ホーム>工房日誌>2006年10月

2006年10月

デジカメ

デジカメ買ったー^^。
Dscn2619
前のが壊れないけど、年中新しいのを買わないと
品質が良くなってるのでいけない。
大事に使えば、もつ、、、、という時代ではないなあ~。
もったいないんだけど、
たかが2年くらいでまったく違うものになっているー!
今までは、ニコンを使ってたけど
今回はキャノンにしてみた。
画像の質と小さいものを撮るということに重点を置いて
なおかつ、バカチョンで良い^^;ということも私にとっては大事なのだ。
写真って、絵とか字とかと共通するものがあるなあ。
ヘタな人はいくらやっててもヘタだし、
巧い人は最初から巧い。
天性のものだと思う。
技術的に巧くても、出来たものはやはりそれだけじゃないな~。
画面が更に大きくなってるのが嬉しい。
これ以上は、カメラが大きくならない限り大きくなりようがないくらい
大きい。
私は何でもホイホイと捨てちゃう方なので
画像もそんなには取っておいてないのだけど、
今度、HPに過去に作ったものを載せることにしてみた。
昨日、雛人形と仏像を載せた。
他には、動物と人形がある。
写真に撮ってないものもあったりするのだけど
まあ、昔のものはしょーがない。
写真を見ると、随分作ってるんだなあ、、と思う。
手元にはあまりないんだから、
どこかのお宅で収まってるか、捨てられちゃったか、、、というところだろう。
昔のものを見たいか見たくないか、、というと
ちょっと複雑。
怖いともいえるし、見てみたい気もする。
昔はもっと仕事が速かったので、かなりの数になると思う。
ジュサブローさんが、自分が死んだら人形たちも一緒になくなってほしい。と
前に言ってたことがあったけど、
私はどうだろう。
手元から離れると、ある意味で独立した存在で、私のものではなくなるので
大切にされても良いし、粗末に扱われても仕方がないと思っている。
長い時間大事にされるもの=良い物と理解してるので
残るとすれば、良い仕事をしたと言えるし、
何も残ってないならそれくらいの仕事しかしなかったと思わざるを得ない。
運よく、、ということもあるやもしれないけど、
やはりよいものは良い。
確実に残る。
残るものが作りたいと思った時期もあったけど、
最近は、そういうことに執着してない。
自然体で良いと思ってる。
形あるものいつかはなくなる。。。かな。

秋の花

金木犀がまた咲き始めた。
じっと見てると、金木犀というのは近い時期に二度咲く。
間は一月くらい空いてるだろうか。。。
変わった咲き方だと思う。
 
 
昔は家に彼岸花を植えるものではない。。と言われていたけど
今は、あまり気にしていないようだ。
けど、どうしてもお墓の近くだとか、
なんとなくヒトダマなんかが似合うような感じで
綺麗なんだけど、たとえば花束にしたい。。という花ではない。
白花などもあって品良く美しい。
洋種のようだけど、こんなのも綺麗であった。
 
Dscn2610
●maru
 
maru
maru
maru
maru
 
maru
maru
maru
maru
maru
 
maru
maru
 
すっかり外の花も風情のある秋らしい楚々としたものが多くなった。
ちょこっと手折って挿してみたくなるような花も多い。
こういう時にちょちょっとデッサンをすると良い。
最近描いてないな~~。
どこかの文章で、デッサンは毎日するもの。。ってことが書いてあった。
習字とデッサンは毎日した方が良い。
ピアノやバイオリンもそうじゃん。。
彫りも毎日した方が良いといわれたことがあったっけ。
人間毎日しなければいけないものが多いのね~。
毎日しなければいけないと言われると負担になるものだけど
好きだと毎日せずにいられない。。というのが一番良い状態かもしれない。
無理にするならしなくても良いような気がする。
好きこそものの上手なれ。。だもんね。
お稽古の生徒さんを見てても
夢中になって4時間が過ぎてしまって、終わりの時間が気がつかない人が
結構いるのだけど、
そういう人はやはり好きなんだな~と思ってしまう。
私は仕事をしてて時間を忘れた。。ということは過去に一度もない!
これって好きじゃないんだあ~?
仕事じゃなければ、時間を忘れることもありそうだけど
仕事になるとどうもそこまで楽しめない空気がある。
仕事なんだけど、忘れてしまうほど楽しめるものにしないといけないのかもしれない。
そこに必要なのは、欲を捨てること。。。かな。
純粋に好き。。ということを大事にしないといけないのかもしれない。

クマの時期

 
クマの被害がニュースになる時期になってきたけど
今日の新聞に、
襲撃のクマ、なたで退治。
という見出しがあった。
わたしゃ~、こういうのは好きだね。。
本文にも
「山でクマに襲われ、仕留めた。」
と書いてある。
それも73歳。
いいなあ~~、自然界を感じるなあ、、、、
もっとすごくて笑えることに
仕留めたクマをリュックにつめて駐在所に届け出た。って。
あは~っ!
小熊で可哀想だったけど、やらないとこっちがやられるので
仕方がない。。ということだ。
なるほど。。その通りだと思う。
 
毎年こういう嬉しいたくましいオジさんがニュースに出てて
頼もしい。
去年は胸にドンと頭突きをしたオジさんがいたっけなあ、、、
人間、イザという時に落ち着いて相手に対処できるということは大切だ。
動転したらもう負けだ。
イザという時に落ち着いていられるか。。。
ゴキブリがでたくらいでもアタフタしてないか。。。
(私かい、、、、?)
昨日、もう時期はずれのゴキブリがでて
あまりゴキブリを見ない今の生活では、出られるとやや動転するんだけど
前回、(今年は3回も出た!)
近くにあった新聞でぶったたいたら、ペチャンコになったので
気を良くして新聞を持って叩いてみたら、あらぬ方向を叩いてハズレ。
その音に驚いてワンコは仰天して飛び回る。。ということで
逃がしてしまった。。。
今までは殺虫剤を使ってたのだけど、
後の匂いやなんやらを犬もネコも嗅ぎまわるので、どうも体に良くないだろうと思い
新聞紙にしてみたんだけど、
あれも訓練が必要だ。今頃から初めても巧くはいかん。
手でつぶす人も結構いるらしいけど、それには度胸なし。
 
●●●
 
先週のお稽古でのニャンコと馬。
馬に光が当たって美しいし、かわいらし。
後 尻尾とたてがみをつけるだけだ。中国の骨董を手本にして彫った生徒さんの作品。
優しげな馬だな~~。
優しげなものを作るのはやはり優しげな人間だ。
優しげな人間をすぐになめて、机の上に陣取る龍之介。
ネコはよく人を読んでる。。。(偉い。。)
Dscn2604