ホーム>工房日誌>2006年6月

2006年6月

風邪もどき

Dscn2308応キツネです^^
色塗ってどうなるかなー。



日曜日に防塵マスクをしないで
仕事台にサンダーがけをしてたら
次の日に喉がとてつもなく痛くなって
喉が痛くなると風邪じゃなくても風邪みたいな症状がでてきたりして、、、、

これは風邪だろか、そうじゃないんだろか。。
と思いながら、ガラガラゴロゴロとうがいをした。
うがいはイ○ジンなど使わなくても
まずは紅茶でうがい。

これはいつもは結構効くんだけど、今回はダメであった。
次に酢でうがいをしたところ
結構効果があった。

酢でうがいをするといっても
水の中に酢を適量、(数滴ではない、、もっと。。)入れて
うがいをするのだ。
酢だけでするじゃない~。痛そー。

それでなんとか復活したのであった。

やはり防塵マスクは大事だなー。
ついでにゴーグルも大事だなあ~。
だいたい、部屋の中で電動のものを使うな、、、ということも言えるのだけど
台が大きくて外に出せないョ。
しばらくはしょうがない。
咳をしながら頑張ろう。



今日からキツネ塗りだ。
キツネはキツネ色に塗る。

キツネ色とはどんな色かというとアカギツネってのがキツネ色かな。
黄土色みたいな色か。
黒と白と黄土色の組み合わせが良いナ。

とりあえず、下地に焦げ茶色を塗ってみよう。

 

爽やかな散歩

おーー、なんとも爽やかな気持ちの良い景色だあ、、
うちの近くの川沿いとも思えまへん。
犬連れてぼけ~っとベンチに座って風になびくケヤキを見て過ごす。。
贅沢だな~~。



ここのところの土日は仕事台のサンドペーパーがけをしてるのだけど
表側、60番をかけ終わって、150番に突入した。仕上げは400番で行こうと思っている。
段々不思議な木目がでてきて、
なんだか使うのがもったいなくなってきたぞーー。っと。

こうなると当然裏も同じようにしたくなるのだ。
裏は更にカンナもあたってないので、カンナがけからしなければいけない。
大きな電気カンナを持ってるという人がいたので
早速借りることにした。

借りるということは使い方も教えてもらうということで
結局のところやってもらうというのとほとんど変わらんチ。

そういうところは
私も年寄りになってきたので
自分がへばるほどのことはしないで
人の力を巧く利用する
古武術の要領で生きとります^^;

そんな具合で5万円はかかるところを
お安くというか、おタダになったというか、
満足のいくものになってきたのであります。

木肌の感触を是非味わって頂きたいくらいで
もう本当にツルッツル^^
ああ、使うのもったいないなーーー

今日はもうそろそろキツネを彫り上げたくなってきたので
がむしゃらに頑張ってみようかと思ってる。
明日から無理やり塗りだいっ。

木彫作家

Dscn2283

ナスの花は綺麗だな~~。
これが実になるのかというと、疑問^^;だけど
とりあえず花は美しい~。


昨日伊豆の生徒さんが興奮して言うには
伊豆高原の自宅近くで木彫りの動物の展示会があって
行ってきたのだけど
あまりにすばらしくてショックを受けてきたという~。

早速名刺を頂いたのでHPを見てみた。
なるほど、すばらしい。

はしもとみおさん。

実物大だそうなので
結構迫力があるんだそうだ。
ちょっとした表情や、こんな犬いるいる。。。という感じのものを見事に表現してるのだ。
それも木で!!

最近若い人に木彫りのすばらしい人がチラホラでてきてるのだけど、
これからは木の時代かなーと思わせる腕前だ。

はしもとさんは愛知芸大だそうだけど
この前紹介した大森暁生さんも愛知芸大だったなあ~。
木の彫刻では良い学校なのかもしれない。


私は木が好きーーーという感情はあまりなかったけど、
世の中には木が好きな人って多い。
まあ、当然と言えば当然なんだけど。。

コンクリートが好きとか鉄が好きという人よりはずっと多いだろうとは思う。

木は思ったよりも色々なことができるので面白いのだ。
ついでに木がそこにあるだけで妙な安心感とか幸せ感があるところがすばらしい。

タマに割れたりしてスリルもある^^;

人は木のことを軽く見てるけど
木は人をもっと軽く見てるかもね。
なんたって木のほうがずっと寿命が長いんだから
当然優越感に浸ってるのかもしれない。

木から見れば、人なんてアリと同じような存在だろうなあ~。
人間はどこまでも自己中な生き物だからそんなこと中々認められないだろうけど。。。
 

6月だ。

いよいよ6月だ。
今日は快晴で暑い。
今年の梅雨はどうなるのだろう。
さかのぼって梅雨入り宣言するなら、今日辺りは梅雨の中休みか?気象庁じゃなくてもなんとでも言えるなあ~。気象庁じゃないから言えるのかなあ~^^;

今週は5月の連休の余波がまだあって
月末と月初めの週にもかかわらず忙しい。
パタパタ毎日暮らして、あっという間に人生を終えるんだなあ~。などとも思ってしまう。

今はキツネを彫ってるけど
なんとなく失敗した。
ふと見てもあまり良くない。

おーーー、
こういう時は潔くそのまま放棄してしまうか、
はたまたやたら粘ってどうにかしてしまうか。。。というところなのだけど
結局潔くない性格の私は
どうにかしてしまうことがほとんどだ。

潔く放棄しても
生ゴミに出すことって難しくて
ついついそこらに置きっ放しということがほとんどなんじゃないかと思うのだけど
この置きっ放しってのがいけない。

人の目に触れやすいのだ。
失敗して要らないのだから誰かにあげちゃうってこともあったりするのだ。
そうすると、その人がやたら大事にしてくれたりして、
何十年か経ってからピカピカでその家の良い場所に収まってることがあるのだ。

これはいけない。
かなり嫌だ。

だから失敗した時は潔く生ゴミに出さないといけないわけなんだけど
中々出来ないな~~。
とすると、やはり粘ってどうにかしてしまうしかない。。。。っか。。ウーーーム。。。。。

Dscn2265 私がちょっと後ろ髪を引かれる花、鹿の子草。地味ながら庭の片隅に欲しいって感じ。