ホーム>工房日誌>2006年12月

2006年12月

今年も終わり、、、

今日でいよいよ今年も終わりだ。

今年は良くない年だったあ~。

そう、、あれは

お正月3日にめまいに襲われて、そのず~っと悩まされてしまったのだった。

ついでに肩も痛くて仕事がエンヤコラ。。だった。

人生色々なことがあるわけだけど

究極は自分の健康かなあ~。

自分が健康でありさえすれば、なんとかなることは多い。

健康であれば、こんなものだと思っていて

感謝などはしないものなんだけど、

一度健康を損なうと、健康のありがたみはわかるものだ。

すぐに忘れてしまうってのもまあ、自然なんだけど。。

後半になって、引越しをしたけど

母も入院してしまったし、

まあ、家の中はてんてこ舞いだ。が、

健康でありさえすれば、なんとか乗り切れるのだ。

嫌な年はその年限りにしたいものだけど

これ以上悪い年が来年に来たとしてもしょうがない。。と先に諦めている。

しかし、そのうちには良い年も来て欲しい~とは思ってる^^。

私と同じくらいの年頃は、そろそろみんな介護がくっついてきてて

色々な苦労があるものだ。

人のを聞いてると、ああ大変なんだなーという家がある。

そうやってみるとまだ自分は幸せだとも言えるのだ。

上見りゃきりない、下みてもきりない。。ってか。

引越し先の家は日当たりもよく、広いし、綺麗だし、富士山は見えるし、、と

案外よいところが多い家なんだけど

それでも仮家は仮家。

なんとなく落ち着くということがないし、落ち着けばまた引越しだ。

毎日ダンボールから物を出すという日々が続いている。

コートだって一枚しか出していない。

あと少し頑張れば。。。辛抱だ。。。。。という気持ちが働いているのだ。

来年も頑張ろーーー。

それしかない。

●●

今日は、年賀状書きだ。

昨日は遅くまで帳簿つけをしてしまった。

そんなこんなで、明日は元旦なのに雛人形を彫らねばいけない。

お餅だけは買ったぞ。と。

他のものは作らない~っと。

お餅食べて、雛人形彫るぞ~~~!

Img_0266

私の忙しさとは別に静かな午後をまどろんでいるケモノたち。

今年も色々お世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えになられますよう。。。。

あーーーーあ~~!

あちゃ~~~~!

ホームページのアドレスを変えて、

SEO対策などをしてもらって、、、

はい、終りましたよ。。。といわれて、

そちらの会社は年末年始休暇に入ってしまった。。

ところがどっこい、、

私がホームページの内容を変えることが出来なくなってしまったあ~。

どうやってよいのか解らないのだ。

年末年始なのに

新しい表紙にできにゃ~~い。。

どうしよーーーー。

ということで、会社が開く1月4日までは

ホームページの内容に手を入れることができなくなっちゃって

まだイノシシ年に変わりません^^;

ドジ。。。。。

 

 

この年末も、遅れをとってる雛人形を作り続け、

年始も勿論、仕事だす。

今回、だれもいないので

私は、お餅も食べずに、普段と少しも変わらない生活をしなければならないっち~~。

まれにみる最悪の年は来年に続く~~~。。。か。。。

ウーーーーーン、どうにか脱出したいものっす。

 

ウエ~~ン

Img_0250

大雨

昨日の雨はひどかった~~~。

朝のゴミ捨てからもう完全武装して、外に出た。

防水の登山用の靴と上下のレインウエアを着込んで行った。

足が濡れると寒いし、

濡れたものは雨の日はそこらじゅうにブラブラと下げないとならないので

気持ちが陰気になる。

なるべく濡れるものは最小限にしないと。。

こういう日は長靴が良いとしみじみ思う~。

長靴履いてる人はいないなあ。。。

結局夜なんてものすごくて、私はホームセンターで買った500円の傘の

骨を折ってしまった。

おシャカさま。。

 

寒いし、雨は冷たいし、風は強いし、水溜りは大きいし、、

防水のはずの靴も紐のところから結構水が入ってしまって、

防水に水がはいると出て行かないのでかえって具合悪いのだ。

脱ぐときに大変だったわい。

が、今日の天気はよ~~~~^^;

なんてすばらしい~~~~~。

Img_0252

おお久々の富士さま。。

白も多くなって~。

自分の目ってのはすばらしいレンズだと思うなー。

こうやって写真で見ると、手前の家並みの方がばっちりと目にはいるけど

肉眼で見ると汚い家とか電線は目にほとんど入らないで

綺麗な冷たい空気と白い富士山しか見えないのだ。

なんともすばらしや。。富士山。

ありがたい、自分の目。。

こんな朝のお陰で昨日の雨の嫌な思いは帳消しだ。

昨日は今年最後のお稽古だった。

どちら様も難しい彫り物をされてるので、中々面白い。

電卓など使って計算をして、まるで塾みたい^^

入り組んだ彫り物の場合は電卓が結構役に立つ。

最初は計算からよ・・・・

雨のひどい中、干支も送ったし、

コツコツと年末に向かって片付いてるように見えるけど

雛人形が片付いてない^^

年末年始は雛人形をやらねばいけない。

おお、いつも忘れる年賀状もやってない。。

数の子だって買ってない。

掃除はしない。

これだけは固く決心をした。

掃除自慢の松居一代だって家では家政婦さんが掃除をしてるんだよね。

解るわかる。

掃除をしてみせるのは商売だ。

自分ちの掃除をしてる場合じゃないよね。

けど、バカにはしてないぞ。

知らない家の汚い排水溝やトイレの穴の中に素手で触るのを見たときから

絶対にバカにはしないぞ。。と思った。

中々出来ないというか、したくないな~。

そこまでのプロ根性を私は認めます^^

今日は貴重な一日なのに

入院中の母の先生に会うために、一日棒に振るのだ。

先生が忙しいので空くまで病院で待機してないといけない。

風呂敷に仕事一式を持っていって仕事しながら待ってたい。

無駄な時間だ。

年賀状でも書くか。。と思うけど、絵の具や墨を持っていくと

かなりの荷物になるし。。。。

あーーーあ、

もっと働く人の為に効率的にやってもらいたいよーー。

なんだか、病院は上に立つものと下のもの。。という

立場がはっきりしてていやらしい。

何様じゃい。。。フン。バカヤロー。

などと言いたいけど、やや弱気^^;

クリスマス

今日はクリスマスね。

昨日の晩にスーパーへ行ったら

もうトッカン工事でお正月用品に取り替えていた。

季節をいつもスーパーで感じる私。。。。

今年のクリスマスは、私は全然盛り上がらなかった。

あまりケーキを持って歩いてるお父さんも見ないし、

クリスマスソングもそんなには聞かなかったように思う。私だけか。

そうそう、、数日前に病院を夜出てくる時に

ホールでクリスマスキャロルをやっていた。

今年唯一のクリスマスらしい景色だった。

なぜか、周りにフラダンスをやってるらしき女性達が、寒いのに裸足で

クリスマスの賛美歌にあわせて踊ってくれていた。

うーーーー、、清しこの夜でもフラダンスが踊れるんだあ~~~。

昨日、思いがけず、あらぬおじさま方から

こんなクリスマスプレゼントを頂いた^^

 

Img_0251_1

これは某ステンドグラスの作家の作品で

なにやら高そう~~な

感じがする。

なんとなくポンとプレゼントだよ。。って言ってもらうようなものとは違うのじゃないか。

なんとなくキツネにつままれたような気分もある。。。。

内心、なんでこんなものを貰っちゃうんだろう~~?

と思っている。

けど、、案外気に入った。

私はステンドグラスをよーく知ってるわけではないのだけど、

一般的なものはあまり好きじゃない。

三輪明宏が似合いそうな、あの雰囲気があまり好きじゃないのだ。

ああいう雰囲気を好む人はけっこう多い。

猫脚の家具、白い地に金糸の刺繍、コテコテシャンデリア。。

チューリップの柄のステンドグラス。。。。。という感じ?

けど、このランプは案外シンプルだ。

電気をつけると、線香花火でも見るように

じい~っと見つめて、ぼんやりと時間を過ごすことが出来る雰囲気がある。

普通、スタンド電気などを見てぼうっとすることはあまりない。

そういう意味では、優しい素敵なランプなのだ。

思いがけず、ステンドグラス。。。なんてものが私の手元に来るなんて。。。

生涯縁がないと思っていたので妙に不思議な気分だ。

心にほのっと灯がついたようだ^^。

ついでのことなんだけど

この電球はかなり熱くなる。

私は蛍光灯が好きなんだけど、これは熱くならない。

たとえば、勉強や仕事をするときに頭の辺が熱くなるスタンドってのは

好きじゃない。

目によいスタンドってのがよくあるのだけど

あれも熱くなって嫌なのだ。

このスタンドもかなり熱くて、暖をとるのに丁度良いくらいなのだ。

ウーーーーーム。

今頃は両手をかざして当たると気持ちが良いけど、

夏はどーするんでしょーね。

私は照明器具は熱くならないほうが良いと思うんだけど。。。。

こういう暖かさも含めて、こういうものが好きって人も多いんでしょうね。

如意輪観音

 

Img_0240_1

この仏像を

彫ってみたい、、という生徒さんが、いて 早速仕事開始している^^。

とっても楽しみだ。

こういうものはデッサンと同じで勉強として

出来る限り、作れると良いなーと思う。

ついでにこの観音さまの本ってのが

全部の角度から丁寧に写してあって有難い。

本物は大きかったり、中々見にいけなかったりして、

案外本の写真を見たほうが巧く彫れたりするのだけど

大抵の場合は、正面と斜めからくらいしか写真がないのだ。

絵と違って、彫る場合は、四方から写真が欲しい。

顔のアップも欲しいし、

台座の部分だって見たい。。

そういうものが網羅されてるので絶好の本である。

毎日新聞社、魅惑の仏像。

自分では、こういうものを彫る時間とか、

根気とかが、結構なかったりするのだけど、

生徒さんのをお手伝いする分には大丈夫だ。

ああでもない、こうでもないといいながら

完成に近づくことは楽しい。

この仏像で私が難しいと思うのは、

指が軽く頬に触れているところだ。

離れたり、くっつきすぎたりしそうな予感がする。

私が前に作ったのもとうとう何ミリか離れてしまった。

無理やり、離さないようにすると、指が長くなったり、

そこだけ頬が膨らんだりするわけだ^^;

中々丁度良くはならないものだ。

当時の人はどうやったんでしょうね。

ま、本物は寄木なので、後で腕を作れば丁度良いサイズになるのかな。

こんな写真を見てての製作でも

同じものを作ってみると、ここは変だな。。と思うことがある。

後の時代に別の人が部分的に作ったんじゃないか、、と思われる

なんとなく雰囲気が合わない部分ってのがあるものだ。

長い年月を経てるので、そういう修理はあるはずだし、

今回のこの仏像の黒っぽい漆も

今では、この色のしっとりとした感じが人気だと思うけど、

元々はこんな色ではなかったはずだし、

なんとなく、じーっと見てると

あまり巧くない漆職人が結構簡単に塗ってるような気もしてくる。

ということは、

中間の時代にはそんなに大切にされてなかったんじゃないのかな~、、

なんて考えたりしてるんだけど^^;

ま、最初は装飾も多いきらびやかな仏像だったのだろうけど、

かなり姿を変えた今はかえって人気がでたりしてるのだから

世の中わからないものよ。

 

 

ともあれ、すっごく完成を楽しみにしてるのだ。

ノロウイルス

普段だと私は世間とあまり接触してないので

こういう流行のウイルスにはほとんど関係ないのだけど、

最近は毎日病院に通ってるため、周りの人がなんとなくこういう症状なんじゃないかと

疑心暗鬼でヒヤヒヤした生活をしている。

昨日のお稽古でも

生徒さんは去年かかりました。。と言っていた。

もう一人の生徒さんは、息子一家がじゅんぐりにかかってるという。

かなり身近な話題なのだ。

そういえば、先週母が入ってた病室の隣の人は得体の知れない下痢で

入院してたっけ。

今の病室の前のベットのおばあちゃんもなんだか吐き下しだったなあ。

やだなあ~~。

看護婦さんが、うがい、手洗い、マスクで、大分防げるんだからね。。

と大声で教えてたので、私は早速励行してる。

マスクは絶大だ。

以前はマスクなどしたことがなかったのだけど

最近はしている。

喉の調子が全然違う~。

マスクをした途端、移らないぞ。。という自信がわくのだ。

ついでに暖かい。

喉に直接冷たい風も当たらないので、普通の風邪も防げる。

病院に行く時はコートの中にマスクを入れっぱなしにしてる。

ついつい忘れてしまうものなのだ。

忘れてしまえば絶対に風邪をひくのだ。

少々汚くても、ポケットに入れておけば間違いない。

ノロウイルスってのは症状が激しいけど、案外短い期間なんですってね?

二日くらいでケロリとしてくるんだそうね。

下痢だけの人もいるんですね。

昨日の高齢の生徒さんは、

私は吐くのは嫌~~~と言っていたので驚いた。

私と同じじゃん。

失礼だけど、こんな高齢の人でも嫌なんだあ、、と驚いたのだった。

案外吐くのが好きというか、すっきりしてよいって人も世の中にはいるのよね。

私はケチかもしれないけど、絶対に吐かないのだ。

前に書いたような気もするけど、そう、、、小学校5年の時に

車に酔って吐いた以来吐いてないんだ。。

これってすごいど~~~。

私は人が気持ち悪くなると一緒に気持ち悪くなるので

看護婦さんには向かない。と思う。

吐いてる人を見たりすると、体が硬直して、飛んで逃げたくなる。

うちの父は、吐いてる人のお手伝いが好きな人で、

私なども車酔いをよくしたので

車のトランクにはいつも大きなビニール袋が積んであった。

これを父は、毎回丁寧にドライブインで洗ってはまたしまい込むのだった。

懐かしいなあ~~。

当時、私はげこげこけーこ・・・・・・と呼ばれていた。(大笑)

どうにか、マスク一丁でノロウイルスにかからないで過ごしたいものだ。

手洗いは、

爪の間も親指の周りも手首も洗うんだよ。。と病院に張り紙がしてあった。

厳重に洗ってます。

Img_0222

風呂上りでムシャクシャするので分身に噛み付いてみました。

へぼイノシシ

Img_0204

イノシシの

写真を撮り忘れていた^^;

撮りたくない気持ちのあらわれか。。。

 

人でも動物でも首ってのは、大切だ。

ネック。。なんていうくらいだから、、物事の要みたいなものだ。

なのになんでイノシシには首がないのか。

首がないわけではもちろんない。

けど彫る時に首をなくせば、イノシシになる。。

 

バランスが悪い。

胸から急に顔だわ。

おかしいよ。

そんな話をしたら、生徒さんの漫画家の方が、私もイノシシ村に三回も行ったけど

あの独特のバランスが難しすぎて巧く曲線が描けないということをメールで知らせてくれた。

ついでにあろうことか、母君がイノシシに似てるんだそうな。。

あちゃ~~。

なんて言いましょうか、、、、、返事がみつかりまへん。。

とにかくイノシシは終ったのだから

来年のことなのに、もうイノシシは忘れることにしようと思う。

さようなら、イノシシ。。。

 

●●●

クリスマスもまだなのに

近所のスーパーはもうすっかりお正月用品だ。

お飾りが階段にやたら飾って売っていた。

私はあまりお正月のものを作ってないけど

実は、羽子板の板が二枚あるのだ。

これは羽子板をして遊べよってことじゃなくて

これに彫りをして、仕上げる為の板なのだ。

正確には羽子板用の羽子板形をした板ということかな。。

毎年毎年使いそびれている。

羽子板として仕上げるには夏頃やらないといけないわけなんだ。

夏頃、クリスマスとか雛人形を作るのと同じくらい羽子板も嫌だもんね。

が、

もったいない気がしてはいる。

どうにか使いたいものだ。

過去に、とてつもない重い羽子板を作ったことがある。

両手でやっと持てる重さで、、、

なぜかというと、羽子板も厚い木だったけど

上のお姉さんも同じ板で彫ったので、二重の重さなのだ。

飾るにしても重すぎて倒れてしまうという、間抜けなものを

作ったのでそのままお蔵入りになった。

箱代だけで2万円以上もしたのだった。

なのに知らない間に、誰かが踏み抜いたらしくて

蓋が大きく穴が開いていたのだった。

犯人は解ってはいる。。

けど、私は知らないというだろう。。。

またもやお蔵入りは続くのだった。。

 

もう一つは、茶室に飾る羽子板というのを作ったことがある。

これは中々綺麗なものだった。

江戸風のもので、今風のお嬢さんがくっついてるようなものではなくて

絵巻風だったように思う。

羽子板もいいね~~。

誰か、羽子板を注文してくれるような人はいないかしらん。。。

 

 

暖かい日

昨日と今日は結構暖かい。

のんび~りとしてしまう気温だ。

が、油断はならない。。

日曜日あたりからさむ~いそうな。

昨日は、お歳暮にシクラメンを頂いた。

Img_0201

我が家は花というものがない殺風景な家だけど

こんなんが来ると妙に華やかになって嬉しいものだ。

犬もそう言っとる、、(言うかいな、、、)

なんで我が家に花がないかというと

ネコが全部食べちゃうからだ。。

案の定、すぐに葉にとっついてしまった。

犬の場合は、上の方に上げておけば問題ないが、

ネコの場合は上に置いても同じように食べにいけるので

外に置くしかない。

外に置いちゃあ、見えないよな。。っと。

ネコは食べるだけならまだ許せるのだけど

隣に食べたものを胃液と混ぜてもう一度出してあるんじゃん。

バカヤローーーーだわ。。

母が入院してから、私は家政婦と化しているんだけど

一人がいなくなると

全体の歯車が少しづつ狂ってきて

犬が荒れる。

ネコが元気がなくなってくる。。。。

という具合で、

狭い家の中はてんてこ舞いなのだ。

ついでに

犬から離れるとやたら吼えまわるので

二階に仕事にもいけやしないのだ。

犬ごときに負けてたまるか。。と思って

振り切って二階に行くのだけど、、

そういう時は今度は一人で悪さをしているのだ。

違うところにオシッコをしてみたり、

色々なものを壊してみたりと、用事を沢山作ってくれるのだ。。

ありがとう。。。。^^;

病院から帰ってきたりすると

ネコは迎えにかなり前から出てるのだけど

突然迎えに来る犬に横取りされる。

犬が私にまとわりついて、こんなにも一人で留守番してた。。ということを

飛びついて訴えるのだ。

ネコはその陰で、結局声をかけられる程度で我慢せざるを得ない。

ネコだって寂しいのだ。

これがつもりつもって、毛がザラザラしてきて

食欲がなくなってくる。

団子状態になってきて、調子悪くなってきたんだな。。と思うのだ。

可哀想なネコちゃん。。。。

軽ーくなってしまった。

年寄りなのに。。。。。

クソっ、あのバカ犬。。などと思いながらも、犬をコリコリと撫でてる私。

私は家事にかける時間は無駄だと思ってるタイプなんだけど

せざるをえない。

洗濯などは朝っぱらからやると疲れるので

夜のうちにしておこう。。と思って、寝る頃にブラブラとそこらじゅうにかけておく。

案外朝までには着られるくらいに乾くものだ。

こんなものに時間は取られまいぞ。。。という意思のもと、、

シワシワのまま干すのだ。

シワがあったって、別段どうってことない。もちろんアイロンなんかは何年もかけてない。

シワを伸ばす手間が時間を取るのだ。。と信じている。

とにかく、家にいる時は仕事をしないといけないのだ。。。

そうやって言い聞かせ続けてン十年。

仕事場に座るだけでホ~っとするのだ。。

仕事をせっせと出来てるうちは幸せなんだなーーー。と

シミジミ思う今日この頃なのだ。

木彫り紹介

今日は朝から天気が良い。

富士山はうっすら、、だけどなんとか出た。

富士山が見えると何か良いことがあるぞ~ってな気分にさせてくれるのだけど

普段はあまり見ることが出来ないことが解ると

逆に普段は良いことがないぞーーみたいな気分になっていけない。

雨戸開ける時に期待しないようにしないと。。。

 

●●

以前から何回か見たことがあったのだけど

今回久しぶりにじっくり見て、かなり面白かったので紹介します。

Ryoma

http://www.iwasaki-parody.com/

 

この竜馬さんの涼しいお顔立ちがなんともいえない。。

他の作品も一人でPC見ながら笑ってしまう。。

まったくよく彫れてるし。。。

無理やりこじつけてあることわざを

すばらしい技術で簡単に理解させてくれるところがすばらしい。

中々こんな構図って考えても

思うようには彫れないのに、、

巧く彫ってあるな~~。アハハァ~。

 

 

昨日から久しぶりの雛人形なので

年またぎながら、製作するっす。

年中作りたくはないけど、タマには作りたい雛人形。。

爽やかな春を届けてくれます。

そういえば、もう水仙が咲いてるところがあったっけ。

これまた、爽やかな春を運んでくれてるっす。

芋二題

木枯らしみたいな風が吹くと

焼き芋が恋しいな~~。

Img_0196_1

美味しそうに見えないでしょうが、、、、、

実はどっこい美味しいんです。この焼き芋。

なんで美味しいかというと

じっくりと長時間かけて5分に一回転がして丁寧に焼いてるので美味しいんだそうな。

ついでにそういう手間をかけてるので焦げないのだわい。

だから芋本来の自分の甘さがぐわ~っと出てきて

美味いんす。

ついでに数日経っても味が変わらないっす。

手間をかけるってのはそれだけのことはあります。。

焚き火にポンと放り込んでおいてそのまま。。なんてのは

美味くないんすよ。

 

ところで、近所に犬の散歩に行った時に

サツマイモ畑があって

こういうのが沢山転がってたのだけど

Img_0192

これはどなた様が召し上がった痕なんでしょう、、

田舎の畑だと野ねずみとかだと思うのだけど

ここら辺では何なんだろう。

やたら興味深々で写真撮ったのだった。

こんなにおいしそうなお芋を沢山ダメにするほど

食べちゃう動物は何なんだろう。。

なんだか私はウキウキ気分で、目がキラキラ^^

 

へぼイノシシが出来上がった。

ばんざーいというほど出来が良くないので大人しくしている。。。

そういうところに雛人形の注文が入ったので

早速気を取り直して雛人形にかかろうと思うけど。。

今年は早めに(虫の知らせか、、)イノシシを片付けておいてよかった。

いつもは年末にあせって作るのだけど

今年は11月から作った。

こんなにもイノシシが形にならないとは思わなかったので

長い時間くってしまったけど、

そこに雛人形が入るとなると、またもやてんてこ舞いになるので

へぼでも仕上がってよかったのだった。。。フー。

トナカイを彫りたいなあ~~。

角の重そうなトナカイ。

いいねえ~~。

雛人形始めちゃうから時間ないかな。。。。

来年になるか、、、、

ウーーーン。。。。トナカイさん。。。