろうか。

なにやらウキウキするじゃんねえ、、、、?

この分だと丁度引越しの日あたりが、

桜見物に良さそうに思う。

残念じゃあ~~、、

ダンボールの山で、桜を見に行くことができないだろう。

いと口惜し。

なんて運の悪い時に引越しする私なんだろう。

3月の31日というのは一年で一番引越しが混む日だそうな。

混むということは、予約も取りづらいということと

異常にお値段が高いということなのだ。。

通常価格の3倍もするのだ。

おお~ついてない私。。

そこでおめおめと払うわけもなく

安いところを探しましたよ。

引越しやさんじゃなくて、運送屋さん。

しかし、なにやら心配だな~~~~。

とんでもないことにならなければ良いのだけど。。。。。

横浜南部の桜情報でした^^。

入院騒動

引越しが近くなってきて

食欲のない母を入院させたらどうだろう。。などと

えげつない考えを持っていたのだけど、

私はどうも病院や医者が嫌いで

よほどのことがない限り、、というか

よほどのことがあっても行きたくない場所なのだ。

そんな影響からか

母も行きたがらない。

ところが、

いつも寝てる母を病院に連れていかないと

これはもう最近では

虐待といわれかねないのだ。

さっそく、親戚のものから、病院にも連れていかない。。と

言われてしまったのだった。。

一念発起して、

どうにか病院に送り込んだろ。。。と思い始めたのだった。

ところがどっこい

中々首を縦にふらないのだ。。

昨日、夜になって具合が悪いというので

引越しも近いことだし、ここらで一発点滴でも受けてきて

元気にならないか。。と言ってみたら、

珍しく、ウン、、、と言ったのだった。

それっ、ってなもんで

夜9時半頃に病院に電話してみたら、

家族が付き添うならタクシーで来てもよいという。

救急車だとまだ少し抵抗があったので

タクシーなら問題ない。。ということで早速病院へ。。。

が、行ってみると昼間と変わらないくらい混んでいるのだ。

それもひど~~いインフルエンザばかり^^;

どう見ても40度近い熱だよな~~というお顔ばかりなので

げっそり。。

さっそくマスクをかけて遠くの椅子に座って待った。

やはり救急車の患者さんがどんどん先に入ってしまい、

待つこと1時間半ほど。。。

やっと診察になったのだけど、

血液検査とレントゲンだという。。

そんなの入院してからにしてよ。。といいたいけど

12時近くになってレントゲン室に行ったり、

あっちこっちと移動させられて

とうとう点滴になった。

さあて帰れるなどと思ったのが大間違い。

もう少しお待ちください。。

などと冷たくあしらわれて、

沢山いた患者さんも残り少なくなってきた。

元の気持ちが不純だったか、、

結局夜中の3時に点滴が終るまで待たされて

もうやることはないし、検査結果も悪くないので帰っても良いという~~。

あちゃ~~~~~、なんの為にこんな時間まで頑張ったのかーーーー。

そこで、粘ってみた。

とにかく食べないのだ。。ということを力説して

今風に毛が立ってるようなとてつもない若いお医者にお願いするのだった。

(こんな奴に何が解る??・・・・・・)という気持ちを抑えながら^^;

やっと折れてくれて

朝まで置いてくれて外来で診察してから入院するかどうか決めるので

一応お引取り頂いてよいです。。などと

やっと帰ってきて寝たのであった。

ところが

朝7時に電話のベルが。。。

出てみると、新築の自宅の前のお宅の人からだ。

「今、お母さんが見えているんですけど~~~~」

えー?????

何?????

どうして??????

お金も何ももってないし、パジャマで出かけて点滴してるはずなのに

どうして、ご近所のお宅にお邪魔しちゃってるわけ??

ということで

病院に電話してみたところ、

看護師さんが、、あら、いませんねーーー、今まで点滴してたのに、、、、

あちゃよ~~~~~!

あわてて顔を洗って、迎えに飛び出して行って

前の家の玄関でチョンと収まってる母を拾って病院へ。。。

あ~~あ、、やはり根性が悪かった。

病院をホテル代わりに考えてた私がいけなかった。。

なんでこんな大変なハメになってしまったのか~~。

結局そのまま病院にまた行って、

普通に外来で診察を受けて、お情けの1週間入院確保^^;

入院グッズを早々と持っていった甲斐があったけど、

たかが外来受診に前の日の夜10時から来てる人なんていないで~~~。

人間、下心を持って行動してはいけないよ。。。という

ありがたーい^^;一日だったのでした。。げっそり。。。。。

Img_0547

 

富士山

今日は富士山はすばらしかった。

Img_0568

電線が邪魔だあ~~。

もう少し上の方に行くと公園があって

そこから見る富士山は絶景なのだ。

何も邪魔してないし、丹沢までばっちり綺麗。

特に夕方はその富士山に夕日が落ちるという

なんともいえない景色。

ついつい写真に撮りたい~~などと思ってしまうのだけど

かなりの腕前でないと富士山は本物より綺麗には撮れない。

というか、全然ひどいものなのだ。

なんというか雄大な雰囲気が出ないのだ。。

写真家はすごいもんだなあ~~。

昔はトイレなんかに必ず富士山の写真のカレンダーなどが

下がっていて、

それを見ながら用を足す、、という形が多かったように思うけど

青い空に白い雪の積もった富士山は定番だった。

ダサいな~~と思って見るのも嫌だったけど

あれほどの写真は撮れないんだなあ~~と

最近はシミジミ思う。

実際にあの写真のような富士山を見るとすばらしいのに

なんで写真だとダサいんだろう。

これは永遠の不思議だし、謎だ。

そろそろ引越しをするにあたって

窓ガラスを始めて拭いてみるか、、、とか

草を抜いてみようかとか、

換気扇を洗ってみるか、、とか

色々初めて尽くしをやってみようと計画してたのに

不動産やさん曰く、

何も掃除しないででてください。。という~。

プロの掃除やさんの料金が最初から取られてるので(7万円!)

なにもする必要はないという。

飛ぶ鳥あとを濁さず、、というけれど

充分に濁して行ってください。というお言葉だった。

ありゃよ。。

そうなると妙に拍子抜けしてしまって、

汚いガラス戸をみてもそのまんま。

草が生えてきても、これまた見て見ぬ振り、、、

ということになってしまった。

けど、傷めてはいけないのだ。

傷をつけたり、汚したりしてはいけないけど

最後の掃除はしなくてよいってことなのだ。

これは性格的に難しいよ。

毎日綺麗にする人は、最後も綺麗にしてしまう~。

最後が汚い人は毎日汚い^^;ってこと多いもんね~~。

結局前の日まで掃除をして

その日だけするのをやめるべか、、と思ってるのだ。。

プロの掃除屋さんを入れないと

次に移れない、、という便利なような不便な世の中なのだ。

Img_0525_1

借家の階段で尻尾で釣りをするネコ^^

刺繍

私は刺繍が好きなのだ。

興味があるっていうのかな。。

私は裁縫や編み物などが苦手でボタンもあまり巧くは付けられないのだけど

中学の頃に夏休みの課題で刺繍を作っていったら

なんとオリンパス(刺繍糸会社)の全国大会佳作に入ったことがあったのだった。

それで変に刺繍について執着があるのだ。

当時、足利尊氏を刺繍したのだった^^;

今は高野師直(こうのもろなお)だといわれてる肖像画だけど^^(途中で名前変えないでほし・・・・)

 

今回ネットで犬筥を探していたら

こんなページにたどり着いた。

http://www.kubiwa-koubou225iap.info/newpage8.html

なにやらマジマジと様子をみてみると

年配のお母様の作品をギャラリーにして見せてくれてるらしい。

全体を通してみてて

昭和初期の東京の山の手か、鎌倉あたりの洋館もついてる和風建築の中に

細身で着物姿の上品な婦人が刺繍をしている。。というような図を想像してしまった。

古き良き時代。。。という雰囲気だ。

そして、楽しみながら一針一針刺してるということが想像できる。

誰にも師事してないと注釈がついているので

一人でコツコツと針を刺すのが好きな人なんだろう。。と思う。

でもその中には

本を読み、草花を愛し、四季を楽しみ、

ひっそりと屋敷内だけでのものを満足して愛でてるという姿をおもってしまう。

また趣味も良いけど、デッサンもしっかりしててすばらしい。

Makurabyoubu2006

こういうのは私は好きだなあ~~。

江戸趣味っていうか、、、

好きなものを羅列するのだけど、

あんまり脈絡がないものを巧くまとめてあるものだ。

最近あまり見なくなったけど

昔の本など見てるとこういうのが結構あって

少し洒落の効いた気持ちが嬉しいものだ。

どれを取っても風流なもので趣深い。

沢村貞子を刺繍してあるのもあるけど、

こういうのって難しい~~~。

絵に描くだけでも難しいですよ。

沢村貞子が本人よりもずっと品よく美しく収まってる^^;

さぞかし本人もお喜びでしょう^^。という感じ。

雪華というのも

寿とか福づくしなどと似てて、よいものだ。

松と梅もすばらしい。とても品格があって

松がこんなによく出来てるのはあまり見ない。

などと何回も何回も見てしまったのだった。。。

時代は繰り返すので、忘れ去られたりはしないのだけど

どこか懐かしい空気があってほ~~っとさせてくれる作品だし、

いつの時代にも手先が器用で

細かい作業で膨大なものを作る人っているものだけど

ちょっとの間、忘れ去られてるような雰囲気もあるので

また再発見されてこういう趣味が元気になってくれると嬉しいと思う。

偶然通りかかったギャラリー、ありがとう。。。

 

 

犬筥完成~

犬筥が完成した。

Img_0563

単三の電池と比べても小さい^^

小さいので可愛い。

大きければ気持ち悪い。。っと。

先日、ハリに行った帰りに

よい気持ちで自転車に乗ってたのだけど

突然、頭にいやな痛みが、、、、、、

いてっ、、って感じだったので

風も強いこととて、髪の毛が反対側に引っ張られて痛くなったのかと

手袋をつけたままで頭を触ってみたら

更に激痛が。。。。。

手袋を取って、さわってみたところ

なんとハリが頭に刺さってた^^;

それが風に吹かれてあっちこっちと針の頭が動くもんだから

痛いんだわよ~~。

イテーはずだよーー。

ハリの先生、、ハリ取るのを忘れないでくれ~~^^

 

 

昨日久しぶりに北海道のネット友達と話をした。

同業者で

北海道で彫り物をしている。

ところが、最近彫り物をしてないという。

勤めていたお土産やさんが

その人を残して、他の人を全部解雇してしまったのに

今年になって

その人は違う出店の売り子として派遣されてるんそうだ。

彫り物の方は、見本さえ作れば、後はベトナムでコンテナ一個とか二個とかで

出来上がってくるそうな。。。。

自分は何をやってるんだろう。。。と思うという。

わかるなあ~~。

せっかく彫りの技術があるのに

朝から塩辛だとかウニだとかを売ってるらしい。

なんでそんなことしてるの~?という感じだ。

家には一生かかっても彫りきれない材料もあるというのに。。。。

勿体ない~~。

彫らせてあげたいし、

彫っていてほしい~~。

けど、北海道の田舎のほうのこととて

他に仕事もなく、仕方がないという。

そのうち彫るぞ~という夢だけは持っていると言っていた。

哀しいなあ。。。

地方によってはやっていけない仕事ってもあるのだけど

長いこと彫りをやってきたのに

ウニ売りじゃねえ。。。。

また、時間を見て

何か彫ることが出来るようになるのを期待してる。

そう願うことしか出来ない。。。

こうやってみると

一生、彫っていられるなんてことは幸せなことなのだ。

経済的にも健康的にも

家族的にも

中々同じものを一生通してやってるということは難しいことだ。

そういう意味で感謝しないといけない。

その点、

この間、ちょこっとつけたテレビの徹子の部屋にでていた

薮内佐斗司。

http://uwamuki.com/j/indexJ.html

乗りに乗ってるなあ~~。

人の夢というか、計画というか、考えはそれぞれだけど、

あまり大手になると面白みはないように思う。

昔の薮内佐斗司は良かった。。

今は、あまりに手広いし、

本人ももちろん仕事をする時間などないくらいだろうから、

商売として、、とか

木彫りを世に広げる。。という効果としては良いのだろうけど

なにやら面白くない。

貧乏人のヒガミか^^;

もっと自力で良いものを作ってくれよ~~、、という気持ちは

私だけ?

寒いっ。

かなり寒いっすよ。

富士山がすっきりと綺麗なわけだ。

特に昨日の大嵐の後の夕焼けの富士山の綺麗なこと。。

日曜日なのに大嵐だったので

お正月前の年賀状書きみたいに

一人こもってカード作りをした。

切り絵も貼り絵も好きなんだけど

細かいものは目が辛くなってきていけない。。

どうも焦点があわなくなってくるのだ。

昔だったらコツコツとずっと続けられたのにな~~~。

一昨日は久しぶりに近くの駅の大船に行ってきた。

大船という駅は昔っから汚い駅で

鎌倉市にあるとは思えないところなのだ。。

鎌倉では大船が鎌倉市であるとは思ってないような扱いをする^^;

駅も結構色々な線が入ってるので規模としては大きい方だそうだけど

とにかく地元商店街が頑張っていて

区画整理みたいなものが全然できないのだ。

まだパチンコ屋とか、ラーメン屋とか

そういう類の店がゴチャゴチャとある。

が、そういう町並みのよいところもあって

物価は安いのだ。

どんどん店が入れ替わるので少し行かないと

かなり変わっている。

どういうわけか、

崎陽軒の赤い店先を見て急にシュウマイが食べたくなった。

崎陽軒とは

横浜名物のシュウマイなのだけど、、

普段そんなに食べたいと思うようなものではない。

けど、横浜の味なんだなあ。。。

昔 京都にいたときにそう感じた。

我が家の近くに名物って言われるものはあまりないのだけど

鎌倉のハトサブレーと崎陽軒のシュウマイかねえ。。

遠くにいると妙に懐かしく感じたので

それ以来、あまり食べはしないのだけど、

横浜の味として頭には入っているのだった。

が、箱の中に30個とか60個と沢山入っててうんざりしちゃうのだ。。

ところがどーーだい、、、

昨日チラ見したら、6個入りの250円なんて箱ができてるんじゃん。

これは便利そうだな~~。。というわけで

すぐに買ってしまった。

Img_0550

最近ろくなものを食べてない。

看病の母が、食欲がないので、匂いだけでも気になるらしい。

大勢で住んでいるとそんなことは言ってられないのだけど

二人で住んでると、それを気にしないで焼肉などしたら

配慮がない。。ということになるもんね。

というわけで、私も病人食みたいなものを食べてるので

なんとなく元気もでない。。

シュウマイくらいで目がキラリとすること自体、

ろくなものを食べてない証拠だ。

とにかく家に持って帰るまでもなく、モールのベンチの日当たりで

食べてしまったんだよ~~~ん。。

食べる前に写真を撮ればよいのに

食べてる最中に、、、そうだ。写真を撮っておこうと思ったので

量は半数になってしまった^^;

 

ついでに犬がガツガツと物を欲しがる姿が

いかにも躾がなってないように見えていけない。

あっちの景色でも見てろ。。と言いたいけど

いつでもこちらを向いて前足を上げて食べ物をねだる姿はみっともにゃい。。。。

中華街のシュウマイも悪くないのだけど

肉ごってりで、ブタ臭いというか、大きいというか高いというか、、、

たまに一個食べたいくらいなんだけど

崎陽軒のは、もっと海鮮味ですかね。。

ホタテも入って、、と宣伝してるので、ホタテが入ってるんでしょう。。

妙に気になる、グリンピースの味ってのも崎陽軒風かなあ。。

ま、とにかく美味しいのか美味しくないのかわからないけど

懐かしい崎陽軒の味でした。

外は色々な花が綺麗。

Img_0549

見事に咲いたこぶしの花。。綺麗だよ~~。

犬筥3

今日は寒いのぉ~~~。

こんな日は皆が一斉に風邪を引くのだ。

いやだねえ~。

暖かくなると一気に治るのだ。

妹に言わせると

暖かい国に行くと悪い風邪も一気によくなり、

ついでにアカギレなども突然なくなるそうだ。(所帯じみたお言葉^^;)

でも帰ってくるとまた元に戻る。。。と。

犬筥にはまってるので

またもや画像を^^

Img_0532

へへへ。。。

面白い仕事だ。

盛りだくさん。

またコテコテになるので最後に柄を減らさないといけないくらい。。

久しぶりにめったに使う機会のない

盛り上げ胡粉を使ってみた。

盛り上げ胡粉ってのは、

字の如く、塗ると盛り上がるのだ。

柄が盛り上がってると豪華さが違う~。

盛り上がった上に金を塗ると更に豪華になるのだ。

まあ、普段使うことはないっす。

だからこういう機会に使ってみたいものだ。

顔も正直言って、描いてて情けない。

犬の癖に人間の顔してるんだからアホらし。

しかし、

面白いといえば面白いので

人間で言うとどんな子で、どんな顔なんだろう。。と

いう気持ちで描く。

注文としては、少し勝気な顔立ち。ということなので

一応見本にも沿って、富士山型の口にして

可笑しなことに鼻は犬なんだけど^^;

目もたれ目から段々直してつり目にして行ってる途中だ。

犬の耳があるくせに

髪の毛は人間の髪の毛で、頂上で赤い紐で結いてるんだそうだ。

誰がどういうつもりで作ったものかねえ~~。

頭を掻く時は後足かね^^

 

ま、

本物は、和紙を重ねて金箔で重ねるってものだそうで

かなりのお手間がかかるものだと思う。

対で二十何万円なんて書いてあった。すごい。

買う人もいるんだろうか。

なんというか、

技術的な練習の塊みたいなものだ。

毛描きもあるし、金も沢山使ってるし、

尻尾みたいな面倒なものもあるし、

蓋だってあくのだから、技術的には難しい。

やっていていくらでも手間をかけられて

豪華絢爛になるんだな。。ということが解った。

20万円台でもおかしくはないのかもしれない。

というわけで

この寒い日に、ニカワが固まりながら

ストーブの近くで筆を運ばせているのだった。

面白いっ。

 

犬筥2

今日は寒いっ!

懐かしい真冬のような寒さで、

雪化粧の丹沢がくっきりと見える。

Img_0530

●●

犬筥を塗り始めたけど

小さいので案外四苦八苦している。

面白いけど、指がもう少し細ければーー、、、などと思う。

細い指が器用ってわけではないけど。。。

器用な人って案外太い指をしている。

ついでに爪が深爪だったりして^^;横に広いような形の人が器用だ。

Img_0529

とにかく、テディベアみたいな顔を塗った。

人面犬だそうで、

顔の造作は人間だけど、中には鼻の部分は犬っぽく中高になってるものもある。

人間の顔に鼻だけ三角に黒くなってるものもある^^。

髪の毛もちゃんと女の子っぽく分けてあってリボンなんかもついているのだ。

なのに犬の狆がモデルだというだけあって

斑点のある柄もあったりする。

本当にミックスして色々な柄になっているのだ。

ひな祭りにこの犬だけを飾る人もいるそうだ。

ちょっと自分のものとして持ってみたいものでもある。

中は大抵金箔になっている。

金箔を何枚も重ねてはるんだろうと思う。

私は金箔をあまり扱ったことがないので

金泥でやることが多いけど、

味わいは少し違う。というか大分違うかな。。

金は高くなってるのだろうか。

今回金泥を買ったら、以前の倍ほどしていた。

1gで6000円近かった。ギョーーー!

簡単な気持ちでは使えないなあ。。

くしゃみなどしないようにしなければいけない。

顔が塗りあがったので

今から体を塗り始めようと思う。

お祝いの柄、松竹梅とか、鶴亀とか、吉祥文とか 熨斗みたいのも

あるようだけど

どれをとってもおめでたいので良い。

私としては熨斗でいきたいと思っている。

松竹梅と組み合わせると良いかもしれない。

黒と金で豪華にしたいものだ。。

贅沢な小物だ。。

中々面白い。。

大風

朝は黒雲がでて、風も吹いているので

これは嵐になるかもしれない。。と思って

厳重に合羽などを持って出かけたのだけど

どういうわけか、晴れて暖かい。

ついでに風は強い。

桃が咲いてる、、、モクレンも風に吹かれてビリビリになりそう~。

いろんな花々が賑やかに咲き始めた。

先日、5年くらい来てくれてる生徒さんが、

稽古途中で、突然帰りの用意を始めて

もう二度と来ません。。と言って帰ってしまったのだった。

私は、目が点になってしまった。

なんでそうなったのか、理解できなかったのだった。

今でも理解できないんだけど。。。

けど、

もう二度と来ないというほど、怒らせたようであることは確かだ。

 

私は、やや過激な発言をする方だけど

根は案外穏やか派で、

あまり喧嘩を好まない。

そういう空気も好きじゃないのだ。

それなのに、そんな風に打ち切り宣言されてしまって

私は何を気に障ることを言っただろうか。。。と考えてしまった。

以前にもいたのだけど、

同じようなお稽古に二股で通っている。

私は二股だろうが三股だろうが、かまわないのだけど

二股の場合は、

基本的に相手方のお稽古のことには口を出さない方が良いと思っている。

どうしても、何か言えばそちらの先生の悪口にもなりかねないので

避けた方が良いと思っているのだ。

が、

そちらのお稽古で出来なかった部分を

こちらに持ってきて私がやる、、、ということがある。

以前にいた人は

それを交互にやって動きがとれなくなってしまった。

私が直したために

あちらの先生が良く出来る。。と解釈して

その後何も教えてくれなくなったそうな。

ついでに、デザインからなにから、全部自分で出来るのだから

自分でしろ。。と突き放されてしまった。。ということだった。

あちゃ~~~と言う感じだった。

なるべくして。。。ということか。

子どもにもありがちなことだけど

自分が出来ないものは出来ないと正直に言った方が良いんじゃないか。。

というのが私の考えだ。

巧く出来てると無理して思ってもらってもしょうがないじゃん。。

と言う風に思うのだ。

向こうのお稽古のものを私が直して持っていって

褒めてもらって何になる。。。と

私は言ってしまったと思う。

実際にそう思ってるし。。

そういうところが気分が悪くしたんだと思うんだけど。。。

とりあえず、相手方は違うことをいうかもしれないけど、

私としては、こういうことをすることに対して、面白くは思ってないことは確かなので

不快な顔をしてたのかもしれない。

そういうつもりはなかったけど。。。。

私は出来なければ出来ないでいいじゃん?って思うのだ。

人を押しのけて無理して上に上がったとして何になるのだろう。

自分の意見はこういうわけなので

特別折れる気持ちもないし、悪いとも思ってはいない。

けど、

途中で帰られるほど怒らせたことに対しては大変ショックなのだ。

なんで~~??って思ってしまう。

大人じゃんねえ~~~?

なんとなく後味が悪いっす。

Dscn2360

ガラリと変わって、花の型抜きのクラフトパンチを使って作ったカード。

なんとなく結婚式の招待状みたいになったちたけど、色違いにするとまた違ったのができまする。