ホーム>工房日誌>アート・文化>雨多し。
アート・文化

雨多し。

雨が降るとなるとどひゃ~っと降って取りとめがない。

まったくどうなってるんだろう、、、、、

 

Dscn2407

●●

mル

 

これは、まだ途中段階の生徒さん作品。

かなり好きだな~~。

この生徒さんは、オーストラリアの先住民、アボリジニのディジュリドゥという楽器を

習っていて、これはその大先生の肖像彫りなのだ。

 

画期的なデザインの服とか楽器は

その大家しか使えないという柄なんだそうだ。

 

原色を巧く使った素敵なデザインだ。

ワニの柄なぞをサラサラと描いてるところなんかは

もうウキウキしてしまうのだ。

これからどう変わっていくのか楽しみだ。

 

先住民の図案ってどうしてこう大胆で画期的なデザインなんだろう~。

すばらしい~~っ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/736

コメントする