ホーム>工房日誌>アート・文化>月曜日
アート・文化

月曜日

月曜日は週の初めなので

仕事をする日と決めている。

だからお稽古はない。

月曜はさすがにやるぞ~という気持ちがあって

なんとなくはかどるものだ。

はじめにちゃんとやっておくと、週の終わりにダラダラしても

なんとなく一週間ちゃんとやったような気がするのだ。

カメ吉も長いことかかったけど

カメ吉と呼ぶのは申し訳ないようなお姿になった。

Dscn2496_1

写真ではハゲのように見える部分は漆で、

実際にみるとここのところが木目がでてて綺麗なのだ。

木目がでてるとほっとする。。

自分で描いたものとは大違い。自然の力の偉大さよね。

今から、漆で更に彩色して終ろうかと思っている。

ホシガメなので

星柄を入れようと思って、入れてみたのだけど

どうも似合わないのでやめてしまった。

ならホシガメじゃないじゃん。。。ってところなんだけど

なんとなく星が入ってた雰囲気を出して、ホシガメになってもらおう。

 

というか、星を入れると案外しつこいのだ。

せっかくの木目が見えなくなっちゃうのでや~めた。

その代わりとは言わないけど

裏側に星柄を入れておいた。

裏も豪華^^ってところかな~。

ここのところ、かなり蒸し暑い毎日で、けだるい。

タマに風のある日もあるけど、

今日などは、風なし。家の中でも32度だ。

が、、、、、

最近寄る年波か、氷ってものを口にしない。

前はいつも冷蔵庫から氷のカケラを取っては口に放り込んでいたものだ。

当然カキ氷も食べない。

暑くてもそうめんなども食べない。

そういうものでツルツルと流すって気分はない。

暑い時ほどコテコテとしたものを、、、、ってことは逆に若いんじゃんね。

コテコテとまではいかないのだけど、、、

あまり熱いものも冷たいものも好まなくなった。

中国人みたいになったのかなあ~。(中国人は熱いものも冷たいものも食べないんだよ。)

 

昔弟子入りしてた頃、そこら一帯では

夏はナスとピーマンの煮物ってのを毎日毎日出していたものだった。

百姓をしてるとそれが採れ過ぎるので、そうやって食べるしかないのだ。

我が家ではそういうものを食べたことがなかった。

今、私はひっそりとナスとピーマンを煮たものが食べたいんだわ。

これは懐かしさか、、、、

夏はこれだけでも良いってくらい好きなんだわね。。。

母はそれを作ると嫌~~~な顔をするんだけど。。。。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/745

コメントする