ホーム>工房日誌>2006年4月

2006年4月

ワンコ病気。。。

雨が降ると一段と美しさを増す新緑よ・・・・・
外に出るとなにやら痒くなる時期なんだわ。

妹は、今ではちょっと懐かしい言葉になった五月病に毎年かかってる。
新しい状況にある人は確かにこの時期、鬱っぽくなるかもしれないけど
毎年かかるのも珍しいかも~~。


昨日はワンコが病気になって

Dscn2159 てんやわんやの一日だった。

外の犬なら下痢などしててもどーってことないけど
家の中だとたまらん。。
何をおいてもお医者へ、、とすっ飛んで行く。
しかし、お医者曰く
この犬は神経質なのでこれからもちょくちょくこういう状態になる可能性大。。ということだった。
がくぜーーーん。。。。

我が家は内弁慶の集まりだ。
なんで犬までも、、、、、という感じなんだけど
とにかくペットの部類まで全部内弁慶でそろえています^^;


話は全然違うけど
アメリカで講演してきた横田めぐみさんのお母さん、、、、
この方は、まれに見る母の鏡だな~~と思う。

優しく美しいけど
芯の強さや、愛情の深さ、執念、
それがありながら、闘志ではなく、どこまでもソフトだ。
こんな母がいたら、、、、、という代表だと思う。。

優しさというのは強さだと思う。
強さのない優しさは見せかけだけだと感じる。

どんな状況であれ、
人として一筋通った生き方をしたい。
筋が通ってれば、おのずと優しさもでるのかもしれない。(そうでもないか、、)

いつもニュースでめぐみさんのお母さんのお顔を見て
なんてすばらしい人なんだろう。。。と思ってしまう。

写真展の写真も愛情深い良い写真がいっぱいなので感心する。
良い家庭だったんだなーーというのが一目で解る。。

病気でも事件でもそうなんだけど
なんでも解らないからと行って人任せにしてはいけないと思うことが良くある。
自分で切り開いていくものなんだね。

自分でやってるとそのうち人が援助してくれることはあるのだけど
なんでも人に頼ってお任せの人も多いんだ。

そんなじゃいけない。
自分でやるんだよ。と言いたい。
ハイ。

ネコの砂

昨日は昼にすごい雷雨だった。
一昨日天気予報を見てて、昼頃に雷雨があると言ってたので
へえ、当たったな。。と思いながら
PCの線を抜いたけど、
その雨に大当たりしちゃった人は、あっという間に晴れて悔しい思いをしたと思う。

知り合いの人の話では
隣のスピッツのりりちゃんは、大の雷嫌いで
運悪く家の人が出かけてたそうね。
出先ですごい雷だったので心配になって知り合いの人のところに電話をかけてきたそうなんだけど
家の中にいる犬のこととて
可愛そうに思ってもどうすることも出来ない。


そんなこんなで夕方あった時に散歩してたので
聞いてみたら
クローゼットの中に入り込んじゃって
なぜかそこにあるバーベキュー用の炭を
食い散らし、歯から血を流して
足は真っ黒。。という状態だったそうな。

うちの前飼ってた犬も雷は嫌いで
口から泡を出して吠え立ててたものだ。

龍之介はは大人しく机の下に入ってる。
今度のワンコは全然気にしてないみたいだ。。

色々あるね~~。
そういえば人間でもいるなーー。妙に雷が怖い人。
中にはまだオヘソを隠す人もいたっけな。。
なつかしいなあ~。

今時は雷さんにオヘソを取られるなんて誰も言わないよねーー。
昔は言ったんだけどな~~。アハ


それはそうと、関係ないのだけど
いつも買ってるネコの砂。。(トイレの砂)が
なんとなく軽量になったような気がする。

Dscn2158_1

 

 

 

何と言っても私はこの絵が大好きで
ネコとまわりの黄色がなんともいえないのだ。
品質はともかく、他のものを買おうという気がしないのだ。

この袋は5kgで結構重いのだけど
昨日はこれの他に買い物をしても
なんとか持って歩けたのだった。
これを片手で持ってくるといつもは指が死んじゃったように紫になるのにィ。。。。
ちょっと軽いと思うのは
私に力がついたのか、、、などと思ったけど
よーく見てみると
5Lと書いてある。

前は確か5kgと書いてあったよな~~。
5Lは5kgと比べて軽いのか、、、
実際に計ってみればどうってことないのだけど
その手間を惜しんで、考えあぐねているのだ。
値段は同じなのだから、要するに高くなったわけね。。。
となんとなく騙された感じがするのだけど

でもこのネコの絵を見ると買わないじゃいられないんだヮ。。

生徒さんの仏像

 今日は朝から冬物夏物入れ替えをした。
まだ気が早いかな、、、、
ついでに月に一度の紙と衣類のゴミの日なので冬物を少し捨てた。

この衣類のゴミの日は、ゴミになるのではなくて
東南アジアに持っていくらしいので
一応洗濯してある着れるもの。ってことになっている。

これならまだ捨てるにはもったいない、、という服を気軽に出せるのだ。
着ない服ってのは
いつまでも着ないので、新品同様のまま残っている。
こういうものには最適だ。
 

Dscn2154

 

 

 

一番弟子の生徒さんの仏像完成間近になった。
写真と撮らせてもらってから、蓮華をさし忘れたのに気がついた^^;のだけど、、、、、
高さが45cmくらいあるもので
とても立派なものだ。

手の広げ方が大らかで寛大な感じがあってすばらしい。

ちょっとしたことでどんな風に形が変わるか解らないので
元々手をこの位置にしようという計画ではなくて
偶然に近い状態なんだけど
偶然の中にもすばらしく出来る時と出来ない時がある。

ちょっとオペラ歌手みたいな雰囲気があって見ていて飽きないのだ。

ずっと見ていたい、、というのは良いことだ。
すぐに蓋をしたくなるとか、しまいたくなるものだって多いもんね。

自分で作ったものに見とれてニヤけてしまう~なんて幸せの極致よね。

技術とは別に、その仏像が持ってるものってのがある。
幅広い寛大な心とか、真摯な空気、誠実な感じ、慈愛に満ちてる雰囲気とか
それぞれ出来上がったものに特徴がでる。

これは技術が低くても同じで
簡単なものなのに、優しく穏やかな雰囲気とか
何もかも許してくれるような顔立ちというのがある。

仏像にはこういうものを求めたい。
技術を追い求めるとどうしてもこちらがおそろかになるので
その辺の兼ね合いが難しいと思う。

ブログ始める。。

遅ればせながら、今日からブログを始めました。

今までの気が向いた時日記をそのままこちらに移行しようかと思ってます。

 

今日はやや寒めの雨ですが、昨日はよい気持ちの晴れだった。

久しぶりに大船のフラワーセンターに行ってきた。

石楠花(シャクナゲ)が見事で、他はそろそろ咲き始めた牡丹や藤、満開の八重桜、

普通に綺麗なチューリップなどなど。。。

 

フラワーセンターは一応無くなることになってるらしい。

後に来るものはなんだろう。

広大な土地だ。

フラワーセンターは、行ってもなんとなく魅力に欠けるのだ。閑散としてるし、人もあまりいない。

見るものも大抵の場合、ほとんどない。

350円の入場料が高~く感じる。

しかし潰れるのはもったいな~~い。

ああいう空間を取っておいて欲しい~~。

まさかのショッピングモールじゃないよねー?

寂しいなァ。。。。。

 

 

 

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/05/1666/