ホーム>工房日誌>アート・文化>宅の犬
アート・文化

宅の犬

いつも見てるものに、ほぼ日刊イトイ新聞ってのがある。
そんなに面白いわけじゃないんだけど
一箇所、好きなところがあるのだ。

気まぐれカメらってところ。

毎日、画像を何回か載せていくのだけど
犬の話題が多い。
この犬が絵になるというか、
ちょっとした仕草も中々良いのだ。

簡単な文章も良い。
糸井重里の長い文章は面白くないのだけど
極 短い奴は面白い。

犬は絵になるものとならないものとある。
勿論ネコだってそうだけど。

うちの犬は絵にならんち。
なぜか犬のくせにカメラ目線なのだ。

いつどんな時でもカメラを向けるとキチンとカメラの方を見てかしこまるのだ。
おいっ、、、って感じだ。
自然にしてくれ~と言いたくなる。

うちの犬はヤドカリみたいで
移動用のバッグを見せるとすぐに飛び込む。
飛び込むとずっと大人しく、いつまでも入っていられる。
景色も見えるし、移動も自分で歩かなくて楽なのかもしれないけど
とにかくデパートなどでも大人しく入っている。

Dscn2260 袋を見せると異常な速さで飛び込むワンコ


そのバッグを移動させようものなら大変なのだ。
この前雨に濡れたのでタマには洗ってやろうと思って
お風呂場へバッグを持って行ったのだけど
案の定大変であった。

とにかくバッグに入っちゃって、出てくれない。
面倒なので上から水をかけちゃったけど、それでも出て行かない。
結局、犬をつまみ出して、洗面所に締め出したけど大暴れであった。

外に出る時もバッグを持ってくるともう入ってしまうので
天気が良くても
まずは玄関先で犬が入った重いバッグを肩にかけて歩かないとならないのだ。
かなり重いのよね。。。。



そうそう、、斜め後ろの家で鳥が生まれたらしい。
親がえさを持ってくるとやたら賑やかな声が聞こえる。
何の鳥かなと思って見に行ったら
ムクドリだ。
戸袋の中に巣くってるようだ。
ツバメと同じような賑やかさだ。

家の人はうるさくてたまらないかもしれないけど
鳥とはいえ、今時子どもの声が聞こえるなんて嬉しいものだ。
人間の子どもの声も聞かないもんな~~。

あんなにうるさいと思った赤ちゃんの泣き声さえ懐かしい。

やはり若いということは大切だー。
ムクドリでもツバメでもどんどん生まれて欲しいものだなあ~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/702

コメントする