ホーム>工房日誌>2006年5月

2006年5月

連休あけ

おっ、久々の仕事だ。
久しぶりの仕事の日は、中々なれるまでに時間がかかって
結局大したこともしないで一日終ってしまったりする。

最近私は刀なども使ってるものは出しっぱなしで
休みに入るので
始める時もちょっと休憩の後って感じで始まる。
だらしがないのか、都合が良いのか解らないけど
一応はだらしがない。

自分の周りを綺麗にするのはお正月くらいのものだ。
これも段々しなくなるのかもしれない。
人間どこまでもだらしがなくなるものだ。。。(もちろんそうでない人に対しては失礼ですが。。)

今彫ってるサメもいよいよ仕上げに近くなってきてるけど
体がやや大きいので全部掃除するように綺麗にするのも時間がかかる。
セコセコとやっている。
こういう仕事は誰かに変わってやって欲しいところだけど
そういう殊勝な人もいない~。
極小企業の寂しさよー。

さあ、セコセコとやろう~っとぉ。

Dscn2187_1

 

 

これは我が家の近くの川なんだけど
よく見えないながら石の上にいるのは大きな亀。
甲羅のところだけでも20cmはたっぷりある。
ミシシッピアカミミガメだ。
どの石にもこうやって乗ってひなたぼっこをしてる。
なんとなくうららかな感じで良い。
けど生態系は乱れてる^^;

海へ行く~

今日は子どもの日だ。

休日ボケしてしまって、何の日か忘れてしまう。
昨日は大渋滞の中、海まで犬連れ自転車で行ってきた。

0654zitenswya

 

自転車の前の籠に乗ったワンコ。やや心細い。。。


行きは日差しが強かったので、犬ものびちゃうといけないから
前の籠に入れて快適な旅であった。
帰りはもうしっかりと歩いてもらった。
海までは8kmくらいかな~~。
こんな小さな犬でもしっかり歩けるんす。

前飼ってた犬は海までは歩けなかった。
ダックスは足が丈夫みたい。。

Dscn2175

 

由比ガ浜から逗子方面を見る。


海は綺麗だった~。
風が強かったけど、
ウインドサーフィンの人出はまあまあかな。
思ったよりは出てないような気がした。
というのも、天気が良くても今年は水が冷たいんだそうな。

ちょっと足をつけてる人もかなり震えていた。
でも珍しく水が水色であった。
普段は灰色に近いもんね~~。

浜をいくら歩いても生き物らしきは見つからない、つまらん海なんだけど
やはり海は海ね~~。

バーベキューは多かった。
海は焼肉の匂いかい、、ってな感じではあった。

北鎌倉も鎌倉も車、人ともすごい量で
まったく動けなかった。
昼時ってこともあったのか、
蕎麦屋の前などは100人ほども並んでるではないかいな。
暑いのにご苦労様なことだったけど
食べないとお腹すいちゃうからしょうがない。
勿論ソフトクリームのところでもすごい行列だった。

人の多いところに行くのが面白いか、
人のいないところを狙うのが面白いか、、、どっちだろう。

帰りのギュウギュウの電車を横目で見ながら自転車で通るのは快適だった。
休日までギュウギュウの電車でごくろーさま~でした。

やはり海はいいな~~。

地震だあ~。

さあてと、休みだ~~。
意外と寒い。

昨日はドカンと地震があった。
伊豆方面だ。
私は最近カラスじゃないんだけど
遠くから地震が来る音が聞こえる。

あっ、地震が来るな・・・・・と思うのだ。
思うと言うよりも聞こえるのだ。
そうすると、暫くしてからドンと来る。

ここのところは多いので、関東地方もいよいよかな。。と思ってしまう。
いよいよかなと思うことも多々あるのだけど
昔から、この辺りは地震が来るぞ来るぞと言われて、まだ来てない。
そろそろ本当に来るかもしれない。




昨日は女性がヒキガエルの「ぬし」を買いにみえて
「ハコフグ」を買ってくれたのだった。。^^

ハコフグは写真写りが悪いようだけど
実際見るとかなり良心的な顔をしているのだ。
こういう顔の人がいる。。とその女性も言って笑っていたけど、
確かにああいう顔をした人がいる^^;

その方はカエル好きだそうで、
ペンダントも可愛い銀のアマガエルだった。
私もキーホルダーが銀のアマガエルだったのだけど、
ここのところ、見つからない。
家の鍵とともに行方不明中だ。

鍵よりもカエルの方が大事なんだけど
どちらも一緒に見つかって欲しいものだ。

銀はずっと持ってると傷がついてきたところが
黒ずんできてちょっとカッコ良い。
私は銀が好きだ。

箔でも銀箔と言うのは
そのうちに黒くなるのだけど
黒を塗ったのとは違う。
銀の黒はまた良いものだ。。
金の豪華さと又違った、風流な感じがする。

最近中国の展覧会に行ってきてそれを手本にして馬を彫ってる人がいる。
その馬は青銅なのか、土なのか、今一わからないのだけど
色合いがとても良い。
古いものなので、最初はきらびやかであったと思うけど
今では錆色みたいな色で、タマに朱があって良い感じなのだ。

同じような色に彩色してみたいと思っている。
私も今彫ってるサメを錆色に塗ってみたいと思う。
どうだろう~。

本物そっくりな色もそれはそれで良いのだけど
全然違う色でイメージを広げる。。というのも良いものだ。
自由な色合いが出来るのも
手作りならでは。。。だ。

良い色を出したいもんだな~~。

 

5月花盛り、、

いよいよ5月だ。
日差しも夏を感じさせるような日もでてきた。
肌がピリピリする。。。
しかし、今年はまだストーブを使ってる日もある。
朝晩結構寒い。
これじゃあ北海道だべ、、、、という感じなのだ。

布団だって冬のまんまだ。これは私だけだろうか、、、?

冬のままでで全然暑苦しく感じないけどな~~。

私が変なんだろか。


世の中はGWなんだわね。
その狭間で今日と明日とは平日だ。
かあるい気持ちで仕事をしよう。。と思ってしまう。


藤の花が美しい~。
普段フジの花を思い出すことってないのだけど
見るとそれなりに賑やかな雰囲気があって嬉しいものだ。
昨日は
桐の花が咲いてるのをみた。

桐は藤と一緒の頃咲くので
高い木の上の方が紫だと、藤かな?桐かな?と思うことも多々ある。

桐は大きな木になるけど
花もわりに大きめで、香りも良い。
でも木が大きいものだから花は小さく見える。
手にとると結構大きいのだ。
品の良い香りで、花の姿も面白い。

藤は木だけど蔓性なので
大きな木にからむと上の方で咲いてることもあるので
遠くから見るとどちらも紫で間違えてしまうことがあるってわけだ。

意外と好きな花に
オオデマリってのがある。
アジサイみたいな花だけど、もっと大きな木になって
白いアジサイ状の花を沢山咲かせる。
グリーンと白の爽やかな取り合わせが気持ち良いのだけど
それが更に大きめの木になってるので
中々良い。

けど、虫がつきやすいので、
綺麗に咲いてない木も結構ある。そこが難点。


コデマリは普通にあるけど、
どちらにしても可愛い名前かもね。。

汚い花と言っては申し訳ないけど
今、イチョウの花が一面に落ちている。
かなり汚くて気持ち悪い。
毛虫にそっくりじゃん。
しべだけの花のようなんだけど
なんとも気持ち良くない花なのだ。
今まであまり気にしたことがなかったのだけど、今年は下を見て歩いているのかやたら気になった。

今年は冬が寒かったせいか、花が今頃集中してるように思えるけどどうだろう。
楽しさ満載の外歩きだヮ。。。。。

Dscn2163