ホーム>工房日誌>2006年6月

2006年6月

座る。

今月も今日で終わりだ。
明日からは7月。
夏なのね。。。。。

明日の日記からはブログにします。。
よろしくお願いいたします。。


Dscn2353
これは何かというと
正座用の椅子。昨日来ました。

座るということは中々問題が多くて
足が痛い人とか、膝が痛い人とか腰が痛い人とかが結構いるのだ。

椅子にすると問題はないようなんだけど
私は椅子で仕事をすると
どうも根気が続かないように思うのだ。

すぐに立てるというのがいけない元らしい。
すぐに立てるとチョロチョロとした気持ちになるのだ。

ちなみに私はずっと胡坐なのだ。
胡坐は仕事には良い。
けど、腰を痛めやすいってこともある。

だから私は腰を少し高い状態にしてあぐらをかいている。
そうすると重心が前に少し傾いて
力が入りやすいのだ。

昔は椅子でもやってたことがあったのだけど
椅子で力を入れると
逆に自分が後ろに下がってしまうような力加減になる。
ふんばりがきかないのだ。
下が柔らかいというのも同じことが言えるかも。

しかし、お稽古の皆さんは
最近では座ることも少なくなってるので辛いかもしれない。

ベットマットを下にしいて、
少し足を放り出せるようにはしてるのだけど
人によってはマットは柔らかくてかえって腰が痛くなるなどと言う人もいる。

皆さんの足が、段々のびのびと伸びてきて
私を圧迫するという、作業台の下ではそういうことが繰り広げられてる

ついでになぜか夏になるとネコがそこに入り込むので
机の下は押しくら饅頭状態なのだ。

足を出して、(ここまでなら許せる、、、)
ネコにあたって、引っ込める人は良いけど
ネコを蹴って押しのける奴もいるのだ。
許せん。。。。。

私の足とぶつかって引っ込めないのと同じくらい許せん^^;

てなわけで
いつもいつも座るということに悩んでいる私は
こういう正座椅子となると
ついついいろんなものを試したくなってしまうのであった。。

ヤゴ、とんぼになる。

今日はあちいな~~。
いやはや。。。

今年の冬が寒かった為に
いつもの年ならなんとか越冬できてたものが
今年は完全枯れたようで ダメになったかなーーと思ってたものが
今頃元気に葉がでてきた。

しっかりと遅れを取り戻してもらいたい。。
抜いてしまわなくて良かった。。^^;(いつもすぐに抜いてしまう~)

ここのところ 歩いているとクチナシがあま~い香りが漂っている。
もうクチナシの季節なのかあ、、、、などと感傷に浸り、
我が家のクチナシはどうかな?咲いてるかな?と
思ってみてみたら、
なんと青虫のフンでいっぱいだった。。。。

おーーーー、、
花よりも青虫退治をせねばなるまいや。
色気ないなーー。


Dscn2348
昨日、庭の池じゃないけど小さな水槽を覗いていたら
なんとホテイ草の裏側にヤゴの抜け殻、、、すなわち
トンボが出て行った後の殻があった。

我が家の庭園からもトンボが飛び立つ~~!
てな気分で嬉しかった。

やたら小さなヤゴなので普通にシオカラトンボかな。
まさか我が家からはオニヤンマは出ないと思うけど^^;

とにかく、まだトンボが飛び立って行ってくれる環境を喜んだのであった。。


今日はやっと
彫ってる仏像が形になってきた。
形にはなってたのだけど
どうも納得がいかない形だったので
どうしたものか、、と悩んでいたのだ。

段々子どもらしく、ついでに手触りがよく、
更にふくよかで、満面の笑みで、
と条件が揃ってきた。


けど、まだ問題はある。
仏像らしくない。。。
あちゃーーー、
そこが問題だ。

どうも大黒さんだか、布袋さんみたいなものに似ている。
悩むなあ。。。

龍之介

今日は、梅雨らしいしっとりとした雨だ。

土日に色々と雑事が盛りだくさんだったせいか、
仕事日の今日になっても朝っぱらから疲れと眠気が、、、、、、
月曜の朝としては失格だな~~^^

Dscn2312
擬態^^;毛並みがバサバサしてるけど、これは毛が抜けてるのに梳かさせないから。噛み付くもんね~。

うちの龍之介ドンももう14歳くらいかなあ~。
とうとう数えるのも大変になってきた。

朝は日光浴をしたがる。
ベランダに出してやるとこうやって隣のアパートの塀に乗ってのんびりと擬態してる。

ネコを飼って初めて思うことは、、
ネコは10歳からが良いなーということ。
10歳までは普通のネコだけど、
10歳からはウンチクのある思慮深いネコになった。
阿吽の呼吸にもなった。
適材適所、巧いこと対応する。。

こういう良さが動物にあると思わなかった。
前飼った犬は気の弱い犬だったので
いつも保護してないといけないような空気があったのだけど

龍之介はそういうところがまったくなく、
強気でもなく、弱気でもない。
図々しくもなく、でしゃばりでもない。かといって引込み思案でもない。
なんとなく頼りになるネコだ。

ネコや犬でもしみじみと顔に人生の年輪みたいなものがでるもんだ。
やっと傾いて立ってるような犬を見ると
なんだか嬉しい気持ちになる。

そういう犬を気遣って散歩してる人を見ると
これまた嬉しい。
長いこと大事にされてるんだなあ、、、という気持ちになる。

龍之介も幾つまで生きるのか解らないけど
嫌なこと、、、をせず(もちろんネコだから全然しない^^;)
自由なまま人生を全うしてほしいものだ。

前の犬の時は嫌がる犬を病院に連れていって最期を迎えてしまったので言い知れぬ後悔の塊なんだけど
龍之介の最期は膝の上がいいな~~~。
これが動物の最高の幸福らしい。
しみじみ、、涙だなーー。
(まだ死なない予定^^)

鎌倉彫

久しぶりに鎌倉彫が出来上がってきた。すばらしい。。
Dscn2345
鎌倉彫は組織が決まった形になってるので
公には教えてはいないのだけど、
秘密で2人いるのだ。

前の先生が亡くなったということで私のところに来てくれてる。
組織に属さないので自由に作っている。

根性さえあれば最初から込み入った柄のものだって彫ってしまう。
資金に都合さえつけば、いくら作っても良いのだ。
普通はこういうわけにはいかないんす。。。

この季節、塗り物が出来上がってくると
漆の匂いがプーーンとして良いものだ。
痒くなるということもあったりするのだけど
漆器の匂いというのはなんとなく心を和ませてくれる。

今回お椀もあったので
その可愛いお椀を見て、
どんなまずい味噌汁も美味しく食べれます^^とうれしい言葉を添えた^^;

漆という塗料は面白い。
乾かないうちは有毒に近い存在なのに
乾いてしまうと無毒で、平気で食器などに使ってるのだ。
こういうものってあまりないらしい。

普通、漆塗りだから安心だという観念があるものだ。
生の漆は肝臓までいためることがあるそうね。。

古代の人はなんでそれを塗料として使い始めたんだろうなあ~。

とかくよくあることとして
良いものはしまっておいて
悪いものを普段に使うっていうことが特に昔の人にはある。

今の人は良いものを普段に使うって楽しみを知ってるのかもしれない。

今回、年配の人がいうには
先が短いので
良いものをしまっておかないで
使うことにしよう~ということだった。

それは良い考えだ。
毎日を良いものを使って生活すると生活にも楽しみやハリができるってものだ。

お気に入りのものだとか、自分だけの贅沢品を普段使って
小規模なリッチ感を楽しみたいものだ。

ダイヤモンド砥石。

数日良く晴れている。
梅雨の合間には大切な日光だ。

お稽古も大体1時からなので
皆さんの額にも玉の汗が。。。。

Dscn2342
ダイヤモンドの砥石を買った。キラ~~ン*・

使ってみると中々良い。
どう良いかというと
砥石面がへこんだり、曲がってきたりしないので
かなり楽なのだ。

砥石は大体が、ゆがみを直すと言うのが一番大事な仕事で
面倒な仕事でもある。
私は嫌いだ。

これはしなくて良いんだって。
ダイヤモンドだからね。。
堅いわけなんだ。。

下手な人だとずぼっと彫刻刀を突っ込んじゃったりする人もいる。
そういう傷って中々直らないのよね。
そういうこともないんだって。

ついでに堅いので
削られた刀がピシッと巧く決まるのだ。

妥協型の私みたいのは
研いでるうちに嫌になってきて
角度を変えちゃったり、丸くなってきたりするのだけど
そんなことしなくてもキチッと出来上がってくれる。

研磨機については、ウーーーン。。。。という感じだったけど
こちらはなんとなくすっきりと仕事できて、中々良い。
肘も喜ぶ。(切れない刀を使ってると肘が痛くなる。。)

ちなみに13000円ほどなんだけど
ダイヤモンド砥石としては安い方だと思う。
もっともっと高いのもあるそうね。

どこがダイヤモンドかというと、上部にうっすら1mmくらいついてる部分がそうで、
後はオマケだ。
3万円くらいだすと1mmがもっと厚くなるんだそうだけど
減らないんだから、薄くても良いってわけ。

なら何で厚いのを作るんだ。。という疑問も出るけど
何かあるんだろうなあ、、
今のところ、わかりません。

かなり遅れて、最近ちょっと研ぎについて開眼してきた私でした。
切れるってすばらしい~、、、、

梅の収穫

雨~だったり、晴れ~~だったり、、、
今日は激晴れだ。
じりじりと湿度の高い日照りが、肌を照り焼きのようにしてくれる。。。

Dscn2339
足湯のバケツだってなんのその。入るわあ~。

この時期の楽しみ=悩みでもある梅を収穫した。
私がせっせと冬場に肥料をやるもんだから
なるわなるわ、、で一本の木でほぼ20kgくらいとれちた。

今年はなり年だね~~とか今年は不作だね~~というムラが楽しいのだということに気がついた。
私が世話をするようになってから確実に充分すぎる収穫があるのでめんどい。

20kgの梅というとミカン箱みたいなダンボールに山盛り2杯だ。
とにかく貰ってくれる人に良さそうな実を分けておいて
それでも10kgくらいは残っちゃう。

今年は梅干がなくなったのでとうとう漬けなければいけなくなった。
梅干というのは毎年漬けないといけないものらしいけど
我が家ではそんなに消費しないので
タマ~にしか漬けない。
梅酒よりは面倒くさい。

前はそういうのも楽しみだったのに、最近結構億劫なのだ。
決心して とにかく梅酒を焼酎3升買ってきてつけた。
実だくさんにした^^;
私は呑まないのだけど、普通の梅酒の漬け方は砂糖が多すぎて呑む人には甘すぎるらし。
腐らないというか発酵しない程度の控えめ砂糖で作るのだ。普通の量の5分の1^^。

その後、残りを全部梅干にした。
カメが二つできた。
これで5年は食べられるべ。

なんといっても無農薬なので種の中まで安心だ。
種の中が薬品くさいものが結構あるのだ。

ちなみに梅が好きな人がいて、持って行ったら
なんと全部生食してしまうという。
これは普通の人ではできません。。
小さい頃からそうやっていると青酸に強い人になるらしい。
あたることはないんだそうだ。
へーーー。

私がシミジミ考えるには、
今年は牛糞と鶏糞を10キロづつ梅の根元に入れたのだった。
そうすると20キロの梅が採れた。

去年は15キロの肥料を入れたら
15キロ採れた。

ってーーーことは、、、と。。
梅の実は牛の糞かやーーーー?

てな気持ちにもなってるんだけど。。。。
輪廻だのう~。どこがだよ。。。。

一匹ギツネ登場。

今日は大降りのようだ。
夜中もひどかった。
土砂崩れが心配だし、川の氾濫だってある。
とりあえず、我が家の近辺では川の氾濫かな~。
小さい頃は玄関まで鯉が来たことがあったようだけど、、
去年あたりから再びそういう危険性もでてきた。
今年はどうだろう~。

さて、今日はキツネをアップしました。
大人が好む絵本にでてくるようなキツネかな。。
自分では結構好きだ。
そのまま手元にあってもいいな~~と思っている。。


数日前からは坐像を初めているのだけど
これは最初っから苦しんでいる。
最近私は注文の品物がピタッと注文主の方の意向にあわないことが多いために
やや身を堅くしちゃってるのだ。

変な緊張が、益々失敗させる元で、
なんとなく恐怖心もある^^;

色々な条件を出してもらうと解りやすい反面、自分の中で納得できない部分もでてきてそこが巧く解決できないのだ。
まあ、人それぞれの考えがあるわけだからしょうがないんだけど、、、

迷いながら作るものは、出来上がっても迷うようなもので、、
今一というか今二というか、、すっきりしたものじゃないことが多いのだ。

それを考えると、気が重いんだな~~。

とりあえず、前に進まないとどにもならんち。。
Dscn2317 やっと咲いたスイカの雌花。
雌花が咲いたことで喜んで写真なんて撮ってたら受粉するのを忘れてしもたん。。
なら 成らないじゃ~~~ん。
なんで大きな写真にしたかというと、左の下の方に可愛いカマキリの赤ちゃんが。。。見えますかえ?

ホトトギス鳴く。

ここのところ、東京特許局、、などという鳥の声がせわしなく聞こえる。
あれは何の鳥だったかいな、、、、と思ったんだけど
鳥の声を言葉に置き換えて言う事をなんと言ったか度忘れしてしまった。

苦心してなんとか思い出したのが、「鳥の聞きなし」だ。
鳥の声を解りやすい言葉に置き換えて説明する。というものだ。
中々便利だ。

我が家の方で聞くことができるのは
ちょっとこーい。。というコジュケイとかね。

東京特許は、、結局ホトトギスであった。
おーーー、我が家の方にもホトトギスが来てくれてるんだな~~。
以前ではありえないことだったんだけど。。。

しかし、ホトトギスという鳥は結構悪い奴で、
托卵というのをするのだ。

人の巣に卵をちゃっかりと産んで
ヒナがかえると、それが元の巣の子どもを蹴落として、そこの子になるのだ。
ついでにやたら体が大きいのに、自分の子を捨てられた両親は意外と気付かずに育てるという摩訶不思議な世界だ。

ま、そういうことがあったからと言って、タクランされた鳥が絶滅するということもないので
丸く収まってるのかもしれない。

遠くで鳥が鳴くのは(カラスは別です^^)気持ちの良いものだ。

そういえば、斜め後ろの家でムクドリが育っていて
ヒナももう大人の声を出して、えさをねだってるような感じだったけど
雨の日の楽しみとして見に行ったら、
なんとその家の主が鬼のような顔をして戸袋の中をバタバタとつついてるところに出くわしてしまった。

あちゃーーー、見に行かなければ良かった~~。。と
ひどくがっかりしてしまったのだった。。。

ヒナたちはどうしただろう~?と頭を掠めるのだけど、、、
まあ、しょうがない。。
確かに巣くられた家の人も大変かもしれん。。
なら卵のうちにどうにかしたら良いのに、、とも思ったんだけど~。



キツネが大体出来上がって
まだちょっと手をいれてはいるのだけど
昨日から次の仏像にかかっている。
キツネはちょっと可笑しい、変わった雰囲気に出来たのでよは満足じゃ。。。

 

Dscn2316 アハハハハ、、、上から見た図。

屠殺について。

昨日、ひょんなことから「屠殺」などという話になり、案外というか全然というのか
それについて知らないということを自覚したのだった。

はたして、普段お世話になってる、牛やブタやニワトリは
どうやって殺されているのだろう、、、、
気絶させられているのか、即死させられているのか、

昨日は風邪の具合で寝てるでもない、寝てないでもない状態だったので
これは良い機会と思い調べてみるか~~という気になった。


おー、同じような考えの人もいるんだなあ、、
屠殺場を見学に行った人のHPなどがあって
専門家の人の説明はあまりないのだけど、素人目の写真入の報告は結構よく理解できたのだった。


もう最近では家で鶏を絞めて、食べるなんてことはないんだろうけど
食肉と生き物を殺すってことが結びつかないことが多いと思う。
これは誰が悪いってことではないけど
正しく知るということも必要だと思う。

小学生に動物を殺して食べるまでの流れを見せると、逆に動物を食べなくなることも多いそうで
ある程度大人になった高校生からそれ以上の年頃になってから
そういう体験をするのは良いのじゃないかとあった。
なるほど。。

日本ではどうやら電気で即死させているらしい。
世界的にみるとガスか電気ショックで気絶させてるところも多いらしい。
気絶は正気に戻ってしまうという問題があるそうな。
肝心の首を切られる時に正気に戻るのは可愛そうだという論議がいつもあるようだ。
イスラム教下では気絶もダメなんだそうで、正気のまま首にざっくりと切り目を入れて殺すんだそうだ。


見学に行っても倒れたり気分が悪くなったりする人が多いそうだけど
HPを見てるだけでもなるほど元気がなくなる。。
前日食べたカツが思い出される。。。。

キャ~私そんなの苦手~~、などと言っても
所詮人間は何かを殺して食べて生きていく動物なのだ。
これは相手が植物であっても同じだと思う。

以前にマタギの人が言ってたけど
生き物を殺すことには抵抗は感じてないけど
せめてもの気持ちとして
獲物を無駄にしないで、骨の髄まで綺麗に食べてしまうのが礼儀なんだ。と言っていたっけ。

その時は、あまり納得は出来なかったのだけど
結局はそれしかない。のだということが解ってきた。

最近は自然から遠のいてきてるので
野生本来の生活も薄れてきている。
綺麗事では済まされないことが本当は多いはずなんだわね、、、、

Dscn2306

 

 

 

 

久々登場、野生の王国^^ゞ。ぜんぜ~~ん。。

熱がでた。

風邪みたいだと思ってたけど風邪だった。
とうとう今頃になって熱がでてきたのだった。
熱がめったに出ない私にとっては重症だ。
寝ないといけない。。。

しかし案外寝ると寝れない。方々痛くなったりして
寝てなんかいられない。

丁度良いので、犬もネコも毛が抜けている時期なので床にはいつくばって毛を取ることにした。
シミジミ良いネコのグレーの毛も絡んでいると汚いと思ってたけど
アホな犬の黒はもっと汚い。
どこもここも毛だらけだ。

全部濡れたタオルでワックスがけみたいにグルグルと輪を描いていって
毛をねじりだした。
でるわでるわで、あっという間に真っ黒な毛埃が片手に一杯取れる。
なんとなくすっきりはしたのだけど
明日になるとまた同じようになるんだからやってもやらなくても同じとも言える。


●●

先日アイスクリームメーカーってのを買ったのだった。
ホームセンターのチラシにでてたのだけど
2980円だったのでよし買ってこようと思って買ってきた。
Dscn2313
簡単に出来るアイスクリームを作ろうと思って
基本にでてるバニラアイスを作ってみた。
なんといっても簡単が一番だ。

材料を数時間前に混ぜて冷蔵庫に入れて置いて
器は冷凍庫に一日くらい入れて冷却材を冷やしておく。

材料を入れてグルグル電機でかき回して20分でアイスクリームが出来るというものなのだ。
生クリーム、砂糖、卵だけの
簡単なアイスだったけどソフトクリーム状で美味しいのであった。

前にアイスクリームの作り方を調べていたら
もっと簡単な、桃カンと生クリームというのがあった。
これはいけるど。。と思う。
次回はこれにしてみたいと思っていたら、

昨日姪に何のアイスが食べたいかと聞いたところ
イチゴのアイスが食べたいなどというので
またまた付属のアイスの作り方を調べてみたら
今回は難しい。

第一、あんなにあったイチゴがもう売ってないじゃんけ。。
長く売ってたイチゴにも終わりがあるのねーーー。
庭では今頃成るのにね。。

熱があるのにイチゴ探しをしてきて
寝ててもなんだからと材料をあわせようと思ったら
イチゴをペーストにしろとか
生クリームを5分立てにしろとか
牛乳を暖めて砂糖と混ぜろとかケーキ並みにめんどいのだ。

あちゃーーと思いながらも
苦労して探したイチゴがある為に
結局頑張って作ってしまった。(苦労人、、、)

これは絶対に美味しいと思うので、意外性がなくて面白くないかもしれない。。。。。。。

大体がボールだとか泡だて器だとかを出してくると
まず、ネコがやってくる。
必ずや美味しいものにありつけるに違いないとカンで解ってるので
近くに収まっている。
するとそれを学習してる犬もちゃんと横に収まっていて
いつもは仲が悪いのに、そういう時だけは一緒に座ってられるのだ。

ヨーグルトとか生クリームの入れ物を
まずネコや犬になめさせてから捨てると中々良い。
洗う手間も省けるし、水は使わないし、犬猫は喜ぶ^^

これらの動物も
大いにリサイクル運動に役立っているのだ。