ホーム>工房日誌>2006年8月

2006年8月

着物の人形

いつ頃だったか、
もう15年くらい前になるかなあ、、、、
その頃、一度、着物を着てる人形を作ったのだった。
Dscn2525
 
その頃流行ってたジュサブロウの人形を意識して作ったもので
目が寄り目になっている^^
手足は別々に作って、接続してあるのでブラブラと動く。
自力では立てないので後ろの支えがしてあるのだ。
 
人形はそれほど大変ではなかったけど、
大きさが70cm~80cmほどあるので
着物がね~~~、
そりゃもう大変だったんだわね~~~。
 
 
美しい紫の着物だったけど、今ではボロボロになってしまい、、、、
というのも大正時代あたりの細かい刺繍の入った立派な着物を古着屋さんで買ってきて
長い時間かけて人形サイズに仕立て直してもらったのだ。
このサイズの人形になると
着物も一枚では仕立てられなくて
よい柄を選んで使うと二枚の着物をつぶすことになるのだった。
 
裾まわりと袖の下の方にも綿を入れてあるのだけど、
二枚着てる下の着物にも同じようにして入れてある。
 
長じゅばんも下品でない柄を選んで仕立ててる。
帯だって、袋帯よ。
ちゃんと着付け教室の先生に着付けてもらったんだわ。。
(今じゃあ、着崩れてるけど^^)
 
そんなにしても、布は布だなあ、、と思う。
木と違って、古びるのが速いんだもんなーー。
がっかりです。
その後、布があまり面倒なので、一切布を使った人形には手を出してないっす。
これを今回、捨てようかと思ってる。
引越しの度にカンザシは折れるし、
ボロをまとってるようでなんだか見た感じが哀しい。
そのうち誰かが着物を作って着せてくれるかと思っていたけど
当然、誰もしてくれないしーー。
こんな人形でも、着物の似合う似合わないってのがあって
似合う柄を探すのは大変だったのだ。
結構気位が高いのだ。
こんなんでも捨てるにあたっては
誰か欲しい人はいないだろうか、、、という気持ちもある。
けど、捨てるとなると簡単に捨ててしまう私。
どうしようかな~~~。
こういうものは作るもんじゃないな、、、というのが、現在の気持ちです^^;
 

秋近し、、

秋近し、、、というのは、もう遅い?
暦の上ではもう秋かな?
とすると近いんじゃなくて、もう秋なのか。。。。
しかし、ここ数日の朝の涼しさの気持ち良さ、、、よ。
ついついガバ~っと我を忘れて寝てしまう。
 
 
 
昨日犬の散歩をしていたら、突然足元に何か大きなものがあたったので
仰天した。
見てみたら、、
Dscn2533
 
 
 
私の足にも秋だわね、、、、
大きなバッタだった。こんなん見るの久しぶりです。。
あわてて歩きながら足上げて、カメラ出して、犬押さえて、、、、^^;
写真撮ったのでした。
こういう虫って本当に精巧に出来ててすばらしい。
どうにか虫を彫ってみたいものだ。
以前には、入れ物の取っ手が虫だったり、、、と
いうようなものは作ったことがあるのだけど、
虫だけの置物みたいなものは作っていない。
どうしても足を作るのが悩みなのだ。
触覚だって大切だし。
それらを竹で作る人も多い。
しかし、木と竹の組み合わせはどうもあまり好きになれない。
かといって木と金属になるともっと嫌なんだ。
というわけで、ずっと虫には手を出していない。
一度、作ってみたいものだとずっと思ってる。

カメ吉、売れる。

一昨日の夜、カメ吉をHPにアップして
ああ、終った。。。とほっとして確認の為、ネットで見てみたら、
なんと、全然表示してないっ!
 
よーく考えてみたら、どうやら、ページを作ってリンクをするのを忘れたらしい、、
そんなら、リンクしようと思っても、今度はそのページが見つからない。
 
また、よーく考えてみたら、
いつも小まめに要らない分は捨ててしまう私は、
リンクしてなかった未使用のページまで捨ててしまったのだった。。。
 
がくぜ~~ん、、、、、
いやいや、、思いなおして、もう一度ページ作りから頑張る。。
夜中の一時になった頃にやっと作り上げてアップできた。。ほっ^^
 
そのカメ吉が、昨日もう売れてしまった。。。
ありゃ~~~~。
 
うちでもカメ吉が仕上がってから数日なので、ほとんどの人は完成をみてない。
私もほとんどしっかりは見てないうちに荷造りしてしまった。。
 
今日は宅急便に乗って、遠隔地へ~~~。
 
さいなら、カメ吉~~っ。
 
が、
気を取り直そう。
 
もう次の犬が出来かけているのだった。
 
昨日はクマですか?と聞かれてしまった^^;
 
まだ耳をつけてないのでクマに見えてもしょうがないかな、、、
 
前にも書いたことがあるんだけど
ほぼ日刊イトイ新聞ってのがあって、そこの中に気まぐれカメらってところがある。
そこに糸井家で飼っている、ジャックラッセルテリアという種類の愛嬌のある姿の犬がいる。
かなり腕白で飼い難い犬種らしいけど
なんともマンガチックで可愛い。
毎回動きのあるその写真を見ていて
いっちょ彫ってみようかな。。と思ったわけだ。
 
短毛種は筋肉などの動きが良くわかって面白い。
ついでにブチが片目にかかってるので、両方の目の雰囲気が違うのだ。
 
片方は憂いがある優しい目。
片方は活発な元気な目。。という感じだ。
能面のようね。。。。(能面の目は、向かって左側を憂いのある目、右側を明るく晴れた目に作る。)
 
そんなわけで、どんな風に仕上がるか、自分でも楽しみにしてるのだ。
 
●●●
 

面白い写真

Dscn2507 

以前に、朝日新聞の横浜版だったかに掲載されたこの写真。

ちょっと見づらいけど、、、

 

横浜の名所、三景園ってのがあるのだけど、

そこを歩きに行ってた人が撮ったという写真で、

登場人物^^;は特別変哲もない、野良猫どんとアオダイショウ君だ。

しかし、この二人のすばらしいお姿。。。

野生の王国でしょ?

大笑いしてしまって、印象に深かったのだけど

今回新聞読者写真展?(そんなのがあるかな?)でまた再登場してくれた。

何回見ても飽きないのだ。

アオダイショウ君の大口。

普段アオダイショウは大人しげで、大口なんて開いたりしない。

これじゃあ、まるでコブラだわよ。。。

ネコのカッコまたは、どうざんしょね。(笑)

こうやって立てるんだあ~。と感激してしまう。

後ろのハス池も中々風流だ。

なんとも言えない、普通であって普通にはない良い写真^^。

庭の片隅でもこういう戦いって日常茶飯事にあるのよね。。

月曜日

月曜日は週の初めなので

仕事をする日と決めている。

だからお稽古はない。

月曜はさすがにやるぞ~という気持ちがあって

なんとなくはかどるものだ。

はじめにちゃんとやっておくと、週の終わりにダラダラしても

なんとなく一週間ちゃんとやったような気がするのだ。

カメ吉も長いことかかったけど

カメ吉と呼ぶのは申し訳ないようなお姿になった。

Dscn2496_1

写真ではハゲのように見える部分は漆で、

実際にみるとここのところが木目がでてて綺麗なのだ。

木目がでてるとほっとする。。

自分で描いたものとは大違い。自然の力の偉大さよね。

今から、漆で更に彩色して終ろうかと思っている。

ホシガメなので

星柄を入れようと思って、入れてみたのだけど

どうも似合わないのでやめてしまった。

ならホシガメじゃないじゃん。。。ってところなんだけど

なんとなく星が入ってた雰囲気を出して、ホシガメになってもらおう。

 

というか、星を入れると案外しつこいのだ。

せっかくの木目が見えなくなっちゃうのでや~めた。

その代わりとは言わないけど

裏側に星柄を入れておいた。

裏も豪華^^ってところかな~。

ここのところ、かなり蒸し暑い毎日で、けだるい。

タマに風のある日もあるけど、

今日などは、風なし。家の中でも32度だ。

が、、、、、

最近寄る年波か、氷ってものを口にしない。

前はいつも冷蔵庫から氷のカケラを取っては口に放り込んでいたものだ。

当然カキ氷も食べない。

暑くてもそうめんなども食べない。

そういうものでツルツルと流すって気分はない。

暑い時ほどコテコテとしたものを、、、、ってことは逆に若いんじゃんね。

コテコテとまではいかないのだけど、、、

あまり熱いものも冷たいものも好まなくなった。

中国人みたいになったのかなあ~。(中国人は熱いものも冷たいものも食べないんだよ。)

 

昔弟子入りしてた頃、そこら一帯では

夏はナスとピーマンの煮物ってのを毎日毎日出していたものだった。

百姓をしてるとそれが採れ過ぎるので、そうやって食べるしかないのだ。

我が家ではそういうものを食べたことがなかった。

今、私はひっそりとナスとピーマンを煮たものが食べたいんだわ。

これは懐かしさか、、、、

夏はこれだけでも良いってくらい好きなんだわね。。。

母はそれを作ると嫌~~~な顔をするんだけど。。。。

 

マッサージに行ってきましてん

一昨日、夏休み最終日^^に断固決心して

マッサージにいくことにした。

前日のこともあるので、電話には出ないようにしていたけど

案の定、お稽古の電話がかかってきたので

居留守にした。

今までは、整体へタマに行ってたけど

あまり巧くなくて、

どうも続けていく気がしないのだ。

続けないといけないよ。。と言われて、そうだろうなとは思うんだけど

効果があまり出ないのと、

もまれ疲れというのか、ぐったりとなってしまう~。

それが嫌であまり行かないのだった。。

今度は歩いて15分くらいのところに

今までなんで知らなかったのか不思議なくらいなんだけど

交通量の多い交差点に見つけたのだった。

交通量があまり多いので普段横道を通ってしまってみることがなかったのだった。

 

ここは、正確にいうとマッサージではない。

ハリだった。

私は案外ハリが好きよん。

ハリにも色々あるのだけど

私程度なら簡単なハリでも効果があるので

なが~いハリを使ってくれなくても良いのだ。

とにかく、結構気持ちがよく、

早速来週の予約もしてしまったくらいなので、

今まで渋って予約しなかったのは、やはり巧くないというのを感じていたんだろう。

自分に正直にならないといけないな、、とシミジミ思う~。

そんなわけで肩の調子も久しぶりに↑のようだ。

半年も我慢してしまったな~~。

我慢は美徳ではないね。。と思いながらも

ついつい我慢してしまうセコい私。

最近では、肩にタオルを乗せ、腕にはサポーターをつけ、

手首にもウォーマーを巻き、、、というむごたらしい姿だったのに

今日は無しでいられる。

ああ、ハリさまさま。。。

そんなわけで、停滞してたカメの方もやっと進むと思う。

最近ダラけてるもんな~~~。

そう思っても、どうにも体が動かないのだ。。

気合を入れても数分でへちゃる。。

いけねえ、いけねえ、、

まだ年取るには早い。。。。(ような気がする。。)

 

いつも期待に胸躍らせてる年頃のワンコ。(結構めんどい^^;)

目がキラキラじゃん、、、、、、、

Dscn2492

仕事開始

貧乏性の上に貧乏な私は、どうも休みってのが苦手で

結局のところ3日も休むとやることがなくて、ヒーーーっ、てな

感じなのだ。

昨日、やはり仕事すべや。。と思って

ニカワを浸けて用意して、久々にカメ吉を彩色したのだった。

一昨日散歩をブラブラとしてたら

近くなのに気がつかなかった場所に

針灸マッサージってのがあったので

私としては久しぶりに針治療も良いなー。。と思ってたところなので

行ってみようと思い、お盆休みだろか?と思いながらも

電話してみたら、やってるという~。

そりゃ良かった。。とばかりに昼間に予約をして

勇んで行こうと思ってるところに、

玄関のチャイムが。。。。。。。

なんとお稽古の生徒さんだった。

数ヶ月休んでたので、夏休みを知らないのだった。。。

あちゃ~~~。。。てなわけで

マッサージをキャンセルして、お稽古をやってしまった。

本来なら帰ってもらうところなんだけど

高齢ということでもあり、遠方から来ていただいてるので

そうも言えない。

掃除しておいて良かった^^;

顔はヌラリと素顔だったけど~~。。

そして、キャンセルしたマッサージを今日にしたのだけど

またもや、、、と思って

今度は電話にも玄関にも出ないで、マッサージに行くぞ。。と

思っていたら、

案の定、電話がかかってきて、、

今日のお稽古だった。。。。

もちろん今日は居留守を使った。

年をとると夏休みを理解してもらえないな~~などと思っていたら、

どうも私が言ってないんじゃん?

私が年寄りなんだあ~~~(へへ)

誰に言って、誰に言わなかったか、覚えてないっし。。。

昨日来た人といつもコンビで来てくれる人にあわてて電話をしてみたら、

こちらも来るつもりだったという。。。

が、急にお通夜が入って、行けなくなったことを

電話で知らせるのを忘れたって。。

どちら様も頭の中が沸点に達してるな~~^^

怪しい世界だ。。

アハハ~~~、、、

笑うしかないなーー。っと。

Dscn2451

一服の清涼剤のようなホテイ草の花。一日だけよん。綺麗だにゃー。

 

お盆休み

ちまたではお盆休みのようだ。

静かだ。

お正月とお盆の時の空はとても綺麗で清々しい。

●●

ここのところ、暑苦しくてパンが残るので川へ鯉にやりにいった。

Dscn2480_1

鯉は結構気持ち悪いものなのだ。

以前には錦鯉の放流などをしてたので

美しかった鯉も最近は自然繁殖で黒が圧倒的だ。

皆大きくなって60cmはあると思う。

それがパンを見ると、、というか人影を見ると

遠くから集まってきて、パンをやった途端に盛り上がって奪い合うのだ。

鯉は歯があるんだろうか。。。。

とりあえず大口を開いてるのだけど、歯は見えない。

シュボーッと丸い口を開けて吸い付くように食べる姿はかなり恐ろしいものだ。

犬だって仰天して耳が飛び上がっている^^;

鯉が盛り上がると

鴨が来るのだ。

鴨も決して負けてはいない。早業で鯉よりも早くパンを取る。

やがてハトが来る。

ハトがバタバタと羽ばたきしながら、大暴れするので

ダニだとか、毛だとかが飛び散りそうで汚いのだ。

そんなこんなでスズメまで来ちゃって大騒ぎよ。

 

そうそう、そういえば、

スズメ用に小さくパンを切ってくる優しいおばさんがいる。

8mm角くらいにパンの耳を刻んできて、スズメ一羽一羽に

与えている。

が、そこにハトが来ると

オバサンは鬼のような顔をして追いかけて追っ払うのだ。

その顔と姿はかなり怖い。

オバサンは優しい人なんだろうか。

動物が好きなんだろうか。。。。

色々と考えてしまう~。

川は結構面白いのだ。

花火大会

昨日は鎌倉の花火大会だった。

我が家から海までは8キロくらいあるので結構時間がかかるんだけど

犬も連れていくし、あの花火の満員電車には乗りたくないので

歩いていくことにしている。

歩くと遠いどーーー。

チンタラと歩いて2時間半くらい。。

往復で5時間。。。

ごくろーーーさん。。という感じだわ。

それでも海にたどり着いた時は感激だ。

数年見てて、思ったのは

花火の煙が正面の一番人手が多い方に流れるということ。。

これだとあまり良く見えないのだ。。

それを見てて、あえて今年は正面より左手の材木座にした。

材木座は正面の由比ガ浜よりもずっと人が少ないし、

やや小さくなるものの、はっきりくっきりと見えるのだ。。

Dscn2474

花火の写真は難しい~。

私のようにヘタクソなのと、バカチョンカメラなので

どうにもよく写らない。

10枚くらい撮った中で、なんとか見れるのはコレだけだった。

でも良いとしよう。。。

水中花火というのが地響きも多くて面白い。

花火は腹にドスンと来る音が命よね~。

高速の船でどんどん海の中に花火を落としていくらしい。

かなり怖い仕事だね。。きっと。

人間の印象なんてはかないものよね。。

花火をかなりじっと見てるのに

終るとすぐに忘れてしまうし、

夢にも見ない。。次の日は何もなかったように忘れてる。

あの美しさをなんとか記憶にとどめたいと思ってじーっと見るんだけど。。。

そしてついでに、

山下清じゃないけど、ああいう風にしか

印象を絵に表せない。

あのすばらしさをまったく、表現できないんだよな~~。。

どんな風に伝えれば、それが通じるか。。。というのはかなり難しいのだ。

いつも本物は偉大だ。

五感を通じて感じるのだ。

視覚重視のこの頃だけど、五感で感じてるんだよね。物事は。。。

 

台風

夜中はすごい雨だった。

この分だと今日のお稽古はキャンセルだな~と思っていたら

案の定、そうなったんだけど、

今は雨が上がって、セミがガンガンに鳴いている。

これでも午後は台風になるんだろうなあ~?

昨日の夕方の夕焼けはすばらしいものであった。

空全体が燃えてるような感じで、なんとも言えない異様とも言えるような美しさなのだった。

自然というのは案外過激なものだ。

あの芸術的な色彩が、人が描いたものなら、

好まない人もかなりいるんだろうけど、

勝手に空がそういう色になってるんだから、好きも嫌いもないやね。

隣にうちの母がいて、空襲に似てる。。と一言。

ああ、そうかもしれないなーー、と納得した。

そんな空だった。。

 

●●●

 

Dscn2443

カメどんが彫りあがった。

彩色を始めよう。

ホシガメなので、キリリと締まる星を入れたいと思っている。

それには全体の色を暗くしないといけないかな。。。。

足はあえて、棒状にしてしまった。

なんとなく可愛い。

写真でみると、まだまだデブだナァ。

もう少し痩せないといけないのかも。。。