ホーム>工房日誌>アート・文化>閉鎖的な私、、、
アート・文化

閉鎖的な私、、、

私は何があっても病院には行かないけど

母もとうとう行かない人になってしまった。

お陰で病気だろうと思うのだけど、どこが悪いのか良く解らない。

今回とうとう病院に行く羽目になってしまった。

病院は嫌じゃ~~。

こんな私も小さい頃はずっと病院に住んでいるのかと思うほど通ってたのに。。

いつからこんなに嫌になってしまったんだろう。。

自慢じゃないけど、歯医者だって30年行ってないのだ。

そう、、、最後の歯医者は20歳の時だったっけ。。。。

何故嫌いになったのか、、というと

自分の症状が病院向きじゃないということか。。

大体が、病院と言うのはどちらかというと急性病に向いている。

慢性病だとなんとなくはっきりとしなくて、効果も今一、先生の反応も今一なのだ。

私は慢性病タイプの性格なのだ。

とにかく長く行かないと段々行きたくなくなるもので

お医者の顔を見ると緊張するようになってきた。

今回自分ごとで行ったのではないのに

妙な緊張度はどうだろう。

受験のような感じなのだ。

ついでに母もいやだ、、行きたくない。。などというので

中々重い腰が上がらない。

なのに、入院した母は結構ケロリと元気でいるじゃん。。

夜眠れなくなったんじゃないか、、とか

寒くはないか、、、とか、

トイレが解らなくなって間に合わなかったんじゃないか。。。と心配してたのに

そんなこともなく普通に生きてるのだ。。

ついでにお医者さんに今住む家がないので

追い出されても困るから置いてくれ、、、とお願いしたんだそうな。。

あっちゃ~~~~。

確かに家は今ないけど、野宿じゃないよ。

先生だってかなり可哀想。。と思ってるみたいで、驚いた。

朝ご飯も昼ごはんも抜いて駆け回っている私とは裏腹に

テンとして元気でいるので良かった。。。というかちゃっかりしてるというか、、、、

ともあれ、帰りたい帰りたいと悲しんでいるのと違って私の気持ちは急に楽になった。

閉鎖的な私が育てる閉鎖的な猫。。

これはネコが足の間に無理やり納まったもので、私が足を狭めてネコをコンパクトにしたんじゃないんす。

Img_0162

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/782

コメントする