ホーム>工房日誌>アート・文化>お作品
アート・文化

お作品

Suzuki0702

数少ない(二人)鎌倉彫の生徒さんの作品。

横幅がほぼ80cmくらいあると思う。

額装してからは実際に目にすることができなかったので

残念だけど、

額やさんからの画像で我慢っす。

 

基本的に鎌倉彫は教えてないのだけど

前の先生が亡くなったということで

そのまま我が家に見えてる生徒さん。

鎌倉彫といえども、

我が家では図案も彫りたいものも自由です。

この作品は、中国の堆朱のお皿かな?

その絵がお好きだそうで、拡大した状態にして

四角い板に彫ったもの。

松竹梅で、松と梅が上に彫ってあって

地面に竹を彫るとういう、二重の彫り方になってま。

ま、考えてみると、こういう正方形のものは

額に入れても収まりがあまり良くないので心配したけど

なんとか収まってるようで一安心。

どうしても漆塗りだとコテコテ感があるのだけど

周りの白と、枠の黒っぽい色で、すっきりしてよかった。ホッ。

額は自分で作ったものよりも

ず~っと大きくなって立派になっちゃうので

出来上がると驚きです。

玄関に飾って、来る人をあっと言わせる、、という効果は大。(ただし、本体は重いです。)

額やさんもキッチリとした良い仕事をしてくれるところなので

もっと額物を作りたいけど、

案外受けないのよねー。

私もそろそろ一個作ってみようかと思ってるんだけど~~。

あっという間に出きるってのも額のよいところです^^

(あっという間というのは、数ヶ月という意味で、何日ではないっすが^^;)

小さな平面のものを彫って大きな額にすると

労力が少なくて迫力あるものができる。って意味です~。。

●●

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/826

コメントする