ホーム>工房日誌>アート・文化>ノロウイルス
アート・文化

ノロウイルス

普段だと私は世間とあまり接触してないので

こういう流行のウイルスにはほとんど関係ないのだけど、

最近は毎日病院に通ってるため、周りの人がなんとなくこういう症状なんじゃないかと

疑心暗鬼でヒヤヒヤした生活をしている。

昨日のお稽古でも

生徒さんは去年かかりました。。と言っていた。

もう一人の生徒さんは、息子一家がじゅんぐりにかかってるという。

かなり身近な話題なのだ。

そういえば、先週母が入ってた病室の隣の人は得体の知れない下痢で

入院してたっけ。

今の病室の前のベットのおばあちゃんもなんだか吐き下しだったなあ。

やだなあ~~。

看護婦さんが、うがい、手洗い、マスクで、大分防げるんだからね。。

と大声で教えてたので、私は早速励行してる。

マスクは絶大だ。

以前はマスクなどしたことがなかったのだけど

最近はしている。

喉の調子が全然違う~。

マスクをした途端、移らないぞ。。という自信がわくのだ。

ついでに暖かい。

喉に直接冷たい風も当たらないので、普通の風邪も防げる。

病院に行く時はコートの中にマスクを入れっぱなしにしてる。

ついつい忘れてしまうものなのだ。

忘れてしまえば絶対に風邪をひくのだ。

少々汚くても、ポケットに入れておけば間違いない。

ノロウイルスってのは症状が激しいけど、案外短い期間なんですってね?

二日くらいでケロリとしてくるんだそうね。

下痢だけの人もいるんですね。

昨日の高齢の生徒さんは、

私は吐くのは嫌~~~と言っていたので驚いた。

私と同じじゃん。

失礼だけど、こんな高齢の人でも嫌なんだあ、、と驚いたのだった。

案外吐くのが好きというか、すっきりしてよいって人も世の中にはいるのよね。

私はケチかもしれないけど、絶対に吐かないのだ。

前に書いたような気もするけど、そう、、、小学校5年の時に

車に酔って吐いた以来吐いてないんだ。。

これってすごいど~~~。

私は人が気持ち悪くなると一緒に気持ち悪くなるので

看護婦さんには向かない。と思う。

吐いてる人を見たりすると、体が硬直して、飛んで逃げたくなる。

うちの父は、吐いてる人のお手伝いが好きな人で、

私なども車酔いをよくしたので

車のトランクにはいつも大きなビニール袋が積んであった。

これを父は、毎回丁寧にドライブインで洗ってはまたしまい込むのだった。

懐かしいなあ~~。

当時、私はげこげこけーこ・・・・・・と呼ばれていた。(大笑)

どうにか、マスク一丁でノロウイルスにかからないで過ごしたいものだ。

手洗いは、

爪の間も親指の周りも手首も洗うんだよ。。と病院に張り紙がしてあった。

厳重に洗ってます。

Img_0222

風呂上りでムシャクシャするので分身に噛み付いてみました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/798

コメントする