ホーム>工房日誌>アート・文化>秋本番
アート・文化

秋本番

昨日今日とカラリと晴れ

やや冷たい風なんか吹いてすっかり秋らしい雰囲気だ。

空がものすごく綺麗。

空の青さも綺麗だけど雲もなかなか。。

モコモコとした雲の形も飽きないもんだ。

Img_0080

近所のイチョウの木

あっち側とこっち側では随分青さ(黄色さ?)が違ってておもろい。下の四角く切ってある植木はヒイラギで

今花が咲いてて良い香り~~。

最近青少年の自殺のニュースが多くて悲しいものだけど

せっかく生まれてきたのに

まだ10年ちょっとで自分から死んじゃうのはもったいない。

かくいう私も10代は自殺志望だったなあ。

何で死にたいか、、と考えてみると

特別どうって問題もなかったように思うけど

全体にぬるま湯に入ったような生き方が苦しかったように思う。

死にたくなくなったのはいつからか、、というと

20歳越してからだと思う。

それからが本当の苦しみが始まった^^;

そんなものかもしれない。

生きていれば、良いこともあるし、悪いこともある。

しかし、せっかく生まれてきたのだから

何かしら、自分の役目。。みたいなものをキチンとはたしてから

死にたいとは思う。

自分というのは世間の中のほとんどなんでもないくらいの一部なんだけど

それでもそれが皆集まって活動することによって

社会の一部として自分の役割を果たすことが出来るわけだ。

大それたことをしようとか、自分がいないと社会はまわらないと

思う必要はないし、そういうことはないんだと思うけど

それでも自分は要らないものではないと思いたいね。

昨日テレビのダッシュ村のミツバチのところを見てて

いつものように思ったんだけど

ハチやアリは本当に熱心に働くなー。

ああいう気持ちで毎日を過ごすのが良いんじゃないか。。って思うのだ。

働きバチなんて言葉があるけど

そういう意味じゃなく、

毎日自分のやるべきものをキチンとやって過ごす。ことによって

長い目で見て色々なことが達成していけるのじゃないか。

私は遠大なる計画は持ってない。

そういう必要はないような気がする。

階段を一段づつ登るような行為が大事なんじゃないかと思ってるのだ。

働きバチという言葉は会社で仕事ばかりする。。というような意味に思えるけど

会社以外でも一生懸命やらなければいけないことは沢山ある。

生きるということは色々なことをしないとならない。

遊びもあるだろう。

寝ることだって大切だ。

どれに対してもそこそこ熱心になるべきだ。

仕事だけしてれば良いってもんじゃないもんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/787

コメントする